中日ドラゴンズ 応援歌 歌詞。 中日の「お前騒動」は与田剛監督と球団のミス 応援歌の歌詞にイチャモンつけている場合ではない(1/3)

中日の応援歌「サウスポー」が自粛に 「不適切なフレーズ」がある

中日ドラゴンズ 応援歌 歌詞

「子供の教育上、好ましくない」という指摘 ドラゴンズの私設応援団が公式ツイッターで使用自粛を発表した翌日の2019年7月2日、情報番組「ひるおび!」(TBS系)はこの話題を取り上げた。 (オリジナル曲の替え歌である)歌詞に「お前が打たなきゃ誰が打つ」とあり、この「お前」部分について、子供の教育上、好ましくないといった指摘が球団側からあったと紹介した。 これに対し、コメンテーターとして出演した、中日ファンとして知られる落語家の立川志らくさんが「敬愛する与田(剛)監督、親愛なるドラゴンズ球団、お前たちがおかしいよ」と、「お前」のフレーズを使って異論を展開すると、スタジオでは笑いが起きていた。 志らくさんは、歌詞は「このまんま」で問題ないと強調し、ファンは「どんどん歌うべき」だと促した。 番組では、球団と応援団のやりとりの中で、歌詞の変更も検討したが、急な変更は難しいため、当面は自粛することになったという経緯にも触れた。 「お前」部分の歌詞変更に関しては、変更により成績に変化があるのか様子を見る手もある、という話の流れの中で、志らくさんが 「『あなたが... 』と歌ってみれば... 」 と提案、司会の恵俊彰さんは 「そなた」 と代案を口にしていた。 1日の応援団による発表については、J-CASTニュースが「中日応援歌『サウスポー』が自粛に どこが『不適切フレーズ』なのか、球団に聞くと... 」の記事(1日配信)で報じたほか、「『お前が打たなきゃ誰が打つ』は好ましくない表現~(以下略)」(中日スポーツ、1日ウェブ版)、「歌詞『お前』は失礼 中日の応援歌自粛(以下略)」(朝日新聞、2日付朝刊・東京最終版)などと各メディアが報じていた。 ところで、名古屋の人は本当に「おみゃあ」って言うの? 今後検討が進むとみられる歌詞の変更、特に「お前」部分をどうするかについては、ツイッターでも様々な意見が寄せられている。 志らくさんや恵さんが挙げた「あなた」「そなた」に加え、「あなた様」「貴様」「きみ(君)ー」などが挙がっている。 他にも、英語圏の男性敬称の「Sir(サー)」が良いという声や、「名古屋らしく『おみゃー』に変えても良いのでは」という指摘も出ていた。 もっとも、中には真剣に代案を出しているというよりは、「『お前』は不適切」という議論に批判的で、茶化すように案に触れているような人もいた。 「名古屋らしく『おみゃー』」といったイメージに対しては、以前からネット上で、地元の人とみられるユーザーから「実際には聞いたことがない」「使っている人を見たことがない」といった指摘も出ている。 7月2日にJ-CASTニュース編集部が、名古屋市内の公共施設に電話をして話を聞いた範囲でも、「周囲では使わない」「普段、耳にしない」「年配の人の中には使う人はいるかも」といった反応だった。 もっとも、河村たかし・名古屋市長(70)は使っているようだ。 市役所の公式サイトでは、河村市長の定例記者会見の文字起こし版を公開しており、話し言葉の言い回しに極力忠実に再現している。 2月18日の会見部分を見ると、河村市長は、市内の「藤前干潟のごみ埋め立て問題」に関して、市の経営アドバイザーで「わしの高校の同級生」でもある人物と、 「『おい、河村』言って、『おみゃあ、これどう思う』言うもんだで~(以下略)」 という会話を交わしたことを紹介している。 「歌詞を変えて復活するのを楽しみに... 」 ドラゴンズのイベント推進部は7月1日、J-CASTニュースの取材に対し、今後の対応について「(略)曲が悪いわけではないので、歌詞の一部変更を検討しています。 ですが、シーズン中いきなり変更するというのは難しいところがあり、当面の間自粛という結論になりました」と説明していた。 歌詞変更については、単に「お前」部分を言い換えるのではなく、前後のフレーズも含めて変わる可能性もある。 ツイッターには、変更案には触れずに 「サウスポーは歌詞を変えて来年以降に復活するのを楽しみにしてりゃええやん!」 といった指摘も出ていた。 サウスポーのオリジナル曲は、ピンク・レディーが歌ったもの(1978年発表)。 原曲の歌詞には、「お前~」部分はなく、今回話題となっている箇所は完全な替え歌の歌詞となっている。

次の

2020年版!中日ドラゴンズ応援歌 歌詞一覧

中日ドラゴンズ 応援歌 歌詞

・阿部寿樹選手、加藤匠馬選手に専用応援歌が設定されました! ・高橋周平選手、平田良介選手の応援歌、投手汎用応援歌の歌詞が変更になりました。 ・マルチテーマ Go! Dragons! が作成されました! 選手応援歌 引用元:、 No. 選手名 歌詞 1 【1】青き大空に 今、勝利の華を 輝くその翼で 示せよ京田 【2】オイ! そーれ! 3 球は伸びゆく永遠に 頂きへ 更なる高み 行け周平 4 勝利のアーチをかけろ スピード生かして攻めろ 我らの想いのせて 輝く明日へ 5 鍛えた技で 魅せろ力の限り 新たな時代へと 今スタート 6 チームを勝利へ誘え 全力プレーで Let's go 平田 行こうぜ 歓喜の瞬間へと 7 【前奏:オーオオー…】 覇道極める男 今だ魅せてやれ根尾昂 その名響かせて いざ終わりなき道をゆく [パワプロVer. ] 昂! 今だチャンスだ打て! 8 飛び出せ大島 疾風のごとく その手でチャンスを 切り開け 23 【前奏:輝きを放て 遠藤一星】 そのプレーで セ界一世風靡しろ 燦爛と今輝く 一番星よ 27 強肩武器に 強気で攻めろ 息吹け 大野奨太 42 強く逞しい 頼れるナイスガイ 巧みなその一振りで 栄光へ進め 52 闘志を燃やせ 気迫で守り抜け 勝利の歓声 受けて羽ばたけ 55 雄々しく構えた その姿 迷いなく振れ 福田永将 63 勇敢に立ち向かえ 一打にかける想い 魅せろ 放て 頼むぞ直倫 66 期待を背に受けて 飛ばせ遠く 今放つアーチ 世界を翔けろ [チャンス時]ビシエド! ホームラン! 進め 勝ち取るんだ Oh 燃え上がれ ぶちかませ 強き竜の力見せろ 燃えろ! 燃えろ! 相手チーム 倒せドラゴンズ オオオーオオーオーオーオオオー バットに思い込めて オオーオオーオーオーオオオーオオ Dragon Soul 見せろ このスタンドの声が 君の力になる 恐れずに振り抜け Woh Woh Woh 打て! オーオーオ オーオーオ オーオーオ オーオーオオー たたみかけろー 【前奏:オイ! 絶対勝つぞ! オイオイオイオイ! オイオイオイ! オイオイオイ! オイオイオイオイ! いまこそ 決めてくれ オイ! 絶対勝つぞ! マルチテーマ Go! Dragons! 【前奏:オイ! そーれそれそれ】 Go! Dragons! Dragons! そーれそれそれ Go! Dragons! いざ進め 希望胸に いざゆけ 我らのドラゴンズ 我らのドラゴンズ 青く輝くドラゴンズブルーが ナゴヤに嵐巻き起こす 走れ 誰より熱く 燃えろ 竜の鼓動よ ドラホー 我らはひとつ Let's Go! 1・2・3 いざ進め 希望胸に いざゆけ 我らのドラゴンズ 遠い夜空にこだまする 竜の叫びを耳にして ナゴヤドームにつめかけた 僕らをじぃ~んとしびれさす いいぞがんばれドラゴンズ 燃えよドラゴンズ 頑張れ 頑張れ ドラゴンズ 燃えよドラゴンズ チーム応援歌メドレー 応援の特徴 ドラゴンズの応援の特徴は? ・2015年の新応援団発足以来、伝統的なスタイルと革新さを織り交ぜたスタイルの応援を繰り広げている ・ 個別選手応援歌で特徴的なのは、外国人選手汎用や[旧]谷繁、[旧]和田、[旧]松井雅人など少し長めの応援歌や、京田、[旧]野本など2番が用意されているものが他球団に比べると多い ・リズムを崩すケースもあり、代表格は高橋周平や[旧]ゲレーロなど ・歌詞のキーワードは「勝利」。 京田、藤井、平田、加藤に加えて3つの汎用曲など、多くの曲に盛り込まれている ・また、桂の「愛織り成す光」、遠藤の「一世風靡しろ」、阿部の「今スタート」など、名前や愛称を掛詞的に織り込んだ歌詞も見られる ・野手汎用応援歌のコールが男声女声別となっており、非常に珍しい ・チャンステーマは選手応援歌とは異なり、声量を重視した歌詞が多い。 (女声)打て打て〇〇! 根尾選手[パワプロVer. ]: かせかせ昂 かせかせ昂 かっとばせー昂!

次の

中日球団歌「燃えよドラゴンズ」応援歌

中日ドラゴンズ 応援歌 歌詞

・の応援歌に「不適切なフレーズ」があるとして、応援団が使用を自粛することがわかった。 ファンからは「どこがダメなんだ?」「応援する気失せる」とショックが広がっている。 協議した結果... ドラゴンズの私設応援団の公式ツイッターが2019年7月1日、「当団体で使用している『サウスポー』について、チームより不適切なフレーズがあるというご指摘を受けました。 この件について球団と協議した結果、当面の間『サウスポー』の使用は自粛させて頂くこととなりました」と発表した。 サウスポーは、チームが好機の際に歌われるチャンステーマで、応援団が設立された2014年から使われている。 原曲はピンク・レディーのものだが、歌詞は以下のように変えて歌われている。 オイ!オイ!オイ!オイ!オイ!オイ! (レッツゴー<選手名>、レッツゴー<選手名>) みなぎる闘志を奮い立て お前が打たなきゃ誰が打つ 今、勝利を掴め(オイ!オイ!<選手名>) 応援団は具体的にどの箇所が「不適切なフレーズ」に該当するか明らかにしておらず、「どこがダメなんだ?良い歌じゃないか... 」「サウスポー無くなったら中日応援する気失せる」と困惑や失望の声が多数寄せられている。 球団のイベント推進部は1日、J-CASTニュースの取材に、「歌詞の『お前が』について、『選手にお前というのはどうなのか』『子どもも多く観戦する中で、そういう表現はいかがなものか』という意見を頂いたため、応援団と協議しました」と話す。 意見元については答えられないとしつつ、今年に入ってからそうした声があったという。 今後については「たくさんのファンの皆さんに浸透している曲で、曲が悪いわけではないので、歌詞の一部変更を検討しています。 ですが、シーズン中いきなり変更するというのは難しいところがあり、当面の間自粛という結論になりました」(担当者) 外部サイト.

次の