村田製作所 株価 推移。 村田製作所(6981)株価分析|大型株は地合い&業績ベースにチャート売買!|進撃の個人投資家

村田製作所(6981)の株価が大幅下落!今後の株価予想は?配当と株価推移から考えてみた │ サラリーマン研究者クロノの投資ブログ

村田製作所 株価 推移

今回の記事の内容 ・村田製作所(6981)の株価の状況は? ・村田製作所の配当と株主優待は?減配リスクは? ・村田製作所の株価の推移(チャート)はどうなる? ・村田製作所の株は売り時?株価は上がる?今後の株価の予想は? 村田製作所の株価低迷のなぜに関して以下のツイートをしました。 電子部品世界トップシェアの村田製作所。 中国景気減速や世界経済の減速懸念もあり株価が停滞しています。 配当利回りは1. AIや5Gといっても、これらの性能は結局のところ電子部品に依存しています。 将来性の観点からも欲しい銘柄の一つですね。 中国景気減速や世界経済の減速懸念もあり株価が停滞しています。 配当利回りは1. AIや5Gといっても、これらの性能は結局のところ電子部品に依存しています。 将来性の観点からも欲しい銘柄の一つですね。 上記を深掘りします。 米中貿易摩擦の影響で、電子部品メーカーは厳しい状況が続いていて、村田製作所は2020年3月期の業績は減収減益を予想しています。 一方、新型肺炎の影響がどの程度か不透明要因はあるものの、今後スマホ向け基地局などの5G需要が本格化する見込み。 村田製作所の来期の業績も含め、株価の今後の見通しについて見ていきます。 自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に 1,000万円以上の資産を運用しています。 今回は、これらの経験も踏まえて記事を書きました。 村田製作所(6981)はどんな会社なの? 村田製作所はセラミックコンデンサーなどの電子部品の製造や販売を行う会社です。 スマートフォンやパソコン、家電、自動車や医療機器にいたるまで様々な電子部品が使用されていますが、この電子部品を扱う業界の中では世界トップクラスの売り上げを誇ります。 海外の売上比率が非常に高く90%を超えるグローバル企業で、売上高1兆円以上の企業でトップの海外比率! 特筆すべきは、 世界シェア1位の製品を数多く保有することですね。 例えば、スマホなどに用いられる• 積層セラミックコンデンサ 世界シェア35% 世界1位• wi-fiモジュール 世界シェア60% 世界1位 となっていて、それ以外の製品でも高いシェアを占めています。 電子部品は中国や台湾、韓国などのメーカーが安くて性能の高い製品を販売するなど、追い上げの激しい分野。 にもかかわらず高いシャアを占めているのは、これらの 競合と比べて圧倒的に製品が優れているということでしょう。 今回は、そんな競争の激しい業界で圧倒的なシェアを占める製品を製造する村田製作所の株価を分析します。 村田製作所の株価の状況は? では早速ですが村田製作所の株価データ(2019年2月3日現在)を見て行きましょう。 村田製作所の株価データ• 株 価: 6249円• P E R : 23. 5倍(予想)• P B R : 2. 45倍(実績)• R O E : 10. 40%(予想)• 配当利回り:1. 特に特筆すべき点はないですかね。 配当利回りは1. 62%で、日系企業の平均よりも若干低いレベル。 PERの目安は13~15倍ぐらいですから21. 7倍というのは割高な水準ですね。 同業他者のPERと比較してみると、• 京セラ:19. ローム:28. TDK:15. 1倍 となっていて、村田製作所のPERは必ずしも割高とはいえないですね。 電子部品を扱う業界の中では世界トップクラスの売り上げということもあり、今後の成長に対する投資家からの期待も高いのでPERも割高ということなのでしょう。 村田製作所の配当実績は? 続いて配当実績を見ていきますね。 以下が村田製作所の配当金の実績です。 5倍以上に増配しており、まずまずのパフォーマンスです。 注目すべきは、チャイナショックのあった2015年頃でも配当金を増配していますね。 実は村田製作所、 過去10年間で減配が一度もないんですね。 配当性向も20%〜35%程度と余力十分。 全く無理がありません。 村田製作所の配当方針を見ると、 長期的な企業価値の拡大と企業体質の強化を図りながら、1株当たり利益を増加させることにより 配当の安定的な増加に努めることを基本方針 としているので、利益を増えている限りは増配を目指すということですね。 素晴らしい! また2020年2月に 配当予想の修正も発表され下期47円から3円増配して50円となりました。 中間配当の47円と合わせて配当金は97円となります。 まさに有言実行です。 過去の実績、配当性向から見ても減配の可能性は極めて低い銘柄といえますね。 村田製作所の株主優待は? 着実に配当金を積み増している村田製作所。 株主優待はどうなっているのでしょうか? やはり自社サービスや商品の優待が改悪されるリスクが少なくて良いですよね。 関連記事: しかし現在のところ、 村田製作所は 株主優待を実施していません。 残念です…。 まあ電子部品をもらっても何も使えないですからね。 株主還元は配当金を中心に行うということなのでしょう。 村田製作所の株価の推移(チャート)は?10年&短期チャート 続いてチャートを確認していきましょう。 電子部品業界で世界トップシェアの村田製作所ですが、これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか? ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見ていきます。 村田製作所の長期チャート 以下は過去10年のチャートです。 最近は停滞気味ですが、この10年間でしっかりと株価は上昇しています。 2013年ごろまで2000円程度だった株価が、アベノミクスもあり2015年ごろに7000円程度の水準まで上昇していますね。 3年足らずで株価3倍以上ですから配当金が増配していることも考えると十分すぎるパフォーマンスをいえるでしょう。 その後は、チャイナショックもあり株価は下落。 2016年以降は4000円〜6500円程度のレンジで株価は推移しているのがわかります。 村田製作所の2年チャート 以下が直近2年間のチャートです。 短期的な株価は、方向感がなく4500円から7000円のレンジで推移していますね。 チャート的には4500円あたりが明確な支持線となっていますね。 この水準まで株価が下がると反発しているのがわかります。 村田製作所は海外売り上げが9割を占め、特に中国企業への売り上げ割合が大きくなってますから、米中通商協議を巡る報道などで株価が上下しやすくなっているんですね。 2019年に入ってからも6000円台だった株価が、1月程度で4500円まで下落するなど景気敏感株らしく値動きが早い状況が続いています。 この状況はしばらく続くのか?次に村田製作所の株価が下落する理由を見ていきます。 村田製作所の株価は下落?伸び悩む要因は? 村田製作所の株価が伸び悩んでいるのは、 チャイナショックや米中貿易摩擦などにより中国経済が減速しているからです。 これは業績推移を見ると良くわかります。 以下が過去5年の売上高、営業利益、純利益の推移。 2016年および17年度は、大きく利益が落ち込み2年連続で減益となっているのがわかります。 これはチャイナショックにより中国企業の需要が大きく減ったことによるもの。 他方、2018年度業績は回復していますが、電子部品事業ではなく多角化を進めてきたリチウム電池事業の売り上げが伸びたことによるものですね。 2019年度は、米中貿易摩擦の影響による中国企業の需要減などにより再び減収減益の予想となっています。 そもそも電子部品などの業界は景気の動向に影響を受けやすい景気敏感銘柄。 2015年後半以降に株価が大きく下げて、レンジ相場が続いているのも、中国経済の減速、ひいては世界経済の減速懸念が根強いからですね。 2020年3月期3Q決算の結果は? 村田製作所は米中貿易摩擦の影響で今期は減収減益を予想していますが、3Q決算もあまり良くないですね。 以下が2020年2月3日に発表された決算短信の関連部分です。 売上高や利益とも減収減益となっていますが、営業利益は通期の営業利益予想に対して87%の進捗となっていて業績見込みは達成できそうです。 村田製作所では、5G需要の増加で来期21年3月期の売上高は10%程度増やせると見込んでいるので、来期の業績はかなり期待できそうです。 村田製作所の配当利回りは低いですが、チャイナショックの影響による 減益があっても減配せずにむしろ増配しているんですよね。 2020年3月期の配当予想も3円増配しました。 減配可能性が低いというのは、インカム目的の長期投資にとって必須条件の一つ。 加えて、今流行りのAIや5G技術、自動運転技術だって、これらの性能は結局のところ電子部品に依存するんですよね。 村田製作所の世界シェアが極めて高いのは、中国や台湾のメーカーでは性能が追いつかないことが理由の一つ。 今期は減収減益予想だった村田製作所ですが、 来期は5G需要の本格化により売上高プラス10%程度を見込んでいることもあり、業績の改善も期待できそうです。 「村田製作所の株価は低迷?」まとめ 今回は村田製作所の株価が下落ということで、株価の推移、配当実績や株主優待、今後の株は買いかなどについて述べてきました。 電子部品業界で世界トップシェアの村田製作所。 しかし、最近はチャイナショックや米中貿易摩擦による中国経済の減速で株価は停滞しています。 他方、将来的にはAI、5G、自動運転技術などの進展により、高い性能をもつ電子部品の需要は増大することは確実であることを考えれば、村田製作所の業績にはわりと期待できると考えます。 世界経済の動向に敏感な景気敏感銘柄ですが、過去10年に減配もなく増配傾向。 長期保有にはオススメできる銘柄といえます。 それでは。 関連記事です。 この記事をご覧になった方は、以下の記事も読まれています。 世界的電機メーカーのパナソニックの株価が低迷しています。 チャート的にも株価が完全な下落傾向です。 その理由は何なのか分析です。 総合電機メーカーの日立。 パナソニックとは対照的に2019年に入って上昇に転じていて、長期チャートも上昇トレンドです。 その理由は何なのか分析です。 総合AV機器メーカーのソニー。 エレキ分野に留まらず、エンタメ、ゲーム、金融など幅広い分野に進出し、業績は絶好調です。 その状況について分析です。 シャープの株価が低迷しています。 台湾ホンハイの傘下に入り、利益プラ転しましたが米中貿易摩擦の影響で再び売上高が減少しています。 今後の見込みついて分析です。 Tポイントによる投資を売りにした SBIネオモバイル証券。 ネオモバなら村田製作所も1株単位で投資可能。 自分も投資しました。 資金が少なくても購入できるんです!詳細は以下の記事にまとめてます。 しかも 期待利回りは 3. 5%〜7. 5%!詳細は以下の記事へ。 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。 失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えません。 少額からリスク控えめに投資したいなら、で1株から少額投資を活用すると良いです。 ネオモバなら 格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。 ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。 しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、 信頼感もあり安心して利用することができます。 詳細は以下をクリック!.

次の

村田製作所の株価はなぜ上がった?業績の推移と今後の決算予想

村田製作所 株価 推移

電子部品を主力とする企業では世界トップクラス。 セラミックコンデンサーが主柱。 原料からのセラミック技術に強み。 TOPIXcore30の一社。 国内ではなく海外の売上構成比率が高い企業で、海外・世界の景気の影響を受けやすい。 経常利益の推移 2020年の予想は現時点では不明。 2016年:2,791 億円 2017年:2,004 億円 2018年:1,678 億円 2019年:2,673 億円 2020年:- コロナショックによる世界的なリセッションで今期は大幅減と思われます。 しかし、影響は一時的であり、他の大手と比較しても回復が早いと予想します。 財務状況 自己資本比率:78. 72円 流動比率:359. 村田製作所の株主優待 村田製作所の株主優待は特にありません。 村田製作所の今後 村田製作所は高い海外売上比率が特徴です。 そして、高い営業利益率(24. 8%)に注目です。 コロナショックによる影響で世界的な需要が減少していますが、コロナウィルスが落ち着いた後に業績が改善できるかどうか?が重要課題です。 ここで考えたいのが、コロナウィルスの感染者のピークを「抑える」か「抑えられない」かです。 参照: 1918年の「スペインかぜ」でフィラデルフィアは感染者数を抑えることができませんでしたが、セントルイスでは感染者数のピークを減らす「抑える」ことに成功しました。 その後、フィラデルフィアの感染者数は減少、経済の立て直しは比較的短期間でした。 しかし、セントルイスでは感染者数は少なかったものの、長期間の不況に陥りました。 日本と海外を比較した時、日本が行っている対策は長期間の不況を受け入れるものです。 海外の売上比率が高い企業は早い段階で回復が見込めます。 まとめ 村田製作所は高い海外売上比率と高い営業利益、そして、製品の高いシェア率を誇ります。 日本と海外を比較しても、海外の経済回復の方がスピードが上です。 村田製作所の株は買い時と言えます。

次の

【6981】村田製作所の株価を業績と10年間のチャートから予想する!

村田製作所 株価 推移

内容 創業 1944年京都市中京区で村田 昭が村田製作所を創業 本社 京都府長岡京市東神足1丁目10番1号 社長 村田 恒夫 従業員 9,199名 (連結74,109名) 平均年齢 40歳 平均勤続年数 14. 1年 平均年収 743. 1965年に米国に販売会社 現 Murata Electronics North America, Inc. を設立。 1972年にはシンガポール、1973年に中国、1978年にドイツとどんどん海外へ進出しています。 村田製作所の事業内容と特徴 村田製作所を一言で表すなら 「電子部品を売っている会社」です。 以下のような製品の内部に組み込まれる小さな部品を作っています。 昔はテレビ、ラジオなどに使う製品をメインに扱ってきましたが、いまは主に車やスマートフォンに使う電子部品を販売しています。 販売先はエンドユーザー向けのメーカーです。 国内関連会社は20社以上、海外関連会社はなんと60社以上となっています。 強みはいっぱいありますが、絞ると以下の2つです。 1つずつくわしく解説します。 国別のシェアが以下になります。 幅広い地域に分散されていますね。 特に中国・アメリカといったスマホ関連の企業ある国の比率が多いです。 続いて製品に関しては、世界シェアが5割を超えるものが複数あります。 村田製作所が扱っている部品を売上別にお伝えすると、以下のとおりです。 これらは正直何かわからないのが普通だと思います。 たとえば多くの人がコンデンサと聞いて、「ああ、あれね!」となることはないでしょう。 日常で使う言葉ではないからです。 もちろん具体的なことまでは流石に知る必要はありません。 知っていただきたいのは、上記の部品は全てスマホに必要なものになるということです。 画像でお見せするとこんなやつです。 用途別の売上比率としては以下のとおりです。 ほとんどがスマホ(通信)、車関連(カーエレクトロニクス)、パソコン(コンピューター及び関連機器)が占めています。 その他はテレビ関連(AV)、家電などの部品として使われます。 なぜ優れているかの1つの理由は、新しい製品が誕生する流れを理解するとイメージしやすいです。 お客さん「取引先企業からこういうのに困ってるんだよね」「こういうことをしたいんだけどどうにかできないかな」 という要望に対して、 ムラタ「じゃあこんな製品を作ります。 それによって結果こんなことが実現できますよ。 」 という流れです。 このように村田製作所は新製品をどんどん作り続け、売上を伸ばしてきています。 以下のグラフでもその事がよくわかります。 研究開発費も年々増加して、将来の成長のための投資もしっかり行っています。 だからどんどんノウハウがたまり、技術力も向上しています。 特許の国際出願ランキングも上位です。 海外比率が多い• 主にスマホや車向け部品を提供• 技術開発研究に力を入れている• 新規製品が多い• 高シェア商品が多い• 自社で一括管理• 特許数が多い 村田製作所の株価チャートは上昇トレンド 続いて過去10年と最新の株価推移をみていきましょう。 ここでなぜ株価が上がったかというと、日経平均株価が上昇の流れにあったことと、業績が一気に良くなったからです。 業績については後ほどお伝えします。 その後の推移は回復基調です。 ともに上昇率を表したもので、同期間で比較をすると• 動きはこれを見る限り両者大きく連動しているみたいですね。 比較的景気に左右されやすい業種だからというのもあると思います。 村田製作所の業績は長期では良好 ここからは過去10年以上の業績から最新の決算に予想までを時系列でくわしく見ていきます。 ただ2020年、2021年予想はやや売上減となっていますね。 詳細は後ほどお伝えしますが、新コロの影響が一つの要因としてあります。 露骨なのはリーマンショックの2009年頃に大きく業績が低迷している点ですかね。 今回の新コロショックではそこまでのマイナスは想定していないみたいです。 純利益もしっかり出せていますね。 参考までにによると、東証一部の平均営業利益率は• 市場全体の平均で4. 製造業全体で5. 電子部品・デバイス・電子回路製造業で4. ちなみに同業他社は以下のとおりです。 TDK:7. 日本電産:7. 京セラ:6. シェアをしっかり取れているからこそでしょう。 内訳を見てみると以下になります。 営業CFが順調に伸びているのはいいですね。 投資も財務もバランスが良い感じじゃないでしょうか。 株主優待はなく配当性向は高い 村田製作所は残念ながら優待制度がありません。 次に配当をみていきます。 過去の推移は以下のとおりです。 だいたい1. このタイミングで株式を3分割をしたからです。 分割を加味しないと、2018年は280円、2019年は97円(実質291円)になるので、むしろ上昇しています。 さらに2021年は増配することを公表していますよ。 100株あたりで計算すると、11,000円の配当金になりますね。 大企業としては一般的な水準だと思います。 2倍です。 続いて過去の推移もみておきましょう。 年々下がっていますかね。 最近は20倍前後で推移していたので、25. 2倍はやや高いと感じます。 どうでしょうか? おそらくですが、来期予想の減益は一時的なものとして考えられている可能性があります。 まず記事執筆時点の株価が5,897円に対して、• 予想だと6,099円• SBI証券の予想だと7,040円 となっています。 今後の株の将来性を予想 ここからは今後の企業戦略を踏まえて、短期と長期に分けて私の考えも交えながら予想をお伝えしていきます。 結論から言うと、予定よりやや業績は落ちるはずです。 2020年4月30日に発表された決算でも売上高のマイナス調整が報告されました。 実際に車とかスマホは売れていませんから、部品の需要も減るでしょうね。 用途別の売上予想は以下の通りです。 通信とカーエレクトロニクスが特に下落幅が大きいです。 もう少し詳しくみたのが以下になります。 2番目がスマホですね。 新コロがどれだけ続くかにもよりますね。 あと収まったとしても買い控えなど、景気はマイナスの影響は受けるでしょうから、伸びは鈍化する可能性があります。 結論だけ先にいうと、どちらも良好だと思います。 特に一番下の濃い緑の「受動部品」が村田製作所が強いジャンルです。 今後もIoT機器への需要は増えていくと言われていますから、しばらくは成長が期待できそうな市場ですね。 具体的には5G、産業用ロボットなどでしょう。 続いて車の市場規模も重要です。 自動車は「EV、V2X、自動運転」などの影響でさらに市場は活性化するとされているため、村田製作所は今後より力を入れていく意向を発表しています。 市場規模は以下の通り今後も増える見込みです。 まず村田製作所が公表している中期経営計画がこちらです。 実際に中期目標が達成できるかはわかりませんが、他にシェアを取られない限り業績を向上させていくことはできるでしょう。 村田製作所の場合は、お客さんによって必要な製品も都度かわり、そのたびに新規商品を出して進化を続けていますからそう簡単には奪われづらいと思います。 ただし取引先が独占的に大きくなりすぎて相手側の力が強くなりすぎてしまうと、価格決定の支配権を奪われてしまい、利益が出なくなる恐れがあります。 具体例でいうと、アップル一強みたいになったら、アップルの言いなりになってしまいますし。 反対に売り先が分散されていれば、「じゃあ他に売るわ」ってできるので、村田製作所側が強い立場になれます。 村田製作所側でできることとしては、今の業種を伸ばしつつも、販売先の業種をさらに広げていくことで、自社の優位性を広げていけるでしょう。 今後は以下の成長市場にも力を入れていく方針です。

次の