食べ物 が つかえる。 なぜ起きる?「喉のつかえ」は病気や精神的な疲れのサインかも…

のどのつかえ・つまり・違和感外来

食べ物 が つかえる

正しく知ろう 体と病気のしくみ 現代は、日本人の2人に一人が生涯のうちにがんに罹患する時代といわれています。 がんは体のどの臓器にもできる可能性がありますが、臓器によってその症状は全く異なります。 自身の病気を理解するために、まずは「食道」とは何か、を理解することからはじめましょう。 食道とは? 食道は、口から胃につながる細長い筒状の管の様な臓器です。 いわゆる食物が通る「消化管」の一部で、口から入った後の食事の最初の通り道ですが、他の消化管(胃、大腸など)と同様にがんができることがあります。 (ガン情報サービスへリンクします。 ) 食道がんの症状 食道にがんができると、様々な症状が起こります。 具体的な症状の解説を以下に記載します。 胸がしみるような感覚 食べ物を飲み込んだときに胸の奥がちくちくと痛んだり、熱いものを飲み込んだときにしみるように感じる、といった症状は、がんの初期のことにみられます。 早期発見のためには、症状を自覚した時に内視鏡検査を受けることをお勧めします。 がんが少し大きくなると、逆にこのような感覚を感じなくなります。 食物がつかえるような感覚 がんが大きくなると食道の内側が狭くなり、食べ物がつかえて気が付くことになります。 特に丸のみしがちな食物(硬い肉、すしなど)を食べたとき、あるいはよく噛まずに食べた時に突然生じることが多い症状です。 がんがさらに大きくなると、食道をふさいで水も透らなくなり、唾液も飲み込めずに吐いてしまうことになります。 体重減少 食べ物がつかえると食事量が減り、栄養が足りなくなって体重が減少します。 3ヶ月間に5-6kg体重が減少したら注意が必要です。 胸痛・背部痛 がんが食道の壁を貫いて外に出て、周りの肺や背骨、大動脈を圧迫するようになると、胸の奥や背中に痛みを感じるようになります。 これらの症状は、肺や心臓などの病気でもみられますが、肺や心臓の検査だけでなく、食道も検査してもらうよう医師に相談してください。 声のかすれ 食道のすぐ脇に声を調節している神経があり、これががんで壊されると声がかすれます。 声に変化があると、耳鼻咽喉(いんこう)科を受診する場合が多いのですが、喉頭そのものには腫瘍や炎症はないとして見すごされることもあります。 声帯の動きだけが悪いときは、食道がんも疑って、食道の内視鏡やCT検査をすることをお勧めします。 食道がん ~どこから発生し、どう広がっていくのか?~ 食道は筒状の臓器であり、その筒を構成している壁は何層もの構造でできています。 粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板、粘膜下層、固有筋層であり、一番壁の内側にある粘膜は「重層扁平上皮」という組織で覆われています。 食道がんはこの一番内側の粘膜から発生します。 日本人の食道がんの90%以上がこのタイプの「扁平上皮癌」であり、60~70歳の男性に多く発病します。 がんは発生するとどんどん増大していき、何層もの壁を越えて拡がっていきます。 これを「浸潤」といいます。 食道は胃や大腸と同じ消化管ですが、粘膜下層にあるリンパ管がより多く張り巡らされているため、がんの浸潤による「リンパ節転移」を起こしやすい臓器です。 (しかし、患者さんの基礎疾患や体力などを考慮し、手術ではなく化学放射線療法などその他の治療法を選択する場合もあります。 ) また、食道の周りには、気管や心臓、大動脈、肺静脈など重要な臓器がたくさんあります。 そのため食道にできたがんがどんどん浸潤していき、食道の壁を越えるところまで浸潤していくと、切りとることができない重要な臓器にがんが及んでしまい、手術でがんをきれいに取り切ることが難しくなる場合もあります。 この様に食道がんは、他の消化管のがんと比べると治療が難しくなる場合もありますが、手術だけでなく抗がん剤による化学療法や放射線治療も組み合わせて、しっかりとした治療を行えば十分に治療できる可能性があります。 手術による治療だけではなく、内科や放射線科の先生方とも連携し、患者さん個人個人に最も合う食道がん治療を提供できるようにしています。 胸部食道がん(胸腹部食道がん) 診断:がんの広がり(進行度)を調べる がんの進行度を診断するため、上部消化管バリウム造影、上部消化管内視鏡、頸胸腹部CT、頸部・腹部超音波の各検査を行います。 そして、毎週火曜日に行われる食道外科、、およびが参加する食道カンファレンスにおいてこれらの検査結果を検討し、進行度を診断しています。 このように、すべての症例に対し、複数の診療科の専門家が集まって診断を行うことで、より正確に、かつ最適な治療方針を立てられるようにしています。 上部消化管バリウム造影 バリウムを飲み、エックス線で撮影をします。 この検査では、病変の大きさと位置関係を見ることができます。 上部消化管内視鏡 病変の位置、大きさ、数を調べるだけでなく、組織を採取して確定診断を行います。 特殊な染色液(ルゴール液)を用いて、小さな病変まで見つけ出します。 頸胸腹部CT 病変の位置、広がりや深さ、周囲臓器との関係を見ることができます。 リンパ節転移や遠隔臓器転移も調べます。 頸部・腹部超音波 頸部超音波では頸部リンパ節への転移の有無を、腹部超音波では肝臓への転移の有無を調べます。 PET 上記の検査で診断が確定されない場合のみ、放射性ブドウ糖液を用いて検査します。 進行度分類:病期 病期とは、がんの進行度を表す言葉です。 病期は以下の3つの因子によって、4段階に分類されます(図8、表1、表2参照)。 T 因子:がんの深さ• N 因子:リンパ節転移• M 因子:遠隔リンパ節転移または臓器転移 図8:食道壁の構造とがんの深さ(T 因子)の分類 がん情報サービスより転載 表1:食道がんTNM分類(UICC第7版) 表2:食道がん病期分類(UICC第7版).

次の

胸のつかえ|原因は食道がん?疑わしい3つの疾患を探る

食べ物 が つかえる

更新日:2016年8月31日 食べ物などをのどに詰まらせたときの応急手当について 食べ物などの異物がのどなどの気道(空気の通り道)に詰まっている状態を「気道閉塞」といいます。 そのまま放っておくと,最悪の場合は死に至ってしまいますので,異物の除去を行わなければなりません。 特にお年寄りや子供は飲み込む力が弱いことや,子供の口は直径3cm程度のもの(意外と大きい!)は簡単に口に入ってしまいますので,ご注意ください。 異物除去の方法 異物を取り除くためには簡単に指で取り除ければ取り除き,できない場合は「胸の中の圧を高めて,異物を押し出す」といったことが必要になります。 それでは具体的にどのようにすればよいかを紹介いたします。 反応(意識)がある場合 食事中などに,突然苦しがったり皮膚が赤紫色に変色(チアノーゼ)するなど,気道閉塞が強く疑われる場合は「のどに何か詰まったの?」と訪ねて,声が出なかったり,うなずくようであれば,直ちに119番通報を誰かに頼むとともに,すぐに異物の除去を試みます。 なお,気道閉塞のために呼吸ができないことを周りに伝える方法として,両手の親指と人差し指で首をつかむしぐさがあり,これは世界共通の「窒息のサイン」と呼ばれています。 本人に意識がある場合は,まず強く咳をさせてみましょう。 咳ができなかったり,咳が弱くなってきたりした場合は別の方法を試みます。 窒息のサイン *腹部突き上げ法(ハイムリック法) 腹部突き上げ法 相手の背中から脇の下へ自分の両手を回します。 片手で握り拳を作り,その親指側を相手のへそより上でみぞおちより下の部分に当てます。 もう一方の手で握り拳を握り,素早く手前上方(自分側)に引きつけるように圧迫して突き上げます。 ただし,妊婦と乳児には腹部突き上げ法を行わないでください。 腹部突き上げ法は内臓を痛める恐れがあるので,異物の除去に成功しても必ず診察を受けてください。 *背部叩打法 背部叩打法 立っていたり座っていたりしているときに腰を折って前屈みになって,顔を低くした状態で相手の肩甲骨の間を自分の手の付け根の堅い部分で「強く」数回叩きます。 また,横に寝た状態で行っても構いません。 *乳児の場合 背部叩打法(乳児) 様子がおかしかったり,皮膚が赤紫色に変わってきたりしたときなど,気道閉塞が疑われる場合は背部叩打法を行います。 乳児の場合は自分の片腕に乳児をうつぶせにして乗せ,手のひらで乳児の頭を支えつつ,頭を体より低くしてもう一方の手の付け根の堅い部分で異物が取れるか,反応がなくなるまで強く叩きます。 反応(意識)がない場合 大人・子供に係わらず,反応がない場合,または最初は反応があっても応急手当などを行っている途中に,ぐったりして反応がなくなった場合は,直ちに心肺蘇生法(胸骨圧迫と人工呼吸)を開始します。 胸骨圧迫をすることにより,胸の中の圧が高まって異物除去の効果がありますので,異物を除去することに夢中になりすぎて心肺蘇生法の開始が遅れないように,ご注意ください。 【注意点】• 異物の除去に掃除機を使用することは,口の中を傷つけてしまうことなどから,推奨されません。 指で掻き出して異物が取れそうな場合は,歯で自分の指などを傷つけてしまうかもしれませんので,ハンカチなど清潔な布を手に巻いて行ってください。 ただし,口の奥の喉もとに異物が見えても,逆に押し込んでしまう恐れがあるので無理に取ろうとしないでください。 感染防止に十分注意してください。 リンク•

次の

食事中に喉がつまります。

食べ物 が つかえる

食道は口の奥から胃の間にあり、長さは25~30cm、厚みは4mmほどの管状の臓器です。 飲み込んだものは、通常、食道を通過して胃に到達しますが、食道は入口、中央部、出口が細くなっていて、そこを生理的狭窄部 きょうさくぶ といいます。 食道異物は、この部位で起きやすいことが知られています。 異物になりやすいのは、成人では魚の骨、小児ではコインやボタン電池、おはじきなどのおもちゃ。 高齢者では、部分入れ歯などが原因になります。 食道異物の診療に詳しい東海大学医学部外科学系消化器外科学の島田英雄教授は、「魚の骨ではタイやブリが多く、角や先端がとがったものでは、義歯など。 薬を角のとがったアルミの包装ごとうっかり飲み込んで受診する人もいます。 消化器の手術をした人では、食道と胃や腸のつなぎ目の細くなったところに引っかかることがあります」と話します。 食道異物が危険な理由 食道異物の診察は、飲み込んだ人が小児や認知症の高齢者では、医師に伝えられないため、家族や周囲の人から状況を聞きます。 金属性の異物が疑われるときには、エックス線検査で調べますが、プラスチックやガラスなどは見えません。 金属以外は、CT検査が確実な診断につながります。 「食道のどの位置にあって、どうなっているか。 CT検査では、異物と周囲の臓器との関係も立体的に分かります。 魚の骨は中で折れて取り出しても残っていることがありますが、CT検査では入り込んだ骨も診察できます」 島田教授。 異物が見つかったら、その形状などに応じて器具を選び、口から内視鏡を入れて取り出します。 とがったものが食道を貫通しているときは、内視鏡では食道や周囲の臓器を傷つけます。 損傷を避けるために手術をして異物を取り出します。 食道異物の受診先と注意点 喉に魚の骨が刺さると痛みなどを感じますが、食道異物は症状がほとんどありません。 小児や認知症の高齢者では、「あったものがない」「探しても見当たらない」「飲み込んだかもしれない」と家族や周囲の人が気づいて、受診することが少なくありません。 また、健康な人がうっかり飲み込むなど誰にとっても危険があります。 異物は放置してはいけないものなので、もしものときの受診先は、異物が喉に刺さったときは「耳鼻咽喉科」へ、飲み込んでしまったと思われる際には、「消化器内科」や「食道外科」を受診しましょう。 さらに、ふだんから注意点を知っておきましょう。 コインやボタン電池などは、子どもの手の届かないところに置く• タイやブリなどアラを使った魚料理は、骨に気をつける• 個装された錠剤 PTP包装薬 は、一錠ずつ切り分けない• うっかり、あわてて、急いで飲み込まない 検査は特殊光の内視鏡で受けよう 「喉元を過ぎれば熱さを忘れる」。 このたとえのように食道に異物があっても気づきにくいものです。 ところが、食べ物が飲み込みにくい、つかえた感じがするという食道の違和感は、食道がんでよくみられる症状です。 がんで食道が狭くなると症状が出てくるのです。 食道の病気の中で食道がんは見つけにくく、治療の難しい病気といわれています。 しかし、早期発見では口からの内視鏡治療で治せることが多く、定期的な内視鏡検査が大事と島田教授は話します。 近年、食道の内視鏡検査は、特殊な波長の光で病変を観察する検査法が広まっています。 「特殊光の内視鏡は、病変が正常部とは異なった色調となり、色の違いで早期発見することができます。 早期の食道がんなら内視鏡で切除することもできます。 食道の検査は、特殊光観察による内視鏡検査をお勧めします」。 食べたり、飲んだりすることは、人生の楽しみの一つ。 しかし、食べ物が通る食道の異変は、意外と気づきにくいものです。 食道がんは多量飲酒が危険因子で、男性に多く発症します。 定期的な食道の健康チェックを忘れないようにしましょう。 監修 東海大学医学部付属大磯病院 病院長 東海大学医学部外科学系消化器外科学 教授 島田英雄先生 取材・文 阿部 あつか.

次の