クレメンス 意味。 クレメンスの意味とは? 元ネタと使い方|言葉帳

ネット用語の「草」とは?意味と使い方を解説

クレメンス 意味

生涯 [ ] 生没年を含めてクレメンスの生涯についてはほとんど知られていない。 しかし、彼の著作『』の記述や流麗なギリシア語文体、ギリシア古典の深い知識などからアテネの裕福な家庭の出身で高等教育を受けていたことがうかがえる。 クレメンス自身によれば、ギリシアを出て諸国を遍歴していてクレメンスはアレクサンドリアでキリスト教の教師に出会い、彼に学んだ。 パンタイノスの死後、といわれるキリスト教を教える学校を開いてそこで教えた。 カイサレイアのは著書『』の中で「もクレメンスに学んだ」と記している。 帝の迫害のさなかにアレクサンドリアを離れ、に逃れたといわれている。 クレメンスがであったかどうかも定かではない。 エウセビオスはクレメンスが「」であったと記しているが、長老というのが教会における職階を意味するのか、単なる敬称なのかが定かではないからである。 思想的特徴 [ ] クレメンスの思想の特徴は、と文学がキリスト教へ人々を導くために存在したと考え、その思想的な遺産をキリスト教へ継承しようとしたことにある。 これはとギリシア思想に精通したクレメンスならではの発想であり、特に=キリストであるとした「ロゴス・キリスト論」は、ギリシア思想とキリスト教神学を結びつけ、以降のキリスト教神学の発展に大きな貢献をするものとなった。 著作 [ ] 現存する著作 [ ]• 三部作• 『ギリシア人への勧告(プロトレプティコス)』195年• 『(緞織)』198年-203年• 『教育者(訓導者)(パイダゴーゴス)』198年• 『テオドトスからの抜粋』• 『救われる富者とは誰であるか』 著作の日本語訳 [ ]• 『プロトレプティコス』(『ギリシア人への勧告』)全1巻、全訳版• 秋山学訳、文藝言語研究 文藝篇 57 :1-82, 2010• 『ストロマテイス』(『綴織』)全8巻、全訳版• 第1巻、文藝言語研究. 文藝篇 63 :63-163, 2013• 第2巻、文藝言語研究. 言語篇 63 :147-223, 2013• 第3巻、古典古代学 5 :27-93, 2012• 第4巻、文藝言語研究. 文藝篇 65 :77-158, 2014• 第5巻、文藝言語研究. 言語篇 66 :57-148, 2014• 第6巻、文藝言語研究. 言語篇 65 :41-136, 2014• 第7巻、古典古代学 6 :35-113, 2013• 第8巻、文藝言語研究. 文藝篇 66 :87-115, 2014• (抄訳:『中世思想原典集成 第1巻 初期ギリシア教父』(秋山学訳、平凡社、1995年)。 283-416頁• 『パイダゴーゴス』 『訓導者』 、秋山学訳、全3巻、全訳版• 第1巻、文藝言語研究 文藝篇 59 :1-62, 2011• 第2巻、文藝言語研究 言語篇 59 :1-74, 2011• 第3巻、古典古代学 3 :25-76, 2010• 『テオドトスからの抜粋』秋山学訳、文藝言語研究 68 :31-62, 2015。 全訳版• 『救われる富者とは誰であるか』• 『救われる富者は誰か』、『 第1巻 初期ギリシア教父』(秋山学訳、、1995年)。 417-466頁• 『救われる富者とは誰であるか』 秋山学訳、文藝言語研究. 文藝篇 67 :51-87, 2015• 「断片集」 秋山学訳、文藝言語研究 69 :19-58, 2016• 『預言書撰文集』 秋山学訳、文藝言語研究 68 :183-203, 2015• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 チャールズ・カンネンギーサー、『中世思想研究』第38号、1996年9月25日。

次の

なんJ語の一つ画像ハラデイの意味とは?元ネタや由来と使い方!

クレメンス 意味

ちょっと話を聞いて クレメンス。 反省しているので、許して クレメンス。 私の代わりに宿題をやって クレメンス。 それはやめて クレメンス。 いい加減にして クレメンス。 「クレメンス」は、何かをしてほしいときや頼み事をするときに使います。 語尾に「~くれ」が付く言葉には、「クレメンス」を代わりに使うことで柔らかな印象を相手に与えることができます。 このように、ネット上の会話には相手の顔が見えないため、語尾をぼかすことで印象やニュアンスを変える仕組みがあります。 「クレメンス」の由来 「クレメンス」とは、元プロ野球選手のロジャー・クレメンス氏の「クレメンス」を合わせたネットスラングです。 発祥は2ちゃんねるの、野球ネタが盛んな「なんでも実況ジュピター」です。 「~くれ」や「してくれ」は偉そうな印象を与えてしまうため、それを避けるために使われるようになりました。 とても使い勝手が良い言葉であるため、SNSを中心に広まっていきました。 このように、人の名前から誕生した「クレメンス」は「~してくれめんす」のようにひらがなで使われることはありません。 画像ハラデイ:「画像を掲示板に張ってくれ」という意味• 画像マダックス:「画像まだ?」と催促する表現• キボンヌ:「~を希望する」という意味• 許してちょんまげ:「許して頂戴」という意味 「画像ハラデイ」や「画像マダックス」は「クレメンス」同様に、2ちゃんねるの「なんでも実況ジュピター」より誕生した言葉です。 ハラデイやマダックスもプロ野球選手の名前からとったものです。 「画像を張ってくれ」や「画像まだ?」と言うと偉そうな印象を与えてしまうため、「クレメンス」同様に、柔らかな印象を与えるために使います。 「キボンヌ」は、陸上競技元日本代表の金沢イボンヌ氏からとった言葉です。 「クレメンス」と同じ意味で使うことができます。 しかし、「2ちゃんねるで最近見なくなった死語ランキング」では、1位を取ってしまい、以降ネット上ではほとんど使われなくなってしまった言葉です。 「許してちょんまげ」は、「許して頂戴」の「ちょ」と「ちょんまげ」の「ちょ」の音を掛け合わせた言葉です。 この言葉は「オヤジギャグ」の一種として使われています。 まとめ 以上、この記事では「クレメンス」について解説しました。 読み方 クレメンス 意味 「~をくれ」や「~してくれ」という意味 由来 元プロ野球選手のロジャー・クレメンスより 類義語 画像ハラデイ、画像マダックス、キボンヌ、許してちょんまげなど 「クレメンス」は元プロ野球選手の名前が由来となっています。 このように、ネット用語には野球選手をはじめとする、有名人から名前を取った言葉が数多くあります。 他にも人の名前から誕生した言葉を見つけてみてください。

次の

クレメンスの意味と元ネタとは?

クレメンス 意味

生涯 [ ] 生没年を含めてクレメンスの生涯についてはほとんど知られていない。 しかし、彼の著作『』の記述や流麗なギリシア語文体、ギリシア古典の深い知識などからアテネの裕福な家庭の出身で高等教育を受けていたことがうかがえる。 クレメンス自身によれば、ギリシアを出て諸国を遍歴していてクレメンスはアレクサンドリアでキリスト教の教師に出会い、彼に学んだ。 パンタイノスの死後、といわれるキリスト教を教える学校を開いてそこで教えた。 カイサレイアのは著書『』の中で「もクレメンスに学んだ」と記している。 帝の迫害のさなかにアレクサンドリアを離れ、に逃れたといわれている。 クレメンスがであったかどうかも定かではない。 エウセビオスはクレメンスが「」であったと記しているが、長老というのが教会における職階を意味するのか、単なる敬称なのかが定かではないからである。 思想的特徴 [ ] クレメンスの思想の特徴は、と文学がキリスト教へ人々を導くために存在したと考え、その思想的な遺産をキリスト教へ継承しようとしたことにある。 これはとギリシア思想に精通したクレメンスならではの発想であり、特に=キリストであるとした「ロゴス・キリスト論」は、ギリシア思想とキリスト教神学を結びつけ、以降のキリスト教神学の発展に大きな貢献をするものとなった。 著作 [ ] 現存する著作 [ ]• 三部作• 『ギリシア人への勧告(プロトレプティコス)』195年• 『(緞織)』198年-203年• 『教育者(訓導者)(パイダゴーゴス)』198年• 『テオドトスからの抜粋』• 『救われる富者とは誰であるか』 著作の日本語訳 [ ]• 『プロトレプティコス』(『ギリシア人への勧告』)全1巻、全訳版• 秋山学訳、文藝言語研究 文藝篇 57 :1-82, 2010• 『ストロマテイス』(『綴織』)全8巻、全訳版• 第1巻、文藝言語研究. 文藝篇 63 :63-163, 2013• 第2巻、文藝言語研究. 言語篇 63 :147-223, 2013• 第3巻、古典古代学 5 :27-93, 2012• 第4巻、文藝言語研究. 文藝篇 65 :77-158, 2014• 第5巻、文藝言語研究. 言語篇 66 :57-148, 2014• 第6巻、文藝言語研究. 言語篇 65 :41-136, 2014• 第7巻、古典古代学 6 :35-113, 2013• 第8巻、文藝言語研究. 文藝篇 66 :87-115, 2014• (抄訳:『中世思想原典集成 第1巻 初期ギリシア教父』(秋山学訳、平凡社、1995年)。 283-416頁• 『パイダゴーゴス』 『訓導者』 、秋山学訳、全3巻、全訳版• 第1巻、文藝言語研究 文藝篇 59 :1-62, 2011• 第2巻、文藝言語研究 言語篇 59 :1-74, 2011• 第3巻、古典古代学 3 :25-76, 2010• 『テオドトスからの抜粋』秋山学訳、文藝言語研究 68 :31-62, 2015。 全訳版• 『救われる富者とは誰であるか』• 『救われる富者は誰か』、『 第1巻 初期ギリシア教父』(秋山学訳、、1995年)。 417-466頁• 『救われる富者とは誰であるか』 秋山学訳、文藝言語研究. 文藝篇 67 :51-87, 2015• 「断片集」 秋山学訳、文藝言語研究 69 :19-58, 2016• 『預言書撰文集』 秋山学訳、文藝言語研究 68 :183-203, 2015• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 チャールズ・カンネンギーサー、『中世思想研究』第38号、1996年9月25日。

次の