ミニマリスト主婦 自分を捨てました。 これを捨ててミニマリストになりました【たった1つのこと!】

節約系ミニマリスト主婦の持ち物のまとめ(前編)

ミニマリスト主婦 自分を捨てました

ミニマリスト 生活で捨てた もの【キッチン編】 主婦の場合、家の中で ミニマリスト生活を実践しやすく、なおかつ効果を実感しやすいのがキッチン。 効果が分かりやすい場所からミニマム化を始めるのも、続けるコツです。 キッチン で捨てたものリスト• おたま2つ• 木べら1つ• 米とぎ棒• 賞味期限が切れた調味料類(普段使いしないハーブや香辛料が多かった…)• 空き瓶• 景品やプレゼントでもらったマグカップ• 1年以上使っていない食器類(大皿、茶碗蒸し用、茶器セット、ワイングラスなど)• コンビニでもらう割り箸やスプーン 私は料理が趣味という人間ではないので、調理器具をそれほど揃えているわけではありません。 それでも、おたまが大量にあったり、ヘラも2本ありました。 用途が被っているものは迷わず処分することで、キッチンの収納もスッキリ! また、お弁当の紙カップやピックもたくさん保管していましたが、シリコンのカップやアルミホイルで代用できることから処分しました。 コンビニやスーパーでもらう箸やスプーンは断るようになりました キッチンをミニマム化 するメリット キッチンをミニマム化するのと同時に、菜箸やキッチンバサミ、しゃもじなど 使用頻度が高いキッチンツールは取り出しやすい手前の引き出しにセット。 子供の朝食作りで使用するバターナイフ、スプーン、フォークは1本ずつ入れています。 日常使いはしないけれど、そこそこの頻度で利用するものは流し台の下に、 1年以上使っていなかったり他のもので代用できるものは捨てました。 キッチンをミニマム化して、取り出しやすい引き出しの中にはスタメンしかいない状況にしたら、料理中もスッと器具を取り出しやすくなり、ストレスも時間もかからなくなりました。 スッキリした引き出しなので、手入れも簡単になって衛生面もメリットあり。 ミニマリスト生活で捨てた もの【クローゼット編】 キッチンと並んでミニマム効果を得やすいのがクローゼット。 必要最低限の服やバッグだけが並んでいるので、毎日の身支度もストレスフリーです。 クローゼットで 捨てたものリスト• バッグ8個• 擦り切れた下着、靴下• 3ヶ月以上着ていない服• シーズン物の服やコート、マフラーなどは1年以上着ていないもの• パジャマ4着 とにかくバッグが多かった私。 用途が丸被りで、使っていないけど捨てきれないモノがほとんどでした。 クローゼットをミニマム化するメリット クローゼットミニマム化するメリットは、なんと言っても朝の時短効果。 ミニマリストの人の中には 日常の服を「制服化」している人が多いです。 有名人ではアップル創業者の1人、故スティーブ・ジョブズ氏が黒のタートルネックにジーンズの組み合わせのみ着ていました。 他にも、オバマ元大統領やFacebookのCEO、マーク・ザッカーバーグ氏も普段着を制服化しています。 私たちは、日常生活の中で小さな決断を繰り返しながら生きています。 その日に着る服装、朝ごはんのメニューに始まり、靴やバッグを選び、仕事では上司に伺いをたてる言葉をさがし、子供がスムーズに行動してくれる会話を考える…。 その決断のひとつである 「服の選択」を削ることで、他のことにパワーを向けることができるのです。 それぞれのアイテムには色違いを3色用意し、パンツは黒2本に白1本です。 数は少ないですが、お気に入りの着心地の良い服だけを着れるので、毎日気分よく着替えられます。 ミニマリスト生活で捨てたもの【脱衣所・バスルーム編】 意外と溜め込んでいるのが脱衣所(洗面所)やバスルーム。 化石化してしまっているものも見つけてしまうかも…。 水回りをミニマム化すると清潔感もキープできるのでぜひチャレンジしてみてください! 脱衣所(洗面所)・バスルームで捨てたものリスト• 試供品のコスメやシャンプーセット• 歯磨き粉(3人家族なのに5種類もあった…)• 半年以上使っていないデパートコスメ• 肌に合わないのにもったいなくて捨てられなかったコスメ• ヘアブラシ• ネイル• ビューラー• 電動シェーバー• ドライヤー(2つあったので1つ処分)• コットンパフ• 美容室でもらったトリートメント 脱衣所・バスルームをミニマム化するメリット 脱衣所やバスルームは、寝室に次ぐリラックス空間でもあります。 そんなリラックス空間がミニマム化されていると、深呼吸なんかも思わずしちゃうくらい(笑) また、朝の洗顔後、顔を拭いたタオルでそのまま蛇口やレバーを磨き上げ、鏡や棚、シンクもささっと吹き上げるのが習慣になりました。 そのままタオルをポイっと洗濯機に入れて、新しいタオルをセットすれば、完璧な洗面台が出来上がりです。 ものの2〜3分で掃除が出来るのも、ミニマム化してモノがないおかげ。 水回りがキレイな状態をキープするのは風水的にもいいらしいですし、身なりを整えるのも楽しくできるようになります。 ミニマリスト生活で捨てたもの【リビング編】 リビングはこれまでの場所以上に家族全員のモノが混在しています。 そのため、私だけの判断でモノをどんどん捨ててしまうと揉める原因にもなるので慎重に片付けていきました。 リビングで捨てたものリスト• 謎のコードたち• コロコロクリーナー• ペット用ベッド• クッション(5個もあったので2個処分)• ボロボロになった膝掛け(新しいモノと交換)• ファブリーズ• そこに、なぜか何にも接続されていないコードが数本。 1年ほど前に「何このコード?」と思ったものの、その後も使われることがなかったんですよね。 万が一、必要になった時に購入を検討すればいいやと、思い切って処分しました。 リビングをミニマム化するメリット リビングはミニマム化したものの、元々備え付けの棚に収納していたので、見た目的な変化はほとんどありませんでした。 ですが、収納棚がギッチギチにならずに余裕が常にあるようモノを捨てたので、 夫や息子も片付けやすくなりました。 そのおかげで、ソファー前のローテーブルにモノを置きっぱなしにされることもほとんどゼロに。 「片付けて!」と怒る前に、ミニマム化すれば良かっただけなんだな〜と気が付きました。 ミニマリスト生活で捨てたもの【その他】 キッチン、クローゼット、脱衣所・バスルーム、リビングが我が家にとっては最もマキシマム化していた場所でした。 他の子供部屋やパントリー、寝室、トイレにはそれほどモノはありませんでしたが、それでもちょこちょこ処分したものたちがあります。 その他の場所で捨てたものリスト• 使用期限の切れた薬• 読まなくなった絵本• 子供の工作作品(写真を撮って処分)• ナプキン• 芳香剤• 見ていないカレンダー など 私は布ナプキン歴2年です。 それまで使用していたいわゆる化学ナプキンは、「旅行や外出の時に必要になるかも」という理由でストックしたままになっていました。 でも、布ナプキンに慣れてくると、外出中でも扱い方はそれほど難しくもなく、ましてや旅行にいたっては生理開始日が分かるので、そのように予定を立てるようになり不都合もありません。 そのため、化学ナプキンを使用することは今後もなさそう!ということで処分しました。 ずぼら主婦の私でもミニマリスト生活を始められた 今回は、ミニマリスト主婦が捨てたものリストということで、私がミニマリスト生活を始めるにあたって処分したものたちをご紹介してきました。 今でも、「あ、これは捨てよう」というモノが出てきます。 1回目の捨てる作業でも捨てるかどうか悩むモノがあり、その場合は保留していました。 でも、 捨てるか悩んだモノってやっぱり必要ないもののことがほとんどなんですよね。 なので、保留していて1ヶ月ほど経つ頃には「やっぱり捨てよう」となるわけです。 当初はもったないかな〜と思ったりもしましたが、身の回りが必要最低限のモノだけになって快適になってくると、「もったいないけど、必要ないから捨てよう」となります。 そして、もう二度ともったいないと感じたくないから、そして快適なミニマリスト生活をキープしたいからこそ、モノの購入には慎重になってきます。 今でもずぼら主婦の私ですが、こんな私でもミニマリスト生活が始められました。 自宅をミニマム化することで、家事も育児もラクになり、さらにずぼら生活に磨きがかかっているのかもしれません(笑) ぜひ、今回私の捨てたモノリストを参考に、あなたもミニマリスト主婦を始めてみてくださいね!きっと前よりもラクな生活が待っているはずです。

次の

【厳選】本当におすすめなミニマリストのブログ10選│見るだけで参考になる|ミニマリストの森

ミニマリスト主婦 自分を捨てました

ミニマリストになりたい主婦 「ミニマリストになりたい」 本の中に登場するミニマリストたちの部屋を見て、正直、いいなあとうらやましく思いました。 「わたしもこんなすっきりとした部屋で暮らしたい。 」 そう思いました。 必要なものだけが置かれ、掃除の行きとどいた部屋は清々しいの一言です。 「うらやましい・・・」 でも・・・。 「一人暮らしだからできるよね。 」 「反対する家族がいないからできるよね。 」 なんてちょっと黒い気持ちも湧いてきました。 これほど完璧なミニマリズム生活は、我が家では厳しい現実です。 わたしの理想を無理に通そうとしたら家族間がうまくいかなくなるでしょう。 そう思っていました。 だから、ブログのタイトルだって、ゆる~くシンプルライフを目指そうって思って、ゆるしんぷるなのです。 本来、ミニマリスト的考えをもっているつもりですが、結婚してパートナーができ、さらに子供が生まれて、自身の価値観はもろくも崩壊したのです。 片付けても掃除しても、散らかす子供たち。 小石や葉っぱを大事そうに持ちかえる子供たち。 「子育てがミニマリスト思考でやって行けるか!」 「物を捨てられない夫がいて、一人孤独にミニマリストでいられるか!」 もう、これは、自分の考えを変える必要があると悟りました。 私が変われば、家族にとってもその方が幸せだと思いました。 毎日、散らかる部屋にピリピリの母親って嫌ですもんね。 子供のため、夫のため、家族のために、私は、ミニマリストの考えを譲って、ぎりぎりのところで、シンプルライフを目指そうとしたのです。 そういいながらも、片付かない部屋に何度も発狂して、疲れ果て、ついに、シンプルライフなんて無理よね。 そう悟り、ゆるくシンプルライフを目指せばいいよね。 となったのでした。 無理は禁物。 行き過ぎはよくない。 そう言い聞かせて毎日を送ってきました。 シンプルに生きていきたい 先日、ハタッと気づいたんです。 ゆるくシンプルライフを目指せばいいよね。 なんてけっきょく自分を甘やかしてるだけなのでは? 基本的に面倒くさがりのわたしです。 片付けなんて実は嫌い。 収納なんて苦手過ぎて頭パニックになります。 掃除なんてしなくて済むならしたくない。 そんな私は、さぼりだすと、とことん自分に甘く都合のいい言い訳を並べ、ぐうたらしています。 「ゆるくシンプルライフを目指せばいいよね。 」 なんて、まさに甘えの言葉でした。 ただただ覚悟が足りず、文句ばかり言っていたにすぎませんでした。 えらそうに、子供に片づけなさいという前に、自分がやるべきことがありました。 反省です。 もう、甘ったれた言い訳はやめます。 きちんと片付けられない自分と向き合います。 面倒くさがりの性格を直すのはむずかしいし、けっこう気に入ってるので 笑 そこはそのままで、ミニマリストとしての自身の価値観を取り戻し、片付けを重ねることで、シンプルに生きていきたいです。 ミニマリストは必要ない。 ただシンプルに生きるだけ 2018年追記 そう気合を入れていたのですが。 「ミニマリストって何のため?」 「シンプルに生きたいのはどうして?」 そう考え始めました。 そうして「ミニマリストになりたい」というのも結局独りよがりの考えだったと気づきました。 わたしは、ひとり暮らしではありません。 夫と2人の子供たちと暮らしています。 何が今の暮らしにとって大切か? ミニマリストであること、ミニマリストを目指すことは、今のわたしの暮らしにそれほど重要だろうか? そう考えたら、答えはNOでした。 ミニマリストであることなんてどうでもいいのです。 わたしが目指すのは、家族みんなが楽しく暮らしを送ることです。 人は時々、目的と手段を間違えます。 わたしにとって、 ミニマリストになることは、目的ではありません。 目的は、家族と心地よい暮らしを送ることです。 そのために、不要なものを処分し、少ないもので暮らした方が快適になると思ったのです。 それは手段です。 わたしが1人暮らしであったなら、もしかしたら、ミニマリストになることを目的にしたかもしれません。 ミニマリストになってから得られる何かを求めたかもしれません。 ですが、今は、もう大切なものは手に入れているし、何が大切かわかっている。 だから、ミニマリストになる必要はないのです。 目的は、家族が笑顔で毎日を送ることです。 だから、ミニマリストを目指すぞ!宣言は取り消します。 もうわたしは ミニマリストを目指すことをしません。 ゆるく自分らしい暮らしを家族と共に楽しむことのほうが大切なのです。 大切なものを大切にして、ただシンプルに生きればいいんです。

次の

ミニマリストはやめた。断捨離より大切な事があるからゆるミニマリスト

ミニマリスト主婦 自分を捨てました

スポンサーリンク ミニマリストを目指す3人子持ち主婦!リビングが散らかり放題! 子供は散らかし名人! リビングとその隣の畳の部屋が毎日大変な事になってました。 それは主に工作類です。 ダンボールやティッシュの空箱、プラカップなど、ゴミで使うものを子供は宝のように使います。 また、うちでは、リビングの中に更に自分たちの基地を作ろうと、家具を動かしたりします。 その家具 小さなテーブルなど 定位置に戻すのも大変ですが、工作類も、 5日間くらいおいたら捨てる約束をしています。 そうしないと、ホコリも溜まりやすくなるし、掃除機もかけづらいです。 そして溜まる一方。 この遊びにいつかは飽きると思っているので、今しばらくの辛抱です。 そんな中、手放したものがあります。 これらを捨てたら リサイクル行きの物も有り だいぶスッキリとしてきました。 しかし、葉っぱに誇りも溜まるので、その ホコリを取る作業も大変。 8年間あった観葉植物を思い切って捨てる事にしました。 捨てると言っても持ったいないので、知人に譲ったりしました。 いざという時、大きい観葉植物は処分も大変なので、小さめの植物にするか、または持たない事をオススメします。 しかし、いざ 地震があった時に倒れるのが心配になり、引き出しにしまうようにしました。 リサイクル このようなタイプのイスは「大人でも使える」と説明があったので、ずっと使えると思ってました。 しかし、なんとなく イスを引くときに意外と重くて面倒だなぁと思ってました。 思い切って捨て、机とセットで購入した時のイスにしたら、イスを引く動きが楽になりました。 ちょっとした重みが無くなりストレスフリーです。 だいぶスッキリです。 しかし、よく使っているのは、『和食の基本』とその他少し。 結局買っても、 今はiPadやスマフォで検索してみてる事も多いので、3冊に絞りました。 これまたスッキリ。 アルバムは分厚いので、1冊破棄するだけでもスペースが出来ます。 もしもの事を考えて、割れる食器は割れたら 片づけも大変、子供もいるので危険という理由です。 また、洗う時になんだか気を使います。 ちなみこのグラスは大のお気に入り。 アウトドア用なので割れないコップです。

次の