念書の書き方 見本。 念書とは? 意外と知らない書き方と意味【例文つき】

念書 テンプレート

念書の書き方 見本

領収書の役割とは 領収書は金銭支払いを証明する文書で、領収証ともいいます。 現金やクレジットカードを使って商品やサービスを受けた証拠として、会計上管理し、法人は法人税法、個人の場合は所得税法で定められた期間、保管しなければならない書類でもあります。 また、印紙税法によって金額に応じた収入印紙を貼る必要があります。 ビジネスパートナーやお客様にとっては、支払いを証明する大切な書類ですし、自社にとっても物品やサービスを提供し、売り上げを計上したことを証明する書類になるので、正しい書き方を覚えて、作成しましょう。 発行した領収書の控えは社内で保管します。 「お品代」という曖昧な表現は避けましょう。 また、再使用できないように割印(消印)を押します。 収入印紙が必要かどうかは税抜金額での判断となるため、きちんと記載しましょう。 担当者が個別に発行する場合でも、社名を記載します。 管理がしやすくなります。 例えば、クレジット払いなどのときに「クレジットカード」と記載し、カードの利用控え伝票も一緒に保管しておくとよいでしょう。 【宛名】 法人・個人それぞれの書き方 会社の場合は正式な会社名、個人の場合はフルネームが望ましいです。 名刺などを見せて貰い、正しく書きます。 商習慣として見受けられる「上様」という表記は、支払う方(宛先となる方)が望んだ場合にだけ使用するようにしましょう。 また、金額が大きい場合は「上様」を使うと問題になる場合もありますので、可能な限り正式な名称を記載することが望ましいでしょう。 【但し書き】 飲食代はお客様に書き方を確認しよう 商品の販売であれば商品名となりますが、飲食の場合には、支払う方に予め確認することをお勧めします。 お食事代とご飲食代は同じように見えますが、ご飲食代にはお酒が含まれる印象を与えます。 特に記載のルールはありませんので、出来るだけわかりやすく具体的に記載するように心がけましょう。 【収入印紙】 必要になる場合 領収書の内容が、5万円以上の売上代金の場合に、必要となります。 これは印紙税法で定められた印紙税を支払うためで、印紙を購入し貼付することで納税をしたことになります。 収入印紙を購入できるのは郵便局や法務局のほか、切手類を扱っているコンビニやタバコ屋でも購入することができます。 なお消費税は売上代金ではないため、税抜金額が5万円未満の場合は「非課税」となるため収入印紙は不要ですが、5万円以上100万円以下は200円の収入印紙が必要です。 通常、領収書を発行する側が負担をします。 具体的な印紙税額については国税庁のホームページで確認することができます。 引用元:国税庁「」 【印鑑】 領収書への押印方法 通常、手書きやパソコン等で作成する領収書であれば、会社の角印や担当者の印鑑を押印します。 昨今では、メールにPDFで添付するなど、紙で出力しないケースもあるため、簡略化されることもあります。 また、店舗でレシートを発行する場合には、領収書という記載や、店舗名・住所なども併せて印字することで、印鑑を押さなくても正式な領収書とすることができます。 押印はシャチハタでもOKです。 【保管期間】 領収書の控えの保存期間 領収書の控えが必要になるのは、領収書を受け取った人や会社が何らかの都合でその金額を両者で確認する必要が出た場合です。 領収書自体の税法上保存期間は7年が原則となっています。 (青色申告、白色申告、売上高などによって少し異なります) そのため、領収書の控えも7年間は保存しておくことで様々な状況でも対応できるでしょう。 領収書の再発行を依頼されたら? A. 金銭支払いを証明する文書のため、原則、重複して発行しません。 金額修正や汚損してしまったことを理由に、やむを得ず再発行する場合には、先に発行したものを回収します。 店舗などで、「レシートではなく、領収書を」と求められた場合には、必ずレシートを回収しましょう。 また、紛失してしまい、回収ができない場合の対応は、再発行の可否、発行するときの履歴の残しなどのルールを社内で決めておくとよいでしょう。 領収書を受け取ったらどこを確認すればいい? A. タイトル、日付、金額、但し書き、受領者(発行者)が明記されていることを確認します。 店舗でもらうレシートに、店名が入っていないものは、経理部門や税務署に「無効」と判断されることもあるため、その場合には領収書の発行を依頼しましょう。 また、新幹線や、電車、バス、高速道路などの公共交通機関の領収書が必要なときには、自動券売機の「領収書発行ボタン」や、有人改札で依頼をすれば発行してもらえます。 ETCを利用の場合は、クレジットカード会社の明細請求書で代用することが多いようです。 領収書は支払いを証明する文書です。 正しく発行し管理しましょう。 領収書でも割り印をすることはあるの? A. 領収書にも原本と控えにまたがって割り印を押すことで、整合性を証明し悪用されるのを防ぐことができます。 割り印についてはこちらの記事で詳しく解説しています。 個人事業主が領収書を発行する場合、発行者の情報として何を書くと良い? A. 個人事業主の場合は、屋号、氏名、事務所として使っている住所を記載しましょう。 印刷して手書きして使うこともできますし、Excelであれば入力してから印刷することも可能です。 飲食店の店舗等で利用しやすい内訳・消費税も記載できる領収書(PDF) 一番シンプルな領収書です。 飲食店や小売店で領収書を求められたときに便利な領収書です。 宛名、日付、金額、但し書き、内訳、税別金額、消費税額を記入することができます。 A4サイズで3枚の領収書を作成できます。 ExcelですのでPCで入力してから印刷すれば手書きする必要がありません。 また、何も入力せずに印刷をすれば手書きでの使用も可能です。 Excelに必要項目を入力し印刷してから捺印して提出しましょう。 必要な項目に漏れのないよう、しっかりと記載しましょう。 領収書の書式やスタイルにも様々ありますので、是非ご自身や事業内容にあったものを利用してください。

次の

覚書の基本的な書き方と雛形の注意点【フォーマットあり】

念書の書き方 見本

そもそも念書には、どのような意味があるのでしょうか。 念書は、ビジネスシーンや個人間で取り交わされる、後日ある事柄について約束をしたという証拠として参照される文書を言います。 利害関係に直接関係する重要なものですから、書き方を間違えることはご法度です。 書式や雛形・テンプレートを見る前に、念書の詳しい意味についてご説明しましょう。 念書は「約束事」を文書化したもの 念書の意味をもう少し掘り下げましょう。 念書とは簡単にいえば「約束をした」時に、お互いが「どのような条件で」「どのような件について」約束したかを文書化したものです。 「念書」は約束を形にしたものであり、契約書の一種です。 一般的に念書は会社にテンプレートが用意されている場合が多いので、会社で一度テンプレートに目を通しておき、書式を知っておくといざというときに役立ちます。 逆にいうと、相手に約束する気があれば念書は取れると考えられます。 念書の書き方やテンプレート、取り交わす際の決め事については、弁護士など専門家に依頼する必要ありません。 しかし、念書の内容を改めて契約として取り交わす際には、法的な問題点がないか事前に相談し、作成した念書の内容や書式を確認してもらうようにしましょう。 念書の効力は弱い 念書はあくまで当事者間の約束にすぎないので、たとえ取り交わした念書の内容に反しても、即時・強制的などの対処はできません。 また、個人間の約束といっても公序良俗、社会通年上妥当な範囲を超える念書は無効とされる場合もあります。 逆に言えば公序良俗、社会通念上で常識の範囲内と言える程度なら約束・念書を守る義務があり、それに反した場合には責任を負うことになります。 おざなりな書き方で念書を作成するとトラブルになることもある 念書は契約の前に取り交わすのが通例ですが、契約に念書を付随させる場合は注意が必要です。 おざなりな書き方で念書を作成してしまい、契約の際に念書に記載されていない契約内容ががあると、「なぜ念書と内容が異なるのか?」という疑問の種になり、トラブルになった際に裁判になってしまう場合があるのです。 場合によっては、念書というものは契約の有効性と念書の有効性という意味で重要になってきます。 契約自体に有効性がなかったり、念書自体が意味のないものである場合、念書の効力は全くなくなってしまうので気を付けなければなりません。 念書の書き方は雛形・テンプレートを参考にしよう それでは実際に、念書の書き方から覚えておきましょう。 念書を書くと聞くと、何やら難しいイメージがありますが、実はそれほど難しくはありません。 いくつかの要点に則った書き方であれば、誰でも念書を作成できるのです。 念書の書き方として、雛形やテンプレートも集めましたので、参考にしてください。 念書に盛り込んでおくべく内容 念書の書き方の流れは、以下の内容を盛り込みながら書くようにしましょう。 そして表題は「念書」にしてください。 他に「誓約書」等も同じ内容になりますが、一般的には念書で構いません。 簡単な約束ごとであれば署名だけでも念書として成立していますが、法的効力を持たせるには双方の同意の上の捺印をするのが重要です。 再びこれに反した場合、懲戒解雇処分となることに不服を申し立てません。 (又は、自ら職を辞する覚悟です。 再びこれに反した場合、 懲戒解雇処分となることに不服を申し立てません。 (又は、自ら職を辞する覚悟です。 また、雛形・テンプレートを知っておけば、どういった状況でも正しい念書を作ることができるのです。 念書は法的効力は弱いものの、有用性は実証できますので、契約の際にトラブルにならないように念書と契約書の内容はしっかりと照らし合わせておく必要があります。

次の

念書とは? 書き方と基本のフォーマット

念書の書き方 見本

「覚書」とは 「覚書」の読み方と意味 「覚書」とは「おぼえがき」と読み、「当事者双方が合意した契約内容を文書化してまとめた書類」のことです。 「覚書」という言葉からメモや忘備録のような軽い印象がありますが、実際には、契約内容を把握または変更・補助するためにも必要となる書類であり、法的効力を持つこともある書類です。 「覚書」の法的効力 「覚書」はその内容次第で、法的効力のある公的な書類です。 公的効力を持つとみなされた覚書の場合、その法的効力の位置づけとしては契約書の下に続く効力を持ちます。 また覚書とあってもその実態が契約書と同等だとみなされた場合、契約書として効力を発揮する場合もあります。 「覚書」の使い方 覚書が活用されるのは、当事者双方が合意をして契約を結ぶ際の内容事項の確認、修正、変更をするときに覚書が作成されます。 また契約締結の意思確認としても覚書が作成されることがあります。 「覚書」の書き方と文例 覚書の構成 覚書の基本的な構成は次のようになります。 前文: 契約内容の要約と、当事者のどちらが略語である「甲乙」を名乗るのかが記されます。 本文: 具体的な合意内容が記載されます。 後文: 作成した覚書の部数や誰がそれを所持しているのか、また当事者同士が合意したことを確認する宣誓文など、後付け内容が記載されます。 覚書の作成日: 覚書を作成した日付です。 当事者名: 当事者両名の署名と捺印がされます。 当事者名は当事者本人による自著の場合と、当事者に代わる代理人による記名の場合もあります。 捺印があることで正式書類として認められる証です。 甲乙の置き換えに注意 覚書では当事者のことを「甲」または「乙」と言い換えますが、この置き換えには注意が必要です。 一般的には力関係の強さが基準で甲乙が決められます。 力関係が強い方が「甲」となり、力関係が弱い方が「乙」となります。 とはいえ、どちらの力関係が強いのか判断しにくいこともあり、当事者のどちらを「甲」にするのか難しい場合があります。 そうした場合ビジネスでは、契約上で顧客となる相手を立てるために「甲」を顧客側、「乙」を自社にするケースがよく見られます。 印紙がいるかどうかの判断は契約内容の金額次第 覚書によっては印紙が必要となる場合があります。 それは覚書の内容が請負契約や売買契約などで金銭が伴う覚書で、その金額が1万円以上の場合です。 もしもその金額が一万円以下か金銭が絡まない契約、委託契約に関する覚書であれば課税対象にはならないので、印紙は必要ありません。 なお、印紙の貼り忘れは罰金対象にもなりますので、印紙が必要かどうかの判断が難しい場合には事前に法務局に問い合わせましょう。 「覚書」の変更・修正の仕方 すでに書かれた当事者双方で取り交わされた覚書の内容を変更または修正したい場合には、改めて変更・修正するための覚書が作成されます。 その際には、本文に変更される内容が記された覚書の作成日と内容を記載し、どのように契約内容を変更するのかを明記します。 (合意内容の詳細を記述) 1. 2. 3.など 以上を合意した証しとして、本書を二通作成し、甲乙署名捺印の上、各々一通を所持する。 一方「念書」とは、契約を交わす当事者の一方が相手に対して提出する書類で、双方の合意があるわけではありません。 念書を提出する側が相手に対して求める契約内容を提示する役割があります。 覚書との違い 契約書と覚書との違いは、どちらの書類も契約内容の確認をするための書類なので、その記載のされ方によっては覚書は契約書と変わらないため、覚書が契約書として取り扱われることもあります。 しかし本来の覚書の役割は当事者間で契約内容の確認までですから、法的効力としては覚書は契約書の次の書類となります。 一方、念書は当事者双方の確認がされていない内容になりますので、その点において覚書とは異なります。 また法的効力があることもケースによっては考えられ、その場合の法的効力は覚書よりも下に位置付けられます。 まとめ 「覚書」とは「契約内容を確認したり修正・変更するために作成される書類」です。 公的効力を持つこともあり、覚書の内容によっては契約書として扱われることもあります。 そのため覚書も契約書と同等に契約内容は十分に吟味して、本当にその内容で納得がいくのかどうかを判断したうえで署名・捺印することをお勧めします。

次の