オンデーズ。 募集要項|OWNDAYS RECRUIT

JINS・Zoff・オンデーズどこがおすすめ?元眼鏡店員が徹底比較!

オンデーズ

今回、私も初めてオンデーズでメガネを購入しました! 購入体験も踏まえながら オンデーズのサービスをお伝えします。 接客応対 店員さんの対応は 一言で伝えるとものすごく丁寧でした! (のちに分かったのですが 対応してくださったのは店長さんでした) 店内にお客さんが5,6人いて 店員さんは3人しかいなかったので やや忙しそうな印象ですが 話すスピードも聞き取りやすく 急いでいる・慌ただしい感じがなかったです。 待ち時間 私が行ったときは 視力測定の順番は2番目で待ち時間15分。 測る機械は2台ありましたが その時の店員さんは3人しかおらず 1人はメガネの受け渡し もう1人も店頭で接客されてました。 測定するスタッフが1人だけだったので 待つことに対して違和感はなかったです。 仕上がり時間・日数 私はメガネがなくてもある程度見える 視力なので度数は高くないんですが ブルーライトカットのレンズにしたので 日にちが1週間かかることになりました。 常備しているブルーライトカットレンズもあるらしいんだけど、 ブルーライトを 反射してカットするタイプで、ギラつきが気になっちゃった。 ブルーライトを 吸収してカットするタイプは 日にちがかかるとのことでした。 ちなみに在庫があれば 20分ぐらいで仕上がるようです。 受け取った商品はこちら。 吸収タイプのブルーライトカットレンズにしたため、青いギラついた反射がなく見た目はほぼ自然です。 メガネの受け取り メガネの受け渡しも非常にスムーズ。 掛かり具合の調整をしてくれましたが カウンター越しにチェックされたので ちゃんと見れてるかな?と 少し不安になりました。 気になるところを伝えれば きちんと直してくれますが ゆっくりじっくり見てくれるという 感じではなかった印象です。 保証サービス OWNDAYSリーフレット オンデーズのメガネの保証内容は JINSやZoffと比べて充実しています。 1年間レンズの見え方保証• 購入後1ヶ月以内であれば理由を問わず返品・全額返金が可能• 災害や事故などでメガネを紛失・破損しても無償で同じ商品に交換してくれる(証明が必要)• 自分の不注意壊してしまっても同じ商品を半額で買える など、なかなか手厚い保証内容です。

次の

JINS・Zoff・オンデーズどこがおすすめ?元眼鏡店員が徹底比較!

オンデーズ

OWNDAYS(オンデーズ)は全国展開している眼鏡店チェーンです。 海外にも店舗を持つほか、公式サイトでの通信販売も行っています。 商品は自社で企画・デザイン・製造されたオリジナルブランドで、すべてハンドメイド。 購入者の度数にかかわらず、薄型非球面レンズでも追加料金のないレンズ込みの価格で提供しています。 購入から一定期間内は理由を問わずにすべての商品の返品・返金が可能で、見え方が合わなかった場合は無償で調整・レンズ交換ができるなど、保証にも力を入れています。 一方、デザインのバリエーションや、フレームの耐久性といった品質面はどうなのか、スタッフの接客対応はどうかなど、気になる点もあります。 ここでは、実際に購入した人の生の声を集めましたので、ぜひ利用する際の参考にしてください。 最近急成長中のオンデーズ。 度数が合わなくなってきたので新しく眼鏡を作るためにオンデーズに行ってみました。 品ぞろえもまぁまぁですし、接客も申し分ない感じでよかったです。 老眼も入っているので特殊レンズということで検眼から10日程作成に要しましたが、出来上がった眼鏡も申し分なかったです。 しかし、受け取りから1日で鼻当てがぼろっと取れまして、、、 普通に使っていただけなのになぜ? しかも一番壊れちゃいけないところがなぜ急に取れる? お店に行ったところフレーム交換になるということで、当然無償で交換ということを言われたのですが、眼鏡の基本中の基本性能がこの程度では安心して使えないと判断して返品対応にしてもらいました。 眼鏡はどうしても長く使っているとネジが緩んだりフレームがゆがんだりするのでそれは仕方がないことではあるのですが、購入一日で特に無理に力がかかったわけでもないのに壊れるということは相当フレームの強度が弱いと思われます。 眼鏡がないと何も見えなくなってしまうほど視力が弱いので、簡単に壊れてもらったら困るわけです。 今使っている眼鏡も何度となく踏んだり曲げたりしてその都度直してきましたが、そろそろ限界なので、やはり何度も購入している眼鏡市場さんで作るのが安心だと感じました。 ある用途のため眼鏡を購入しましたが、先ず納期遅れ。 その対応がひどい。 詫びはなく、いつ出来るのかも言わない。 理由は道路渋滞。 試しにHPの社長直通アンケートで救いを求めてみるが無反応。 社長は見てもいないでしょう。 やっと出来たが、見え方チェックがない。 更に、決定打は、あまりにも見えないで調べてもらうとレンズのつけ間違いが判明。 すでに元々の用途の日は過ぎてしまい使えないのですが、作り直し。 さすがに許せず、今度はカスタマーチャットというところにチャットすると、そういう状況を一切知らず、会社として対応しますと返信あったが、その後、音信不通。 未だに眼鏡は出来上がっていません。 表面的には、安くて気軽な眼鏡屋ですが、何かあった時に正体が露呈されます。 正体はブラックだと思います。 被害に会われないようにお気をつけください。 マップ口コミを見ても複数店舗で同様の声が記載されていました。 メガネを購入した時に、すぐ出来ないので郵送してもらうことに。 届いたのを使ってみるとレンズが合わず、近くの店舗に持って行きレンズ交換をしてもらった。 しかしそれでも合わず、店員にはこれ以上私たちにはなにも出来ませんと言われた。 使えないやつを持っておくの?何も出来ないの?と聞いたら、はい。 と言われた。 買い損したと思ってホームページを見ると、1ヶ月以内なら返品可能と書いてあった。 その時にはもう1ヶ月を過ぎていたが、店側が返品可能と伝えてくれたら返品したのにそれを伝えられなかったのでカスタマーに電話を。 しかし、ここで出た女の人が最悪。 上から目線で馬鹿にした感じの話し方。 そちらのミスでもあると伝え、どうにか特別に返品をしてもらえることになったが、買った店舗にまで持っていかないと返品不可だと言われた。 買った場所が遠い場所だからなかなか行けないと伝えると、あと10日ほどしかないのに今月中に持っていかないと返品しないとまた言われた。 こちらもそんなすぐに行くことが出来ないと話すと、しまいには話の途中で電話を切られた。 その人は自分でお客様に寄り添ってと話していたが全然寄り添っていない。 アフターケアがなってないので、ここで買うのは辞めた方がいい。 まず、メガネのデザイン性とバリューに関しては良いと思います。 安いし素敵なデザインがたくさんあります。 しかし、店員さんの対応と視力を測る技術は底辺。 作る際に試しのレンズでは見えないと言ったのですが、お客様の目自体が、度数を上げても見えづらい目になっている、なのでこれ以上はいじれないといわれ不信感。 いままでそんなこと他のところで言われた事ないですし、処方箋なしで他のメガネ屋さんで作った際にも、ばっちり見えていました。 でも、もう慣れるしかありません、と言われ、じゃあそれだと作って届いためがねが、やはり合ってない。 物が二重に見えるし焦点が合わない。 そして既存で持っているメガネを持参して作り直しに行ったところ、全然度数も乱視も違いますね、と。 作るときの話をして、やっぱりおかしいですよね、と伝えると あーそうだったんですね、前の者のミスですね。 では今回のは全く同じ打数でいいですか? と、詫びの言葉もなく淡々とレンズの作り直し手続きに移りました。 また取りに行かなくてはいけないカスタマーの労力とか時間とかそういうものを全く考慮していない。 1年間で2回無料でレンズを変えられる保証は、 店員さんの測定ミスのためにもあるそうです。 あとでかけたカスタマーセンターでそう言われました。 そのカスタマーセンターの電話も、1時間つなぎっぱなしでやっと出たおじさん、お待たせいたしましたの一言がない。 そちらの落ち度でレンズ入れ直し、楽しみにしていたメガネもまだまだかけられない、また子供たち連れて往復1時間かけて取りにいく労力など、そういうカスタマーの思いとかコンテキストはなにも考えられていないな、と感じました。 配送はできるか、また、そちらの落ち度でレンズ入れ直しなのに、配送料や保証もつかわなくちゃいけないのですか?と聞いたところ 保証はお返しできません、 まぁ、お客様が配送料を無料にして欲しいと言われるのではあればそうしますけど。 と言われました。 もう呆れてしまって、はい、お願いします。 と単的に伝えました。 なにもかも働いている方々の対応が最悪でした。 デザインやバリューに惹かれても、即決してそこで測定してもらわずに 処方箋またはメガネを持参して行ってください。 処方箋も眼鏡もないならちゃんと測れないです、なのでどちらかを持って眼鏡は作りに来てください、とカスタマーセンターの方にもそう言われました。 それらがないとちゃんとした度数で眼鏡を作る事が出来ないと言われました。 今まで他のお店で何度も処方箋・既存の眼鏡なしで作ったことがありますが、そんな事一度もありませんでした。 でもここはそうらしいです。 要は技術力がないことをはっきりカスタマーセンターの方も認めていました。 おそらく同じような問い合わせが多いのかと思います。 フレームやお値段が魅力的でも ちゃんと見えない眼鏡は害です。 体調を崩します。 実際頭痛が酷かったです。 もう他の方に同じ思いをして欲しくないので、ぜひ参考にされて下さい。 眼鏡は初めてだったのですがここで購入したチタンフレームの老眼鏡はとても軽くて見やすくて最高でした。 5000円くらいで購入したと思うのですが本当は1万円以上していたと思います。 この度は二つ目をリピートしました。 店員さんの対応もとても落ち着いた男性で私の目にピッタリ合うものを作ってくださいました。 チタンフレームではありませんでしたが軽くて素敵な眼鏡を6000円ちょっとで購入できました。 また1年以内であれば度が進んでしまっても無料でレンズ交換できるということです。 リーズナブルなお値段ですが安心できる保証がたくさん付いているので老眼鏡を初めて作る方はここをおすすめしたいと思います。 3年前に買ったメガネの鼻パッドが青カビが出ていたのですがそれも無料で交換してくださいました。 口コミにはいろいろ書かれていたようですが店員さんの技量によっても違うのかなと思いました。 次もまたこちらで購入したいと思っています。

次の

OWNDAYS(オンデーズ)でメガネを2+1本作ってみたけどかなり満足してます

オンデーズ

株式会社オンデーズ OWNDAYS CO. ,LTD. OWNDAYS SINGAPORE PTE LTD. 恩戴適股份有限公司• OWNDAYS DOWNUNDER PTY LTD,• OWNDAYS THAILAND CO. ,LTD. OWNDAYS PHILIPPINES• OWNDAYS MALAYSIA SDN. BHD. OWNDAYS VIET NAM CO. , LTD• Branch of OWNDAYS SINGAPORE PTE. LTD. OWNDAYS Europe B. OWNDAYS Rossiya• OWNDAYS India• OWNDAYS HongKong 外部リンク 目次• 組織 [ ]• 本社(東京都品川区東品川2-2-8 スフィアタワー天王洲 26・27階)• 商品センター(東京都北区)• 大阪営業所(大阪府大阪市中央区)• 福岡営業所(福岡県福岡市博多区)• オンデーズ琉球株式会社• OWNDAYS SINGAPORE PTE LTD. 恩戴適股份有限公司• OWNDAYS DOWNUNDER PTY LTD,• OWNDAYS THAILAND CO. ,LTD. OWNDAYS PHILIPPINES• OWNDAYS MALAYSIA SDN. BHD. OWNDAYS VIET NAM CO. , LTD• Branch of OWNDAYS SINGAPORE PTE. LTD. OWNDAYS Europe B. 株式会社フィジカル・イノベーション• ダイバージェント株式会社 沿革 [ ]• 1989年3月2日 株式会社ビックコンタクトレンズ設立。 2001年9月 社名を株式会社興和に変更。 2002年8月21日 により株式会社オンデーズを設立。 代表取締役に就任。 株式会社興和の全事業を同社に譲渡。 2002年8月25日 株式会社が株式会社興和を吸収合併。 第一号店を東京、関東地区に出店。 大阪、近畿、福岡、九州地区に出店。 2003年 新潟、北陸、愛知、中部、宮城、東北地区に出店。 2004年 岡山、中国地区に出店。 2005年 富山、北陸地区に出店。 2006年 北海道に出店。 日本全国で50店舗目を出店。 2008年2月29日 を実施。 大幅な構造改革を行い企業再生を開始。 2008年3月03日 田中修治がに就任。 2009年 沖縄に出店。 三重、東海地区に出店。 2010年 vol. 2011年 日本全国で100店舗目を出店。 シンガポールにて WORLD RUNWAY — PREMIERE — にオフィシャルスポンサーとして参加。 年間販売本数 50万本突破。 2012年 薄型非球面レンズ【追加料金0円】の新価格制度を開始。 第四回に、オフィシャルスポンサーとして参加。 年間販売本数60万本を突破。 2013年 第一号店をプラザ・シンガプーラに出店。 2014年 第一号店をブリーズ台北に出店。 2015年 タイ王国第一号店をメガバンナーに出店。 カンボジア王国第一号店をイオンモールプノンペンに出店。 フィリピン共和国第一号店をエスタンシアに出店。 2016年 オーストラリア第一号店をチャッツウッドに出店。 2016年 ベトナム第一号店をに出店。 2016年 欧州第一号店をオランダ・デンハーグに出店。 2017年 ロシアに現地法人を設立。 海外100店舗達成。 OWNDAYS全体で200店舗に。 2018年 香港第一号店(二号店)をTMT Plaza、East Point Cityに同時出店。 2019年 インド第一号店をチェンナイに出店。 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン系の投資会社Lキャタルトン・アジア(L CATTERTON ASIA)及び三井物産の投資事業子会社である三井物産企業投資(MCPI)と、第三者割当増資、株式の一部譲渡についての契約を締結。 現在、OWNDAYS全体で300店舗以上を運営している。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] []• 2010年9月2日閲覧 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の