ブラバス 800。 「ブラバス800ワイドスター」デビュー! 最高速240km/hを誇る究極のGクラス。

ブラバスがメルセデスベンツAMG「S63クーペ」をハードチューン。800馬力のスーパースポーツに

ブラバス 800

ブラバスは、新型メルセデスAMG『G63』(Mercedes-AMG G63)をベースに、ピックアップトラック化を図ったブラバス『800アドベンチャー XLP』(BRABUS 800 Adventure XLP)を欧州で発表した。 ブラバスは、メルセデスベンツのトップチューナーとして知られる存在だ。 そのブラバスが、2018年春のジュネーブモーターショー2018で発表された新型『Gクラス』のAMGバージョン、メルセデスAMG G63をピックアップトラック化したうえで、さらなる高性能化を目指してチューニングしている。 メルセデスAMG G63のハイライトは、ダウンサイズエンジンの搭載だ。 トランスミッションは9速の「AMGスピードシフトTCT 9G」だ。 駆動方式はAMGパフォーマンス仕様の「4MATIC」で、前後の駆動トルク配分は、40対60を基本とする。 0リットルV8ツインターボをプラス215hpに ブラバス800アドベンチャー XLPでは、メルセデスAMG G63の4. 0リットルV型8気筒ガソリンツインターボをチューニングした。 ターボチャージャーのブースト圧を引き上げつつ、燃料噴射や点火タイミングを変更する新開発のエンジンコンピューターを採用する。 3kgm引き上げられた。 迫力のワイドボディキット+ポータルアクスル エクステリアは、新型メルセデスG 63 AMGをベースに、ブラバスのエンジニアやデザイナーが、卓越したオフロード機能を備えた高性能ピックアップトラックに変身させた。 ブラバスが開発したサスペンションは、ポータルアクスルに変更された。 その結果、最低地上高は490mmに引き上げられた。 前後フェンダーを100mm拡幅したワイドボディキット「WIDESTAR」を装着しており、大径ホイール&タイヤを収める。 フロントはグリルやバンパー、ボンネットフードが専用デザインだ。 リアは、バンパーを専用デザインとした。 ルーフには、補助ライトバーを追加した。 2つの強力なLEDユニットが装備される。 オプションで、ロケットシルバーマット塗装が選択できる。 荷台からドローンを離着陸可能 ブラバス800アドベンチャー XLPの荷台では、オプションのウイングコプター製ドローンを離着陸することができる。 救援物資や救急設備を積んだ状態で、安全かつ自動で最大120kmの距離を飛行できるという。 ブラバス800アドベンチャーXLPでは、最高級のインテリアと豪華さを追求した。 顧客の好みを細かく反映することができる「BRABUSファインレザーインテリア」を採用している。 「ファーストエディション」には、オークカラーのレザーが装備されており、オプションのロケットシルバーマット塗装とのコントラストを生み出す。 シートの中央部分には、シェル型のキルティングとステッチがていねいに施された。 ヘッドライナーなどは、黒いアルカンターラで仕上げている。 ペダル、ドアロックピン、ステアリングホイールのパドルシフトなどは、アルミ製パーツに交換することができる。 《森脇稔》.

次の

日本仕様のAMG G63を800psに!「ブラバス 800 ワイドスター G63」を公開【東京オートサロン2020】

ブラバス 800

ブラバスから「G63」をベースに800馬力にカスタムした「BRABUS 800 WIDESTAR」が登場。 5秒という、十分すぎるほどな高性能モデルとなっていました。 そんなAMGの「G63」でも満足できないという、クロスカントリービークルにぶっ飛んだ性能を求めるオーナーさんのために、ドイツのチューニングメーカー「ブラバス」がさらに高性能で厳つく仕上げた「 BRABUS 800 WIDESTAR」を発表しました。 1秒で加速するワイドボディな高性能オフローダーに。 もともと高性能なG63がブラバスにより高性能なワイルドで豪華なオフローダーに進化! (画像:より) ジュネーブモーターショーに合わせて発表されたブラバスの「 BRABUS 800 WIDESTAR」は、もともとAMG 4. 0リットルV8ビターボエンジンを搭載し、最高出力585PS、最大トルク850Nmという高性能な「」を、 エンジンチューニングによって大幅に上回る、最高出力800HP、最大トルク1000Nmに引き上げ、この結果、わずか4. ・2020年1月12日、サイトのパフォーマンス向上を目的にCDN(Content Delivery Network)の導入と、一部画像サーバーの変更を行いました。 ・諸事情により「Idea Web Tools」は2019年の秋頃から更新を休止しておりましたが、2020年1月10日より、新規記事の追加、更新を再開致しましたので、今後とも引き続き当サイトをご利用いただければ幸いです。 2019年5月20日:サイトのデザインが新しくなりました。 完全なデザインの一新は2013年の運営開始以来初めてとなり、スマートフォン表示を意識したレスポンシブデザインとなっております。 デザイン変更に伴い、今後投稿される記事の表示も新デザインに合わせたカタチへとシフトしていく予定です。 (過去記事の表示に不具合が発生している部分が御座いますがご了承下さい).

次の

ブラバスが800馬力のメルセデス・ベンツGクラスを2パターン発表。10台限定、価格は3400万円と4000万円

ブラバス 800

この記事のもくじ• | ブラバスのカスタムセンス、そして技術は年々高くなっている | ここ最近、積極的にニューモデルを発表しているブラバス。 ベースとなるメルセデスAMGのポテンシャルが向上するとともにブラバスのコンプリートカーのパフォーマンスも向上し、今回紹介するモデルの出力はなんと800PS。 ベースとなるのはメルセデスAMG G63、そしてブラバスはこれをカスタムして2タイプのコンプリートカーを発表しています。 ブラバス・ブラックOPS 800はこんなクルマ まずは「ブラバス・ブラックOPS 800」で、限定生産台数は10台のみ。 その価格は3400万円となりますが、どういったクルマなのかを見てみましょう。 こちらのブラバス・ブラックOPS 800は、ブラバスの開催するVIP向けのイベントにて実車が公開される予定。 ブラバス製の「ワイドスター」ボディキットを装着し、全幅は10センチ拡大。 これはオーバーフェンダーに前後バンパー、サイドステップにグリル、フロントフード、ルーフランプで構成されるもの。 エンジンカバーはカーボンファイバー製。 赤いアクセントともに「ブラバスの定番」でもありますね。 なお、ブラバスはメルセデス・ベンツ本体とのつながりが深く、「スマート」にはブラバスバージョンが設定されるほど。 ちなみに「AMG」はもともとメルセデス・ベンツ専門のチューナーであったものの、メルセデス・ベンツがこれを買収して自社の「一部門」にしたもの。 もしかすると、何かの拍子で「AMGではなく」ブラバスが買収されていたならば、今のAMGやブラバスのポジションはまた違ったものになっていたのかもしれませんね。 インテリアについてはブラック基調にレッドのアクセント。 内装パネルの何箇所かには「1 of 10」バッジが装着されています。 ステアリングホイールにもレッドのアクセント。 内装パネルにはカーボンファイバーが用いられているようです。 こちらはメーター。 「ブラバス専用」の表示となっていますが、この部分はほとんどのチューナーが「弄れない」部分でもあり、しかしブラバスはメーターのプログラムを変更できるだけの技術力を持っているということになりますね(もしくはメルセデス・ベンツと情報を共有しているか)。 ブラバス・シャドウ 800はこんなクルマ そしてもう一台の限定モデル、ブラバス・シャドウ 800もやはり800PS、10台のみの限定。 価格はブラックOPS 800よりも高めの「4000万円」。 なお、ブラバス・シャドウ800は同じデザインを持つ「ボート」とセットでお披露目されるとのこと。 ボディカラーは「ガンメタルグレー」。 装着されるフェンダーはグロスブラックにペイントされ、2トーン仕上げとなっています。 グリルサラウンドやフロントフード、ルーフスポイラー、(車体後部の)ホイールカバーはカーボン製。 サイドステップにはLEDライトが仕込まれ、暗い場所でも足元を照らしてくれる仕様です。 インテリアはブラックを基調にライト・シャドウ・グレーが組み合わせられ、アクセントはレッド。 ホワイトレザーにはパンチングにて装飾が施されています。 さらには到るところまでレザーで覆われ、Aピラー内側もダイヤモンドステッチ入りのパッドが装着に。 ドアロックピンまでもが精密に加工された「ブラバス仕様」。 ペダルやフロアマットももちろんブラバスの専用品。 ブラバスはメルセデス・ベンツのクラシックモデルをレストアする部署を開設していますが、クルマのパーツを何から何まで供給できる体制を持っていると考えてよく、それがこういった「品質の高いカスタム」に繋がっているのでしょうね。

次の