まやく。 麻薬

兵庫県ホームページ

まやく

オピオイド鎮痛薬とは• 非オピオイド鎮痛薬が効かない場合、オピオイド鎮痛薬が使われます。 オピオイド鎮痛薬とは、神経系の司令塔の部分である脳や脊髄に作用して痛みを抑える薬の総称です。 医療用麻薬とも呼ばれ、法律で医療用に使用が許可されている麻薬です。 痛みの治療を目的に適切に使用することが重要です。 適切な処方量は、患者さん一人ひとり異なりますので、痛みの程度をみながら調節します。 日本では、トラマドール、モルヒネ、オキシコドン、フェンタニル、タペンタドール、メサドンなどが使われていますが、それぞれ性質や使用法が異なりますので、医師と相談して自分に合った薬を選ぶことが大切です。 また、非オピオイド鎮痛薬や鎮痛補助薬と併用することもできます。 医療用麻薬の副作用には、消化器系の副作用として、悪心・嘔吐、便秘があります。 またその他の副作用として、眠気、せん妄・幻覚、呼吸抑制、口内乾燥、掻痒感、排尿障害、ミオクローヌス、痛覚過敏、心血管系の副作用などがあります。 それぞれの副作用に対して適切な対処がなされます。

次の

オピオイド鎮痛薬(非麻薬)の解説|日経メディカル処方薬事典

まやく

本当のゾンビになる薬物… まずこの動画を見ていただきたい。 叫び苦しんでいた女性が突然追ってきて、カメラマンは本気で逃げている。 怖すぎる… この動画の女性は、「フラッカ」と呼ばれる麻薬を摂取したとみられている。 フラッカはゾンビを生み出す麻薬として、アメリカで恐れられている。 他の麻薬以上にやばすぎる症状… フラッカはスペイン語の俗語で「美しい女性」という意味。 だが、名前とは裏腹に本当に壮絶な麻薬である。 How to keep your family safe, today at 3 on Dr. — WSB-TV wsbtv フラッカは、非常に毒性が強く、意図的に持続性と中毒性を高めている合成麻薬。 この麻薬の摂取によって、数十人の死者が出ている。 摂取後、短時間でひどい妄想や幻覚症状が現れる。 銃で狙われる幻覚や大勢の人に襲われる幻覚をみるので、興奮状態で逃げるように街中を走り回ったりするらしい。 走っている車に飛び込むことや、最終的には他人に危害を加えることもある。 急に殴りかかったり、人の肉を食べようとすることもあるらしい。 ここまでくると、本当にゾンビだ。 フラッカは他の麻薬より、相当効き目が強い。 薬の影響で身体が麻痺しているのか、スタンガンがまったくきかず、4人がかりで服用者を取り押さえたケースもあるそうだ。 長い場合2週間以上幻覚症状が続き、精神障害を生じ、体温が40度以上にまで上昇することもある。 フラッカは、「ドラッグ 薬物 というより毒だ」とまで言われている。 このやばさは文章では伝えきれない。 いくつか動画をみていただきたい。 Just say no to Flakka!! This is making people turn into walking zombies, they are calling it instant insanity, and is quickly spreading across the US! JUST SAY NO justsayno watch more videos at 5050innertainment StrykerandMFT さんの投稿 2015年8月31日 本当にゾンビのようだ。 あるウイルスによってほどんどの人類がゾンビになる、映画「バイオハザード」なら、自分以外の周りの人間が全員こんな感じなのである。 本当に恐ろしすぎる… さらに恐ろしいのが安すぎる値段 フラッカは中国で製造されているようで、「研究用化学物質」と偽られてアメリカに流入するらしい。 その後はインターネットを通じて、社会に流れる。 そして、この麻薬は非常にやっかいなことに、とても安い値段で流通しているのだ。 服用1回あたりにかかる値段は、3ドル 約350円 ほど。 学生や低所得者でも手を出すことのできる価格なので、若者やホームレスのコミュニティで蔓延しているようだ。 1キロ当たりの価格は1500ドル 約17万円 で、これは麻薬の一種「コカイン」の15分の1以下の価格である。 フラッカはその安さゆえ、「5ドル 約600円 の狂気」と言われている。 いったい誰がこんな恐怖の薬物を作り出したのだろう…世界をドラッグの恐怖に陥れようとする、マッドサイエンティストでもいるんだろうか… 広まってはいけない薬物… 幸いにもフラッカは、日本では流通していない様子。 アメリカ・フロリダ州で一時期蔓延していたが、最近はそれも落ち着いている模様。 ぜひとも日本でも他国でも、広まらないまま終わってほしい。 フラッカは、「ゾンビを生み出す」と形容されるのが理解できるほど、本当に恐ろしい合成麻薬であった。 ここまでひどくはなくても、他の薬物も同じような症状がでるのだろう。 薬物には絶対に手を出してはいけないと、改めて思い起こさせるニュースであった。

次の

麻薬 (まやく)とは【ピクシブ百科事典】

まやく

詳細は「」を参照 歴史 [ ] に入るとが状態となり、多数のカルテルが抗争 や摘発 により盛衰を繰り返している。 主な人物 [ ] コロンビア [ ]• - メデジン・カルテルのボス。 1993年に射殺。 メキシコ [ ]• - グアダラハラ・カルテルのボス。 - シナロア・カルテルの最高幹部。 別名エル・チャポ。 - フアレス・カルテルのボス。 1997年に死亡。 - ロス・セタスを創設。 2002年に射殺。 - ロス・セタスの最高幹部。 2012年に射殺。 ミャンマー [ ]• 主な麻薬カルテルの組織 [ ] [ ]• [ ]• グアダラハラ・カルテル• (2010年、最高幹部がされたことにより解散)• [ ]• ミャンマー [ ] および少数民族組織の性格も有しており、ワ州連合軍のように政府から公認された支配地()を有する組織もある。 また、麻薬カルテルのリーダーは「 麻薬王」と俗称され、を築くなどミャンマー社会および経済において多大な影響力を持つ。 近年はと呼ばれるの製造販売にも進出している。 - リーダーのパオ・ユーチャンは「3代目麻薬王」と言われる。 モン・タイ軍 - 「2代目麻薬王」と俗称される首領であったの投降により解体。 - 「初代麻薬王」。 ミャンマー政府に投降後は、政商・実業家として活躍。 これらのほかにも複数の麻薬カルテル(中国出身の(別名:林明賢)率いる、に逮捕されたNaw Kham(後述)など)が存在しており、彼らも規模の大小こそあるもののミャンマー社会に影響を及ぼしている。 過去には、や(でに侵入した)も麻薬ビジネスに関わっていたといわれている。 麻薬カルテルの拠点や抗争の舞台となった主な都市 [ ]• シウダー・フアレス : 詳細はの項参照• チワワ : 詳細はの項参照• 麻薬カルテルが登場する作品 [ ] 映画 [ ]• の(小説では)が登場する。 カルテルランド• 皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇• - 2011年の中国による実在のミャンマーの麻薬商人 の摘発を映画化したもの。 なお、Naw Kham逮捕の直接の理由は、麻薬取引におけるトラブルからメコン川の船において中国人の船員13人を殺害した容疑であった(「」事件)。 Naw Khamは摘発後に中国において死刑判決が下され、2013年に刑が執行された。 ドラマ [ ]• 小説 [ ]• 犬の力• ザ・カルテル• 野蛮なやつら• 血と暴力の国(上記の『ノーカントリー』の原作本) ノンフィクション [ ]• アヘン王国潜入記 - 著者のは中国経由でワ州連合軍支配下のミャンマー・ワ州に滞在。 同軍のリーダー・パオにも接見している。 漫画 [ ]• - 麻薬を資金源にして私設軍隊を築く元刑事が登場する。 ゲーム [ ]• のサンエスペリートという国家が舞台。 主人公のエージェントが麻薬カルテルと手を組み敵対カルテルの壊滅とのをすることになる• が舞台。 主人公とのエージェントである彼の兄と上司が協力してカルテル壊滅を目指す• 出典 [ ].

次の