マネー フォワード プレミアム。 無料版でも11件以上!マネーフォワードの登録機関を増やす裏技【2019年2月版】

マネーフォワードのプレミアムサービスの年会費を安くする方法・裏技

マネー フォワード プレミアム

今や生活に無くてはならない。 最近になってようやくプレミアム・サービスを試してみました。 はたして月額500円の価値はあるのか?無料版との違いやメリットをまとめてみました。 マネーフォワードとは?自動仕分けが特徴の家計簿アプリ マネーフォワードを使えば面倒くさいレシート入力が不要。 銀行口座やクレジットカード、電子マネー、Amazonなどのショッピングサイトから情報を取得して自動で家計簿を付けてくれます。 ZaimやMoneyTreeなど他の家計簿ソフトと違うのは、家族が増えたり、収支が複雑になっても対応できるところです。 マネーフォワードで連携したサービスは、そのまま会計ソフトの「」「」にも引き継げるので、確定申告にも役立ちます。 使い方のコツとしては、できるだけ現金を避け、クレジットカードや電子マネーで決済をするようにすると綺麗に分類されます。 プレミアムサービスのメリット・無料版との違いまとめ カードの引き落とし額などを警告してくれる カードの引き落とし額を通知してくれる機能は無料版にもありますが、 有料版では預金残高が不足していたり、使いすぎたりしたときに警告してくれます。 カード利用額の引き落とし口座がメイン銀行と別な人とかに便利な機能です。 ほかにも有効期限が迫ったポイントをアプリで知らせてくれます。 データ閲覧期間が無制限に 無料版マネーフォワードでは1年以内のデータしか閲覧できませんが、有料版では無制限になります。 オマケですが、1年以上前の クレジットカード利用明細書PDFもダウンロードできるので、個人事業主の経費証明書にも使える気がします。 使い方はわからないけど、入出金履歴のCSV形式でのダウンロードなんかも可能です。 連携できる金融機関数・グループの作成数も無制限に 無料版に登録できる連携サービスの数は10、作成できるグループは1つだけ。 有料会員はどちらも無制限になります。 グループは家族の口座を「子供」「配偶者」などグループ分けして、家計を一括管理できます。 自分は使ってないんですが、 お子さんがいる家庭では必須機能らしいです。 事業口座を分けてたり、副業してるサラリーマンにとっても重要な機能です。 月間レポートなど、データ分析がよりわかりやすくなる 「マンスリーレポート」機能で、家計を月ごとに評価・分析できます。 「家計資産レポート」機能で前月比・前年同月比で家計を比較したり 収入・支出・収支を推移をグラフで表示したり 収入と支出の内訳を円グラフで見れたりします。 「家計診断」タブではマネーフォワード独自算出による「理想の家計簿」と比較できます。 冗談みたいなグラフですが本物です 円グラフによる比較や 項目別グラフで、どのカテゴリの支出が多いかがわかりやすく表示されます。 無料の週間レポートメールに加えて、月間レポートメールも送ってくれます。 自分はニュースをメール メルマガ で読むことが多く、積極的にアプリを開く手間が省けて便利なので、何気に無料版にも欲しい機能です。 無料版よりも細かいグラフ表示に対応してたり、前年同月と収支の比較ができたり、年間の支出ランキングが見れたりと節約が楽しくなります。 未来シミュレーター「よそQ」 [写真のデータは適当です] Web限定機能。 現在の給与や資産額、ローンの支払額から、割りとバラ色の未来予想図をシミュレーションをしてくれます。 固定収入があってローンを組んでるサラリーマン、投資してて配当収入が多い人には良いかもしれない。 収入・支出が不安定なフリーランスの自分にはあまり役に立たたず……。 広告非表示 アプリ内広告を消せます。 「お金のコンサル団」に質問できる あんまりいないと思うんですが、「著名なお金のプロの方々」で構成される「お金のコンサル団」に質問できます。 全員の質問に回答してくれるわけじゃありません。 他の人の質問と答えはコチラで閲覧できます。 プレミアムサービス解約方法 マネーフォワードに限らずiPhoneのサブスクリプション全般の問題ですが、プレミアムサービスの登録はアプリのツールバー'その他'から簡単にできるんですが、 解約がすごくわかりにくい場所にあって不親切です。 プレミアムサービスはiPhoneの'設定'アプリで自分の名前(Apple ID)をタップ、'iTunesとApp Store'を選んで'Apple ID: 自分のID'から'Apple IDを表示'、真ん中あたりにある'登録'ボタンから解約できます。 有料プレミアム会員登録の価値はあるか?• 家族の人数が多ければ多いほどメリット大。 それだけで無条件におトクなので絶対オススメ• カードの引き落とし口座の金額が少ない人にはアラート機能が超便利• 通帳見るのが好きな人、プレミア登録することで節約が楽しくなるなら1人でもぜんぜんアリ。 節約が趣味じゃなくてもグラフ表示はすごい楽しい• 浪費家の方も気分一新「節約するぞ!」って決めて入ると倹約家になれるかもしれない まとめ まわりの人は意外と、家計簿アプリをはじめて使ったときから、自動仕分けの便利さに驚いて、有料サービスに登録しちゃった人が多かったです。 自分は倹約家 ケチ だったのか、1年以上前のデータが見たくなってようやくマネーフォワードにプレミアム登録しました。 一般的には一人暮らしならだいたい無料版で充分で、 プレミアム登録が本当に必要になるのは家族が増えたら、という気がします。 とりあえず分析機能はデータが溜まっていないと恩恵を感じづらいので、 まだ使っていないなら無料アカウントに登録だけでもして、データの蓄積をはじめておくのがオススメです。 関連記事 matagotch.

次の

マネーフォワードの評判とメリット!プレミアム版との違い【家計簿アプリ】

マネー フォワード プレミアム

新規登録• プレミアムサービス 料金・支払い方法• プレミアムサービス• 自動取得状況• 自動取得エラーメッセージ• 金融機関・サービス連携• 未対応金融機関・現金管理(財布など)• 家計簿機能・画面• 資産画面• 画面表示・機能について• アプリ関連• セキュリティ・個人情報• 運営会社・サービスについて• 金融機関・特定サービス向けマネーフォワード•

次の

マネーフォワード MEのプレミアム会員費を安くする方法【年間1230円お得】

マネー フォワード プレミアム

あわせて読みたい マネーフォワードとは? 『マネーフォワード』は資産管理・家計簿管理ができる個人向けのサービス。 2600以上の銀行・クレジットカード・電子マネー・ポイントに対応していて、連携しておけば自動で家計簿に書き込んでくれるのが特長です。 スマホアプリだけでなく、Webブラウザでも利用可能。 パソコンでも家計簿を確認できるので、様々なシーンで活躍します。 マネーフォワードでできることを簡単に羅列すると…… ・家計簿を自動で作成してくれる ・複数の金融機関と連携して、資産管理できる ・収入や支出の推移をグラフ化 ・出金や引き落としがあるとメールでお知らせ ・レシート撮影で支出入力できる 多機能さでは、他の家計簿アプリとは一線を画します。 特に便利なのが「家計簿の自動作成機能」。 クレジットカードで支払うと、食費や日用品代などとカテゴリ分けして、自動で家計簿に記帳してくれます。 そのときは入出金履歴を修正して対処しましょう。 登録・ログイン方法 アプリをダウンロードして、まずはアカウント登録をしましょう。 アプリを起動後、「次へ」を何度かタップして、アカウント作成画面に進みます。 最後に自分がよく利用している銀行とクレジットカードを選択。 ここで選んでおけば、この後すぐに金融機関との連携作業に進めます。 これでアカウントの登録は完了です。 ログインするときは、登録しておいたメールアドレスとパスワードを入力すればOK。 ログイン状態は保持されますが、3日間一度もアクセスしていないと再ログインが必要になります。 パスワードは忘れないようにしておきましょう! プレミアム版・無料版の違い 基本的には無料版でも問題なく利用できるのですが、プレミアム版にすると機能がより充実したものになります。 月額制となっていて、iOSが月額480円(税込)、Androidが月額500円(税込)で利用可能です。 機能の違いは、以下の表の通り。 プレミアム版の機能紹介 ・「一括更新」:連携している全口座を、一括で情報更新できる。 ・「マンスリーレポート」:家計・資産を月次でまとめて評価してくれる。 ・「資産内訳・推移グラフ」:グラフで資産の変動をチェック。 株や預金など資産別に分かれている。 ・「負債内訳・推移グラフ」:グラフで負債の変動をチェック。 負債が減っていくのが目に見える。 ・「ポイント有効期限の通知」:クレジットやポイントカードの有効期限をプッシュ通知でお知らせ。 ・「引落し残高不足時の通知」:銀行の残高不足をプッシュ通知でお知らせ。 ・「CSVダウンロード」:入出金履歴をCSVファイル形式でダウンロードできる。 jp、Yahoo! ショッピング、楽天市場 my Rakuten 【証券】 SMBC日興証券、SBI証券、カブドットコム証券 【FX・貴金属】 外為どっとコム 外貨ネクストネオ)、DMM. com証券、bitFlyer 【投信】 ひふみ投信、三井住友アセットマネジメント(SMAM投信直販ネット) 【年金】 ねんきんネット PC版の独自機能として、バランスシートがあります。 資産や負債のバランスが分かりやすく、資産運用するならチェックしておきたいです。 レイアウトの違いなどはありますが、機能面はアプリとそこまで大差はありません。 普段使いするなら「アプリ」、細かく修正したいなら「PC」……といった使い分けをすると良いでしょう。 無料版でも金融機関との連携数を増やせる裏ワザ! プレミアム版だと金融機関の連携が無制限にできるのですが、無料版は10件までの制限があります。 ですが無料版でも10件以上連携できる裏ワザがあって……そこで使うのが、「特定の金融機関向けの専用アプリ」です。 マネーフォワードには、公式アプリとは別に、銀行向けの専門アプリがあります。 機能面に違いはなく、銀行からのお知らせメールなど細かい違いがあるだけ。 そのあと退会理由を入力すれば退会できます。 マネーフォワードを使いこなすコツは、カード払いを徹底すること! クレジットカードで支払うと、マネーフォワードが自動で家計簿を付けてくれます。 なるべく手入力したくない人は、現金ではなく積極的にカード払いをしましょう。 「カード払いだと、お金使い過ぎちゃうんじゃないの?」 と懸念する人も多いですが、カードの利用額もアプリから見られるので、その点は問題ありません。 それよりも、毎回ATMから引き出す手数料の方がムダと言えるでしょう。 マネーフォワードを使いこなして、手間をかけずに家計簿を作ってみて下さい! こちらの記事もおすすめ.

次の