日本生協連。 日本生活協同組合連合会の説明会・セミナーのクチコミ『内定者の声を近くで聞くことができる説明会』|就職活動サイトONE CAREER

日本生協連、新型コロナウイルス感染症についてのアンケート第2弾の結果を発表

日本生協連

2020年2月19日 水 持続可能社会 ともに 日本生協連と志位委員長・山下副委員長懇談 (写真)懇談する(右から)日本生協連の伊藤、本田、藤井の各氏と(左から)志位、山下の両氏=18日、党本部 日本共産党は18日、日本生活協同組合連合会(日本生協連)との懇談会を行いました。 日本生協連の本田英一会長、藤井喜継専務理事、伊藤治郎執行役員ら5人が出席。 日本共産党から志位和夫委員長、山下芳生副委員長、堤文俊国民運動委員会事務局長が参加しました。 本田会長は、昨年10月の消費税増税以降、組合員の暮らしが厳しさを増すなか、生協がさまざまな協同組合・団体と協力し、人口減少や高齢化が進む地域社会を支える課題に取り組んでいることを紹介。 「国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献するよう努力しています。 生協が地域で果たす役割をご理解いただきたいと思います」とあいさつしました。 志位委員長は子どもの貧困、地域福祉、災害被災者支援、環境・エネルギー問題、核兵器廃絶のヒバクシャ国際署名など多岐にわたる生協の活動について「みなさんのご活動に敬意を表したい。 消費税増税でGDP(国内総生産)が年率6・3%も減少するなか、税金のあり方を見直すことも必要です」とのべました。 藤井専務理事が、生協の社会的取り組みについて説明。 働く人や市民が協同で出資して経営に参加し、自ら仕事をつくりだす「協同労働の協同組合」に法人格を与える労働者協同組合法案(仮称)についての理解を求めました。 志位委員長は「SDGsの17項目と生協の取り組みが重なり合い、世界の流れとも響き合うという印象を受けました。 一致する課題でご一緒に力を合わせたい」とのべました。

次の

日本生活協同組合連合会の説明会・セミナーのクチコミ『内定者の声を近くで聞くことができる説明会』|就職活動サイトONE CAREER

日本生協連

国民の約5人に1人が組合員として加入する生協。 全国にそれぞれ独立している約320の生協が会員となり、 その会員生協を事業と活動の両面から支え、 連帯強化に取り組んでいるのが、日本生活協同組合連合会。 2019年度末時点で1,384名(正規職員数1,042名)の職員が働く組織です。 生協のプライベートブランドであるCO・OP商品は2020年に60周年を迎えました。 他にはない「特別」が、くらしの「あたりまえ」になるように 60年間ずっと、CO・OP商品を作り続けてきました。 これからも、組合員の声から生まれるたくさんの「特別」が すてきな「あたりまえ」になりますように。 そんな想いを込めて、日々真摯に商品開発や営業、品質保証に取り組んでいます。 プライベートブランドの開発はもちろんのこと、組合員の声を行政に届けたり SDGsなどの取り組みも積極的におこない、連合会としての役割を発揮しています。 「つながる力で未来をつくる」をメッセージとする【日本の生協の2030年ビジョン】に向け 新たな挑戦の10年へと一歩を踏み出し 全国の生協で連帯の力を強め、宅配事業リノベーションをはじめとする課題達成に向けて取り組んでいきます。 さあ、あらゆる仕事が、 想像以上の規模と使命を持っておこなわれる、日本生協連へ。 やるべきことは、まだまだある。 COOPのお店や、トラックで自宅まで配達してくれる。 これが、多くの人がイメージする生協ではないでしょうか。 生協で取り扱っているプライベートブランドの【コープ商品】は、日本生協連が企画・開発し、全国の生協へ供給しています。 食品を中心に、日用雑貨や化粧品まで、その種類はなんと4500以上もあります。 また最近では、IT技術を活用した配送・注文システムの改革を進めるなど、より便利で高機能なサービスの展開に力を入れています。 一方で失くしてはならないのが、人のぬくもり。 例えば地域の生協の宅配担当は、地域の見守り役として防犯活動に貢献したり、一人暮らしの高齢者のSOSをキャッチすることもあります。 人と人とのつながりが薄れていく地域社会の中で、高齢者や障がい者、子ども、あらゆる人々が安心してくらせる社会を目指しています。 私たち日本生協連は、2018年、「コープSDGs行動宣言」でSDGsの実現に貢献することを約束しました。 「生協の21世紀理念」で掲げた持続可能な社会の実現に向けた取り組みをさらに加速しています。 生協は、市民が参加する事業を通じてくらしの願いを実現し、社会的な問題解決のために活動し続けてきました。 この協同の社会システムの広がりが、お互いに認め合い助け合う関係をつむぎ、笑顔あふれる社会を実現していく力となります。 組合員と生協で働く誰もが活き活きと輝く生協をつくりあげ、「生涯にわたる心ゆたかなくらし」、「安心してくらし続けられる地域社会」と、「誰一人取り残さない、持続可能な世界・日本」の実現をめざし、日本の生協の2030 年ビジョンを掲げます。 私たちは、それぞれの地域で世帯の過半数を超え、より多くの人々がつながる生協をつくりあげ、新たな挑戦の10 年へと踏み出します。 【だれひとり取り残さない】当たり前の「しあわせ」を創造できる世の中の実現に向けて、一緒に働いてみませんか?.

次の

商品不良の申し出、4年連続減少 異物混入が最多 日本生協連|ニッポン消費者新聞

日本生協連

日本生活協同組合連合会は品質保証の取り組みをまとめた「品質保証レポート2020」を発行し、コープ商品の2019年度「お申し出」(商品不具合・不良の申し出)状況を報告した。 レポートによると、19年度のお申し出件数は1万4013件となり、直近5年間では2015年度の2万2056件をピークに4年連続で減少した。 内容別では「異物混入」が4620件と最も多く、以下、「包装容器」2202件、「状態不良」1424件、「異味異臭」1293件、「腐敗カビ」832件などの順。 商品別の内訳では「加工食品」19%、「冷凍食品・畜産」18%、「日配・牛乳」18%、「菓子飲料・酒」16%、「家庭用品」14%などが上位を占めた。 日本生協連では、すべての事例を確認し、危害性や拡散性を判断。 19年度は5914件について商品検査を実施したほか、2482件について至急の調査を行った。 ティッシュペーパーの異臭(カビ臭)に関する申し出事例では、取引先の物流倉庫3カ所で臭気確認を行い、原因を究明。 におい移りの対策をほどこしたという。 コープ商品は4月現在、5545品が販売され、製造委託先は671社1399工場に及ぶ。 今年は誕生60周年にあたり、品質保証レポートでも「CO・OP商品と品質保証の60年」を特別企画し、それぞれの歩みを紹介している。

次の