クローバー カタバミ。 カタバミの花言葉|花の種類や特徴、開花時期は?

「クローバー」と「カタバミ」の違いは?

クローバー カタバミ

芝生の雑草「カタバミ」の特徴と対策、カタバミ対策に使われる除草剤の紹介。 カタバミはに似るが別の植物。 匍匐茎()を地表に伸ばし繁殖する難防除雑草。 としてのカタバミについて。 カタバミの特徴 カタバミ科の多年草。 地下に球根を持ち大根のような根を持つ。 地表に匍匐茎(ランナー)を伸ばし旺盛に繁殖する。 「(家が)途絶えない」に通じるため武家の家紋に使われた。 有名なのは四国の長宗我部家。 「四葉のクローバー」と同じように葉の枚数が変異する物がある。 5つの花びらを持つ鮮やかな黄色の花が咲く。 円柱状の果実を付け成熟して何かが触れるとはぜて種を撒き散らす。 カタバミ対策には除草剤「MCPP」を使う 広葉雑草に効くMCPP液剤が有効。 「シバキープAL」「シバニードシャワー」「MCPソーダ塩」などはMCPP、MCPA、MCPソーダ塩などを成分とし植物の成長ホルモンバランスを乱して雑草を枯らす。 日本芝とケンタッキーブルーグラスに使用できイネ科雑草には効かないが難防除雑草のクローバー、スギナに効くのが特徴。 使い方は水で希釈して噴霧器でまく。 イネ科雑草に効くアージラン液剤と広葉雑草に効くMCPP液剤をセットで使うと良い。

次の

カタバミとクローバー、オキザリスの違いや見分け方は?

クローバー カタバミ

芝生の雑草としてカタバミは駆除が実に厄介なものです。 カタバミはクローバーと勘違いされていることが多く、かわいい葉をしています。 子供がクローバーの絵を描くとカタバミになっていることよくあります。 大人でも現物を見ないで描くとカタバミになることあるほどです。 カタバミはハートを3枚寄せ集めたかわいい葉っぱですし、かわいく見えます。 これが、芝生には実に厄介なのです。 結構多くの方、このカタバミにお悩みかと思います。 背丈が低く、芝生に覆いかぶさるように繁殖するので、芝刈り機でも刈り取りにくく手で抜くことも困難です。 この記事では芝生に生える実に厄介な雑草カタバミの駆除について紹介します。 手っ取り早く除去するなら僕が使っているシバキープがおすすめ! 芝生に生えるカタバミはクローバーと勘違い?実に厄介な雑草です カタバミはクローバーと一見にています。 写真を2枚見せられて、どちらがクローバーですか?と尋ねられても間違う人多いです。 知っているれば見分けられますが、知らなければどちらもクローバーに見えてしまいます。 実際は全然違う葉なのですが、人間の記憶とはいい加減なものです。 クローバーは蜂蜜が作られる蜜源植物として重宝されているのですが、カタバミは厄介な雑草でどんどん繁殖します。 芝生に生えだすと手で抜き取ることが出来ず駆除に困ります。 芝生の雑草カタバミとクローバーの違いは? カタバミはカタバミ科カタバミ属の多年草です。 一方、クローバーはマメ亜科シャジクソウ属の多年草です。 よく似ているようで、全く別の植物なのです。 カタバミもクローバーも公園の芝生などでよく見かけるので混同してしまします。 一方カタバミはハート形の葉が3枚合わさってできています。 実は全然違うのですが、生えているロケーションも似ているので混同してしまいます。 芝生に生えるカタバミは手で抜けない 芝生にはカタバミがよく繁殖します。 芝生の地面すれすれを這うように覆いかぶさって繁殖します。 地面にへばりついているので、横から見ていると気づきにくいのですが上から見るとしっかり芝生を覆っています。 この葉っぱ手で抜いてもちぎれるだけで根からは抜けません。 抜いたと思っても、翌週にはまたでてきます。 カタバミは芝刈り機で刈りこんじゃえと思っても背丈がないので、表面の一部か花のところだけしか刈り込めません。 芝刈り機で刈ってもほとんどは残ってしまいます。 カタバミは花を咲かせ種子を飛ばす カタバミは春から夏にかけて黄色い小さな花を咲かせます。 花だけ上に伸びているのですぐに気づきます。 朝咲いていたと思っても夕方にはしぼんでしまいます。 厄介と言われるのは、種子をとばし繁殖するといわれるからです。 カタバミの駆除には除草剤しかないと言われていますが、適切に芝刈りをして共存しているとどれほど大繁殖まではしないというのが長年見てきた感想です。 でも、完全駆除は無理です。 毎年必ず生えてきます。 完全駆除なら除草剤ですよ。 カタバミの駆除は除草剤が一番です カタバミを手抜きや芝刈り機でやっつけようとしても完全には無理ですし、一時的にきれいにできても1週間もすれば出てきます。 カタバミを根本的に駆除するなら、除草剤です。 おすすめは、やはり安定のシバキープエースです。 厄介な雑草はこれ一つでほぼ駆除できます。 液体で速攻性なのがうれしいですね。 他にもたくさん除草剤はありますし、効果もあると思いますが私的にはこれが一番です! まとめ クローバーとカタバミは混同しがちですが、カタバミは厄介な雑草です。 逆にクローバーは蜂蜜の蜜源植物として重宝されているものです。 似ているようで全く別の植物です。 ついつい両方とも公園などで見かけるので、そして葉っぱもかわいいので無意識に混同しているかもしれません。 子供たちが、クローバーの絵を描いて、まさかカタバミを描いていたら教えてあげましょう! それほど勘違いしてしまう草です。 カタバミはすぐに芝生を傷めてしまうというほどのものではありませんが、繁殖していくと芝生が負けていきます。 芝刈りで芝生の密集度を上げることも繁殖への予防になります。 芝生にとっては厄介なカタバミですうまく付き合いながらも、駆除はしていきたいですね。 少しでもこの記事に共感いただければ下のSNSボタンでシェアしていただけると嬉しいですし励みになります。 日本ブログ村ボタンもポチっとしていただけると嬉しいです。 この記事が少しでも多くの方に伝わるようにお力をいただければ幸いです。 よろしければお願いします。

次の

カタバミ・クローバー・シロツメクサの違いと見分け方

クローバー カタバミ

カタバミとはどんな草? 夜になると葉っぱが食べられたように見える カタバミはカタバミ科カタバミ屬の多年草で、世界中に分類しています。 クローバー(シロツメクサ)はシャジクソウ属の草なので、カタバミはクローバーとは違う草なんです。 カタバミは漢字では 「片喰、傍食」と書きますが、これは 夜になると葉が閉じる姿から名付けられました。 夜になって閉じた葉は、まるで葉が半分だけ食べられてしまったかのようです。 なので「食べる」という意味の「はむ」から変化して、カタバミ(片喰、傍食)と名付けられたんですね。 酢漿草(酸味がある草) カタバミの別名はたくさんあり、「かがみぐさ」「すいば」「すずめぐさ」「ねこあし」「しょっぱぐさ」などとも呼ばれています。 また 「酢漿草」と書いて、「カタバミ」と読むこともあります。 名前に「酢」が含まれるのは、カタバミには「シュウ酸」という酸味のある成分が含まれているからです。 園芸品種はオキザリス カタバミの学名は 「オキザリス」といい、園芸品種としてこの名前が使われています。 オキザリスという言葉には、「酸っぱい」という意味があるんです。 日本でも西洋でも、カタバミに酸っぱいイメージがあるのは面白いですね。 ハート形の葉 カタバミの特徴は、 ハート型の葉が3枚ついていることです。 葉はきれいな緑色・黄緑色で、筋や模様はあまり目立ちません。 花は黄・白・紫で、一般的に5枚の花びらがついています。 開花時期は4月~7月頃にかけてですが、環境が合えば夏や秋(10月頃まで)にも開花します。 クローバーの花言葉も「幸運」「私を思って」「約束」の他に、「復讐」という少し怖いものもあります。 一方カタバミは繁殖力が強いことから、 子孫繁栄のシンボルとなっています。 日本では 「片喰紋」として、武家の御紋として沢山されているほどです。 しかも数ある家紋の中でも「カタバミの家紋(片喰紋)」は、最も多く使われているんですね。 カタバミの花言葉は• 母の優しさ• 輝く心 カタバミはスペインやフランスでは 「ハレルヤ」という名前でも呼ばれています。 カタバミの開花時期とキリストの復活祭(イースター)の時期が重なることから、• 「喜び」…イエス・キリストの復活を喜ぶように咲く• 「母の優しさ」…聖母マリアの優しさ という花言葉がつきました。 そして 「輝く心」の花言葉は、かつてカタバミは真鍮の鏡や仏具等を磨き上げることに使われていたことが由来しています。 カタバミとクローバーの違い、まとめ カタバミとクローバーの違いを、簡単に表でまとめると次の通りです。 特徴 クローバー カタバミ 葉の形 葉はやや丸く、白い線のような模様がある ハート型で、筋や模様はなし 花の色 白・ピンク 白・黄色・紫 開花時期 5月~7月 4月~10月 シンボル 幸運のシンボル 子孫繁栄のシンボル 花言葉• 私を思って• 母の優しさ• 輝く心 【関連記事】• カタバミとクローバーの違いを比べてみよう クローバーだと思ってよく見ると、葉の形がハート型をしているものがあり、それはカタバミなんですね。 葉がやや丸いのはクローバーなので別の植物になります。 花の形もクローバーは丸く、カタバミは5枚の花びらという違いがあります。 クローバーは幸運のシンボルですが、カタバミは子孫繁栄のシンボルとして武家の家紋にも採用されています。 似ているようで意外と違う、クローバーとカタバミ。 公園で見かけたときには違いはわかるようにしておきたいですね。

次の