山口 百恵 ありがとう あなた。 三浦祐太朗が歌う、母・山口百恵のカバー「ありがとうあなた」が中国で大ヒット! MVも公開

山口百恵の現在の写真がおばさんみたい!?元アイドルが変貌した理由も!

山口 百恵 ありがとう あなた

それに先駆けて、収録曲「ありがとうあなた」のミュージックビデオを本日より日本でも公開した。 「ありがとうあなた」は、1975年9月21日に発売された、母・山口百恵の楽曲。 当時、山口百恵と父・三浦友和が共演したTBS系のドラマ『赤い疑惑』(1975年10月3日から1976年4月16日に放送)のテーマ曲としても起用された。 このドラマと楽曲は、日本ではもちろん、中国でも大ヒット。 日中平和友好条約が締結されたあと、『赤い疑惑』は中国で1984年に『血疑』の題名で、国営放送・中国中央テレビにて中国全土で放送され、出演した山口百恵とともに一躍大ブームを巻き起こした。 多くの国民がその切ないストーリーに涙し、「ドラマが放送される日は街から人がいなくなる」と言われたほど、当時中国人の間で最も人気のドラマとなった。 三浦祐太朗は、今回、「ありがとうあなた」をカバーするにあたり、中国の人たちにもあらたに知ってもらいたいとの思いから、日本語と中国語でレコーディング。 中国語で歌うことは本人にとって初めての経験で、発音を聞き取ることも歌うことも難しかったそう。 また、プロモーションの一環で中国最大のSNS「微博(Weibo)」にて、アカウントを今年7月に開設、開始から2週間でフォロワー数が5万人に到達するなど、注目度の高さを見せた。 さらに上海でMV撮影を実施。 本人にとってはこれが初めての中国訪問となった。 上海の街並みや船上のシーン、美しい夜景と共に、三浦祐太朗自ら撮影した写真も織り込まれている。 「ありがとうあなた」のミュージックビデオは、中国圏(中国、台湾、香港)で先行配信を実施。 「微博(Weibo)」内の「アジア新曲ランキング」で最高位8位にランクインするなど、関心を集めている。 視聴者からは、 「『ありがとうあなた』はとても良い曲ですね! もう数えられないほどヘビロテしています!」 「『ありがとうあなた』を歌ってくれてありがとうございます。 感動して、涙が流れてきました」 「歌声が透き通っていますね!」 「あなたを見ると、よく知っているような気持になります。 心の中がポカポカして、昔から現在までの長い年月のことを想い出します」 「あなたのお父さんとお母さんは、私の青春です!」 など様々なコメントが寄せられている。 この楽曲は、本日から日本でも日本語バージョン、中国語バージョンともに配信開始となっている。 毎週末は全国各地でライブを行い、各地でソールドアウト続出となっている。 そして、10月2日にオリジナルアルバム『FLOWERS』から約1年ぶりのニューアルバム『Blooming Hearts』をリリース。 そのアルバムリリースに向けて、先週9月7日の岩手でのライブでは、アルバム収録曲も披露された。 アルバムリリースに向けて、日本はもちろんのこと、中国のメディアでも目に耳にする機会も増えていきそうな三浦。 それと共に、全国ツアーも全国各地で開催。 12月14日の東京公演まで47都道府県全49公演(東京3公演)を実施予定となっている。 三浦祐太朗 コメント 初めて中国、上海を訪れて、リニアモーターカーも走っていたり、ビル群の圧倒的な存在感やネオンのきらびやかさなど、華やかな印象を受けました。 上海の街を歩きながらの撮影を行う中で、街の雰囲気だったり、人だったり、生活感のようなものをリアルに肌で感じることができました。 実際に写真撮影もしましたが、どこを撮っても絵になると思いました。 撮影スケジュールは結構タイトで、夜遅くまで撮影だったため、店も閉まっており、結果、上海のコンビニ弁当を堪能することができました。 リリース情報 2019. 02 ON SALE ALBUM 『Blooming Hearts』.

次の

三浦祐太朗が歌う、母・山口百恵のカバー「ありがとうあなた」が中国で大ヒット! MVも公開

山口 百恵 ありがとう あなた

としごろ 山口百恵のデビュー曲。 他のアイドルに埋没し、全く売れなかった。 この歌で紅白歌合戦初出場。 発売日 昭和49年6月1日 作詞 千家和也 作曲 都倉俊一 編曲 馬飼野康二 B面 太陽の友達 オリコン最高位 3位 ちっぽけな感傷 山口百恵初めてのアップテンポのロック・サウンド 発売日 昭和49年9月1日 作詞 千家和也 作曲 馬飼野康二 編曲 馬飼野康二 B面 清潔な恋 オリコン最高位 3位 冬の色 山口百恵初のバラード曲。 そしてオリコンチャートで初の1位を獲得。 発売日 昭和50年9月21日 作詞 千家和也 作曲 都倉俊一 編曲 馬飼野康二 B面 ありがとうあなた オリコン最高位 5位 白い約束 作曲を都倉俊一から三木たかしに変えた最初の曲。 この曲によって新しい山口百恵の世界が生まれた。 山口百恵がアイドルから真のスターに成長するターニングポイントとなる楽曲だった。 発売日 昭和51年6月21日 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 編曲 萩田光雄 B面 Game is over オリコン最高位 1位 パールカラーにゆれて 日本のシングル史上最も売れギネス認定された「およげ!たいやきくん」を作曲した佐瀬寿一を採用した初めての楽曲。 発売日 昭和51年9月21日 作詞 千家和也 作曲 佐瀬寿一 編曲 船山基紀 B面 雨に願いを オリコン最高位 1位 赤い衝撃 ドラマ「赤い衝撃」の主題歌。 ドラマが爆発的にヒットしたこともあってシングル発売直後にオリコン3位となる。 発売日 昭和51年11月21日 作詞 千家和也 作曲 佐瀬寿一 編曲 馬飼野康二 B面 走れ風と共に オリコン最高位 3位 初恋草紙 初恋をテーマにした情緒あふれる楽曲。 派手さはないが、しかし、この時点での山口百恵は落ち着いた楽曲で十分に売れる存在になっていた。 さだまさしはこの楽曲を作り上げるのに1年を要したという。 発売日 昭和52年10月1日 作詞 さだまさし 作曲 さだまさし 編曲 萩田光雄 B面 最後の頁 オリコン最高位 3位 赤い絆(レッド・センセーション 松本隆・平尾昌晃のコンビによる唯一の楽曲。 ドラマ「赤い絆」の主題歌。 発売日 昭和52年12月21日 作詞 松本隆 作曲 平尾昌晃 編曲 川口真 B面 口約束 オリコン最高3位 乙女座宮 数々の男性遍歴をメルヘンチックに表現した不思議な楽曲。 山口百恵の可愛らしさがこの曲をとても上品な歌に感じさせる。 獅子座の男性達はこの曲を聞いて失神していたという。 この楽曲で紅白歌合戦史上最年少のトリを務める。 そこへ問題の男が現れる。 三角関係の修羅場を山口百恵が圧倒的な歌唱力で歌い上げる。 発売日 昭和53年8月21日 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 編曲 萩田光雄 B面 落葉の里 オリコン最高位 3位 いい日旅立ち 日本国有鉄道(国鉄、現JR)とのタイアップ曲。 谷村新司に楽曲制作を依頼。 仕上がった作品は大傑作であり、山口百恵最大のヒット曲となる。 山口百恵引退後は数々のアーティストにカバーされ、「日本の歌百選」にも選ばれている。 この口パクの4文字は一体何と言っているのか?1979年最大のミステリーとなった。 発売日 昭和54年6月1日 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 編曲 萩田光雄 B面 シニカル(皮肉) オリコン最高位 5位 しなやかに歌って この曲が発売されたとき山口百恵がショートカットにしたため、「失恋したのか?」との噂が流れた。 が、直後に三浦友和との恋人宣言。 そして翌年に結婚・引退。 結局この歌が紅白歌合戦で山口百恵が歌った最後の歌となった。 発売日 昭和54年9月1日 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 編曲 川口真 B面 娘たち オリコン最高位 8位 愛染橋 結婚という橋を渡る不安と期待に揺れ動く女心を山口百恵が京言葉で歌う。 なお「愛染橋」はかつて大阪市浪速区に実在した橋である。 「ジプシー」という歌詞が差別用語にあたるとして、一定期間この楽曲が山口百恵のベストアルバムから外されることとなる。 結婚前の山口百恵が未亡人ロックを歌うという予測不可能な楽曲を阿木燿子・宇崎竜童が世に出した。 発売日 昭和55年5月21日 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 編曲 萩田光雄 B面 アポカリプス・ラブ オリコン最高位 3位 さよならの向う側 現役時代最後のシングル。 阿木燿子・宇崎竜童による山口百恵ソングの集大成。 ファイナルコンサートで山口百恵がこの歌を歌い終わった後、ステージにマイクを置いた出来事は昭和史に残る伝説となっている。 発売日 昭和55年8月21日 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 編曲 萩田光雄 B面 死と詩 death and poem オリコン最高位 4位 一恵 山口百恵引退後、三浦友和との結婚式当日に発売されたシングル。 発売日 昭和55年11月19日 作詞 横須賀恵 作曲 谷村新司 編曲 萩田光雄 B面 想い出のストロベリーフィールズ 惜春通り 山口百恵引退から14年後に発売されたシングル。 昭和53年に発売されたアルバム『二十歳の記念碑 曼珠沙華』に収録されていた曲をアレンジしてCDシングルにしたもの。 発売日 平成6年4月21日 作詞 石丸博 作曲 川口真 編曲 萩田光雄 オリコン最高位 34位.

次の

山口百恵の現在の写真がおばさんみたい!?元アイドルが変貌した理由も!

山口 百恵 ありがとう あなた

としごろ 山口百恵のデビュー曲。 他のアイドルに埋没し、全く売れなかった。 この歌で紅白歌合戦初出場。 発売日 昭和49年6月1日 作詞 千家和也 作曲 都倉俊一 編曲 馬飼野康二 B面 太陽の友達 オリコン最高位 3位 ちっぽけな感傷 山口百恵初めてのアップテンポのロック・サウンド 発売日 昭和49年9月1日 作詞 千家和也 作曲 馬飼野康二 編曲 馬飼野康二 B面 清潔な恋 オリコン最高位 3位 冬の色 山口百恵初のバラード曲。 そしてオリコンチャートで初の1位を獲得。 発売日 昭和50年9月21日 作詞 千家和也 作曲 都倉俊一 編曲 馬飼野康二 B面 ありがとうあなた オリコン最高位 5位 白い約束 作曲を都倉俊一から三木たかしに変えた最初の曲。 この曲によって新しい山口百恵の世界が生まれた。 山口百恵がアイドルから真のスターに成長するターニングポイントとなる楽曲だった。 発売日 昭和51年6月21日 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 編曲 萩田光雄 B面 Game is over オリコン最高位 1位 パールカラーにゆれて 日本のシングル史上最も売れギネス認定された「およげ!たいやきくん」を作曲した佐瀬寿一を採用した初めての楽曲。 発売日 昭和51年9月21日 作詞 千家和也 作曲 佐瀬寿一 編曲 船山基紀 B面 雨に願いを オリコン最高位 1位 赤い衝撃 ドラマ「赤い衝撃」の主題歌。 ドラマが爆発的にヒットしたこともあってシングル発売直後にオリコン3位となる。 発売日 昭和51年11月21日 作詞 千家和也 作曲 佐瀬寿一 編曲 馬飼野康二 B面 走れ風と共に オリコン最高位 3位 初恋草紙 初恋をテーマにした情緒あふれる楽曲。 派手さはないが、しかし、この時点での山口百恵は落ち着いた楽曲で十分に売れる存在になっていた。 さだまさしはこの楽曲を作り上げるのに1年を要したという。 発売日 昭和52年10月1日 作詞 さだまさし 作曲 さだまさし 編曲 萩田光雄 B面 最後の頁 オリコン最高位 3位 赤い絆(レッド・センセーション 松本隆・平尾昌晃のコンビによる唯一の楽曲。 ドラマ「赤い絆」の主題歌。 発売日 昭和52年12月21日 作詞 松本隆 作曲 平尾昌晃 編曲 川口真 B面 口約束 オリコン最高3位 乙女座宮 数々の男性遍歴をメルヘンチックに表現した不思議な楽曲。 山口百恵の可愛らしさがこの曲をとても上品な歌に感じさせる。 獅子座の男性達はこの曲を聞いて失神していたという。 この楽曲で紅白歌合戦史上最年少のトリを務める。 そこへ問題の男が現れる。 三角関係の修羅場を山口百恵が圧倒的な歌唱力で歌い上げる。 発売日 昭和53年8月21日 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 編曲 萩田光雄 B面 落葉の里 オリコン最高位 3位 いい日旅立ち 日本国有鉄道(国鉄、現JR)とのタイアップ曲。 谷村新司に楽曲制作を依頼。 仕上がった作品は大傑作であり、山口百恵最大のヒット曲となる。 山口百恵引退後は数々のアーティストにカバーされ、「日本の歌百選」にも選ばれている。 この口パクの4文字は一体何と言っているのか?1979年最大のミステリーとなった。 発売日 昭和54年6月1日 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 編曲 萩田光雄 B面 シニカル(皮肉) オリコン最高位 5位 しなやかに歌って この曲が発売されたとき山口百恵がショートカットにしたため、「失恋したのか?」との噂が流れた。 が、直後に三浦友和との恋人宣言。 そして翌年に結婚・引退。 結局この歌が紅白歌合戦で山口百恵が歌った最後の歌となった。 発売日 昭和54年9月1日 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 編曲 川口真 B面 娘たち オリコン最高位 8位 愛染橋 結婚という橋を渡る不安と期待に揺れ動く女心を山口百恵が京言葉で歌う。 なお「愛染橋」はかつて大阪市浪速区に実在した橋である。 「ジプシー」という歌詞が差別用語にあたるとして、一定期間この楽曲が山口百恵のベストアルバムから外されることとなる。 結婚前の山口百恵が未亡人ロックを歌うという予測不可能な楽曲を阿木燿子・宇崎竜童が世に出した。 発売日 昭和55年5月21日 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 編曲 萩田光雄 B面 アポカリプス・ラブ オリコン最高位 3位 さよならの向う側 現役時代最後のシングル。 阿木燿子・宇崎竜童による山口百恵ソングの集大成。 ファイナルコンサートで山口百恵がこの歌を歌い終わった後、ステージにマイクを置いた出来事は昭和史に残る伝説となっている。 発売日 昭和55年8月21日 作詞 阿木燿子 作曲 宇崎竜童 編曲 萩田光雄 B面 死と詩 death and poem オリコン最高位 4位 一恵 山口百恵引退後、三浦友和との結婚式当日に発売されたシングル。 発売日 昭和55年11月19日 作詞 横須賀恵 作曲 谷村新司 編曲 萩田光雄 B面 想い出のストロベリーフィールズ 惜春通り 山口百恵引退から14年後に発売されたシングル。 昭和53年に発売されたアルバム『二十歳の記念碑 曼珠沙華』に収録されていた曲をアレンジしてCDシングルにしたもの。 発売日 平成6年4月21日 作詞 石丸博 作曲 川口真 編曲 萩田光雄 オリコン最高位 34位.

次の