是非 とも 参加 させ て いただき ます。 「参加させていただきたく存じます」の使い方や英語|類語の敬語も

「是非お願いします」ってどういう意味ですか?

是非 とも 参加 させ て いただき ます

「週末の飲み会、参加しないか?」と、会社の上司や先輩からのお誘いを受けたら、皆さまは何とお答えするでしょうか。 「はい、ぜひ参加したいです」と答える方が多いのではないでしょうか。 「~したい」という自分の希望を伝える際、言葉をそのまま敬語として使用していいのか、またそれが失礼のない正しい敬語であるのか気になりませんか? 「~したい」という言葉は、ビジネスシーンにおいてもよく使われます。 そこで今回は、「参加したい」という願望を目上の方に伝える際に用いる敬語について考えていきましょう。 ここではまず、敬語の種類から見ていきます。 丁寧語とは 丁寧語とは、文字からわかるとおり、聞き手を敬うために使う丁寧な言葉です。 文末に「です・ます」を付けて締めくくるのが一般的です。 この丁寧語は、聞き手である相手が自分にとってどんな立場の人でも関係なく使うことができ、話の内容も問いません。 また、この丁寧語に似た「美化語」という言葉もあります。 これは相手を敬うために使われる敬語ではなく、美しさや丁寧さを表すために使われている敬語です。 名詞の頭に「お、ご」を付けたり、言葉そのものを言いかえたりと、さまざまな使い方があります。 尊敬語とは 敬語についておさらいしたところで、早速「参加したい」という言葉の敬語での使い方について触れていきます。 「参加したい」とは、参加を願望している自分の行動を示す言葉です。 「~したい」という言葉は敬語のどの種類にも当てはまらないので、このままの形では敬語として成り立ちません。 ではどのように言葉を変化させればよいのでしょうか。 「参加したい」というとき、どのように敬語を使えばよいのか考えていきましょう。 敬語の種類 敬語の種類としてどのようなものがあるでしょうか。 大きく分けると3種類あり、冒頭でお話した「丁寧語」「尊敬語」のほか、「謙譲語」というのもあります。 謙譲語とは、話し手である自分の言動をへりくだって言い、聞き手である相手を高めるために使われる敬語です。 簡単にいうと、自分を下げて相手を上げるということです。 使い方は、口で説明するのは簡単ですが、実際に置き換えるとなると難しくなります。 なので、敬語を使いたいのになかなかうまく言えずに困ってしまうことが多いのではないかと予想できます。 今回のテーマである「参加したい」という言葉を敬語に直すには、謙譲語を利用すべきだということがお分かり頂けるでしょうか。 これは、「参加したい」と願望するのが自分であるためです。 では、どのように言い換えれば敬語として成り立つのでしょうか。 表現方法を変えてみる 目上の方に自分の希望や要望を伝える際は、「~したいです」ではなく「~していただく」「~させていただく」という表現を用いるのが適していると言えます。 この「~させていただく」という敬語には、「相手の許可をもらって行う、許可をいただいたことに感謝をしている」という意味があります。 ただ単に「~する」の敬語というわけではないので、使い方には注意が必要です。 「参加しませんか?」に対する答え方として、上記を参考に考えると、「参加したい」ではなく「 ぜひ 参加させていただきます」という敬語表現が最も美しいといえます。 メールでの使い方 今まで「参加したい」という言葉の敬語について述べていくうえで、さまざまな表現方法をご紹介してきました。 「参加する」という言葉には、出席する・参画する・メンバーになる・向かう・伺うなどの類語があります。 これらの類語を敬語に直し、シーンなどに合わせて言いかえることで話が円滑になるうえ、相手に与える自分の印象がより良いものになっていくでしょう。 ところで、「参加したい」という言葉をそのまま使用しながら敬語にするには、どのように使えばいいのかご存知でしょうか?次はこの疑問について考えていきます。 参加したいと存じます 「存じます」という言葉は、「思う」の謙譲語である「存じる」に、丁寧語の「ます」が付いた敬語です。 謙譲語であるという点から、この「存じます」という敬語は目上の方に対して使う言葉であるということが考えられます。 「参加したいと存じます」という言葉は「参加したいと思います」の敬語表現です。 「ご案内いただいた週末の懇親会は、ぜひ参加したいと存じます」という風に使うことができます。 似た言葉に「存じ上げます・存じております」というものがあります。 これは「知っている」という言葉の敬語表現になりますので、間違えて使わないように注意しましょう。 相手や場面にあわせてうまく使い分けよう.

次の

「是非お願いします」ってどういう意味ですか?

是非 とも 参加 させ て いただき ます

私なりの考え方を述べさせていただきます。 まず「いただけますよう」と「いただきますよう」ですが、主体の違いによるだけで、結局どちらでも良いと思います。 「いただけますか?」と「いただきますか?」というフレーズを考えてみてください。 つまり自分に対して「相手にしてもらおうかどうか」を尋ねています。 ここで最初のご質問に目を移しましょう。 言っている事は同じですし、どちらも間違いとは思いません。 次に「お伺いいたします」ですが、確かに2重敬語です。 ただおっしゃる通り現在ではごく普通に使われる表現で、違和感は感じません。 私の考えでは正しい日本語としても良いと思います。 ただし「とんでもございません」は不自然です。 これは2重敬語でもなんでもなく、明らかに誤った語法です。 「とんでもない」という言葉の「ない」は「有る無し」の「無い」とは全く関係無いのでその一部を取って「ございません」とはできません。 「あぶない」を「あぶございません」とか、「ゆるせない」を「ゆるせございません」と言えないのと全く同じ理屈で、不自然極まりない表現です。 2重敬語の「お伺いいたします」の問題とは全く関連のない引き合いだと思いました。 前段はどちらも可だと思います。 後段は間違っているとは思いませんが、丁寧すぎると思います。 「伺います。 」でいいと思います。 自分の動作に付けているのですから謙譲語です。 「お~する(いたす)」で謙譲の意味になります。 「とんでもないことでございます」これはOKです。 「とんでもないことです」の「です」を丁寧語の「でございまず」にしただけです。 二重敬語ではありません。 二重敬語は「おっしゃられる」(これよく聞きますが、正しい敬語ではありません。 )のように「言う」というひとつの単語に対して「おっしゃる」「られる」の二つの尊敬語で表したものです。 A ベストアンサー 「頂く」を使うのであれば、おっしゃるとおり、 「お申し込み頂きますようお願いいたします」 としなければなりません。 これが本来の表現でしょう。 ただ、「頂く」は謙譲表現ではありますが、「申し込む」という行為自体が強制的ニュアンスを含んでいるため、自らを下げて相手に敬意を表するという本来の謙譲の意図が全うされているとは言えない印象の文になってしまいます。 そこで、 「(あなたが為すところの)お申し込み(という恩恵を私たちが)頂くことができますようお願いいたします」 という意図で、 「お申し込み頂けますようお願いいたします」 という文が作られたのではないか、と推測します。 この意味で、おっしゃるように可能の用法のつもりで使っているのでしょう。 この場合、「申し込む」の主語と「いただく」の主語は異なることになります。 しかし、この「いただく」は「お申し込み」の補助動詞として使われているため「お申し込みいただく」は一つの動詞とみなされるべきです。 つまり、ひとつの動詞に2つの主語が混在していることになり、それが違和感の原因であり誤用たる理由にもなるのでしょう。 こういった文を作ってしまう方は多いですが、「強制的ニュアンスを消したい、薄めたい」という意図を表わすためには、「お申し込みを賜りますようお願いいたします」などとすれば効果が多少は出るように思います。 「頂く」を使うのであれば、おっしゃるとおり、 「お申し込み頂きますようお願いいたします」 としなければなりません。 これが本来の表現でしょう。 ただ、「頂く」は謙譲表現ではありますが、「申し込む」という行為自体が強制的ニュアンスを含んでいるため、自らを下げて相手に敬意を表するという本来の謙譲の意図が全うされているとは言えない印象の文になってしまいます。 そこで、 「(あなたが為すところの)お申し込み(という恩恵を私たちが)頂くことができますようお願いいたします」 という意図で、... A ベストアンサー こんばんは。 文法については、私が書きますとかなり長くなりそうですので、 ここでは触れません。 ニュアンスの問題で(文法的にも)結論を言いますと、 「き」が正解(無難?)と考えます。 なぜなら、例えばですが、 「この回答に対して、ぜひお礼をいただ『け』ますよう、 よろしくお願い…」って書くと、 「強制の度合い」が大きくありませんか? 基は「き」を使った定形文と思います。 確かに「け」には、「発信者当人の希望の要素」がありますが、 これはあくまでも「定形文」のひとつと考えると、 「定形の変更」(定形を崩すこと)に、 「ある意図が含まれ」てしまいます。 そして、「意図」が含まれると、文章は「強く」なります。 そのような特別な意図を含まない 通常の文章中では「き」が、すわりが良いと考えます。 蛇足ですが「例」については、お気になさらないでくださいね。 「自分が言われたとき」というシチュエーションでお考えになる、 「わかりやすい例」を出したかっただけですので。 Q すみません。 どんどんわからなくなってきました。 私は、「もしこちらの方にお越しになる機会がございましたら、是非ともお足をお運びいただけますよう、よろしくお願いいたします。 」を使います。 ・・・・あらかじめご了承いただ「け」ますようお願い申し上げます。 *「き」を用いると、「お客さまがそうする」と決めつけているようで、高圧的な感じがします。 「お客さまに手続きしていただける」ように会社が「お願いしたい」とはならないでしょうか? すみません。 同じような質問が以前にもございますが、本当に混乱しています。 ご教授いただけますよう、お願いいたします。 A ベストアンサー 以前にも同様な質問に回答したことがあります。 最近は,「くださる」を使うべきところにみんな「いただく」を使ってしまう言い方がおおはやりです。 「ことばの変化だ」と客観的に眺めていたりのんきにしているひとはいいですが,私はこれこそ「日本語の乱れ」だと考えています。 あくまでも「いただく」のは話者で,「くださる」のは聞き手(または話者以外の話者より目上の行為者)です。 ところで,後ろに「お願いいたす」場合にその前は何と言うか?ですが, 当然「くださるよう」「くださいますよう」「くださりたく」などです。 「いただけますよう(自分が「いただく」ことができるように)」と言いたかったら,その後ろには,相手に「お願い」致すのではなく,「(私どもが)努力いたします」などと一貫して自分の行いの文章で続けるべきです。 当然「いただきますよう(自分がなにかを受け取るように)」の後ろに「(相手に)お願い」など(神様にお願いするなら別ですが)支離滅裂です。 ・「いただきますよう」か「いただけますよう」かとそれだけ単独で取り出したのでは,問題の解決になりません。 前後のつながりが一貫しているかどうかで決まる問題だと思います。 以前にも同様な質問に回答したことがあります。 最近は,「くださる」を使うべきところにみんな「いただく」を使ってしまう言い方がおおはやりです。 「ことばの変化だ」と客観的に眺めていたりのんきにしているひとはいいですが,私はこれこそ「日本語の乱れ」だと考えています。 あくまでも「いただく」のは話者で,「くださる」のは聞き手(または話者以外の話者より目上の行為者)です。 ところで,後ろに「お願いいたす」場合にその前は何と言うか?ですが, 当然「くださるよう」「くださいますよ... A ベストアンサー 1 「程」に「お待ちしております」をつけてよいかの問題 「程」に「お待ちしております」をつけるのは違和感があります。 「程」はぼかした言い方で、連絡に必要な準備や配慮を含めたものごとの一式を意味すると思います。 したがって、「よろしくお願いします」というあいまいな文句と相性が良いと思います。 「お待ちしております」では具体的な「連絡そのもの」を待っているのですから、「程」は余計な言葉になります。 ただし、「…の程、お待ちしております」がまちがいだと断定はできません。 2 「程」は漢字か平仮名か 「ご理解の程」「ご了承の程」「ご了解の程」「ご利用の程」などで検索すると、漢字派と平仮名派の勢力はほぼ拮抗しているようです。 おおむね平仮名がやや多いようですが、これは、「程」に名詞としての明確な意味がないと感じるためだと思います。 面白いのは、「ご了解の程」では漢字が多数であることで、これは言い訳をするときは漢字を使いたくなる(=わかりやすく書きたくない)心理かもしれないと思いました。 3 辞書による説明 「程」をいくつかの辞書で引いてみましたが、それらの意味の説明は大きく異なります。 辞書編纂者も手を焼く言葉のようです。 1 「程」に「お待ちしております」をつけてよいかの問題 「程」に「お待ちしております」をつけるのは違和感があります。 「程」はぼかした言い方で、連絡に必要な準備や配慮を含めたものごとの一式を意味すると思います。 したがって、「よろしくお願いします」というあいまいな文句と相性が良いと思います。 「お待ちしております」では具体的な「連絡そのもの」を待っているのですから、「程」は余計な言葉になります。 ただし、「…の程、お待ちしております」がまちがいだと断定はできません...

次の

是非・喜んで参加させていただきますは正しい敬語?参加する時のメール例文も

是非 とも 参加 させ て いただき ます

「是非参加させていただきます」という表現は「参加します!」という意思表示を丁寧に言った言葉になります。 それは参加が決定しているから言える言葉で、まだ参加できるか曖昧な時は違う表現になってきます。 参加が決定しているのであれば参加します。 参加いたしますという報告になりますね。 なので参加させていただきます。 は、参加できるという返事になり、参加できる事に感謝している事も表しています。 参加させてください。 という表現になると参加をお願いをしてることになり、まだ参加が決定になっていないような状態なので報告にはなりませんね。 (相手側がまだ承諾していない場合など) 是非参加させていただきます。 という表現は参加への意思が決定していて、参加できることに感謝や喜びを感じている。 と相手に伝えるのに最適な言葉ではないでしょうか。 そして前の文章からのつながりがあるならば「是非」の一言をつけたほうがつながりもいいですし、参加したい!という強い気持ちも表現できるのではないでしょうか。 「させていただく」は「させてもらう」の意味を持っています。 「是非参加させていただきます。 」は「是非参加させてもらいます。 」と同じ意味になるんですね。 それは相手の許可をもらっている(誘われた)からできる返事になります。 それは同時に相手を敬う表現になるんですね。 なので「是非参加させていただきます。 」という言葉自体が敬語になりますね。 「是非参加させていただきたく存じます。 」という表現の仕方もありますが、「存じます」は「思います」の謙譲語になります。 参加したいという意思を表明したいのに、~思います。 ではどこか曖昧な表現になってしまうのではないでしょうか。 「是非参加させていただきます。 」はその言葉自体が敬語になっているので、あえて謙譲語とかを無理に入れなくてもよいのではないでしょうか。 もし上司などに誘われた場合は? 前述と同じ企業採用者さんからのコメントです。 説明会の詳細がない場合でも前後は変わりますがやはり「是非参加させていただきます。 」ではなく「是非出席させていただきたいと思います」という表現になっていますね。 ですが説明会なのですから「参加」でも間違いではないと思います。 大事なのは相手への印象なのですから、言葉の裏に声をかけてくれてありがとうございます。 是非参加します。 という、感謝のきもちと意欲が含まれてればいいのではないでしょうか。 「出席」でも「参加」でもぶっきらぼうだったり、やる気のない返事では印象を悪くしてしまいますね。 一番注意しなくてはいけないのは、相手に好印象を与えるしゃべり方だったり文章だったりするのではないでしょうか。 その為には「出席」でも「参加」でも前後の文章が印象を大きく左右するのではないでしょうか。 大きな会場で合同説明会という企画もあります。 就活中は参加する人も多いでしょう。 一度に数社の説明を聞けて、非常に効率がいいですよね。 合同説明会をしても後日選考会があったり、その会社のみの説明会があったりもします。 それを合同説明会で案内してくれる場合もあります。 その場合はその会社の方と話しながら案内を受ける訳ですから、印象良く答えなければなりませんね。 明るい声でハキハキと「ありがとうございます。 是非参加させていただきます。 」と好印象を与えておくことが大事でしょう。 内定が決まるまで就活は続きます。 中には納得のいく企業の内定まで頑張る人もいるでしょう。 大変でしょうが就活中はいつも明るくハキハキと応答できるように心の準備をしておきましょう。 くれぐれもやる気のないような態度だったり返事はしない様に注意しましょう。 上記の例文は説明会の案内を頂いたメールでのお礼の例文になります。 例文の中では「必要書類持参の上お伺いいたします。 」とありますがそこはもう少し意欲を見せて「必要書類持参の上是非参加させていただきます。 」でもいいのではないでしょうか。 是非参加するという意欲がみられます。 その後の「お話を伺うのを楽しみにしております。 」にもつながりやすいのではないでしょうか。 もちろん「お伺いします」でもいいのですがあえて「是非参加させていただきます」を使ってもよさそうです。 ネットで「就活 例文」と調べるとたくさん出てきます。 でもそのまま使ったのではみんなと同じになってしまいオリジナリティがなくなってしまいますね。 自分はどこを強調したいのか考えて、文章を作ってもいいのかと思います。 その時に「是非参加させていただきます」はやる気を見せる上でもいい文章なのではないでしょうか。 日本語は美しいと思います。 普段使っているのでそうは感じないかも知れませんが、微妙な気持ちの表現をすることができる言語といえるでしょう。 相手との関係などで表現の仕方を変えたりするだけで、微妙な気持ちや敬意を伝えることができます。 日本語には英語などより言い回しが出来る表現が豊富にあります。 それが日本語は難しいと言われる所以なのでしょう。 「是非参加させていただきます」という言葉の裏にも参加できる喜びや意気込みが隠されているのではないでしょうか。 日本語には言葉に出す以外の思いやりなどの意味も含めた表現がたくさんあります。 今の流行りの言葉に惑わされないで綺麗な日本語を普段から使うように心掛けてみましょう。 前述してきた通り「是非参加させていただきます」という言葉は参加出来て嬉しいという思いと意気込みを含めた言葉ですね。 ~させていただきます。 という表現は昭和の初めに関西から使われはじめ、昭和30年頃から東京でも広まったようです。 日本では長い事武士の言葉が使われてきましたが、それが完全にすたれてきた頃に~させていただきます。 という言葉が出来たのでしょう。 歴史ある言葉とは言えないかもしれませんが、「是非参加させていただきます」という言葉は今のビジネスシーンなどによく似合い使われる言葉だと思います。 就活で活用するのはもちろんですが、社会に出た後も出番の多い言葉です。 その言葉の裏にある意味をきちんと考えながら正しく使いましょう。 内容紹介 日本語の乱れとはよく言うけれど、実生活で何も困っていないし私は大丈夫……などと、他人事に思っていませんか? 言葉遣いは知らず知らずのうちに、その人自身の品格をよくも悪くも大きく左右しています。 本書は〝品格ある日本語〟の使い方を色々な側面からレクチャーした一冊。 間違った敬語の使い方や若者言葉をはじめ、カタカナ語や専門用語の乱用など、品格ダウンの要素をピックアップ。 印象アップのための言い換え表現など解決法を教えます。 失敗しないスピーチの例文やメール術、デキると思わせる名フレーズや謝り方のポイントなど、ビジネスに使える実践的な知識も満載。 さらに、東大現役合格生に聞いた国語力マスターのカギを紹介します。

次の