田中 貴金属 工業。 2019年度「貴金属に関わる研究助成金」の受賞者が決定しました

ウルトラファインバブルシリーズ|ボリーナ|㈱田中金属製作所

田中 貴金属 工業

田中貴金属工業 筑波事業所 株式会社 本社所在地 〒100-6422 二丁目7番3号 設立 (大正7年) 事業内容 貴金属地金(白金、金、銀、ほか)および各種産業用貴金属製品の製造・販売・輸出入および貴金属の回収・精製 代表者 代表取締役社長 田苗明 資本金 5億円 売上高 7658億6900万円(2019年03月31日時点) 営業利益 91億7700万円(2019年03月31日時点) 経常利益 112億7500万円(2019年03月31日時点) 純利益 79億9900万円(2019年03月31日時点) 総資産 4964億6000万円(2019年03月31日時点) 従業員数 1,992名 主要株主 TANAKAホールディングス株式会社 関係する人物 外部リンク 目次• 概要 にTANAKAホールディングスを中心とする持株会社体制に移行した。 持株会社として• TANAKAホールディングス株式会社 持株会社傘下に• 田中貴金属工業株式会社• 田中電子工業株式会社• 日本エレクトロプレイティング・エンジニヤース株式会社• 田中貴金属ジュエリー株式会社 の4社を中核とした、国内7社・海外19社がある。 事業所• 本社 丸の内2-7-3• 岩手工場• 富岡工場• 市川工場• 袖ヶ浦工場• 伊勢原工場• 平塚工場• 湘南工場• 平塚テクニカルセンター• 筑波事業所・テクニカルセンター 沿革• (明治18年) - 東京の日本橋北島町(現・)にて、両替商「田中商店」創業。 (明治22年) - のから回収したによる工業製品の国産化に成功。 (大正7年)7月31日 - 株式会社に改組。 (昭和18年) - 田中貴金属工業株式会社に社名変更。 (昭和23年) - 厚生省(現・)より、歯科用金の製造販売の指定を受ける。 1973年(昭和48年) - 日本政府は金の輸入自由化に踏み切り、民間企業として輸入第1号となる。 (平成18年) - 本社を日本橋茅場町から丸の内に移転。 (平成22年) - 純粋持株会社TANAKAホールディングス株式会社を中心とした新体制へ移行。 (平成22年) - 金の微粒子を使った高感度の前立腺がん診断キットを開発。 (平成23年) - が実施する第三者割当増資を引き受け、同社株の19. 49%を取得した。 平成24年) - が工場およびプリント配線板事業を買収。 同工場を独立させたのちに、OKI田中サーキット株式会社(現・OKIサーキットテクノロジー株式会社)を設立。 2013年 - 成都光明派特貴金属有限公司設立• 平成27年) - 田中金属工業が田中貴金属販売及び田中貴金属インターナショナルを吸収合併。 TANAKAホールディングスが田中貴金属ビジネスサービスを吸収合併。 2016年 平成28年 - スイスを拠点に貴金属の回収精製事業な どを展開する貴金属精錬会社 Metalor Technologies International SAの発行済み株式の 100%を取得。 2018年(平成30年) - EEJAの株式50%を保有するAlent Holdings B. 社から、EEJAの全株式を田中貴金属工業株式会社が取得。 これにより EEJAは、田中貴金属工業の完全子会社となる。 テレビCM出演者• 金の卵• (純金積立・プラチナ積立)• (同上)• (貴金属リサイクル「Re:TANAKA」).

次の

田中貴金属工業の「入社理由と入社後ギャップ」 OpenWork(旧:Vorkers)

田中 貴金属 工業

回答者 4. 0 入社を決めた理由: 業界ナンバーワンである事。 事業そのものに安定性と魅力を感じる。 給料も、いわゆる大企業と同程度もらえる。 「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」: 大企業でも、業界によっては、安心出来ない分野の企業も沢山あり給料や知名度だけではなかなか判断出来ない事もあると思うが、田中は、事業内容も自動車や家電、半導体、HDDなどの部品を、これからどんどん伸びる業界に提供している。 この会社に入れた事を誇りに思う。 いわゆる年収ランキングトップ100に入るような超大企業では、ないが、これから30年、50年働くなら、この会社は、凄く良いと思う。 万が一、倒産したりクビ切りに将来なったとしても、新人に対する研修制度、資格取得支援、TOEIC受講支援などもあるので、働きながら、別の会社にも通用する一生モノのスキルを沢山学び身に付ける事が出来る。 もちろんそういった気持ちがある人間に限るが。 あとは、半年に1度目標管理制度などもあるので、資格を取ったり、仕事を人一倍頑張って成果を出した時は評価が上がってボーナスや、基本給が上がるような仕組みになっている。 あと、色んな部署に移動も出来るので努力すれば必ず報われる。 高卒だから現場しか出来ないとか、大学院卒だけが出世できるとか不平等は、ないから、低学歴の人が会社で一発逆転成り上がる事もできる。 もちろんメーカーなので時間は、かかるが。

次の

田中貴金属グループ|会社概要

田中 貴金属 工業

田中貴金属工業 筑波事業所 株式会社 本社所在地 〒100-6422 二丁目7番3号 設立 (大正7年) 事業内容 貴金属地金(白金、金、銀、ほか)および各種産業用貴金属製品の製造・販売・輸出入および貴金属の回収・精製 代表者 代表取締役社長 田苗明 資本金 5億円 売上高 7658億6900万円(2019年03月31日時点) 営業利益 91億7700万円(2019年03月31日時点) 経常利益 112億7500万円(2019年03月31日時点) 純利益 79億9900万円(2019年03月31日時点) 総資産 4964億6000万円(2019年03月31日時点) 従業員数 1,992名 主要株主 TANAKAホールディングス株式会社 関係する人物 外部リンク 目次• 概要 にTANAKAホールディングスを中心とする持株会社体制に移行した。 持株会社として• TANAKAホールディングス株式会社 持株会社傘下に• 田中貴金属工業株式会社• 田中電子工業株式会社• 日本エレクトロプレイティング・エンジニヤース株式会社• 田中貴金属ジュエリー株式会社 の4社を中核とした、国内7社・海外19社がある。 事業所• 本社 丸の内2-7-3• 岩手工場• 富岡工場• 市川工場• 袖ヶ浦工場• 伊勢原工場• 平塚工場• 湘南工場• 平塚テクニカルセンター• 筑波事業所・テクニカルセンター 沿革• (明治18年) - 東京の日本橋北島町(現・)にて、両替商「田中商店」創業。 (明治22年) - のから回収したによる工業製品の国産化に成功。 (大正7年)7月31日 - 株式会社に改組。 (昭和18年) - 田中貴金属工業株式会社に社名変更。 (昭和23年) - 厚生省(現・)より、歯科用金の製造販売の指定を受ける。 1973年(昭和48年) - 日本政府は金の輸入自由化に踏み切り、民間企業として輸入第1号となる。 (平成18年) - 本社を日本橋茅場町から丸の内に移転。 (平成22年) - 純粋持株会社TANAKAホールディングス株式会社を中心とした新体制へ移行。 (平成22年) - 金の微粒子を使った高感度の前立腺がん診断キットを開発。 (平成23年) - が実施する第三者割当増資を引き受け、同社株の19. 49%を取得した。 平成24年) - が工場およびプリント配線板事業を買収。 同工場を独立させたのちに、OKI田中サーキット株式会社(現・OKIサーキットテクノロジー株式会社)を設立。 2013年 - 成都光明派特貴金属有限公司設立• 平成27年) - 田中金属工業が田中貴金属販売及び田中貴金属インターナショナルを吸収合併。 TANAKAホールディングスが田中貴金属ビジネスサービスを吸収合併。 2016年 平成28年 - スイスを拠点に貴金属の回収精製事業な どを展開する貴金属精錬会社 Metalor Technologies International SAの発行済み株式の 100%を取得。 2018年(平成30年) - EEJAの株式50%を保有するAlent Holdings B. 社から、EEJAの全株式を田中貴金属工業株式会社が取得。 これにより EEJAは、田中貴金属工業の完全子会社となる。 テレビCM出演者• 金の卵• (純金積立・プラチナ積立)• (同上)• (貴金属リサイクル「Re:TANAKA」).

次の