ハーメルン の 笛吹 き。 ドイツ、ハーメルンの町で「笛吹き男」伝説に触れる

「ハーメルンの笛吹き男」は実話だった⁉子どもたちはどこに消えたのか考察

ハーメルン の 笛吹 き

伝承の詳細 この事件が起きたとされるのは、1284年6月26日 ドイツ 、当時の街にはネズミが大繁殖し、人々を悩ませていた。 そんなある日、色とりどりの布で作った衣装を着た男が現れ、報酬と引き換えに街を荒らすネズミを退治してやると持ちかけた。 の人々は男に報酬を約束した。 男が笛を吹くと、街じゅうのネズミが集まってきた。 男はそのままに歩いてゆき、ネズミを残らず溺死させた。 しかしネズミ退治したにもかかわらず、の人々は笛吹き男との約束を破り、報酬を払わなかった。 報酬が払われなかった事に憤慨した男は、 街から姿を消した。 だが、6月26日の朝(一説によれば昼間)に再び現れた。 そして住民が教会にいる間に、男は笛を吹きながら通りを歩く。 すると家の中に居た子供たちが次々に出てきて、男のあとをついていった。 子供達は男の後に続いて街を出て、市外の山腹にあるほら穴の中に入っていった。 そして穴は内側から岩でふさがれ、男も子供たちも二度と戻ってこなかった。 この時、居なくなった子供達は、130人にもなると言う。 また、足が不自由な為に、他の子供達よりも遅れた子供1人、もしくは目の見えない子供、耳の聞こえない子供の2人だけが残されたと伝える。 お話もあります。 マルクト教会のステンドグラス このの街で起きた事件は、マルクト教会のステンドグラスに描かれていました。 このステンドグラスは、1300年頃には既に存在していましたが、1660年に破壊されてしまいました。 これを、14世紀から17世紀にかけての複数の記録・文献に基づいて、現在のステンドグラスが復元されました。 このステンドグラスの中の男は、色鮮やかな衣装をまとい、子供達は白い着物姿であるのが特徴です。 このステンドグラスには、説明文が添えられています。 Anno 1284 am dage Johannis et Pauli war der 26. junii Dorch einen piper mit allerlei farve bekledet gewesen CXXX kinder verledet binnen Hamelen gebo[re]n to calvarie bi den koppen verloren — 上記の文章が翻訳されたもの 1284年、聖との記念日 6月の26日 色とりどりの衣装で着飾った笛吹き男に 130人の生まれの子供らが誘い出され コッペンの近くの処刑の場所でいなくなった 「コッペンの近くの処刑の場所でいなくなった」、コッペンとは丘の事だそうです。 ですが、の街付近の、どの丘を指すのかは不明だそうです。 このステンドグラスは、悲劇的な事件を忘れないように、制作されたと考えられています。 また、の最古の記録は、1284年のこの出来事を起点にしたとなっている。 少年十字軍 十字軍遠征とは、西ヨーロッパの諸国が、聖地を教諸国から奪還することを目的に派遣した遠征軍のことである。 第1回十字軍(1096年 - 1099年)~第9回十字軍(1271年 - 1272年)まであり、少年十字軍とは第4回十字軍(1202年 - 1204年)の後、フランスやドイツにおいて神の啓示を受けたとする少年エティエンヌの呼びかけにより、少年・少女が中心となって結成された十字軍の事。 しかし、少年十字軍の末路は悲惨なものとなる。 北フランスの少年エティエンヌが「神の手紙」を神から手渡されたとし、聖地回復をするようお告げがあったと説いて回り、感化された熱心な少年少女らで結成された。 その数、数千人から2万前後の少年少女が集まったとされている。 聖地へ向かう為の船がなく、満足な遠征費も無い。 無償で船を提供すると言う商人の支援により聖地へ向かったものの、7隻の船のうち2隻の船が難破、無事だった船もで奴隷商人の手に渡ってしまう。 またドイツでも、ニコラスという青年に煽られた少年達がイタリアを目指し、を越えてローマにたどり着いたが、の説得によって故郷へと引き返した。 結局、彼を含め故郷に戻れた仲間はほんのわずかであったという。 ちなみに、エティエンヌの少年十字軍が平均年齢12歳程度だったのに対し、ニコラスの少年十字軍は15歳程度だったとされる。 どちらの少年十字軍も、多くの少年少女が犠牲になりました。 この事が、130人の子供が消えたとする説である。 未来人説 未来人説と聞くと、皆さん何をそんな素っとん狂な!と思われるでしょうが、まあ聞いて下さい。 移民や植民などにより、13世紀のドイツ地域は、あまりにも多くの人口を抱え込んでいた。 だが、子供の移民は記録されていないらしいのです。 理由の一つとして、児童売買は当時は珍しい習慣ではなかった事から、植民請負人に売られたとの説が提言されています。 この人口過多のドイツで、「(ペスト)」が蔓延する。 これにより、多くの子供達も犠牲になったと思われます。 もし、笛吹男が未来人であり、この惨状を知っていたとしたら。 の街ではネズミが大繁殖し、いずれ疫病が蔓延し、子供達が多く亡くなる。 その前に子供達だけでも、安全な場所に導く。 笛吹男を伝える色鮮やかな衣装、これは当時の人達からすれば、見慣れない服装だった可能性がある。 そして最大の疑問は、笛の音でネズミや子供達を集める。 これは現代の技術では、少し難しいのではないかと思います。 ですから、魔法使いと称されるのでしょう。 「余りにも発達した技術は、それを目にした者には、魔法にしか見えない!」 出演:さん談 これ本当にアスカさんの言う通りだと思います、説明出来ない技術を魔法と言うのです。 今の技術を昔の人が見たら、「魔法?」と言うと思いますよ、きっとね。 occulthiroba3088.

次の

「ハーメルンの笛吹き男」は実話だった⁉子どもたちはどこに消えたのか考察

ハーメルン の 笛吹 き

伝承の詳細 この事件が起きたとされるのは、1284年6月26日 ドイツ 、当時の街にはネズミが大繁殖し、人々を悩ませていた。 そんなある日、色とりどりの布で作った衣装を着た男が現れ、報酬と引き換えに街を荒らすネズミを退治してやると持ちかけた。 の人々は男に報酬を約束した。 男が笛を吹くと、街じゅうのネズミが集まってきた。 男はそのままに歩いてゆき、ネズミを残らず溺死させた。 しかしネズミ退治したにもかかわらず、の人々は笛吹き男との約束を破り、報酬を払わなかった。 報酬が払われなかった事に憤慨した男は、 街から姿を消した。 だが、6月26日の朝(一説によれば昼間)に再び現れた。 そして住民が教会にいる間に、男は笛を吹きながら通りを歩く。 すると家の中に居た子供たちが次々に出てきて、男のあとをついていった。 子供達は男の後に続いて街を出て、市外の山腹にあるほら穴の中に入っていった。 そして穴は内側から岩でふさがれ、男も子供たちも二度と戻ってこなかった。 この時、居なくなった子供達は、130人にもなると言う。 また、足が不自由な為に、他の子供達よりも遅れた子供1人、もしくは目の見えない子供、耳の聞こえない子供の2人だけが残されたと伝える。 お話もあります。 マルクト教会のステンドグラス このの街で起きた事件は、マルクト教会のステンドグラスに描かれていました。 このステンドグラスは、1300年頃には既に存在していましたが、1660年に破壊されてしまいました。 これを、14世紀から17世紀にかけての複数の記録・文献に基づいて、現在のステンドグラスが復元されました。 このステンドグラスの中の男は、色鮮やかな衣装をまとい、子供達は白い着物姿であるのが特徴です。 このステンドグラスには、説明文が添えられています。 Anno 1284 am dage Johannis et Pauli war der 26. junii Dorch einen piper mit allerlei farve bekledet gewesen CXXX kinder verledet binnen Hamelen gebo[re]n to calvarie bi den koppen verloren — 上記の文章が翻訳されたもの 1284年、聖との記念日 6月の26日 色とりどりの衣装で着飾った笛吹き男に 130人の生まれの子供らが誘い出され コッペンの近くの処刑の場所でいなくなった 「コッペンの近くの処刑の場所でいなくなった」、コッペンとは丘の事だそうです。 ですが、の街付近の、どの丘を指すのかは不明だそうです。 このステンドグラスは、悲劇的な事件を忘れないように、制作されたと考えられています。 また、の最古の記録は、1284年のこの出来事を起点にしたとなっている。 少年十字軍 十字軍遠征とは、西ヨーロッパの諸国が、聖地を教諸国から奪還することを目的に派遣した遠征軍のことである。 第1回十字軍(1096年 - 1099年)~第9回十字軍(1271年 - 1272年)まであり、少年十字軍とは第4回十字軍(1202年 - 1204年)の後、フランスやドイツにおいて神の啓示を受けたとする少年エティエンヌの呼びかけにより、少年・少女が中心となって結成された十字軍の事。 しかし、少年十字軍の末路は悲惨なものとなる。 北フランスの少年エティエンヌが「神の手紙」を神から手渡されたとし、聖地回復をするようお告げがあったと説いて回り、感化された熱心な少年少女らで結成された。 その数、数千人から2万前後の少年少女が集まったとされている。 聖地へ向かう為の船がなく、満足な遠征費も無い。 無償で船を提供すると言う商人の支援により聖地へ向かったものの、7隻の船のうち2隻の船が難破、無事だった船もで奴隷商人の手に渡ってしまう。 またドイツでも、ニコラスという青年に煽られた少年達がイタリアを目指し、を越えてローマにたどり着いたが、の説得によって故郷へと引き返した。 結局、彼を含め故郷に戻れた仲間はほんのわずかであったという。 ちなみに、エティエンヌの少年十字軍が平均年齢12歳程度だったのに対し、ニコラスの少年十字軍は15歳程度だったとされる。 どちらの少年十字軍も、多くの少年少女が犠牲になりました。 この事が、130人の子供が消えたとする説である。 未来人説 未来人説と聞くと、皆さん何をそんな素っとん狂な!と思われるでしょうが、まあ聞いて下さい。 移民や植民などにより、13世紀のドイツ地域は、あまりにも多くの人口を抱え込んでいた。 だが、子供の移民は記録されていないらしいのです。 理由の一つとして、児童売買は当時は珍しい習慣ではなかった事から、植民請負人に売られたとの説が提言されています。 この人口過多のドイツで、「(ペスト)」が蔓延する。 これにより、多くの子供達も犠牲になったと思われます。 もし、笛吹男が未来人であり、この惨状を知っていたとしたら。 の街ではネズミが大繁殖し、いずれ疫病が蔓延し、子供達が多く亡くなる。 その前に子供達だけでも、安全な場所に導く。 笛吹男を伝える色鮮やかな衣装、これは当時の人達からすれば、見慣れない服装だった可能性がある。 そして最大の疑問は、笛の音でネズミや子供達を集める。 これは現代の技術では、少し難しいのではないかと思います。 ですから、魔法使いと称されるのでしょう。 「余りにも発達した技術は、それを目にした者には、魔法にしか見えない!」 出演:さん談 これ本当にアスカさんの言う通りだと思います、説明出来ない技術を魔法と言うのです。 今の技術を昔の人が見たら、「魔法?」と言うと思いますよ、きっとね。 occulthiroba3088.

次の

ハーメルンの笛吹き男って実話ですか??

ハーメルン の 笛吹 き

ドイツのほぼ中央に位置するハノーファーからSバーンに乗り換えておよそ45分。 「笛吹き男」伝説が伝わるハーメルンの中央駅に到着します。 駅前にはネズミのモニュメントが設置され、さらに地面には無数のネズミの姿が描かれていて、早くも伝説の中に迷いこんでしまったかのような感覚に陥ります。 1284年、町に大発生したネズミを笛の音で川に溺れさせ、退治した謎の笛吹男。 これが、「ハーメルンの笛吹き男」伝説のあらすじです。 「昔話」や「メルヘン」と異なり、「伝説」とは実際にあった出来事を伝えるもの。 この「笛吹き男」の話も、明確に時代や日時が特定されていて、実際に起こった出来事として伝えられています。 果たして失踪した子どもたちに何が起こったのか? 大規模災害説、伝染病説、東部移住説、少年十字軍説などあらゆる仮説が出されてきましたが、いまだに有力な説明はなされていません。 駅から歩いて15分ほどで、ハーメルンの旧市街に到着します。 東門から町の中に入ってすぐ左手に見えるのは、「ネズミ捕り男の家」。 1603年に建てられたこの美しい建物は、今ではハーメルンで最も有名なレストランになっています。 鍛冶屋仕事でつくられた見事な看板が目を引きます。 店の名物の「ネズミのしっぽ料理」は、豚肉の細切れを使った肉料理。 ドイツはどこでも肉料理がさかんですが、この店の料理もどれも深い味わいに満ちています。 建て替えられる前のこの建物には、「笛吹き男」が泊まったという言い伝えもあるようですが、事実かどうかは定かでありません。 建物の右横の壁には、子どもたちの失踪を伝える碑文が残されています。 ハーメルン旧市街のメインストリートであるオスター通りは、この町で最もにぎわっている通りです。 数々の土産物屋やレストラン、カフェなどが建ち並び、多くの観光客でにぎわいます。 土産物屋には、ネズミのぬいぐるみやキーホルダー、「ネズミ殺し」と名付けられた火酒など、ありとあらゆるネズミグッズが売られています。 一番人気である、実物大のネズミの人形は何と乾パン製。 通りのいたるところで売られています(食べることはできません)。 通りの中ほどには「ハーメルン博物館」があり、町の歴史や笛吹き男伝説について幅広く知ることができます。 運が良ければ、笛吹き男に扮した人による、語りと演奏のパフォーマンスを見ることができるかも。 オスター通りを進み、旧市街のほぼ中央に位置するのが「マルクト教会」です。 ロマネスク様式とゴシック様式が合わさった美しい教会。 第二次大戦で全壊した後、1950年代に再建されたとのことです。 内部には、笛吹き男のステンドグラスも飾られています。 現存する最古の笛吹き男の水彩画は、このステンドグラスをもとに描かれたとされています。 教会前の広場は野外劇場になっていて、毎年5〜9月中旬の毎週日曜には、市民たちによる笛吹き男伝説の芝居が上演されます。 教会のすぐ隣にあるのは、現在は市庁舎になっている「結婚式の家」と名付けられた建物。 この建物には仕掛け時計が作られていて、毎日13:05、15:35、17:35には笛吹き男とたくさんのネズミ、子どもたちが笛の音に合わせて現れます。 どこか物悲しいメロディーを聞いていると、700年前にこの町でいったい何があったのかという思索に、しばし耽ることができます。

次の