雍正帝。 雍正帝

雍正帝

雍正帝

在世時のを取って雍正帝と呼ばれる。 生涯 [ ] 即位 [ ] の第4子として生まれる。 母は徳妃のウヤ(烏雅)氏()。 康熙37年(1698年)にドロイ・ベイレ(上から三番目の爵位)として鑲白旗に分封され鑲白旗旗王となり、康熙48年(1709年)に和碩雍親王(1番目の爵位)に進められ、満洲ニル6、蒙古ニル3、漢軍ニル3とボーイ・ニルを合わせ成人男子3千名ほどの旗人を従えた旗王となった。 康熙帝は次男で皇后の子のを寵愛し、2歳でとした。 しかし満州人には長子相続という慣習がなく、中華式の皇太子の地位など他の皇子たちには納得がいかず、各旗の旗人たちは壮烈な党派争いを演じ、陰謀が巡らされ皇太子は孤立して自暴自棄となり、修養を怠って遊び歩き、賄賂を取って政治を歪め、さらには康熙帝を亡きものにするクーデターにまで手を染めたとされた。 そこで康熙帝はやむを得ず皇太子を2度もとし、以後新たに皇太子を置くことはなかった。 北京市東城区(かつての京師内城の鑲黄旗大街)にある寺院のは、雍正帝が鑲白旗旗王時代に居を構えた雍親王府であった。 康熙61年(1722年)、康熙帝が病を得て崩御すると、が受けた遺詔によって胤禛が指名され皇帝に即位した( ())。 この時45歳であった。 皇位継承には母親の出自の貴賤が重要であった清において、他の皇子の母親にモンゴル王侯や満洲人の名家の娘などが居並ぶ中、母親が奴僕で下級旗人であるボーイの家の出身と出自が悪い上、鑲白旗旗王の中でも特に序列が高かったわけでもなく、加えて即位までの経緯から政治的基盤は脆弱であったため、雍正帝は皇帝直属のである上三旗(正黄・鑲黄・正白)の者が就くような役職に鑲白旗の旗王時代の部下(「藩邸旧人」と呼ばれる)を就かせたり、見所のある下五旗の者を上三旗に異動させるなど上三旗の掌握に腐心し、ロンコドを早々に誅殺。 後継者争いの後も関係を保ち続けを形成し、相続を争おうとする他の皇子や上三旗の大臣たちには容赦せず、皇弟廉親王 ()(康熙帝八男)をアキナ(akina、阿其那、犬)、をサスヘ(seshe、塞思黒、豚)と改名させて監禁し 、その2か月後には朋党の領袖である上三旗大臣のアルスンガとオロンダイを処刑。 さらに独裁権確立を狙い、至る所に密偵を潜り込ませた。 にを飛び越えて決裁を行うを創設し、閣臣たちに口出しさせず政治に当たった。 その他、皇帝のを忌避する風習から、雍正帝に忠誠を尽くした(康熙帝十三男)を除く兄弟の字を胤から允に改称させた。 ()に掲げられている「正大光明」の額縁、雍正帝はここに後継者を記した勅書を封印した。 皇位継承の暗闘を経験したことから、雍正帝は皇太子を擁立しない方針を決めた。 代わりの後継者指名法として、皇位継承者の名前を書いたを印で封印した後、紫禁城乾清宮の玉座の後ろにある「正大光明」と書かれた扁額の裏に隠し、崩御後に一定人数が立ち会った上で勅書を開く、という方法を考案した。 これを「密勅立太子法」()と言う。 それまでは皇太子の周りに次代の権力の座を狙って集まって来る者が追従を繰り返すことによって皇太子の性格が歪んだり、皇帝派と皇太子派の派閥争いが起きる弊害があったが、こういった事態を封じ、皇帝の専制君主の座が確立した。 この方法により、清代には暗愚な皇帝が比較的出なかったと言われる。 執務姿勢 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 洋装の雍正帝。 雍正帝は仮装姿の肖像画を多く残している 雍正帝は単なる恐怖政治家ではなく、史上まれに見る勤勉な皇帝であった。 毎日夜遅くまで政務に当たり、大量の文にいちいち目を通し、全て自分で ()(皇帝自身による朱墨による諾否、その他の書き込み)をで書かれた上奏文なら満洲語で、で書かれた上奏文なら漢文で書き込み、一日の睡眠時間は4時間に満たなかったという。 前述の密偵も、ただ監視をするだけではなく、地方官に業績の優れた者がいればこれを褒賞した。 また、民衆の手本として自ら倹約に努めている。 書き物をする時に重要なものでなければ紙を裏返して使い、地方官が手紙を皇帝に送るときに綾絹を用いると「なぜこんな無駄なことをするのか」と言って紙を使わせた。 政治の最高機関であるの建物も、みすぼらしいのようなものであった。 内政 [ ] 文字の獄 [ ] 父の康熙帝が行った文人弾圧を雍正帝も強く行い、何冊もの本が禁書となった。 清朝を批判する者には厳罰で臨んだ。 雍正4年()、で行われたの初期段階の試験であるにおいて、内閣学士で侍郎(文部次官に相当)であったという試験官が、『』の一節である「維民所止」という部分を出題した。 この一節は清朝を批判するものだとされ 、査嗣庭は投獄され病死、死体はさらし者とされた。 さらにその息子も死刑、一族も投獄されたり、流罪に処されるという非常に厳しい処分を受けた。 この事件は実のところ、ロンコド派閥に属していた査嗣庭らの排除が目的であったとされる。 また、により満州族の支配を良しとせず明の復活を唱える思想家に対しては自ら論破し、討論の経緯を『』という書物にまとめた。 雍正6年()に、の『時文評選』「華夷の弁」を読破してそのそれに感化された ()という学者が、上記にある雍正帝の著作である『大義覚迷録』を批判し、岳鍾琪を唆しての復興をはかったために、岳鍾琪は彼を捕らえて雍正帝の目前に曳きだした。 雍正帝は曾静の言い分を聴いて、その処置を考えていた。 しかし曾静は臆することなく、毅然として「満洲族は大したことなく、漢民族がいかにすぐれているか」とする持論を唱えたため、雍正帝は特例として彼を赦した(曾静は乾隆帝が即位すると処刑された)。 奴隷解放 [ ] 雍正帝は、の、の、のを、それまでの奴隷階級から解放した。 これは彼の仏教思想に由来するとする説がある。 なぜなら、自ら円明居士と称し、『御選宝筏精華』という仏教関係の著作まであるからである。 なお、制度としての奴隷階級は消滅したものの、奴隷に対する蔑視や生活環境の劣悪さはこれ以後も根強く残った。 言語政策 [ ] 期以前においては、の音にもとづくが規範とされていた。 清朝期になると、の中心は徐々に南京官話から北京音をもとにしたへと移っていった。 そのような中で、雍正帝は中央統制体制を強化するために北京官話の普及をはかり、官話政策を提議した。 に「」と呼ばれる官話の音を学ぶ書院を建て、またの民間のなどを支援して官話教育を担わせた。 これらの教育機関では、教科書として『』『』などが用いられた。 対外政策 [ ] 姿の雍正帝 雍正帝は、グシ・ハン一族の定見のなさ、ジュンガルと結びつく可能性(グシ・ハン一族がジュンガルと組んで清朝と敵対した場合、から・・にいたる長大なラインが前線と化す)などについて強い不信感を有しており、父帝の方針を一転し、即位後ただちにグシ・ハン一族の本拠であった地方に出兵、グシ・ハン一族を制圧した。 雍正帝はグシ・ハン一族が地方の諸侯やと呼ばれたチベット系・モンゴル系の遊牧民たちに対して有していた支配権を接収、チベットをからの線で二分し、この線の北部はと甘粛・四川・雲南の諸省の間で分割、この線の南に位置するやカム地方西部は「ダライ・ラマに賞給」し、その支配をに委ねた。 にまで勢力を拡大したことで、や、との国境を画定する必要が生じた。 ロシアとはを締結して外モンゴルの国境を定めるとともに、両国間での交易に関する協定が結ばれた。 かつて康煕帝が結んだと同様、国境を画定させるという姿勢は、当時における中国の一般的な対外関係とは違いがみられるものの、対ロシア関係もにおいて処理されたように、従来の秩序を揺るがすようなものではなかった。 またとは、ガルダンの後継者との間で国境交渉を持ち、1730年にを境界とする取り決めが成立した。 崩御 [ ] 仙人姿の雍正帝 、働き続けた雍正帝は崩御した。 伝説によれば、かつて処罰した呂留良の娘の ()あるいは反乱を企てた罪で処刑された盧某の妻に殺害され首を奪われ、ゆえに泰陵に埋葬された雍正帝の首は黄金製の作り物である、とする創作もある。 先に挙げたとも言えるような働きぶりによるとする説を支持する者も日本には多い。 また、と同様、重い責務でストレスを溜め、夜遅くまで酒を飲み、脂っこい飯を食べ、昼に眠るという生活が死期を早めたと思われる。 現代の中国では、「故宮當案」の研究結果から、のに凝った結果、不老長寿のために服用したによる中毒死ではないか、と推測される。 なお、雍正帝のお抱え道士たちは、後の乾隆帝によって追放処分を受けた。 清皇室の離宮のは、雍正帝が親王時代に康熙帝から拝領した庭園をもとに造営されたものである。 逸話 [ ]• 雲貴総督時代のより「雍正帝の治世、雲南貴州総督の高其倬が密奏を上 (たてまつ)り、国境に近い都龍(ドロン)の地には金鉱があるため、明代から越南に侵占されているので、これを恢復したい」との上奏に対して、雍正帝は「遠きを柔らぐるの道は、隣に睦むを以って美となす。 都龍、南丹等の処は、明季にありて巳に安南(越南)の有する所たり。 是れ侵占は我朝において始まるに非ず。 安南は累世恭順なり。 其の地、果たして利あらんか、即ち天朝は小邦と利を争うべけんや。 若し利なからんか、即ちまた何ぞ必ずしもこれと争わん」とし上奏を退けている。 后妃 [ ] 漢服を着た雍正帝と乾隆帝• 皇長子端親王弘暉• 皇四子弘暦()• (年氏)• 皇四女(夭逝)、福宜(夭逝)、懐親王福恵(夭逝)、福沛(夭逝)• (耿氏)• 皇五子和親王弘晝• 皇二女和碩懐恪公主、皇二子弘昀(夭逝)、弘昐(夭逝、昐は日へんに分)、皇三子弘時• 謙妃(劉氏)• 皇六子果郡王弘曕(曕は日へんに詹)• 皇長女(夭逝)、皇三女(夭逝)• 貴人郭氏、貴人海氏、貴人張氏、貴人李氏、貴人安氏、貴人老氏• 常在那氏、常在李氏、常在高氏、常在常氏、春常在、吉常在• 答応蘇氏、答応汪氏、徳答応、英答応• 格格蘇氏、格格張氏、伊格格、格格張氏• 和碩淑慎公主 - 父は理親王胤礽• 和碩和恵公主 - 父は怡親王胤祥• 和碩端柔公主 - 父は荘親王胤禄 登場作品 [ ] 姿の雍正帝(東方朔偷桃) 雍正帝の生涯を描いたものとして、全44回の連続テレビドラマ『』(1999年)がある。 出演:・ ()・ ()・ ()。 映画『』(DVD邦題:少林寺への道 十八銅人の逆襲、原題:雍正大破十八銅人、1976年)、『』(原題:功夫皇帝、1981年)も雍正帝が主人公の映画である。 『雍正王朝』と同様、雍正帝を唐国強、を王輝が演じた。 また映画『』(原題:火焼少林寺、1976年)や、テレビドラマ『』(2011年)、『 ()』(2011年)、『』(2011年)、『』(2018年)などにも雍正帝が登場している。 また、雍正帝によって造られたと言われている諜報・暗殺などの秘密工作を請け負う秘密組織「 (、)」は、やの題材としてたびたび使われている。 映画『』(原題:血滴子、1975年)がその代表作。 脚注 [ ]• 宮崎(1950)(宮崎(1996)pp. 36、44-46、55-56。 「維」と「止」の上にそれぞれ、「なべぶた」と「一」をつけると「雍」「正」になる、つまりこの一節は雍正帝の頭を切り落とし、さらに二文字を「民所」で離して、雍正帝の胴を二つに裂いているのだという。 宮崎(1950)(宮崎(1996)p. 158。 宮崎(1950)(宮崎(1996)p. 177。 雑誌「中央公論」1989年8月「中国を叱る」より• 即位前に没した側室たちと思われる。 参考文献 [ ]• 『雍正帝』 岩波新書、1950年(初版)、復刊1988年/、1996年、• 『宮崎市定全集(14) 雍正帝』、岩波書店、1991年。 宮崎市定 『中国文明の歴史9 清帝国の繁栄』 中公文庫、2000年、。 『大清帝国』 、2002年、• 『中国の歴史7 清帝国』(講談社、1974年)を改題・文庫化• 『中国の歴史 六』 講談社文庫(新版)、1991年、。 編訳 『イエズス会士中国書簡集2 雍正編』 、1971年、ワイド版2003年 関連項目 [ ]•

次の

鄭小悠:從自陳疏御批看雍正帝的用人之道

雍正帝

歷史對他的評價兩極,他是接見中下級官員最多的皇帝、成功的改革家,也是嚴苛的君主、才華洋溢的藝術家;他的性格鮮明而多面,毀譽參半,但對後世的貢獻又不容置疑。 不同於坊間半傳奇、半渲染的小說戲劇或論述,本書由清代社會史權威馮爾康先生所著,因此遠為客觀、低調,全書以大量、豐富的史料為佐證,是難得熔知識與可讀性於一爐的歷史類好書。 如果說我們以歷史為借鏡,本書擦亮了我們觀看雍正及其時代的鏡子。 奴才周瑞家的說鳳姐樣樣好,「未免對下人嚴了些」;林黛玉初進榮國府,在她眼中的鳳姐是「粉面含威春不露」。 「威」者,含蓄地點出其人的威嚴,事情都落在「嚴」字上,王熙鳳管家太「嚴」,因而遭到輿情的指責。 對雍正帝之罵,究其原因,可以從三個層次進行分析: 其一,受懲罰者的怨恨。 雍正帝敏銳地指出,賞賜八旗幼丁,他們揮霍之後又會抱怨。 不過,這種抱怨不是這裡所說的政治性抱怨、怨恨。 雍正帝的政績是以犧牲眾多人的生命為代價取得的。 他清查經濟,為向貪官追贓,動輒抄家,甚至令其子孫、親戚幫助賠償,窮追窩藏者。 這同康熙帝的「睜一眼,閉一眼」的方針大相徑庭。 而官員們習慣了前朝的寬大,對雍正帝的嚴厲政策自然不滿,所以輿論說他重用的大臣「嚴刻」,實際是把矛頭指向了他。 雍正五年(一七二七)四月初八日,雍正帝發布上諭說,「近聞外間議論,有謂塞楞額署山東巡撫事務精明嚴刻者,既加以精明之譽,復加以嚴刻之譏,此皆由於塞楞額蒞任以來,實心辦理數事,而宵小之人不得自便其私,故造作此語」,以阻擾其認真辦理事務。 接著,雍正帝對號入座,為自己辯解,說他本人並不嚴刻。 如李衛清查李維鈞家產,涉及其婢妾。 雍正帝說李衛不識大體,不講究忠厚,因此不讓他參奏李維鈞的家事,以此表明他的仁愛。 事情的實質是,雍正帝整頓積習,引發了既得利益者的不滿,於是加諸嚴刻的罪名。 妙就妙在嚴刻之前加上「精明」一詞,正是精明,嚴刻就令人受不了了。 受懲罰者是在發洩個人私怨,他們其實是罪有應得,怨不得雍正帝。 其二,儲位之爭的後遺症與世俗同情弱者的觀念相結合。 對康熙朝儲位鬥爭失敗的一方,雍正帝繼位之初儘管實行打拉結合的策略,但人們很快發現,他的真實意圖是打擊、消滅對方,於是議論紛紛,說皇帝「凌逼弟輩」,懲治人是「報復私怨」。 翰林院檢討孫嘉淦上疏,要求皇帝「親骨肉」。 對於皇家內部政敵的打擊,應當適可而止,不為已甚。 雍正帝不懂得這個道理,對宗室成員打擊過分,特別讓人反感,甚至讓人痛恨。 再說政治案件過多,打擊面過大,比如無端懲罰楊名時,令人同情他,而不滿於雍正帝。 這是雍正本身的問題。 他不懂得鬥爭中有理有節的原則,分寸拿捏得不准。 這是雍正帝自身策略失誤造成的被罵,賴不得他人。 就此,楊珍撰文《關於雍正帝毀多於譽的思考》,分析甚為透徹。 其三,改革政治和嚴猛的方針政策造成的。 雍正帝棄置寬仁之政,嚴猛為治,觸動的不只是犯法者或被誤認為犯法者的個人利益,從制度層面看,傷害的是集團利益。 如士民一體當差,就觸犯了士人的整體利益,不是個人不滿,而是群體反對,結果在河南發生了封丘罷考事件。 這樣,事情就嚴重了。 實行耗羨歸公制度,有錢人就不滿意。 所以,在最早實行的山西,巡撫諾岷、布政使高成齡均受到很大的壓力;山西的京官也不贊成實行這一制度,可見鬥爭的激烈程度。 嚴猛政治,也為崇尚仁政政治理念的人士所不滿,給予否定。 最早是剛繼位的乾隆帝。 他否定前朝的幾項政策,搞翻案。 四川巡撫王士俊表示不滿,說現在的好上疏是將前朝的案子反過來,他也因為這個話,幾乎遭到殺身之禍。 後世崇尚寬仁政治的學者,責罵雍正帝的模範督撫田文鏡,就是沖著嚴猛政治來的。 集團利益受損者、仁政維護者的反對,與利益受到傷害的個人怨恨不同,應做具體分析。 不過,革新政治的產生與推進是非常不容易的,是要付出代價的,不宜多所指責。 如果承認雍正朝是個改革時代,就要給予那些政策的制定者、執行人以肯定的歷史評價,而不應咒罵雍正帝。 上週書評• 書評回顧• 好書分類• 每週好書讀貼紙 如果你喜歡中央社「每週好書讀」 部落格,歡迎你在自己的部落格貼 上貼紙,成為每週好書讀之友!

次の

雍正帝-清・世宗文物大展_雍正帝の一生

雍正帝

雍正孝敬憲皇後烏喇那拉氏畫像 先說第一位皇後:孝敬憲皇後,烏拉那拉氏。 那拉氏,滿洲正黃旗,內大臣步軍統領費揚古之女。 雍正在沒當皇帝的時候就娶了她,被康熙皇帝冊封為雍親王的嫡福晉。 這個「嫡」字很了不得,在清朝時,一夫只有一妻,就是正室大老婆才算是妻,且只有一個,其他全是妾。 若是這個妻死了,就可以續一個妻,但是只有第一位妻可以叫做「嫡妻」。 如果世襲爵位的話,一般只有嫡妻所生的嫡長子有資格,其他妻妾生的兒子(稱庶出)只有嫉妒的份兒。 這位那拉氏很早就嫁給了雍正,在雍親王府,就是今天的「雍和宮」,住了大約20年,後來隨著雍正的登極,在雍正元年被冊封為皇後。 這位皇後很賢德,掌管後宮的時候,使得後宮嬪妃們關係融洽,所以深得雍正的尊敬。 她曾為雍正生下一子,這就是所說的「嫡長子」弘暉,可惜8歲就夭折了。 這位結髮的皇後那拉氏於雍正九年九月己丑崩。 雍正皇帝非常悲痛。 雍正八年的時候,他得過一場大病,可是大病初癒,嫡皇後又死了,雍正傷心之至,出殯的時候都無法出行,只好讓別人替他操辦。 最後,雍正皇帝給那拉皇後親上謚號為「孝敬皇後」。 雍正孝聖憲皇後鈕祜祿氏畫像 孝聖憲皇後,鈕祜祿氏。 滿洲鑲黃旗,四品典儀凌柱之女。 嗣帝乾隆帝生母。 康熙時為藩邸格格。 康熙五十年八月庚午生弘曆。 雍正元年封熹妃;八年晉熹貴妃;九年,孝敬皇後崩後,攝六宮事。 熹貴妃出身名門,生有一位皇子,皇四子弘曆,即乾隆帝。 孝敬皇後逝世之後的四年里,雍正一直沒有立後,直到雍正十三年,於內去世,留遺詔弘曆繼位。 雍正十三年九月,弘曆即位,同時,封弘曆的親媽熹貴妃鈕祜祿氏為皇後,尊為(聖母)皇太后,上徽號曰崇慶皇太后,乾隆十分孝順母親。 乾隆四十二年丁酉正月二十三日,太后崩,年八十六。 乾隆即位,把她尊為皇太后,於是急急忙忙搬進了慈寧宮。 因此,很多人不認為鈕祜祿氏做過皇後。 正說清朝十二后妃 甄嬛原型一生享盡了榮華富貴 凡帝游必奉母行。 生活在乾嘉年間的禮親王昭槤,在他的名著《嘯亭雜錄》中有一條乾隆帝「孝親」的記載: 純皇侍奉孝聖憲皇後極為孝養,每巡幸木蘭、江浙等處,必首奉慈輿,朝夕侍養。 後天性慈善,屢勸上減刑罷兵,以免蒼生屠戮,上無不順從,以承歡愛。 後喜居暢春園。 上於冬季入宮後,遲數日必往問安侍膳,以盡子職。 《乾隆南巡圖》中皇帝視察黃河情形乾隆皇帝是清帝中巡遊次數、地點最多的,除專程去薊縣盤山的靜寄山莊外,凡出巡必恭奉皇太后同行。 據筆者統計,乾隆帝一生6次南巡,前4次都奉皇太后而行,這4次是: 乾隆十六年(1751)正月十三日至五月四日,歷110天; 乾隆二十二年(1757)正月十一日至四月二十六日,歷105天; 乾隆二十七年(1762)正月十二日至五月四日,歷112天; 乾隆三十年(1765)正月十六日至四月二十五日,歷129天。 後2次分別是在乾隆四十五年(1780)和四十九年(1784)舉行的,那時皇太后已經去世。 6次巡幸五台山,前3次都奉皇太后而行,這3次是: 乾隆十一年(1746)九月十日至十月十六日,歷36天; 乾隆十五年(1750)二月二日至三月六日,歷35天; 乾隆二十六年(1761)二月十日至三月十七日,歷37天。 後3次是在皇太后去世後舉行的5次東巡中,除最後一次是在皇太后去世後舉行的外,前4次均奉皇太后而行,這4次是: 乾隆十三年(1748)二月四日至三月十七日,歷44天; 乾隆二十一年(1756)二月十三日至三月二十日,歷38天; 乾隆三十六年(1771)二月二十四日至四月七日,歷43天; 乾隆四十一年(1776)二月二十五日至四月二十七日,歷62天。 4次詣盛京,前2次是在皇太后生前舉行的,均奉皇太后而行。 乾隆八年(1743)七月八日至十月二十五日,歷107天; 乾隆十九年(1754)五月六日至十月十一日,歷153天。 乾隆帝在乾隆十五年(1750)八月十七日至十一月三日,惟一一次巡幸嵩洛,也是奉皇太后同行的。 乾隆帝即位後,去避暑山莊48次(不包括乾隆十九年取道熱河去盛京那次),前29次是在皇太后健在時去的,次次都奉皇太后而行。 乾隆帝在位期間共展謁東陵、西陵65次。 後15次是在皇太后死後進行的,前50次中只有10次奉皇太后前去。 展謁山陵,往返10天左右,路程600里,活動比較緊張,而且需要舉哀,畢竟不是輕鬆歡愉之事。 可能是因為這樣,才沒有次次奉皇太后而行。 我們之所以不厭其煩地列舉這些數字,意在說明孝聖皇後確實享盡了人間的清福,是清代皇太后中出巡次數最多、時間最長、範圍最廣的皇太后。 極盡鋪張的萬壽慶典。 農曆十一月二十五日是孝聖皇後的萬壽聖節即生日。 每到這一天,乾隆帝都要遣官祭太廟後殿。 乾隆帝親自到壽康宮行慶賀禮。 王大臣在慈寧門、眾官在午門給皇太后行禮。 乾隆帝或在重華宮,或在靜宜軒,或在壽康宮,盛擺宴筵,慶祝皇太后萬壽節。 比較重視六十、七十、八十等整壽,都要隆重地慶祝一番,在皇宮也是如此。 孝聖皇後活了86歲,乾隆帝為她隆重地慶祝了六十、七十、八十大壽,其規模之大、場面之隆重,花樣之新奇,耗資之多,堪稱清代之最。 而且每次都要為皇太后加上徽號,舉行隆重的上徽號禮。 每逢整壽慶典都要提前一年開始準備,由朝廷親近重臣組成萬壽慶典處,正式慶典活動持續多天。 我們不妨以乾隆十六年(1751)十一月二十五日籌辦孝聖皇後六十大壽的慶典為例,來看看當時情狀: 一、建壽安宮。 為了有一個更寬敞的祝壽場所,乾隆帝提前將壽康宮後原明代咸安宮舊址改建成壽安宮(今圖書館)。 二、沿街建景。 皇太后一年當中有多半時間住在西郊的暢春園,而祝壽的慶典活動是在進行的。 為了使皇太后在回宮途中看到普天同慶的喜樂景象,「自西華門外至西直門外之高梁橋十餘里中,分地張燈,剪綵為花,鋪錦為屋,丹碧相映,不可名狀。 每數十步間一戲台,北調南腔,舞衫歌扇。 後部未歇,前部又迎,游者如置身於瓊樓玉宇之中,聽霓裳曲,觀羽衣舞也。 其景物之點綴,有以絹為山嶽狀,錫箔為波濤紋者,甚至一蟠桃大數間屋,此皆粗略不足道。 至如廣東所構之翡翠亭,高三丈余,悉以孔雀尾作屋瓦,一亭不啻萬眼;湖北所創之,形制悉仿武昌,惟稍小耳。 最奇者重檐三屋,牆壁皆用玻璃磚砌成,日光照之,輝煌奪目;浙江所結之鏡湖亭,以徑可二丈之大圓鏡,嵌諸藻井之上,四旁則以小圓鏡數萬鱗砌成牆。 人入其中,身可化百億」。 《崇慶皇太后聖壽慶典圖》之「西洋點景」這些彩棚戲台等景點建好後,為了防止火災,乾隆帝特地派步兵晝夜巡邏看守。 十一月二十日,乾隆帝親自陪著皇太后從暢春園回宮。 皇太后的慈駕自長河乘冰床至高梁橋,然後改乘由28人抬的金輦。 乾隆帝身穿龍袍袞服,乘馬前導。 王公、大臣蟒袍補服,滿漢命婦身穿彩服,在各祝壽彩棚前夾道跪迎。 來自直隸、湖廣進京給皇太后祝壽的老民、老婦,以及來自直省的年老休致大臣,也在道旁跪迎,並瞻仰皇太后慈顏。 當天,皇太后還住壽康宮。 三、加上徽號。 十一月二十日加上徽號,遣官告祭天、地、太廟、大社、大稷。 二十一日,乾隆帝御禮服於中和殿閱畢奏書,乘輿到慈寧宮向皇太后恭獻奏書。 二十二日,正式舉行上徽號禮,加上「裕壽」二字,至此徽號為「崇慶慈宣康惠敦和裕壽皇太后」。 《崇慶皇太后聖壽慶典圖》之「觀戲」 四、進獻壽禮。 常年萬壽聖節,皇帝要向皇太后恭進如下禮物:銀一萬兩、大號小珍珠300串、小珍珠300串、大號小珊瑚珠300串、小珊瑚珠300串、上用緞紗等63匹、官用緞紗等37匹。 因為這次是六十大壽,所以從二十一日至二十五日這5天,皇帝每天要向皇太后恭進壽禮九九。 五、祭太廟後殿。 在萬壽聖節的正日子十一月二十五日,遣官祭太廟後殿。 六、大擺宴筵。 從十一月二十一日起到二十九日,一連9天在壽安宮大排宴筵。 乾隆帝率后妃、皇子、皇孫每天侍皇太后膳,一連演戲9天,稱慶於壽安宮。 七、舉行慶賀禮。 在十一月二十五日這天,乾隆帝親詣壽康宮行慶賀禮。 王大臣於慈寧門、眾官於午門行禮。 生監、耆老於外行禮。 皇後、妃嬪等在慈寧宮行禮。 自十一月十四日至二十八日,王公百官全穿蟒袍補服,不理刑名《崇慶皇太后聖壽慶典圖》之「幕後準備」 如此鋪張為一個人辦生日,在我們今天看來實在有些揮霍無度。 不過,假如我們站在老太后的立場,那她真是一位幸福的老人了。 子孫孝敬、照顧細緻,使得老太后不僅保養得好而且心情好,所以在80多歲時依舊「動履康強,不煩扶掖」,身體是很好的。 乾隆四十二年(1777)正月初八日,乾隆帝奉皇太后到圓明園。 皇太后駐蹕圓明園期間,幾乎都住在長春仙館,因為這裡距皇帝處理政務的正大光明殿和皇帝的寢宮九洲清宴都很近,便於皇帝給皇太后問安侍膳。 正月初九日,乾隆帝陪著皇太后在九洲清宴一邊進膳,一邊觀看節日的燈火,妃嬪和皇子、皇孫們也都陪侍在旁,「五世同堂,同伸歡忭」。 乾隆帝見皇太后「慈顏康豫,不減常年」,非常高興。 這一年,皇太后86歲,乾隆帝67歲。 他想皇太后90歲大壽時,自己也是71歲的老人了。 那時一定要為皇太后更隆重地慶祝一番。 正月十四日行完祈谷大祀後,乾隆帝聞知皇太后身體不豫,趕到長春仙館看望,當天晚上還陪著皇太后在同樂園進晚膳。 皇太后當時的病情並不重,只是偶爾違和,抓緊調治後,病情大有好轉。 可是沒過幾天,病情出現反覆,而且較前加重。 皇太后不想把病情轉重的事讓皇帝知道,怕引起兒子煩心,影響理政,所以在皇帝問安時,故意談笑如常。 到正月二十二日,皇太后病情已十分嚴重,這一天乾隆帝看望了母親兩次。 這天深夜,皇太后已進入彌留狀態。 乾隆帝守候在旁。 到了二十三日子刻,皇太后「痰忽上涌,遂於醜刻病逝」,終年86歲。 孝聖皇後一生享盡了榮華富貴,她壽數之高,在清代皇太后中居於首位,在中國歷代皇太后中也是罕見的。 孝聖皇後個人小檔案 姓氏:鈕祜祿氏出生:康熙三十一年(1692)十一月二十五日 屬相:猴父親:凌柱 丈夫:雍正帝胤禛子女:1子,即乾隆帝 成婚:康熙四十三年(1704),13歲封熹妃:雍正元年(1723)二月十四日 封熹貴妃:雍正八年(1730)四月尊為皇太后:雍正十三年(1735)八月十三日 最得意:享盡人間富貴卒年:乾隆四十二年(1777)正月二十三日 享年:86歲入葬:乾隆四十二年(1777)四月二十五日 陵寢:泰東陵徽號:崇德慈宣康惠敦和裕壽純禧恭懿安祺寧豫皇太后 謚號:孝聖慈宣康惠敦和誠徽仁穆敬天光聖憲皇後 相關閱讀書目推 (1)萬依、王樹卿、劉潞著《清代宮廷史》,人民出版社,1990年 (2)清代宮史研究會編《清代皇宮陵寢》,紫禁城出版社,1995年 (3)閻崇年著《正說清朝十二帝》,中華書局,2004年 (4)徐廣源著《清西陵史話》,新世界出版社,2004年 附錄1: 泰東陵的獨創之處 孝聖皇後的泰東陵坐落在河北省易縣清西陵境內,位於雍正帝的泰陵東北約1公里處的東正峪。 泰東陵是清西陵3座皇後陵中規模最大的一座。 乾隆元年(1736)九月,主持泰陵工程事務的恆親王弘晊,內大臣、戶部尚書海望向乾隆帝請示:雍正帝入葬泰陵地宮後,是否給皇太后預留分位?乾隆帝不便作主,轉而請示皇太后。 皇太后降懿旨:「世宗憲皇帝奉安地宮之後,以永遠肅靜為是。 若將來複行開動,揆以尊卑之義,於心實有未安。 況有我朝昭西陵、孝東陵成憲可遵,泰陵地宮不必預留分位。 」乾隆帝遵照皇太后懿旨,於乾隆二年(1737)在東正峪為皇太后營建泰東陵,約於乾隆八年(1743)建成。 其主要建築由南至北依次為:三孔拱券橋一座、東西下馬牌、東西朝房各5間、東西值房各3間、隆恩門一座5間。 東西燎爐、東西配殿各5間、重檐大殿一座5間。 陵寢門3座、石五供、方城、明樓、寶城、寶頂。 寶頂下是地宮。 陵前左側是神廚庫。 庫外井亭一座。 泰東陵與其他皇後陵相比,有三點獨創之處: 一、首創隆恩殿月台上設銅鹿、銅鶴之制。 在泰東陵之前建成的昭西陵和孝東陵,隆恩殿月台上只設銅爐一對。 而泰東陵則又增設銅鹿、銅鶴各一對。 很明顯,這是仿照帝陵之制,首創了皇後陵設銅鹿、銅鶴的制度。 以後建的各皇後陵改為設銅鹿、銅鶴各一隻,成為定製。 二、首創大殿內東暖閣建佛樓之制。 在泰東陵以前建的皇帝陵和皇後陵,均無佛樓之設。 泰東陵則在隆恩殿東暖閣建了佛樓,為一層。 這與孝聖皇後篤信佛教有關。 從此以後,凡皇帝陵均建佛樓。 皇後陵只陵建了佛樓。 凡以後建佛樓均為上下兩層。 三、地宮內雕刻經文、佛像。 以前總認為清代皇陵中,第一個在地宮內鐫刻經文、佛像的是乾隆帝的裕陵。 清宮檔案記載,泰東陵地宮裡也鐫刻了經文、佛像。 泰東陵早裕陵6年而建。 這表明第一個在地宮內鐫刻經文、佛像的不是裕陵而是泰東陵。 清宮檔案還記載,泰東陵地宮的地面不是用條石鋪墁,而是用金磚鋪墁。 具體泰東陵地宮的規制、經文佛像的內容,因為地宮尚未開啟,檔案也不全,還有待我們進一步研究、考證附錄2: 孝聖皇後六十大壽,乾隆帝於二十一日所獻的九九壽禮 御筆萬壽頌緙絲圍屏一架、三秀雙清綠玉如意一柄、天和長泰綉迎手靠背坐褥一份、長生智慧佛一尊、無量福德佛一尊、吉祥尊勝佛一尊、華藏莊嚴佛一尊、大通智勝佛一尊、日月燈明佛一尊、妙光普照佛一尊、大慈廣潤佛一尊、蕊香幢王佛一尊,以上佛一九;萬品同輝繡花燈一對、八方綺合繡花燈一對、佛沼層雲繡花燈一對、湘台四照繡花燈一對、華井舒霞繡花燈一對、鰲山露萼繡花燈一對、瀛洲駢錦繡花燈一對、綠波明月繡花燈一對、九枝春艷繡花燈一對,以上寶燈一九;龍鳳山河宋瑪瑙花觚一件、雙蟠百福紅瑪瑙花瓶一件、瑞捧雙桃五色瑪瑙花插一件、三壽作朋綠瑪瑙花插一件、瑤圃芝雲五色瑪瑙花插一件、天祿長春五色瑪瑙花罇一件、紅英雪干二色瑪瑙花插一件、松茂萬年黃瑪瑙花插一件、雙魚兆瑞二色瑪瑙花插一件,以上瑪瑙器一九;百福罄宜白玉鰲罄一架、彩翼雲鳧白玉罇一件、八方寧謐白玉杯盤一副、鶴鹿仙齡碧玉壺一件、南極呈符漢玉壽星一座、芝鶴同春青玉雙孔花插一件、拈花集鳳碧玉佛手花插一件、歲寒三友白玉雙孔花插一件、金春茂白玉筆山一件,以上玉器一九;雲雷圓象三足鼎一件、仙葩集瑞火花罇一件、翠雲抱珥雙環罇一件、蓬壺結秀方瓶一件、雙螭彩花囊一件、翠嶠仙罍壺一件、方壺供壽四足鼎一件、沆瀣承天方罇一件、蕉葉敷青美人觚一件,以上古銅器一九;武陵仙種甜桃一盒、洞庭秋色橙子一盒、太平瑞實蘋果一盒、露井含華桃干一盒、萬紀昇平蘋果乾一盒、嘉慶余甘李干一盒、雲液凝酥敖爾布哈一盒、絳雪流輝山梨面一盒、元珠霏屑英俄面一盒,以上果盒一九;萬福天全一軸、瑤光煥彩一軸、三星拱照一軸、慶演潮音一軸、壽山福海一軸、萬年吉慶一軸、西池佛果一軸、牟尼獻瑞一軸、九畹芝英一軸,以上畫軸一九;雲岫春暉一冊、四季長春一冊、群仙祝壽一冊、蓬山仙館一冊、閬風麗景一冊、綉谷呈芳一冊、麟洲集慶一冊、金英薈秀一冊、瑤池輯瑞一冊,以上畫冊一九;靜壽同符五嶽圖五卷、恩波廣潤四瀆圖四卷,以上畫卷一九;貝闕文鏐銀九九、香國祥芬藏香九九、箕疇錫福哈達九九 責任編輯: 來源:中國歷史網 轉載請註明作者、出處並保持完整。

次の