メインクーン ブラッシング。 メインクーンとノルウェージャンの抜け毛対策とは?

メインクーンは日本でも飼える?大きさは問題ない?

メインクーン ブラッシング

自身で行うか、プロに任せるか メインクーンの毛のお手入れ方法は大きく分けると 2種類あります。 それは「自身で行う」と「プロに任せる」というものです。 不器用な方、飼われているメインクーンが暴れてしまう方などは、特にプロに任せてしまうのが無難だと言えます。 しかし、「カット」などはプロに任せてしまうのが良いかもしれませんが、日々のお手入れまでプロに任せるというのは非常に難しい事です。 よって、「日々のお手入れ」は飼い主自身で行ってあげましょう。 飼い主が行えるメインクーンの日々のお手入れ 飼い主でも行える簡単な日々のお手入れとしては「櫛で毛を梳かす」という事です。 人間用の櫛ではなく、猫の手入れ用の櫛をペットショップなどで手に入れましょう。 また、メインクーンの毛は長い為、強い力で行いがちですが、皮膚にダメージを与えてしまうと傷になってしまう為、櫛を持っていない片方の手を添えて優しく毛を梳かしてあげるのが良いです。 櫛で梳かしてあげる頻度に関しては、個体差がありますが「毎日」行ってあげる事が良いそうです。 シャンプーについて シャンプーを行うという事もメインクーンを飼う上で行っていくと尚良いお手入れの一つです。 ただ、毎日行うのではなくペースを決めて行う事が大切です。 過度のシャンプーは、皮膚に必要な油まで奪ってしまう事になります。 汚れてしまった時など、気になった時には「蒸しタオル」などで体を拭いてあげるのも良いです。 スポンサードリンク 日々のお手入れにあった方が用意した方がよいもの ・ペット用ブラシ 荒いもので、先端が尖っていないもの ・ペット用櫛 ・シャンプー ・カット用はさみ 飼い主が行える最低限の用品として以上の 4つがあるといざという時に便利です。 毛の絡みなどを防ぐ為の櫛に対して、ブラシは適度な「皮膚の刺激」に良いとされています。 その為、櫛で梳かす前にブラッシングしてあげると尚良いです。 カット用のはさみは、ちょっとした時 手の周りの毛が伸びて滑ってしまうなど にササッと対処できるので重宝している人も多いようです。 カットする際は、両者ともケガをしないように細心の注意を払いましょう。 まとめ メインクーンの毛のお手入れ方法についてご紹介いたしました。 お手入れの中でも「大きな部分」はトリマーなどプロにお任せするのがベストですが、毎日~適度に行えるお手入れは飼い主が行ってあげる事で、メインクーンも快適に生活する事ができます。 また、季節や時期によって毛の状態も変わってくる為、よく観察してみて、頻度など調節してあげる事も必要ですね。 スポンサードリンク.

次の

メインクーンは日本でも飼える?大きさは問題ない?

メインクーン ブラッシング

この記事の内容はこんな感じ• 体重・大きさ メス 体重4~6Kg 体長100cm オス 体重6~9Kg 体長100cm 中には10kgを超えるメインクーンもいます。 寿命 11~14歳位と言われています。 大型の猫は小型の猫と比べると、少し短くなるといわれています。 毛色 被毛の毛色バリエーションは公認されているだけでも30種類を超えています。 向いている食事 大型猫で食欲旺盛な猫種なので、高カロリー高タンパク質の食事を与えるようにしましょう。 肥満になると関節に負担もかかってくるため、栄養バランスのとれた食事にしてあげることが非常に大切です。 手入れ・ケア メインクーンの被毛は、雨風や雪などから身を守るため、アンダーコートは少なめのダブルコートで、よく水をはじく機能性の高い脂っぽい被毛になっています。 水をはじく被毛のため、メインクーンの皮膚被毛のトラブルで多いのが「スタッドテイル」です。 スタッドテイルとは、尾腺部の皮脂の分泌が過剰になり、その周囲の毛がもつれて固まり、フケがちらばります。 過剰な皮脂のせいで悪臭がし、毛は黄ばんだり黒ずんだりします。 松やにのようなその皮脂は一般的なシャンプーでは決して落とす事は出来ません。 スタッドテイルを放置しておくと、そこから毛玉が発生したり、アンダーコートが抜け落ちてしまいますし、放っておくと脂漏性湿疹や皮膚炎などの原因にもなります。 定期的なコーミングと室内飼いで臭いやベタベタが気になる場合には、シャンプーもしてあげると良いでしょう。 シャンプーの必要性ややり方、おすすめの猫用シャンプーランキングなどは以下の記事を参考にしてください。 指でもほぐれない場合は、ハサミで毛玉のみ切りますが、猫は皮膚が薄いので細心の注意が必要です。 サロンにお願いしても良いでしょう。 耳掃除 汚れが少ない場合には2~3週間に1回程度、コットンとイヤーローションを使って軽く拭き取る程度にします。 汚れが溜まりやすい場合には週に1回程度が望ましいですが、耳はデリケートなので気を付けましょう。 サロン費用 7000円~8000円 長毛で毛玉が多い場合にはバリカンなどで処理することもあるので毛玉料金が追加でかかることもあります。 スタッドテイルがひどい場合には特殊なシャンプーを使って皮脂の汚れをとり清潔にするため、薬用シャンプー代が別にかかることもあります。 飼うなら購入より里親になろう 日本でも動物愛護の精神が高まりつつあり、新しい犬を迎えるにあたり保護団体や里親サイトを利用する方も増えています。 新しい命を増やすまえに、いま愛情を必要としている成犬や成猫たちがたくさん待っています。 成犬成猫から飼うという選択肢は、これまで生きてきた環境により性格も様々ですが、保護されている期間にある程度の性格も把握されているため飼いやすいなどのメリットもあります。 12万~22万円位が価格相場のようですが、何十万というお金を出して購入するより、殺される命やお迎えを待っている子を保護しませんか。 保護団体・里親サイト: 事情によりペットを飼えなくなってしまった飼い主や、ペットを保護している保護活動者などと、ペットを飼いたい 里親になりたい と考えている方が交流できる場所が「ペットのおうち」です。 会員登録を行えば、すぐに里親募集情報の投稿、里親申し込み 里親応募 、コミュニティの利用が可能です。 まとめ 今回は、メインクーンの諸説あるユニークな歴史や性格、特徴などをご紹介していきました。 メインクーンの魅力や凄さが伝わるよう、頭のいい部分や、ギネス記録、世界発のクローンペットの話にも触れています。 メインクーンだからこそかかりやすい病気や被毛の手入れポイント、食事なども掘り下げて紹介しました。 最後に里親サイトものせています。

次の

飼い主さん必見!メインクーンの特徴や飼い方について

メインクーン ブラッシング

猫のブラッシングの事なら このページは絶対に見逃せない。 なぜなら、猫はお手入れ用品からブラッシングのやり方まで 全てにおいてデリケート 我がまま な動物だからである。 一歩、間違えればソッポを向かれてしまうし ブラッシングが嫌になって逃げ出すかもしれない。 そこで猫のブラッシングの方法を徹底的に網羅し どうやって我がままな猫をブラッシング好きにさせるのか 事例動画や図解を交えて解説していきます。 最後までじっくり読んで頂ければ きっと新たな猫のブラッシングの可能性について知識を広める事ができるでしょう。 それではごゆっくりとご覧ください。 なぜ猫はブラッシングが必要なのか? 『 自分で毛づくろいしてるのに、ブラッシングする必要ってあるの? 』 このように疑問を感じる人がいると思います。 猫はブラッシングが必要な動物なんです。 下手したら病気になる事もあるんです…。 猫は全身が毛に覆われていますよね? 毛が生えていれば、いずれ抜けます。 生え変わり時期が来ると大量に毛が抜けます。 猫は日常生活の中で、体を綺麗にする為に毛づくろいするので 抜けた毛を大量に飲み込んでしまって吐き出せない場合があるんです。 飲み込んだ毛は、消化できません。 なので毛が腸にたまって食欲不振や便秘などを引き起こして 猫が苦しむ可能性があるんです。 これが『 毛球症(もうきゅうしょう) 』という病気です。 ひどい場合はお腹を開けて、飲み込んだ毛を取り出す手術をしないといけません。 手術代も価格が張りますので 毛球症にならない為にもブラッシングが必要なんです。 【猫の毛並みに沿って】ブラッシングする方法 毛が絡まってないか確認する まずは人を例に挙げます。 あなたは髪の毛が絡まった状態でクシを通して、痛い思いをした事がありませんか? 私はあります。 猫も同じなんです。 絡まった毛がある事に気づかず クシで引っ掛けてしまうと痛い思いをしますよね? これでブラッシングが嫌いなる場合が多いんです。 なので毛が絡まっていたりしないか 毛同士で何か硬いものがついてないか まずは確認してみてください。 毛の流れにそってブラッシング まずは頭や首のあたりで様子を見ます。 いい子にしているのであれば そこから背中、しっぽに向けてブラッシングします。 コツは骨が出ている部分にブラシを当てない事です。 その後は、お腹周りや顎下あたりをブラッシングしていきます。 ちなみに猫が自らブラシにスリスリしてきたら ブラシを動かさず猫の思うがままにやらせてみましょう。 ブラッシングの最終仕上げ 短い毛の猫ならラバーブラシ 長い毛の猫ならコーム これで毛を整えて終了です。 さて、ここまで読んでくれた貴方に良いブラシの情報を教えます。 これは猫を飼っている人の間で評価が高いブラシです。 子猫から大型の猫、短い毛から長い毛まで すべて網羅しているので、興味があれば最後の章まで読んで頂ければ幸いです。 ブラシがダメなら別の方法でする 猫がブラッシングを嫌がっているのであれば とりあえず無理にするのはやめましょう。 なぜなら、猫がブラシ嫌いになる可能性があるからです。 次にブラシが硬すぎないか等をチェックして ブラシの種類を変えながら、猫が嫌がらないブラッシングを試してください。 ブラシを変えてもダメなら 『手』 という方法があります。 ・水にぬらして手でブラッシング ・バックスキン手袋をはめてブラッシング 飼い主の手を嫌がる猫は そんなにいないと思うので 究極の手段はこれしかないと思います。 そんな経験ありませんか? それたぶん『ノミ』です。 ちなみに『つぶしたらダメ』です。 ノミがメスの場合は体内に卵をもってる可能性があり、 猫の体に付着してノミが大発生する場合があります。 そこら辺の衣類や人間の体にも付着したら大変です・・・。 ツブツブを見つけたら• クシに洗剤つけて熱湯につける• クシにテープをつけてツブを取り捨てる このようにして処分してください。 ブラッシングの好き嫌いの実例 さてここからは、ブラッシングの好き嫌いを 実例を交えながら解説していきます。 これまでの章を読んでいる人であれば なぜブラッシングが好きになるのか?嫌いになるのか? 見ていればピンとくると思います。 ブラッシングが嫌いな猫の特徴 ブラッシングが嫌いな猫はとことん嫌がります。 猫パンチを繰り出してきたり、噛みついてきたり このような痛い経験をした事がありませんか? 以前にブラッシングで嫌な思いをしたか ブラシが気に食わないかのどちらかだと思われます。 一度、ブラッシングを嫌いになったら ブラシを見ただけで逃げ出すので 慎重にブラッシングをしましょう。 ブラッシングのコツは焦って一気にやろうとしない事 嫌がってる猫を捕まえて焦ってさっさと終わらせようとすると 余計にブラッシングを嫌になる可能性が高いと言われています。 なので、焦らず猫の気が向いたときに 少しずつブラシに慣らしていくのがいいと思います。 こちらをご覧ください。 ブラッシング愛が止まりません(笑) よほど気持ち良いのでしょう。 目がうっとりして気持ちよさそうでしょう。 横になってブラッシングされてる姿がたまりませんね~! ユーザー評価が最も高い猫用ブラシ さて、お待たせしました。 ここからは猫を飼っている人の間で、最も評価が高いブラシを紹介していきます。 もしブラシを探していてお困りでしたら 以下の商品を参考にしてみてはいかがでしょうか。 効率重視!ファーミネーター 1回なでるだけで、かなりの量の毛が取れると評判のブラシ それがファーミネーターである。 このブラシは体に近い毛(アンダーコート)まで行き届く設計になっているので これ1本で効率的なブラッシングを行う事ができる。 以下に短い毛から長い毛、大型猫や子猫向けの ファーミネーターを紹介していきます。 短い毛の子用 子猫向け 大型猫向け 長い毛の子用 子猫向け 大型猫向け ラバーブラシ 『うちのブラシ硬いのかな?』 と思った方にオススメです。 とても優しい設計になっており触れた猫を虜にします。 Sサイズ 全猫対応.

次の