空き容量 iphone。 iPhoneの容量不足を解決! ストレージの空き容量の確保方法まとめ

iPhoneの空き容量を確認する方法

空き容量 iphone

iPhone SE 64GBモデルは2万9,800円から買える iPhone SEのラインナップはストレージ容量の違いにより3モデル。 64GBが4万4,800円、128GBが4万9,800円、そして、256GBが6万800円です。 (いずれも税別) そして、Appleストアから購入する場合、すでにお使いのiPhoneを下取りしてくれる「Apple Trade In」という仕組みを使うと、たとえばiPhone 8を下取りに出せば最安2万9,800円からiPhone SE 64GBモデルを手に入れることができます。 下取り価格はモデルにより異なり、iPhone XS Maxなら最大4万円 、iPhone SE(初代)なら最大2,000円と幅があります。 iPhone SE(2020)はカメラやディスプレイの仕様を絞っているとはいえ、最新世代のプロセッサーを搭載しているため長期間利用できることが見込まれるわりには、かなり安く手に入れられることがわかりますね。 ハイエンドのiPhoneを横目に「4K60pの動画なんか容量食うから撮らないし」「カメラのレンズは普通のがついてればいいし」と思っているであろう多くのユーザーにしてみれば、待ちに待った低価格モデルです。 iPhone SEの容量はどれがいいか? さて、今回の主題はiPhone SEはどの容量のモデルを買うのがいいかです。 既存のデータの容量や使い方によって適したモデルが異なるのは当たり前で、それに個別にこたえることはできないので、ここでは私の場合を例に考えてみたいと思います。 ほかのケースでも同じように考えれば大体の目安はわかるはずです。 現在の使用状況 私が現在使っているのはiPhone XRの64GBモデルです。 iCloudの200GBプラン(月額400円)と組み合わせて使っています。 9GB(35. 1GB使用済み)、iCloudの空き容量が72GB(128GB使用済み)です。 これはおそらく、iOSの「iPhoneのストレージを最適化」機能を使って、容量の大きなオリジナルの写真・画像はiCloudに置き、iPhone本体にはサイズの小さなコピーだけ保管しているためだと思われます。 このため、iCloudの使用済みストレージのほうは、大半が写真と動画に占められています。 ちなみに、写真は4,225枚、動画は1,113本あるようです。 まとめると、ぜんぶで264GBのストレージがあり、そのうちおよそ163GBが使用済みで、101GBが空いている。 全体でみるとデータの大半は写真と動画だが、iPhone本体では写真・動画は1割にも満たない、ということですね。 今後2年でどれくらい増えるのか? iPhone本体に保存されているデータの大半を占めるのはアプリ本体とそのデータです。 その中身を見てみると、ノートアプリや音楽配信アプリがそれぞれせいぜい1. 5GBほどを使っている程度です。 数100MB程度を使っているアプリがたくさんありますが、これらはほとんどアプリ本体のサイズだと思われます。 データを抱えていると思われるアプリのうち、ノートアプリはテキスト情報が主体なので、今後容量が爆発的に増えるとは思えません。 また、SpotifyやYouTubeなど配信系のアプリは、ユーザーが能動的にダウンロードしたものを除けば、古いデータは適宜廃棄していくはずなので、ユーザー自身が使い方を変えない限りは容量が増えていくことはないでしょう。 そう考えると、これまでどおりiCloudに写真のオリジナルを逃がせるなら、今後iPhone本体のストレージに追加される比較的容量の大きなデータは、新たに撮影する写真の縮小コピーが大半ということになります。 現在、iPhone本体のストレージに保存された「写真」の容量は1. 51GBなので、これが今後2倍になろうと3倍になろうと、iPhoneのストレージはビクともしません。 今使っているiPhone XRのデータをそのままiPhone SEにコピーしたとして、同じ64GBモデルなら空き容量はおよそ29GB。 それだけあれば、iPhone本体はまったく問題なさそうです。 iCloudの容量は大丈夫なのか? 先に書いたとおり、現在利用しているiCloud Driveは200GBプラン。 使用済みの容量はおよそ128GBで、その大半が写真と動画のデータです。 この128GB部分が2倍に増えると256GB となり、より上位のプランに移行しなければなりませんが、なんとiCloudの料金プランは200GBの上が2TBとなっており、料金も400円から一気に1,300円に跳ね上がります。 この支払いは毎月のことなので、できれば現在の200GBプランのまま乗り切りたいところです。 さて、写真・動画を保存するために利用されている128GBのうち、最も古いデータは2014年に撮影したものでした。 その後、歴代のiPhoneとiPadで撮影した写真、動画、スクリーンショットはすべてここに含まれているはずです。 その間、iPhoneやiPadが新しくなるにつれ、カメラの画素数もさぞや増えているだろうと調べてみると、2014年当時使っていた(はずの)iPhone 5こそ8Mピクセルですが、その後手に入れたiPhone SE(初代)が12Mピクセル、以降、iPhone 8 PlusもiPhone XもiPhone 8もiPhone XRも、みんな12Mピクセルで、写真1枚あたりのデータ量はたいして増えていません。 動画もiPhone SE(初代)で4K30pに対応し、その後はiPhone 8 Plusでフレームレートが60fpsに増えましたが、2017年にiOSのカメラが容量効率の良いHEVC(h. 265)フォーマットに対応したので、やはりデータ容量はたいして増えていません。 この傾向は今後も続くでしょう。 むやみに画素数ばかり増やしても、ストレージ容量や回線容量やプロセッサーの処理能力を食うばかりであまり良いことはありません。 とすると、これまでと同じペースで撮影するかぎり、今後2年くらいでiCloudの残り容量70GBを食い尽くすことはないと期待できます。 結論 ~ 64GBで足りる このように、私がiPhone SEに乗り換えるとしても、iCloud Driveの200GBを利用し続けるかぎり、ストレージ容量は64GBモデルで問題なさそうなことがわかりました。 もう一つ気になるのは、たとえば2年後にiPhone SEを手放すときに、64GBモデルのリセールバリューが128GBや256GBと比べて著しく劣る状況になっていないかです。 未来について確かなことは言えませんが、たとえばAppleの下取りの仕組みである「Apple Trade In」の下取り価格を参考にして想像してみることはできるでしょう。 2020年4月の時点で、2018年に発売されたiPhone 8のApple Trade Inによる下取り価格は、64GBモデルが1万5,000円、128GBなら1万5,500円、256GBでも1万6,000円となっており、ストレージ容量による価格差はほとんどありません。 新品購入時には、64GBと256GBでは1万7,000円の差があったのですが、2年後にはほぼ横並びになるということですね。 リセールバリューもとくべつ劣ることはないと期待できます。 以上を踏まえると、iPhone SE(2020)で私が選ぶべきモデルは64GBモデルということになりました。 安いモデルで済むのはとてもありがたいことです。 リンク: リンク: リンク: リンク: リンク:.

次の

容量不足によるリンゴループ

空き容量 iphone

16GBのiPhoneを使っていると、すぐに容量不足になりませんか? 16GBといっても、実際の空き容量は12GB弱しかありませんからね。 しかも、実際使うときはアプリを入れますので、写真やビデオを保存できる容量は4〜5GBくらいしかないのです。 iPhone 6sまでのiPhoneは、16GBモデルが存在していました。 なぜAppleが16GBモデルを製造したのかはマジで謎。 すぐに空き容量がなくなることは分かっているはずなのにね。 おそらく、iPhoneの値段を1円でも安く見せたいというところなんだろうね。 現行のiPhoneは最低容量が32GBですが、32GBでも少ないと思います。 予算があるのであれば、128GBを購入してください。 でも、すでに16GBのiPhoneをお持ちの方は、買い換えるまでは16GBと付き合わなければなりません。 今日のエントリーは、16GBのiPhoneの空き容量を増やす方法を教えます。 16GBのiPhoneの空き容量を確保する 写真や動画を撮るユーザーだと、すぐに16GBのiPhoneは容量不足になってしまいます。 以下の手順で、16GBのiPhoneの空き容量を増やしてください。 写真と動画はGoogleフォトにバックアップ• 写真と動画はPCに定期的にバックアップして、端末に残さない• 音楽はGoogle Play Musicへアップロードして、端末に残さない• 使ってないアプリは削除• Facebookは容量を食うので、定期的にインストールし直す• Safariのデータを削除する• マイフォトストリームをオフにする 写真と動画はGoogleフォトにバックアップ 写真と動画はGoogleフォトにバックアップします。 高画質モードで設定すれば、無料で容量無制限で写真と動画をGoogleフォトへアップロード可能です。 写真は全てGoogleフォトにバックアップされるため、写真を閲覧するのはGoogleフォトアプリを使ってください。 Googleフォトアプリは、端末に写真をダウンロードするわけではないので、端末のストレージの容量を、あまり消費しません。 写真と動画はPCに定期的にバックアップして、端末に残さない 写真と動画はPCに定期的にバックアップして、端末に残さないようにします。 オリジナルの写真をPCにバックアップするのです。 ちなみに、Googleフォトを使って写真を管理すれば、iPhone本体に写真が残っていなくても、Googleフォトにアップロードしている写真を全てGoogleフォトアプリで見ることができます。 音楽はGoogle Play Musicへアップロードして、端末に残さない 音楽はGoogle Play Musicへアップロードして、端末に残さないでください。 Google Play Musicアプリを使えば、データ通信経由で、クラウドにアップした音楽を聞くことが可能です。 よく聞く音楽だけGoogle Play Music経由でダウンロードしてもいいですね。 もしくはSpotifyを利用してストリーミングで音楽を聞いてもいいですね。 使ってないアプリは削除 使ってないアプリは削除します。 当たり前ですが。 実際よく使うアプリなんて10個未満ですからね。 Facebookは容量を食うので、定期的にインストールし直す Facebookアプリは、インストールしているだけで容量を消費します。 理由は、キャッシュのデータを溜め込むためです。 Facebookのタイムラインに登場するURLをクリックすると、Facebookアプリ内でブラウザが開きますよね?Facebookアプリのブラウザ機能は、2度目の訪問時に高速表示できるように画像などの情報をキャッシュしているのです。 Facebookアプリだけで、500MBとか600MB消費してしまっている方が多いと思います。 Facebookアプリのキャッシュをクリアできればいいのですが、Facebookアプリにはそのような機能は備わっておりません。 なので、定期的にFacebookアプリを定期的にインストールし直してください。 これでキャッシュはクリアされた状態になり、Facebookアプリが消費している容量を開放することができます。 Safariのデータを削除する Safariのデータも容量を消費しますので削除します。 8MBから25. 8MBになりました。 マイフォトストリームをオフにする マイフォトストリームもiPhoneの容量を消費しますので、オフにしてください。 16GBのiPhoneを使っていて写真やビデオを撮影する方は、すぐに容量不足となってしまいますので、iPhoneの空き容量を確保してお使いいただくことをオススメします。

次の

iPhoneのバックアップが容量不足で出来ない!空き容量を増やすコツ!

空き容量 iphone

使わないアプリのデータを自動的に取り除いてくれる「非使用のAppを取り除く」という設定を使いましょう。 もちろん消えるのはアプリのデータのみで、利用データ等は残ってます。 ですので再ダウンロードで以前の利用状況のまま普通に使うことができます。 アプリのデータが削られたアプリは、アイコンだけがホーム上に残りこのよう雲のようなマークが表示されています。 再度使いたい時は普通にアプリのアイコンをタップすればOK。 ダウンロードしてまた使うことができますよ。 そうすることで空き容量 ストレージ は劇的に空きます。 しかしながら普通に使うと音楽データを自動的にダウンロードされてしまいます。 Apple Musicの場合 実はこのデータ量は設定可能です。 そうすることで、容量が自動的に使われてしまうのを防ぐことができます。 AmazonのPrime Musicの場合 Prime Musicの場合はキャッシュサイズで調整することができます。 できれば100MBにしておくといいでしょう。 ここで容量を確保してしまいましょう。 そうすることでほとんどの人は数十GBは空き容量を確保できるハズです。 無料ならGoogleフォト 一切お金をかけずに容量を増やしたいのならGoogleフォトがオススメです。 全ての写真と動画をGoogleのサーバーにアップロードしてくれますよ。 しかもiPhoneに入っている写真の全て削除する機能もあります。 私のiPhoneには現在29,853枚の写真が入っているのですが、Googleフォトを使えばそれを全て削除することが可能です。 (もちろん削除しなくてもOK。 ) Googleフォト経由で削除をした場合「最近削除した項目」に写真が入るので、そちらでも削除してください。 関連: 答えは…めちゃくちゃ良いです!ただ…弱点があります。 Googleフォトの弱点 無料で無制限に写真と動画をアップロードできるGoogleフォトですが、アップロードしたデータは若干圧縮されます。 とは言え、Googleの技術を最大限に使った圧縮方法なので人の目には分からないレベルの変更なのでご安心ください。 写真に詳しい方はいくらか気になるかもしれません。 関連: 毎月コストをかけても良いならiCloudがオススメ 多少お金をかけてもいいなら絶対にiCloudで写真を使うことをオススメします。 なぜなら、放っておくだけで勝手に全てをやってくれるからです。 もちろんアップロードした写真データはそのまま保存されます。 みてください。 私のiCloudの写真の使用量は250GBほどあります。 それなのにiPhone上で使用しているストレージの容量はわずか6GBです。 つまり「必要な分だけ」の写真データがあるだけで、必要ない分は全てクラウド上にあると言う訳です。 ちなみにアプリのダウンロードでiPhoneのストレージが減ると、自動的にiPhone内のiCloud写真のデータ量を調整してくれますよ。 詳しくはコチラをご覧ください。 それは費用がかかるという点です。 50GB:130円• 200GB:400円• 2TB:1300円 200GB以上であれば、家族と共有できるのである程度は割安となるかもしれません。 個人的にはiCloudの利用を強くオススメします。 とにかくラクになりますよ。 実際にiCloudを使ってみよう! 「iCloud写真」を利用すると、 iPhone内の写真ファイルを圧縮して容量を節約することができます。 設定で 「iPhoneストレージを最適化」を利用すれば、オリジナルサイズの写真はiCloudにアップロードし、代わりにiPhoneではサイズを圧縮した写真が残るようになるので、 キレイな写真を残しつつiPhoneの容量を簡単に節約できちゃいますよ! 写真容量がこんなに変わる! 以下は「iCloud写真」を利用して、 中身がまったく同じ状態になったiPhoneともう一つのiPhoneの写真アプリ。 中身が同じなので容量も同じだけ消費されているように思いますが……。 なんと容量は以下のとおり。 オリジナルの写真が入っている iPhoneが3. 7GBなのに対し、圧縮したデータが入っている別の iPhoneの方は1. 2GBと、かなり容量が少なくなっています! 「iPhoneストレージを最適化」を選択すると、 他の端末で撮影した写真が「iCloud写真」で同期される時にここまで容量を節約してくれます! もちろん撮影したiPhoneでも写真のアップロードが完了後、自動的にストレージの量を調整してサイズの軽量化を図ってくれるのでご安心ください。 また、写真は 閲覧時にオリジナルのデータがダウンロードされ、きれいな状態で見れるようになります。 というわけで「iPhoneストレージを最適化」の設定をしてみましょう。 設定画面でプロフィールをタップして、「iCloud」から「写真」を選択して… iCloud写真がオンになった状態で「iPhoneストレージを最適化」をタップしましょう! 以上で設定は完了です。 これで他端末で撮影した写真が同期されても、無駄にiPhoneの容量を圧迫することはなくなります! iCloudの容量を使うことで これだけ容量に差がでるのには驚きました。 容量にお悩みの方はぜひ設定を見なおしてみてくださいね!! まとめ 写真をクラウドに預けて使わないアプリのデータは自動的に削除、そして音楽データを最小限に抑えることで 数十から数百GBは節約できるハズです。 これらの方法を実行することで大半の方は空き容量に悩むことはなくなるはずです。 iPhoneの写真(カメラ)の関連記事.

次の