カツカレー の ジャイアン。 こだわりがひと皿を何十倍も旨くする 3種のカツカレー 食べ方の極意

【元祖】カツカレー巡礼!カツカレーの歴史をひも解く東京4店|おとなの週末

カツカレー の ジャイアン

歴史 [ ] (23年)に、の「」で生まれたと言われている。 常連客だった・のが「別々に食べるのは面倒だから」と注文したことがきっかけで、グリルスイスとその系列店では現在も「元祖カツカレー」と「千葉さんのカツカレー」というメニューを出している。 また、それに先駆けて(7年)に、(現・浅草)の洋食「河金」 が豚カツを載せた丼飯にを掛けて「河金丼」と称して提供したともいう。 盛り付け [ ] 下図のように飯、カツ、カレーの配置にはさまざまなバリエーションがある。 カツは食べやすいように、あらかじめ一口大に切り分けているのが一般的である。 盛り付けのバリエーション [ ]• スーパーマーケット・コンビニエンスストアで販売される 栄養 [ ] 高・高食品でありにかかる負担が大きく、カツの衣に使うパン粉も炭水化物であるため、高でもある。 例として、カレー専門店チェーンのの場合、ポークカレーのエネルギー748 に対し 、手仕込とんかつカレーのエネルギーは1,316 kcal となっている (いずれもライス量300 の数値)。 対策においては、避けるべきメニューとして挙げられることが多い。 ゲン担ぎ [ ] と同様、「試験に勝つ(合格する)」「試合で勝つ」などのゲンを担ぐ意味で食べられることが多い。 関係の施設 では、で「勝つ」という験担ぎと洒落を込め、場内の食堂などでカツカレーを「 勝カレー」と称することもある。 ただし、試合や試験などの前においては、体調を整えるためにが多い食事をするほうが良いとされる。 脚注 [ ] [].

次の

【元祖】カツカレー巡礼!カツカレーの歴史をひも解く東京4店|おとなの週末

カツカレー の ジャイアン

何人かのお客さんから聞いていた【ジャイアン】って言うカツカレー屋に行ってきました。 場所は当店から直線距離にしたら30m。 イマココビルの通路を西へ出て北側1階にあるアダルトビデオショップ跡。 店内は狭く店主1人で回しているのですが、まさに顔の優しいドラえもんに出てくるジャイアンみたいな人。 奥にある厨房から、「よっこいしょ!」とかいちいち何かしら声を発して料理人らしさはないけど親しみが持てます。 写真のハーフサイズ(700円)のカツカレーを注文しましたが他の店の普通サイズ。 噂通りでした。 (笑) カレーもカツも2種類乗っていて甘さの中に辛さを発見できるくらいの甘口カレーは店主のこだわりとの事。 カレー店って人それぞれ辛さの好みがあるので難しいですよね。 僕は多少ヒーヒー言うのが好みです。 でも、こういった5坪以下のお店って1人で回せるから続けられるんですよね。 新しいお店が出来ていたりしますが大き過ぎるんですよ。 何年も前から僕は言っていますが、静岡の街には20坪以上の店は不要です。 だって客席が25席くらい取れちゃうんだもん。 それに必要なスタッフを集めるとなると店主含め最低3〜4人必要になります。 静岡サイズの街で週6日の営業日に常時満席にするお客さんと3人のスタッフを揃える事がどれだけ大変な事か分かる人がいないから店がポコポコ潰れてしまうんです。 作っては潰すので不動産屋は儲かるのですが、借金返せなくて苦しんでいる人が多いってのを分かってくれないと…。 不動産関係の方に届いて欲しいです。 街のために1人か2人で回せる小さい箱を用意してくださいと。 大きい箱は郊外型のFCに任せれば良いです。 何の話か分からなくなって来たのでこの辺でやめます。 今度は7坪くらいを1人でやるそうです。 時代に合った良い選択だと思います。 小学校の後輩なので特に応援していきたいですね。 そうそう、ジャイアンは基本ランチだけの営業です。 (夜は週末だけ).

次の

喜味屋食堂「カツカレー(テイクアウト)」

カツカレー の ジャイアン

本日は静岡の注目スポットであるこちらに来てみました。 「アダルトビデオ黒猫」 いやぁ、ワクワクしますね。 目線を下ろしてみましょう。 「アダルトショップからカレー屋さんになりました。 」 そうなんです。 ここ、実はカレー屋さん。 お店の名前は・・・ 「カツカレーのジャイアン」 そう、なんとカツカレー専門店なんです。 しかもちょっと普通じゃない感じの。 「はじめての人も全員WELCOME!! 経験と妄想で日替わりカレー作ってます。 」 「絵とは違います」 ・・・カツカレーで日替わりなんて、ちょっと他にないですよね。 オープンスタイルの店内には・・・ ・・・あ。 ジャ・・・ジャイアン??? ジャイアンが実写化してます。 しかもチーズ削ってる!! これはジャイアントパンダの赤ちゃんより珍しい光景ですよ。 しかも奥には「どこでもドア」。 東京まで行けるかな? 元アダルトビデオ店だけに、セクシー要素もしっかり。 元アダルトビデオ店だけに、カルピス飲み放題。 ・・・え? ネタ満載で食べる前からお腹いっぱいでありますが、肝心のカレーはどうでしょう? ラックには各種スパイス。 おー、カレー屋っぽいぞ。 黒板には「今日のカレー」図解。 なんだなんだ、かなり本気モードじゃないですか。 そして出てきたカツカレーがこちら。 そこに肉厚なトンカツ。 ボリュームたっぷり、カレーとの相性も抜群です。 流石はカツカレー専門店。 さらに、さきほどジャイアンが削っていたラスパドゥーラチーズがドッサリ。 薄くヒラヒラと、カレーやカツに溶けるように馴染むんですね。 これは面白い。 そのままでも充分スパイシーで完成度高いのですが、卓上の自家製八味唐辛子をかけて辛さアップ。 後半戦も飽きることなく一気にフィニッシュ。 いやぁ、なかなかのホゲ旨。 素晴らしかった。 かなり強烈なネタ店と思わせといて・・・・いや実際強烈なネタ店なのですが・・・・カレーへの情熱とオリジナリティは抜群。 なんだか、静岡カレーを語る上で外せないマスターピースのようにさえ思えてきましたよ。

次の