トイレ 浮き玉。 トイレのタンク内の水漏れを修理し自分で直す方法 ボールタップを交換して節水効果も!

トイレの水漏れ ボールタップの交換

トイレ 浮き玉

投稿日:2019-10-01 更新日:2019-10-09 この記事を読むのに必要な時間は 約 6 分です。 トイレには、浮き玉という部品がタンク内に使われています。 この浮き玉は、「タンク内の水の量を調節する」という重要な役割を担っています。 そのため、浮き玉に異常があると水が止まらなくなるおそれがあるのです。 もしも、水が止まらなくなってしまったりした場合には、調整する必要があります。 そこでこの記事では、トイレの浮き玉についての役割と調整方法についてご紹介します。 タンクの調子が悪くなったときは、この記事を参考に、調整してみてください。 浮き玉の重要な役割を理解し、トラブルが起きても自分で解決できるようになれれば幸いです。 浮き玉はタンクの水位を調整する重要部品! 浮き玉は、トイレの水量を調整する装置です。 タンクの水位を調整する重要な役割があり、故障すると正常に機能しなくなりおそれがあるのです。 まずは、浮き玉の役割とトイレの水が流れる仕組みについてご紹介します。 タンクの水位に合わせて上下する部品 トイレの浮き玉の中には空気が入っており、水位に合わせて上下に動きます。 トイレを使っていないときはタンク内に水が入っているため、浮き玉は上に浮いているのです。 用を足して、レバーで水を流すとタンク内の水位が下がり、浮き玉も下がります。 ボールタップと連動することで水位調整の役割を果たす ボールタップとは、タンク外にある配管とタンク内にある浮き玉につながっている部品です。 ボールタップには栓が付いていて、その栓が開閉されることによって配管からの給水量を調節しているのです。 このようにボールタップと浮き玉が連動することで、水位調整をすることができます。 トイレを流してから水がたまるまでの仕組み では、浮き玉とボールタップを連動させて、どのようにトイレの水が流れるのか仕組みを解説します。 トイレを使用する前には、タンク内に水がたまっています。 用を足して、レバーを引くことで、タンク内にある排水弁がひらき、便器に水が流れるのです。 そうするとタンク内にあった浮き玉が下がります。 浮き玉が下がると、ボールタップに付いている栓が開き、配管から給水されるのです。 水が一定量たまったら自動的に栓が閉じ、止水することができる仕組みになります。 このように、浮き玉は、トイレが正常に機能するためにはとても重要な役割をしています。 タンクの水位がおかしいときの浮き玉調整法 トイレを利用したとき、便器に流れる水の量が少ないと感じたら、タンクの水位に異常が起きているかもしれません。 そんなときは、浮き玉を調整すれば改善することがあるのです。 タンクといっても種類が豊富なので、それぞれのタイプ別での調整方法をご紹介します。 どのタイプにも共通しているのですが、トイレの浮き玉の調整をするときは、作業前に止水栓を閉めておきましょう。 なぜなら、止水栓を閉めておかないと、作業中に水があふれてしまうおそれがあるからです。 また、タンクのフタを開けたときにタンク内の水位が高かった場合は、レバーを引いて水を抜いておきましょう。 水位が高いとタンクから水が漏れて床が水浸しになるおそれがあります。 そのため、標準水位にまで水位を合わせてから作業するようにしてください。 水位の目安は、以下でご説明いたします。 タイプ1:水位調整ネジがあるタイプ ボールタップの付け根部分にネジがあります。 このネジを左右に回すことで浮き玉の高さの調整が可能です。 水位が低いときは、右に回してください。 水位が高いときは、左に回しましょう。 そうすることで浮き玉の位置を高くしたり低くしたりして、水位を調節します。 タイプ2:浮き玉の角度を調整するタイプ タイプ1の水位調整ネジがない場合は、浮き玉の角度で調整することができるのです。 このタイプの水位調整は、浮き玉の角度を下にずらすと水位も下がります。 逆に、角度を上げると水位も上がります。 タイプ3:浮き玉の固定部分を曲げるタイプ このタイプは、浮き玉につながっている棒を曲げて水位調整することができるのです。 棒を下に曲げると水位が下がります。 棒を上に曲げると水位を上げることができるのです。 このとき、棒の中央付近で少しずつ角度調整すると失敗が少なくなります。 タイプ4:円錐形などの浮き玉の場合 浮き玉の形が球体でない場合は、直接、浮き玉を回して調整しましょう。 右に回すと水位が下がり、左に回すことで上がります。 水位の目安はオーバーフロー管を確認! 水位の目安がわからないときは、オーバーフロー管で確認することが可能です。 オーバーフロー管とは、タンク内の中心あたりにある、下から上にまっすぐ伸びている管のことです。 この管に「WL」という文字が書かれており、その線に水位を合わせるのが理想です。 浮き玉を調整しても水位が安定しないときは トイレの浮き玉を調整しても水位が安定しない場合は、原因が別にあるかもしれません。 そんなときは、以下でご紹介する部分を確認してみてください。 タンクの底・フロート部分を確認! タンクの底にフロートと呼ばれる排水部品があります。 この部品は、トイレのレバーと連動してタンクの水を流すものです。 この部分が何かしらの衝撃でずれてしまう場合があります。 また、隙間があると水が流れ続けてしまうため確認しておきましょう。 ボールタップから水漏れしていないか ボールタップが、故障していると給水が止まらず水漏れするおそれがあります。 故障していると、タンク内に水があふれてしまいます。 また、便器内に水が流れ続けてしまうと水位が安定しない場合があるのです。 そのため、破損していないか確認してみてください。 オーバーフロー管の状態も確かめよう オーバーフロー管は、劣化にともない割れてしまうおそれがあります。 また、破損していると正常に機能しない場合があり、水位が安定しないことがあるのです。 そのため、状態を確認し、破損していたら交換が必要です。 トイレの浮き玉に不具合が出たら交換する必要あり! 浮き玉を調整しても、ボールタップなどの部品を確認しても症状が軽減されない場合は、浮き玉本体に異常があるのかもしれません。 トイレの浮き玉は消耗品のため、長年使用し続けることで劣化するおそれがあるのです。 浮き玉に交換が必要な状況がどんなときなのか確認していきましょう。 浮き玉の交換が必要な状況 浮き玉が割れてしまって中に水が入ってしまうと正常に機能しなくなるおそれがあります。 水位が高いのにも関わらず、浮き玉の位置が低いようであれば交換することで改善することがあるのです。 また、ボールタップ側に不具合があると、タンク内に水が漏れてしまうほか便器に水が流れない症状が起きることがあります。 そのため、浮き玉に異常がなく、水位が安定しない場合は、ボールタップが故障していないか確認してください。 確認して、破損しているのであれば交換しましょう。 浮き玉・ボールタップの交換方法 浮き玉・ボールタップの交換方法は以下のとおりです。 止水栓を閉める 交換作業中に水が流れてこないようにするためです。 タンクのフタとカバーを取り外す タンクのフタは、重量があるため、落とさないよう注意してください。 タンク内にたまった水を抜く レバーを引いて、タンク内の水を抜くことで、交換作業がしやすくなります。 浮き玉・ボールタップを取り外す 浮き玉とボールタップは、ネジで固定されているのでナットやモンキーレンチなどで取り外しておきましょう。 ボールタップはタンク外の給水管につながっているので折れないようゆっくりおこなってください。 新品に交換 古くなった部品を取り出して、新品に交換してください。 水が漏れないようネジをしっかり固定してから、手順1でしめた止水栓を開いてください。 レバーを引き、タンク内の水位が標準位置で止まるか確認して、完了です。 交換後はタンクに合わせた調整を忘れずに! 浮き玉とボールタップを交換後は、必ず、水位が安定しているか確認してください。 標準水位よりも上だったり下だったりしたら浮き玉で調整しましょう。 まとめ タンク式のトイレは、タンクレスのトイレと違って、電気を使わないので停電していても利用することができます。 その特徴を実現させている箇所に浮き玉が関わっているのです。 トイレの浮き玉は、トイレのタンクの水位を調整する重要な役割があり、なくてはならない部品です。 タンクの水位がおかしいときは、浮き玉を調整することで、安定します。 そのため、使っているタンクのタイプを理解して正しい方法で、調整してみてください。 浮き玉を調整しても水位が安定しないほか自分で交換するのに不安があれば、水トラブルのプロの業者に依頼しましょう。 業者は、経験豊富なため、スピーディーに対応してくれます。 また、交換するための部品を自分で用意するのに不安があれば、業者に依頼してください。 効率よく交換ができるほか、水位調整の正しい方法も丁寧に教えてくれます。 プロの意見を参考にして、トラブルを解決していきましょう。

次の

トイレの浮玉の役割と調整方法

トイレ 浮き玉

「トイレタンクの中身を交換したいけど・・仕組みが分からない・・」 水漏れや給水の故障などで、トイレタンクの中身を交換しようと思っていませんか? トイレタンクの仕組みを分かっている人であれば、製品によって多少の違いはあっても自分で部品を交換しますよね。 しかし、初めて自分でトイレタンクの中身を交換しようという場合は、仕組みや構造が全くわからずにどうしたらいいのか困ってしまいます。 そこで、今回は初めての人が自分でトイレタンクの中身を交換できるように、部品の説明やタンク内の構造・仕組みについて紹介したいと思います。 【目次(ここをクリックで移動します)】• トイレタンクの仕組み・構造・中身について 最初に基礎として、トイレタンクの中身と部品ごとの仕組み・構造を紹介したいと思います。 初めてトイレタンク内を見るという人は、部品がごちゃごちゃして苦手意識を持つと思います。 ただ、1つ1つの部品の仕組み・構造を知ることでぐっと苦手意識が弱まると思いますので頑張ってみてください。 【トイレタンクの中身一覧】• フロートバルブと鎖• ボールタップ• オーバーフロー管 トイレタンクの中身1. フロートバルブと鎖 フロートバルブと聞いて、いまひとつピンと来ないという方も多いと思います。 フロートバルブとは、トイレのタンクの中にある部品の一つです。 レバーの先に鎖で繋がれたゴムがあるのですが、このゴムの部分がフロートバルブです。 フロートバルブと鎖の仕組み・構造 機能としてはレバーを回すことでフロートバルブのゴム玉が排水口を開けたり塞いだりすることによって、水を流したり止めたり調整を行います。 フロート弁やゴムフロートと呼ばれることもありますが、比較的新しいトイレのフロートバルブは、ゴムではなくプラスティックが使われている場合があり、プラスティックの中にパッキンが取り付けられていて、それがゴムの代わりになっています。 トイレタンクの中身2. ボールタップ ボールタップとは、トイレのタンク内にある部品の一つで、主に先端に楕円形の浮玉がついており、根元はタンク外の給水管に繋がっている部品です。 ボールタップの仕組み・構造 レバーなどを引くことによって、トイレタンク内のフロートバルブに繋がった鎖が持ち上がり、タンクへの排水弁を塞いでいるフロートバルブが持ち上がり、タンク内の水が便器内に流れ出します。 タンク内の水が少なくなると、フロートバルブが排水弁を再び塞ぎ、排水が止まります。 このとき、水位が下がるに連れて浮玉も一緒に落ちていきます。 浮玉が下がることにより、ボールタップ内の弁が開いてタンク内に給水が始まります。 再び、浮玉がもとの水位までくるとボールタップ内の弁が閉じて水を流す前と同じ状態になります。 トイレタンクの中身3. オーバーフロー管 トイレのタンク内の水位が高いのか、低いのかを確認する際に使うのが、オーバーフロー管です。 標準水位と呼ばれるトイレタンク内にためておくべき水の量が、オーバーフロー管に線で書かれています。 オーバーフロー管の仕組み・構造 オーバーフロー管は、フロートバルブの故障などでタンク内に水が溢れてしまいそうになった際に、水を排出する役割を持っています。 タンクの底から真っ直ぐ上までのびているのが、オーバーフロー管です。 標準水位は、オーバーフロー管の先端から2~3cm下です。 この標準水位よりも、水位が低かったり、高かったりした場合は何らかの不具合が生じている可能性があります。 トイレタンク全体の仕組み・構造 トイレタンク中身の部品ごとの仕組み・構造についてご紹介しましたが、全体の部品がどうやって動いて、水がどう出て、どうなると水が止まるのかがよくわかりませんよね。 このトイレタンク内の動きがわからないと、どの部品が悪いのかなどの判断ができませんのでレバーを引いて水を流すところから全体の流れをご説明したいと思います。 トイレタンク横についているレバーを回すと、タンク内にあるレバーの軸が回ってレバーの軸についている鎖が持ち上げられます。 鎖の先にはフロートバルブがついており、鎖が持ち上げられるとフロートバルブが持ち上げられてタンク内の水が便器内に流れていきます。 タンク内の水が便器内に流れるとタンク内の水位が下がり、水面に浮いているボールタップの浮き球が下がっていきます。 ボールタップの浮き球が一定の位置まで下がるとボールタップの給水弁が開いて、タンク外の給水管からタンク内に新しい水が供給されます。 フロートバルブが元の位置に戻り、タンク内の水位が上がっていくと浮き玉が持ち上がり、ボールタップの給水弁が閉じます。 これが、レバーを引いてから元の状態に戻るまでの正常な一連の流れです。 トイレタンクの中身を交換する場合は症状で選ぶ トイレタンクの中身を交換する際は、何かしらのトラブルが起こっているからだと思います。 どこが原因か分からない場合は全ての部品を取り替えるというのもいいと思いますが、初めての人にとっては作業が多すぎて途中で嫌になると思います。 そこで、どの部品を交換したらいいのか、症状別にどういったトラブルが起きているのかなどを含めて紹介いたします。 【よくあるトイレトラブル】• ・便器内にチョロチョロ水が流れている• ・タンクでずっと給水が続いている• ・タンク内に水が入ってこない• ・タンク内に水が溜まらない 便器内にチョロチョロ水が流れている 水を流していないのに、チョロチョロと便器内に水が流れている。 このような症状が起きている場合は、トイレタンク内のフロートバルブの劣化・損傷が原因の可能性があります。 止水栓を閉めてから、タンク内の水を抜いてフロートバルブを触ってみてください。 もしも、手にフロートバルブのゴムの色が付くようであれば部品を交換した方がいいでしょう。 また、レバーを引いた際や地震などが起きた際に、鎖が絡まったりするとフロートバルブが少し浮いて水が便器内に漏れることがあります。 そのため、フロートバルブに問題がなさそうな場合は、鎖が絡まっていないかなどを確認してみましょう。 タンクでずっと給水が続いている トイレ横の給水管からタンクの中にずっと水が流れ続けている。 このような場合は、ボールタップの故障が原因で水が止まらなくなっている可能性があります。 ボールタップの浮き球が割れていないか、浮き球が正常ならば持ち上げて水が止まらないかをチェックしてみましょう。 もしも、浮き球が割れていたり、浮き球を持ち上げても水が止まらないようであれば新しいボールタップに交換しましょう。 タンク内に水が入ってこない タンク内の水は減っているのに、新しい水がタンク内に入ってこない場合。 このような場合も、ボールタップの故障が原因の可能性があります。 浮き球に損傷がないか、浮き球を上げ下げして水が出ないかをチェックしてみましょう。 もしも、浮き球を操作しても水が出ないという場合は新しいボールタップに交換しましょう。 タンク内に水が溜まらない タンク内に水は入ってくるけれども、水が溜まらないという場合。 このような場合は、便器の中に水が漏れていないかチェックしましょう。 もしも、便器の中に水が漏れていくようであればフロートバルブの劣化・損傷が原因の可能性があります。 また、便器内に水がチョロチョロ漏れるときと同様に、鎖が絡まっていないかなども確認するようにしましょう。 トイレタンクの中身・部品の交換方法・やり方 トイレタンク内の中身・部品の交換方法・やり方をご紹介したいと思います。 トイレタンクやタンクのフタなどは割れたり、ひびが入ったりすると代替品がなくて全体交換になってしまうので注意して作業しましょう。 トイレタンクのボールタップ・浮き球の交換方法・やり方 トイレタンクのボールタップや浮き球の交換方法をご紹介したいと思います。 止水栓を閉めて水が流れないようにする。 フタとカバーを取り外す。 トイレのフタとカバーは、上に持ち上げると簡単に取り外すことができるタイプと、手洗い部分の金具とじゃばら管の接合部分を取り外さないといけないタイプがあります。 どちらの場合でも、トイレのフタを割らないように注意して取り外しをしましょう。 手洗い部分の金具とじゃばら管の接合部分は、ナットで接合されていることが多いので、取り外す際はナットを回して取り外しましょう。 部品を取り外す前に、レバーを回してタンク内の水を抜いて作業をしやすくしておきましょう。 ボールタップの交換の際に取り外す部品は、主に2つのナットです。 タンク外の給水管に取り付けられている、小さいナットとツバ付きの少し大きなナットをモンキーレンチを使って取り外します。 ツバ付きのナットを取り外して、タンク内からボールタップを引き抜くと、ボールタップを取り外すことができます。 古いボールタップを取り外したら、新しいボールタップを逆の手順で取り付けていきます。 もしも、ボールタップの本体のみ、浮玉のみなど部分的に交換したい場合は、本体部分を取り外した状態で各部品を交換してから取り付けていきましょう。 取り付けが全て完了したら、止水栓を開いて標準水位(オーバーフロー管の2~3cm下あたり)で水が止まるか確認します。 もしも、標準水位よりも上にいってしまったり、下に行くことがあれば、浮玉を回して水位を調整して完了です。 トイレタンクのフロートバルブ・鎖の交換方法・やり方 フロートバルブと鎖の交換で難しいのは、「鎖の長さの調整」だと思います。 この長さの調整をきちんとしておかないと、レバーを引いても水が流れない・フロートバルブが元の位置に戻らないといった不具合に繋がるので注意しましょう。 止水栓を閉めて水が流れないようにする• タンクのフタを外す• 古いフロートバルブと鎖を取り外す• 新品の鎖の長さを取り外した古い鎖の長さと同じになるようにペンチなどで切って調整する• 新しいフロートバルブと鎖を取り付けてレバーを回したときにちゃんと動くか確認する• トイレタンクの中身・部品の交換費用 トイレタンクの仕組み・構造・中身や自分でやる場合の交換方法をご紹介しましたが、自分でできない場合は業者に依頼しますよね。 しかし、水道業者に依頼する際は料金がどれくらいかかるのかわからなくて不安だと思います。 水道業者側も現場で状況を確認しないと原因や使うべき部品の種類や作業の内容などがわからないため、電話などでの案内ができません。 とはいえ、業者ごとの料金体系がどのようになっているのかわからないと心配ですよね。 そこで今回は、生活救急車でトイレタンクの中身・部品の交換などを行った場合の交換費用の料金表をご紹介したいと思います。 正確な料金は現場見積りのみの対応になるので、サイト上での比較程度にお使いください。 最終価格は、作業前にご提示するお見積り書の価格となります。 料金表だけではイメージがつきづらいかと思いますので、実際にあったご依頼の料金事例もご紹介したいと思います。 料金体系・税率が現在と異なることもございますので予めご了承ください。 トイレタンクの部品交換事例1. タンク水漏れで部品交換の料金 トイレタンクから水漏れがしているということで、修理のご依頼をいただきました。 トイレの水漏れ修理 5,400円• 部品代 2,700円• 基本料金 4,320円• 合計 12,420円 トイレタンクの部品交換事例1. 便器内の水漏れで部品交換の料金 トイレタンクから便器内に水漏れがしているということで、修理のご依頼をいただきました。 タンク内部品交換(タンク取り外しなし) 8,640円• 部品代 788円• 基本料金 4,320円• 合計 13,748円 トイレタンクの部品交換事例1. 手洗い管から水が出ないで部品交換の料金 トイレタンク上の手洗い管から水が出ないということで、修理のご依頼をいただきました。 トイレ修理 10,800円• 部品代 2個 2,160円• 基本料金 4,320円• 合計 17,280円 トイレタンクの部品交換事例1. タンクに水がたまらないで部品交換の料金 トイレタンク内に水がたまらないということで、修理のご依頼をいただきました。 トイレタンク内部品交換 10,800円• ボールタップ 7,938円• 基本料金 4,320円• 合計 23,058円 トイレタンクの仕組み・構造・中身と交換費用や部品代についてまとめ トイレタンクの中には、下記のような部品が入っています。 【トイレタンクの中身一覧】• 【よくあるトイレトラブル】• 自分で直すのが難しい場合は、水道業者に依頼されるかとおもいますが、業者によって料金体系が違うので複数業者に相見積りを取ってから依頼するのが安心です。 生活救急車でも、他社との比較のための見積りを承っておりますのでお気軽に現場見積りをご依頼ください。 「夕べトイレを使ったらトイレのタンクについている水を流すレバーの芯棒が折れてしまったんですわ。 今は折れた部分に割り箸を巻き付けて何とか使えるようにはしてあるんですけど、至急直してほしいんです。 」としっかりとした口調で落ち着いた様子でお電話を頂きました。 依頼を検討されているご住所をお尋ねすると、神戸市東灘区魚崎北町にあるお宅からのご依頼でした。 予約状況を確認しましたところ14時頃の到着が可能でしたので、そのようにご予約を承りました。 お客様は対応の流れや見積もりについての説明をお聞きになると気持ちが軽くなられた様子でお電話をお切りになりました。 受付日時 2020年5月26日 9時40分頃 受付担当 山田 担当より一言 急なトラブルでご不安な気持ちの中、お電話をくださったお客様に対して少しでも安心していただけるよう丁寧な対応を心がけています。 お客様からのお電話お待ちしております。

次の

トイレの浮玉の役割と調整方法

トイレ 浮き玉

水位が低い場合 ロータンク式の水洗トイレの水が止まらないという場合は、タンクの内部の故障です。 まずタンクのフタを取りはずし、水位をチェックしてください。 水位が低い場合 水位がオーバーフロー管の上までない場合は、浮きゴム部分から水が流れ出していると考えられるので、浮きゴム部分を点検して、はずれている時はきちんと取りつけ、ゴミが付着しているときはゴミを取り除きます。 浮きゴムが老化して変形しているときは新しいものと交換します。 水位がオーバーフロー管の上まである場合 水位がオーバーフロー管の上まであってオーバーフロー管から水が便器に流れている場合は、ボールタップの弁が開きっぱなしになっていて、給水が止まらなくなっているはずです。 その原因を調べましょう。 浮き玉の具合が悪い場合 浮き玉がはずれていたり、浮き玉の取りつけ部がゆるんでいないかみます。 ゆるんでいるようでしたらナットを回してしめておきます。 はずれていると浮き玉の浮力を利用できないので水が止まりません。 しっかり取りつけましよう。 浮き玉に水が入ってうまく作動しないときは浮き玉を取りかえてみましょう。 ピストンバルブのパッキン交換 浮き玉を手で持ち上げても水が止まらない場合はボールタップの故障です。 ピストンバルブを取り出しバルブのパッキンにゴミがかんでいれば取り除き、摩耗しているなら交換します。 パッキンは円形で上下の円の大きさが異なります。 円の大きい方をピストンにさします。 それでもなおらない場合はボールタップそのものをよく点検し、具合が悪ければ交換します。 水が出ないとき レバーをまわしても水が出ない場合は、タンクのフタを開けて、水がたまっているかどうかを確認してください。 タンクに水がたまっている場合 浮きゴムとレバーをつないでいるクサリが切れたり、はずれたり、たるみすぎていると、いくらレバーをひねっても水は出ません。 切れたクサリは新しいものに交換します。 クサリは2環ぐらいたるむ長さが適当です。 タンクに水がない場合 タンクに水がない場合は、給水がストップしています。 その原因をみつけましょう。 まず止水栓が閉じていないか確かめます。 止水栓が自然に閉じることはありませんが、子供がイ夕ズラをして閉じていることもあります。 マイナスのドライバーで左にまわすと水が出ます。 次に浮き玉の位置をみてみましよう。 浮き玉がタンクの壁にひっかかったりして下がらないと給水はストップ状態になります。 これは断水後などによく起こりますが、浮き玉を手でひっかかり部分からはずすようにちょっと触れるとなおることが多いものです。 なおひっかかるようなら浮き玉支持棒を横に少し曲げるなどして、浮き玉が動くようになおします。 止水栓や浮き玉に異状がない場合は、ポールタップの中にゴミや水ア力が付着して弁が開かなくなったと考えられます。 ポールタップのピストンバルブを取り出し、ブラシなどをかけて水洗いするか、600番ぐらいのサンドペーパーで磨きましょう。

次の