フリー アナウンサー ゆかり。 フリーアナウンサーの一覧

美脚を見せつけ美乳をチラリ! 極上スタイルを誇る関西のフリーアナ・三島ゆかり (2017年6月28日)

フリー アナウンサー ゆかり

来歴・人物 、英語英文学科を経て 、コミュニケーション学科()卒業。 本人曰く文京女子短期大学から東京女子大学に編入する頃が一番勉強を頑張った時期だという。 大学時代にはアメリカ・に8か月間滞在した。 同期のアナウンサーは(現:フリーアナウンサー)、、。 『』のアシスタントなどを務めた後、4月、の後を継いで『』の2代目女性司会となり、3月31日の番組終了まで務める。 同じく2005年から『』の総合司会に起用され、2011年まで7年連続で担当。 には第4回に合格した。 に広告プランナーのと結婚した。 2011年6月、同年8月31日に日本テレビを退社することを発表した。 総合司会を務めた『24時間テレビ34』(8月20日 - 21日)が日本テレビアナウンサーとしての最後の仕事となった。 退社後はフリーに転身した。 同年10月7日に放送の『』で司会を担当、日本テレビ以外の番組に初出演を果たす。 2011年12月からはトヨタ自動車の企業(ReBORN)に出演している。 日本テレビ退社以来、個人事務所(株式会社マネジメンツ)を旗揚げして活動していたが、2012年9月よりアナウンサープロダクションのセント・フォースへ移籍することとなった。 2014年11月に産休に入り、2015年1月中旬に第1子となる女児を出産。 同年4月10日、産休前に担当していた『』がゴールデンタイムに移動するタイミングで仕事復帰する。 2017年8月上旬、第2子(性別は非公開)出産を公表。 エピソード• 趣味は読書で、小説から漫画まで読むという。 重度の花粉症である。 また、小・中学校時代は9年間バスケットボール部に所属。 中学時代はキャプテンを務めていたが、チームをまとめることはできなかった。 学生時代に地元の美容室や女性誌のヘアモデルをしていた。 涙を流すことが非常に少ないが、フリーとしての初仕事となったTBS『たましいの授業』で、母校の小学校で講義を行った際、生徒たちへの手紙を読んでいる途中で、涙で声を詰まらせたことがある。 料理が苦手。 『』にてそれを克服させようと料理企画が組まれ、2回だけコーナー化された。 『スポーツMAX』の馬名を命名する企画で、解説のが自身と西尾の名前をそのままつなげてマサユキユカリと名付けた。 2003年12月24日に開催された・クリスマス大会で日本テレビの女性アナウンサーとして初のプロレス実況を担当した。 『』(2005年11月1日放送)で端役ながら演技に初挑戦した。 真面目な勤務態度が評価され、2006年度のアナウンサー・オブ・ジ・イヤー(日本テレビにおける社内評価制度)を受賞した。 その一方で、「スケジュール通り仕事が終わってほしい」「給料よりも休日を確保したい」とも公言していた。 2009年にはで開催されたの写真展「KISHIN:BIJIN」(キシン:ビジン)BIJIN of THE YEAR 2009 のモデルに選出された。 2010年に開催された第4回に出場し、6時間32分4秒で完走した。 調査「好きな女性アナウンサーランキング」第7回にて、1位となった。 出演 フリーアナウンサー転身後 テレビ• (、2012年4月1日 - 2013年3月31日、司会)• (日本テレビ、2011年10月 - 、不定期特番、司会)• (、2012年4月 - 2013年3月、司会)• (、2013年4月1日 - 9月27日、メインキャスター)• PC新時代を楽しもう! 最強セキュリティ法と活用術(BSフジ、MC)• (、2012年7月8日 - 2017年3月26日、ナビゲーター)• (制作・で放送、2019年4月7日 - 、MC) ラジオ• (、2013年5月5日 - 2014年9月28日、ナビゲーター) CM• 「」(2011年、企業CM)• 「コフレドール」(2012年9月)• グラクソ・スミスクライン株式会社 シュミテクト(2014西尾由佳理編) 日本テレビアナウンサー時代 テレビ• (2005年4月4日 - 2011年3月31日、司会)• 企業リサーチ• (2002年1月 - 2005年3月、キャスター)• (2003年10月 - 2006年3月、司会)• (2004年、中継所実況)• (2004年 - 2007年、司会)• (2005年4月 - 2006年3月、レギュラー)• (2006年4月 - 2009年9月、司会)• (2008年3月31日 - 2008年7月、司会〈月曜日担当〉)• (2009年10月 - 2011年4月、進行)• (2009年10月 - 2012年3月 ) 映画• (2007年) - カメオ出演• (2009年) - カメオ出演• (2009年) - 芸能記者 役• (2010年) - カメオ出演 テレビアニメ• (2007年)- の子孫 役 劇場アニメ• (2008年) - TVアナウンサー 役• (2008年) - バスガイド 役 PV• 「」 その他• (2009年、)• (2009年、) 書籍 日テレ在籍時からの作品等を列挙。 写真集• KISHIN:BIJIN BIJIN of THE YEAR 2009 (2009年8月、)• 東京・で2009年8月に開催された写真展『「KISHIN:BIJIN」BIJIN of THE YEAR 2009』を基にした写真集。 オリジナル・サウンドトラック - 13. 由佳理と笛( 2010年4月) 連載• 月刊ソトコト (木楽舎)• ズームインJAPAN!! - 月刊テレビジャパン ( 2006年 - 2010年11月)• 西尾由佳理のアナかしこ - ( 2010年6月 - 11月)• 西尾由佳理が行く ニュースな女性にズバリ聞きます! - MISS( 2011年12月 - ) 脚注• 産経msn 2012年4月28日. 2012年5月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年10月7日閲覧。 cent. Force. 2012年10月7日閲覧。 『ズームイン!! SUPER』の終了がメディアに報じられた際、『』と『』が後番組(『』)で西尾が引き続き司会を務める予定と報じていたが、実際は降板となった(『』は降板すると報じた)。 従来の女性総合司会の登板記録は、の4年連続。 また日本テレビ入社5年目での総合司会起用は歴代最速(その後に、入社年次で並ばれ最年少記録は抜かれた)。 コラム連載時のプロフィールに記載• 2012年4月21日 - - 産経新聞 2011年6月27日閲覧• - ORICON STYLE 2011年11月24日閲覧• 2012年8月31日 - 産経新聞 2012年8月31日閲覧• 女性自身 2017年1月26日閲覧• サンスポ 2017年8月12日閲覧• 2010年4月17日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年3月26日閲覧。 『別冊ViVi ヘアカタログ600』「ヘアスタイルNo. 296」講談社(1996年10月30日号)• 86,87,88」主婦と生活社(1996年11月1日号)• 2011年9月25日. の2013年5月23日時点におけるアーカイブ。 2012年12月3日閲覧。 2013年6月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年1月7日閲覧。 不定期特番そのものは2011年6月開始。 フリー転向後から出演。 2013年4月1日 - とれたてフジテレビ 2013年2月11日閲覧。 2013年3月27日 - とれたてフジテレビ 2013年2月11日閲覧。 2013年3月4日 - フジテレビ 2013年3月1日閲覧。 2011年9月 - 2012年3月までは、フリーの立場として出演した。 トムス・エンタテインメント. 2016年5月3日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月6日閲覧。 関連項目• (西尾入社時の日本テレビ社長)• (元アナウンサー、大学の後輩) 外部リンク• 明河尚美• 石山智恵• 梅澤亜季• 小山愛理• 佐藤メリサ• 沢えりか• 志水洋美• 清水明花• 高橋明日香• 高橋志保• 高田昌美• 樋渡香保• 堀切沙織• 村瀬美希• 渡辺ひと美• 旧セント・フォーススプラウト (スプラウト分社化前).

次の

オフィスコトノハ 高山ゆかり|会社のファンを増やす企業インタビューサイト。無料訪問取材実施中

フリー アナウンサー ゆかり

経歴・人物 [ ] 中学3年時に福島から上京。 を経て、に新聞学科を卒業。 同年、にアナウンサーとして入社。 同期として、やがいる。 アナウンサー時代では、『』の天気キャスターのほかにやなど担当。 1987年に同局を退社した後は、フリーに転身するほか、やで講師を務め、「アナウンスの基礎」「会話表現」「自己演出法」などを指導する。 かつてはに「協力アナウンサー」として所属していた。 主な出演 [ ] テレビ 日本テレビ時代• (1982年3月 - 1986年3月)• (1985年 - 1987年)• (1985年7月 - 9月) 日本テレビ退社後• () ラジオ• () CD(オーディオブック)• 大城立裕『』より「撃沈」「死とたたかう漂流」 脚注 [ ].

次の

大迫ゆかり フリーアナウンサー

フリー アナウンサー ゆかり

長年にわたり同ランキングの常連である【羽鳥慎一】アナが、今年も首位を獲得。 今回で3年連続5度目のトップを飾り、また一歩殿堂入りへコマを進める結果となった。 高いアナウンス技術で30代以上からの圧倒的人気、3年連続5度目の1位• 殿堂入りへまた一歩近づいた羽鳥アナ C ORICON NewS inc. 第6回(2010年)、7回(2011年)、13回(2017年)、14回(2018年)と1位を獲得してきた【】アナが通算5度目の首位を戴冠。 日本テレビへ1994年4月に入社して、『ズームイン!! SUPER』などを任され、日テレの看板アナとして活躍。 2011年にフリー転向後も、安定した人気を誇り、朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』 テレビ朝日系 では、硬軟織り交ぜた名司会ぶりで人気を誇っている。 同番組では、今年は4月からアシスタントが元乃木坂46である同局新人アナウンサー・斎藤ちはるに変更。 入社後即、大抜擢された彼女を羽鳥がサポートする姿もさらに好感度を高めた。 人気の理由はやはりベテランならではの安定感。 ニュース番組で見せる高いアナウンス技術や対応力、コメント力などを総合して評価され、世代別では30〜50代で、「言葉選びが的確で、冷静、面白いコメントもできる、安定していて、見ていて安心できる」(東京都/40代・男性)、「安定感があるのに何処か人情味があるところ」(愛媛県/50代・女性)と支持されている。 「自分の意見を出さずに臨機応変、的確に進行するところ! 目立たず存在感がある進行が司会者として素晴らしいと思います」(東京都/40代・女性)との声もあった。 古巣の日テレでも『ぐるぐるナインティナイン』『人生が変わる1分間の深イイ話』『THE MUSIC DAY』と人気番組に継続して出演。 『鳥人間コンテスト2019』では感動して涙を流すことも多く、「涙脆いから」(東京都/10代・女性)と羽鳥アナの情に厚く、涙もろいところもキャラクターとして愛されている点。 視聴者にとっても、共演者にとっても安心できるオアシスのような存在となっているようだ。 熱量がすごすぎた嵐の会見も話題になった青木アナ(C)日本テレビ 2位には日本テレビ【】アナがランクイン。 ジャニーズファンならではの目線でのコメントも人気で、嵐の活動休止発表の会見では、質問中に涙を見せる一幕も。 メンバーに「熱量がすごすぎる」と苦笑されるも、「ファンに寄り添えるアナウンサー」とそのいつも全力で行なう仕事ぶりがファンから絶賛されている。 真摯な思いに同性からも「オタクの鑑! オタクとしての節度もあって、カッコイイ」(埼玉県/30代・男性)と羨望の声も上がった。 2018年からは『バゲット』と『火曜サプライズ』のメインMCに就任。 エンターテインメント全般へのリスペクトを込めたコメントも「エネルギッシュだから」(東京都/40代・男性)と称賛の声が。 昨年1月に2つの公式SNSアカウントを開設。 ツイッターは38万フォロワー超え、インスタグラムは11万のフォロワーを抱え、日々情報を発信している。 今後、ジャニーズファン以外にもさらに支持層を拡大していきそうだ。 人間味あふれる姿に驚きの声も、今年もTOP3入りキープ こちらも昨年に引き続き、NHKの【】アナウンサーが3位に登場。 第8回から同ランキングの常連であり、第12回以降はTOP3入りが続いている。 『クローズアップ現代+』のメインキャスターを担当する武田アナ。 NHKのアナウンサーならではの安定感に「声が好きだから。 安定感があるところ」(広島県/10代・女性)、「真面目で安心して見てられる頼もしいアナウンサー」(埼玉県/50代・女性)と高く評価されている。 その一方、同番組の「毒親」を特集した4月18日放送では、2人の子供がいる武田アナは「子育てのいろいろな後悔があります」と告白。 親子関係で悩んだ女優の東ちづるの話を聞きながら、大粒の涙を流して「親が泣いてどうするんだって話ですけれど」と目を赤く腫らした。 そんな子どもたちの影響からか、武田アナはアニメファンでもある。 京都アニメーションの火災を扱った回では「アニメファンの息子たちを通じて、たくさんの作品を知り、子どもたちと一緒に、笑ったり泣いたりしながら見てきました」と素顔を告白。 こうした時にエモーショナルにニュースを伝える姿に「普段冷静な人なのに、ご自身の反抗期のお子さんを思い出されて涙されていたとか。 仕事は完璧だと思いますが、それだけではない温かさを感じ、好感が持てました」(大阪府/40代・女性)というコメントも寄せられた。 冷静な報道マンとしての姿勢だけでなく、まれに見せる人間味あふれる姿…それを目の当たりにした視聴者の心を震わせた。 ベテラン勢に割って、初登場&昨年圏外アナが急浮上• 初登場、『スッキリ!! 』メンバーとしてもおなじみの森圭介アナ(C)日本テレビ TOP3は昨年と同じ結果となったが、以降の順位には変動が見られた。 今年の初登場は日本テレビから【森圭介】アナ。 森アナは、『スッキリ!! 』メンバーであり、朝の顔として定着。 「元気が良く、朝いつも明るくニュースを伝えてくれるから」(愛知県/30代・男性)と好感を得ている。 お正月の風物詩、箱根駅伝の実況も担当しており、ツイッターでのリアルタイム更新も毎年話題にあがる。 ツイッター8万、インスタ12万フォロワーを持ち、インスタのストーリーズでは「スナック森介」とし、ユーザーの悩みに応える企画も、人気を集めている。 ラグビー実況で印象付けた日本テレビの安村直樹アナ(C)日本テレビ 昨年圏外だった2名がTOP10にランクイン。 7位の日本テレビ【安村直樹】アナは、小3でラグビーを始め、今年の『ラグビーW杯』では担当番組で熱のこもった実況は印象的だったよう。 「ラグビーワールドカップではビシッと決まった実況をしていてすごくかっこよかった」(大阪府/40代・男性)、「ラグビー愛が伝わってくる」(東京都/50代・男性)と、ラグビー関連のコメントがユーザーからは多くあがった。 フジテレビの【】アナは10位に。 兄の生田斗真が11月10日放送『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演した際には、文字量の多いアンケート回答が話題となった。 長台詞が見どころのドラマ『俺の話は長い』(同局系)では、セリフの読み合わせをしていることを、兄・斗真が告白し、兄弟の仲の良さをうかがわせた。 「まじめで地道に頑張っていると思うから」(鹿児島県/30代・女性)、「お兄さんのアンケートを細かくびっしり書いていて好感を持った」(千葉県/40代・女性)との意見があった。 どの職業でもAIに仕事が置き換えられていく時代。 そんななか、コメンテーターをバシッと仕切る猛獣使いの羽鳥アナ、ジャニーズ愛を語れる青木アナ、アニメ愛を見せた武田アナがTOP3は昨年と同じ順位をキープして評価されたのは当然の結果と言えるだろう。 さらにラグビー経験のある安村アナの急浮上もその一端と言える。 新たなアナウンサーがそうして個性を発揮し、人気と実力をつけ、さらなる上位へと躍進を遂げるのか。 第15回 好きな男性アナウンサーランキング TOP10.

次の