ストレンジ シチュエーション。 愛の心理学―4つの愛着スタイルと愛着障害

ストレンジシチュエーション法

ストレンジ シチュエーション

見知らぬ部屋でお母さんと離れたとき、子どもはどんな反応をするでしょう? では、子どもが養育者との間にどのような愛着関係を築いているのか、知る手掛かりはあるのでしょうか? エインズワースという発達心理学者が行った「 ストレンジ・シチュエーション法」という方法という実験を紹介しましょう。 これは、1歳の子が母親と見知らぬ部屋に入り、母親が一時的に離れて戻ってきたときに、子どもがどんな反応を見せるのかを調べた実験です。 エインズワースは、実験に参加した子どもたちの反応を3つの愛着スタイルに分類しました。 1つ目の愛着スタイルは「 安定型」です。 このタイプの子どもたちは、母親が退室すると激しく泣きました。 そして、母親が戻ってきたときには母親に寄り添い、混乱していた行動は落ち着きました。 2つ目の愛着スタイルは「 回避型」です。 このタイプの子どもたちは、母親が退室しても泣きませんでした。 そして、母親が戻ってきても母親を求めず、むしろ、母親から離れようとしました。 3つ目の愛着スタイルは「 アンビバレント型」です。 このタイプの子どもたちは、母親が退室するときには激しく泣きました。 そして、戻ってきた母親に寄り添うのですが、同時に叩くなどして反発的な行動も見せました。 3つの愛着スタイルから分かること さて、上の実験における3つの行動から何が分かるでしょう? 「安定型」は養育者が離れていくときに分離不安を示すものの、戻るとその不安が落ち着き、安定を取り戻します。 これは、養育者に愛着を感じている子に典型的な行動特性です。 「回避型」は養育者がいなくなっても分離不安が起こらず、戻ってきた母親を避けようとします。 これは、養育者に愛着を感じていない子の行動特性です。 「アンビバレント型」は、養育者が離れると分離不安を示しますが、戻ってきたときに母親を攻撃します。 これは、養育者に対する信頼が半信半疑で、養育者への愛着が不十分な子の行動特性です。 友情やパートナーシップにも欠かせない愛着の経験 子どもと外出したとき、養育者が急に離れても無関心だったり、戻ってきたときに歓迎されなかったり、陰性の感情をあらわにする場合には、愛着の形成が不十分な可能性があるかもしれません。 乳幼児期にしっかりと愛着を形成し、ポジティブな内的ワーキングモデルを形成すれば、大人になっても他者との間に健全な対人関係を築くことができます。 また、社会に出ても自分に自信を持つことができます。 つまり、愛着は友情、仲間関係、恋愛、パートナーシップを形成する上で、また自立した人間になる上で、非常に大切なベースになるものなのです。 ぜひ、お子さんとの楽しい時間を共有し、情緒的なやりとりを交わし合いながら、愛着関係を深めていきましょう。

次の

ストレンジシチュエーション法とは?愛着(アタッチメント)の型とは?

ストレンジ シチュエーション

気の弱い警察官。 闇ギャンブルにハマる。 その警官の拳銃自殺から、始まる。 その警官が殺人事件の犯人と推定された。 楯岡絵麻と西野刑事は、真犯人を突き止めようと努力する。 西野のキャバクラ好きは、病気なようなものだ。 なだめ行動、マイクロジェスチャーをキャバクラ嬢に教える。 ウイリアムシェルドンの類型学の知見。 倉林の体型は、やや細身だが、肩と胸がしっかりと盛り上がっており、筋肉質と言える。 中胚葉型。 果たして、これで、性格まで判断できるのか? 血液型の性格決めと似ている。 ロバートマートンの「予言の自己実現」 「ある状況が起こりそうだと考えたその人たち自身によって、その状況が実現されてしまうという考え方」 パートナーに浮気を疑われている人は、そうでない人より浮気に走りやすい。 マッチング仮説とは、「人は身体的な魅力が釣り合った相手をパートナーに選ぶ」とする仮説。 釣り合い仮説。 姉と妹は、同じ男に惚れてしまうが、性格で マッチング仮説が働く。 内胚葉型ぽっちゃり。 依存的、独りよがりな、気取った。 くつろいだ。 愛想のいい。 社交的。 女優は、本当に完璧な顔立ちというのは印象に残りにくい。 ほんの少し欠点があったほうが認知的不協和を引き起こし、人目を引きつける。 印象にも残る。 マッチング仮説で自分の釣り合う容姿のメンバーを応援する。 単純接触効果。 風采の上がらない容姿をしているからこそ、マイナスからの加点評価になるゲイン効果。 好評価をまた聞きすることで、他の子が好きな異性への評価が自分でも上がってしまうウインザー効果。 性的魅力は、絶対評価ではなく、相対的評価に過ぎないし、恋愛感情なんて、錯覚の積み重ね。 事件の現場は、心理学の臨床である。 楯岡絵麻の動きは、派手さがないが 心理をめぐる攻防とも言える。

次の

ストレンジシチュエーション法とは?エインスワースのテストと愛着の種類方法

ストレンジ シチュエーション

ストレンジシチュエーション法の定義 ストレンジシチュエーション法とは、愛着理論に基づき、 エインズワース,M. らによって開発された、乳児と母親の アタッチメントの発達やその類型を明らかにするための実験観察法です。 手続きとしては、まず、見知らぬ場所である実験観察室やプレイルームなどで、母親と一緒にいる子どもがどのような行動をとるか、観察・記録します。 次に、親がその場所から退出し、見知らぬ人がやってきた時に、子どもがどのような行動をとるかを観察・記録します。 その後、見知らぬ人がその場から退出し、親が戻ってきた時に子どもがどのような行動をとるか、観察・記録します。 結果をもとに、子どもの反応は、 「安定型(B型)」「回避型(A型)」「葛藤型(C型)」 の3つに分類されます。 安定型は、母親への信頼感を内包する行動をとるなど、安定した適切なアタッチメントの発達を示しますが、回避型と葛藤型はともに、アタッチメントの発達に問題があると考えられています。 ストレンジシチュエーション法の関連キーワード• エインズワース,M. アタッチメント• 安定型• 回避型• 葛藤型(アンビバレント型)• 安全基地 ストレンジシチュエーション法の補足ポイント ストレンジシチュエーション法における3つの型について、もう少し詳しくみていきましょう。 見知らぬ場所でも、親がいれば安心して遊び、見知らぬ人が入ってきて親が退出した時には不安を示しますが、親が戻ってくるとすぐにまた安心して、再び積極的に遊び出すという行動をとれば、 安定型とされます。 これは、基本的な信頼感があるためです。 母親に必ずしもいつも接触しなくても安全を感じることができることを発見し、母親を 安全基地として使用しながら探索活動に熱中できるようになるのです。 それに対し、見知らぬ場所に連れて来られた時も、親が出て行った時も、親が戻ってきた時も、常に1人で遊び、親に対して愛着行動を示さないタイプを 回避型といいます。 さらに、親と一緒にいるときは安心して遊んでいても、親が出て行くと不安や恐怖を顕著に示し、戻ってきた親に対して愛着行動だけでなく敵意や攻撃を示すタイプを 葛藤型、もしくはアンビバレント型と言い、これは、子どもが母親に対し、十分な信頼感を持てずにいることを示しています。 回避型や葛藤型の反応は、母親の子どもへの接触、つまり愛着の形成の仕方に原因があると考えられます。 回避型の母親の特徴として、子どもと身体的接触に強い嫌悪感を示すという点が挙げられるでしょう。 子どもを抱きしめたり、愛情を表現することもなく、拒否的な態度が目立つ傾向があると言えます。 また、葛藤型の母親は、子どもとの身体的接触に嫌悪感を示すことは少ないものの、乳児の発するシグナルに鈍感で、子どもの行動を妨害したり、無視したりすることが多いとされています。 ただし、これらの比率は文化圏によって異なることが示されており、こうした反応は文化的影響も大きいことが示唆されています。

次の