天地人 動画。 天地人 動画【Youtubeドラマ無料動画】

大河ドラマ『天地人』|再放送情報と全話を高画質で見放題できる動画配信サービス[DVDレンタル無料情報]

天地人 動画

『天地人』は、兼続(幼名=与六)が5歳で親元を離れ、上杉謙信の養子・景勝(幼名=喜平次)の小姓となるところから物語がスタートした。 この幼少時の兼続を演じたのが加藤清史郎くん。 上杉謙信との対面の場で「わしはこんなとこ、来とうはなかった」と泣きながら叫んだ姿が話題となり、番組に「あの子役は誰?」と電話が殺到した。 内藤愼介チーフ・プロデューサー(当時)は、「与六の反響がとても良かったので、本役の妻夫木聡さんに代わってからも、回想という形で一度出演してもらいました」。 その後も清史郎くんの人気はうなぎ登り。 そこで後半には兼続とお船の長男・竹松役で再登場となった。 清史郎くん自身も「また呼ばれてすごくうれしかった。 学校の先生からも『すごいね』と言ってもらいました」と、張り切っていた。 ちなみに、竹松の母・お船を演じた常盤貴子さんは、清四郎くんが3歳のときにドラマで共演していた。 空き時間には『機関車トーマス』を読んであげたというのだが、当の清史郎くんはまったく覚えていなかったそうだ。 幼い与六を演じた加藤清史郎さん 兼続の長男・竹松役で再登場 主演の妻夫木聡さんは小学生のころから歴史が大好きだったそうだ。 さらに「大河ドラマといえばドラマの王様」みたいなものだとずっと思っていたという。 当然、俳優になったばかりのころから大河ドラマに出演することが夢だった。 それが、いざ実現したとき「ポカーンとしてしまいました。 あ、来ちゃった!みたいな(笑)」と、あまりにも早く夢がかなったことに現実味を感じられなかったと話している。 そんな当時のリアルな心境を口にしながらも、「心から役に入っていきたいタイプ」という妻夫木さん。 クランクインまでの間、原作や関連本を読むだけでなく、どうしても兼続のいた場所を見ておきたいとゆかりの地を訪れた。 番組が企画したイベントではなく、妻夫木家のプライベートな家族旅行の行き先として選んだのが、米沢など兼続ゆかりの地だったのだ。 兼続とお船の墓前で頭を下げたときには、「思い込みかもしれないけれど、暖かい空気を感じることができて、とても心強かった」と話していた。 妻夫木聡さんが演じた兼続は民を愛し義を貫いた智将 戦国時代が舞台の大河ドラマで毎回、話題になるのが、だれが信長・秀吉・家康の三英傑を演じるのかということ。 『天地人』でも、期待に応える個性豊かな顔ぶれが揃った。 織田信長を演じたのはミュージシャンの吉川晃司さん。 歴史に造詣が深いことで知られているが、信長を演じるにあたっても徹底的に研究したようだ。 「信長には、いろいろなエピソードがありますが、正史に対する稗史(はいし)の部分が大きいと思います。 いわゆる民衆が語り継ぎながら面白く作っていったキャラクターというのかな。 本当の信長はどうだったのかと調べていくと興味深いことがたくさんありました」と、中国の春秋時代の史実にまで遡るほど調べたうえで役に臨んでいた。 戦国時代のトップが感じていた孤独を表現することができたと話していた。 信長役の吉川晃司さん• 人生の最期に謙信と語らう… 豊臣秀吉役は舞台出身の笹野高史さん。 天下人になった秀吉が悪趣味なまでに金銀を豊富に使ったのは、「手に入れた権力を失う恐怖とプレッシャーを癒すために必要だった」と解釈。 心のバランスを保とうとすればするほどグロテスクな方向にエスカレートする秀吉像を演じてみせた。 徳川家康は映画界の大御所・松方弘樹さん。 松方さんも独自の家康像を作り上げた。 秀吉が生きている間はかぶり物で隠していたが、後半になって外している。 「秀吉が亡くなり天下人になれば、コンプレックスだったこぶもさらけ出せる。 秀吉役 笹野高史さん• 家康役 松方弘樹さん 兼続の幼少時代を演じた加藤清史郎くんが話題を集めたが、『天地人』で石田三成を演じた小栗旬さんも、1996年の大河ドラマ『秀吉』で少年時代の三成=佐吉を演じていた。 「まだ子どもだったので、ただ一生懸命やっただけでした」と小栗さん。 しかし14年ぶりに三成役に再会したときは「自分で勝手に運命とか因縁のようなものを感じてしまいました」と、巡り合わせの妙に感動したそうだ。 そんな当時の映像が『天地人』で放送された。 石田三成の人となりを紹介するドラマのプロローグだった。 まだ幼さの残る表情ながら、ていねいにお茶を入れる所作、きりりとした目元が印象的だった。 「あのころは、役づくりをしたわけでもなかったけれど、こうして三成を演じるための佐吉だったのかなというふうにも思ってしまいました」と、小栗さんも感慨深げだった。 大河ドラマ『秀吉』(1996)に出演した小栗旬さん• 放送がスタートしたころから、いつ登場するのかとファンの期待も大きかった。 妻夫木聡さんはロケ現場で兜を目の前にしたとき、実はそれほど感慨はなかったそうだ。 「ついにこの日が来たんだな」という思いはあったものの、果たしてこの兜にふさわしい自分になれているのかと自問したという。 だが、「愛の兜はゴールではない」と気づき、実際に兜をかぶっての行軍は、「命あるものをいつくしむ心を大事にしながらかぶろう」と意識。 いかに堂々としていられるかだけを考えていたそうだ。 兼続の兜に注目が集まったが、主君・上杉景勝の兜も「お忘れなく」とは、景勝役の北村一輝さん。 イカの形に似ていたため、「みんなからイカ、イカって呼ばれてました」と笑っていたが、「あの兜はかなり重かったんです。 3時間ぐらいかぶったままでいたら首が痛くなってきました」。 その重さが、そのまま景勝の背負う責任の重さに通じる気がして身が引き締まる思いがしたそうだ。 第1話、わずか5歳で上杉の家臣となるべく、寺に入れられた与六 後の兼続・加藤清史郎 が、巨木のような上杉謙信 阿部寛 に「わしは、こんなとこ来とうはなかった!」と言い放つ。 その正直さと度胸を謙信は「気に入った」と見込むのだ。 成長した兼続は、次々と戦国のトップを怒らせる。 秀吉 笹野高史 から黄金を積まれ、家臣にとスカウトされた際には断固拒否して、あわや手討ちになりかける。 また、歴史に残る大批判の書状を送りつけ、家康 松方弘樹 の頭から湯気を上げさせる。 兼続の度胸は5歳のときのままだ。 愛妻お船 常盤貴子 への思い、斬新なヘアスタイルの石田三成 小栗旬 との友情、真田幸村 城田優 との出会いなども見逃せないが、心に残るのが景勝との関係だ。 口下手だが心優しい景勝は、兼続が安産祈願に作りかけた小さな彫り物を見て、早くイノシシを完成せねばなとぼそっと励ますが、実はそれは犬……。 こんな主従のやりとりが面白い。 人間同士のつながりで乱世を生き抜いた彼らのあたたかさが心に残る。 文/ペリー荻野.

次の

天地人 無料視聴動画

天地人 動画

「天地人」の意味とは 天地人(てんちじん)の意味とは、「天」と「地」と「人」のことで、これは全世界を形成するものすべての要素です。 それは地球上だけにとどまることなく、宇宙に存在する万物すべてという意味です。 また「三才」とも表されます。 つまり「天地人」とは、古来の人の認識において「この宇宙を含む全世界のすべて」という意味です。 他の意味としては、三つの物の順序など表す意味としても使用されます。 例えば、飲食店での注文における「松竹梅」にも相当します。 天地人の学問領域としては「天文」「地文」「人文」という熟語が存在しますが、現在では「地文」はほとんど見当たりません。 天地人の使い方 天地人は「悪いことをすると、天地人は見ている。 」などと、戒めの意味としても使われます。 ・天地人の悠久を感じる ・天地人の萬物に通じて ・天地人の順序をつける などとも言い表すことができますが、実際の日常では、あまり使われることはありません。 「天地人」の意味の語源 孟子とは? 孟子(もうし:紀元前372年~紀元前289年)は中国戦国時代の儒学者です。 儒教において「孔子」の次に重要な人物です。 その儒教の教えは、別名「孔孟の教え」とも呼ばれます。 孟子は「性善説」(人間の本性は善であるという説のこと)を主張しました。 孟子の言葉 上杉謙信が引用 この孟子の教えを上杉謙信が引用したと言われます。 そして、この言葉は「三才」とも呼ばれ、戦に勝つことや成功させるためにはこの「3つの条件」が必須ということです。 これは小説やテレビなどでも登場しています。 天地人 (小説) 天地人 小説 :火坂雅志著の「直江兼続」を主人公とした歴史小説があります。 原作の表題「天地人」は、謙信公の「輝虎(謙信)公曰く。 天の時、地の利に叶い、人の和とも整いたる大将というは、和漢両朝上古にだも聞こえず。 いわんや、末代なおあるべしとも覚えず。 もっとも、この三事整うにおいては、弓矢も起こるべからず、敵対する者もなし」という「北越軍談 謙信公語類」に残っている言葉からきています。 分かりやすい解説 これを現代語に直すと「謙信は言いました。 天の巡り合わせが良くて、地理的のも有利に恵まれ、その上に家臣や領民がまとまっている、そんな3つの条件を満たした大将は、いまだ日本の歴史にも、中国の歴史にも、神話時代にも見たことがない。 もしこんな大将がいたならば、戦も起こることはないだろう」となります。 天地人 (NHK大河ドラマ) 生花とは ここで言う生花の意味は「いけばな」のことです。 造花に対し「生け花」と生という字を使います。 また華道とも言い、華道においては「天地人」で花の構成を作りだし表現します。 この天地人の三つで花の型を作り「人の天は宇宙を表し導くもの」とし「地は大地であり従うもの」そして「人は万物のことで和するもの」と筋道の意味付けをします。 これら三つ(天地人)のそれぞれが調和する姿こそが、自然の摂理であることから、人としての「生き方の法則」だという意味が生花の理念です。 生花の流儀 また生花には多種の流儀があり、流派によりそれぞれの特色が個性となり意味を持ちます。 ただし、天地人を生花で不等辺三角形に形づけるという基本的な構造はかわりありません。 天地人の「天」が最も高い位置、「地」は最も低い位置、「人」はその中間の位置です。 日本の3大流派として「池坊(いけのぼう)」「草月流(そうげつりゅう)」「小原流(おはらりゅう)」は「名前は聞いたことがある」と言う人も多いでしょう。 池坊(いけのぼう) 聖徳太子が創建した六角堂頂法寺の天台宗頂法寺の僧だった「池坊専慶」が始まりとされる「日本最古の流派」です。 そのため現在も、池坊の家元は頂法寺に僧籍を置いています。 そして、最大の流派として「池坊の歴史は生け花の歴史」とまで言われ、ちなみに池坊は「〇〇流」とは言いません。 草花が持つ生命と自然の中に美と和に意味を見出します。 そのため草花の生命に寄り添うということから、虫食いだったり枯れかけた花も「あるがままの姿」を生かすという理念です。 天地人や陰陽を基本理念とし、「真、副、体」と長さの違う三本の骨組みにあしらいを取り入れいけられます。 草月流(そうげつりゅう) 勅使河原蒼風(てしがわらそうふう)にり1927年に創流されました。 特色は、それまでの形式にとらわれず「自由」な表現を取り入れています。 それは造形美であり、草月流の真骨頂は芸術的な常識を破るという意味合いを持つ生け花です。 天地人が基本とされるのですが「真・副・控」を基本とする花型法です。 小原流(おはらりゅう) 小原流は明治の中頃に「小原雲心(おはらうんしん)」により創流されました。 雲心は「盛花」を考案し「近代生け花の礎」を築いたのですが、それは「盛花」です。 多くの人に親しめる生け花のスタイルを考案しました。 「主枝 しゅし 、副枝 ふくし 、客枝 きゃくし 」を基本として花を活ける位置が決まります。 「天地人」と「松竹梅」の意味の違い.

次の

「天地人」の意味と使い方・語源・生花での意味|孟子

天地人 動画

『天地人』は、兼続(幼名=与六)が5歳で親元を離れ、上杉謙信の養子・景勝(幼名=喜平次)の小姓となるところから物語がスタートした。 この幼少時の兼続を演じたのが加藤清史郎くん。 上杉謙信との対面の場で「わしはこんなとこ、来とうはなかった」と泣きながら叫んだ姿が話題となり、番組に「あの子役は誰?」と電話が殺到した。 内藤愼介チーフ・プロデューサー(当時)は、「与六の反響がとても良かったので、本役の妻夫木聡さんに代わってからも、回想という形で一度出演してもらいました」。 その後も清史郎くんの人気はうなぎ登り。 そこで後半には兼続とお船の長男・竹松役で再登場となった。 清史郎くん自身も「また呼ばれてすごくうれしかった。 学校の先生からも『すごいね』と言ってもらいました」と、張り切っていた。 ちなみに、竹松の母・お船を演じた常盤貴子さんは、清四郎くんが3歳のときにドラマで共演していた。 空き時間には『機関車トーマス』を読んであげたというのだが、当の清史郎くんはまったく覚えていなかったそうだ。 幼い与六を演じた加藤清史郎さん 兼続の長男・竹松役で再登場 主演の妻夫木聡さんは小学生のころから歴史が大好きだったそうだ。 さらに「大河ドラマといえばドラマの王様」みたいなものだとずっと思っていたという。 当然、俳優になったばかりのころから大河ドラマに出演することが夢だった。 それが、いざ実現したとき「ポカーンとしてしまいました。 あ、来ちゃった!みたいな(笑)」と、あまりにも早く夢がかなったことに現実味を感じられなかったと話している。 そんな当時のリアルな心境を口にしながらも、「心から役に入っていきたいタイプ」という妻夫木さん。 クランクインまでの間、原作や関連本を読むだけでなく、どうしても兼続のいた場所を見ておきたいとゆかりの地を訪れた。 番組が企画したイベントではなく、妻夫木家のプライベートな家族旅行の行き先として選んだのが、米沢など兼続ゆかりの地だったのだ。 兼続とお船の墓前で頭を下げたときには、「思い込みかもしれないけれど、暖かい空気を感じることができて、とても心強かった」と話していた。 妻夫木聡さんが演じた兼続は民を愛し義を貫いた智将 戦国時代が舞台の大河ドラマで毎回、話題になるのが、だれが信長・秀吉・家康の三英傑を演じるのかということ。 『天地人』でも、期待に応える個性豊かな顔ぶれが揃った。 織田信長を演じたのはミュージシャンの吉川晃司さん。 歴史に造詣が深いことで知られているが、信長を演じるにあたっても徹底的に研究したようだ。 「信長には、いろいろなエピソードがありますが、正史に対する稗史(はいし)の部分が大きいと思います。 いわゆる民衆が語り継ぎながら面白く作っていったキャラクターというのかな。 本当の信長はどうだったのかと調べていくと興味深いことがたくさんありました」と、中国の春秋時代の史実にまで遡るほど調べたうえで役に臨んでいた。 戦国時代のトップが感じていた孤独を表現することができたと話していた。 信長役の吉川晃司さん• 人生の最期に謙信と語らう… 豊臣秀吉役は舞台出身の笹野高史さん。 天下人になった秀吉が悪趣味なまでに金銀を豊富に使ったのは、「手に入れた権力を失う恐怖とプレッシャーを癒すために必要だった」と解釈。 心のバランスを保とうとすればするほどグロテスクな方向にエスカレートする秀吉像を演じてみせた。 徳川家康は映画界の大御所・松方弘樹さん。 松方さんも独自の家康像を作り上げた。 秀吉が生きている間はかぶり物で隠していたが、後半になって外している。 「秀吉が亡くなり天下人になれば、コンプレックスだったこぶもさらけ出せる。 秀吉役 笹野高史さん• 家康役 松方弘樹さん 兼続の幼少時代を演じた加藤清史郎くんが話題を集めたが、『天地人』で石田三成を演じた小栗旬さんも、1996年の大河ドラマ『秀吉』で少年時代の三成=佐吉を演じていた。 「まだ子どもだったので、ただ一生懸命やっただけでした」と小栗さん。 しかし14年ぶりに三成役に再会したときは「自分で勝手に運命とか因縁のようなものを感じてしまいました」と、巡り合わせの妙に感動したそうだ。 そんな当時の映像が『天地人』で放送された。 石田三成の人となりを紹介するドラマのプロローグだった。 まだ幼さの残る表情ながら、ていねいにお茶を入れる所作、きりりとした目元が印象的だった。 「あのころは、役づくりをしたわけでもなかったけれど、こうして三成を演じるための佐吉だったのかなというふうにも思ってしまいました」と、小栗さんも感慨深げだった。 大河ドラマ『秀吉』(1996)に出演した小栗旬さん• 放送がスタートしたころから、いつ登場するのかとファンの期待も大きかった。 妻夫木聡さんはロケ現場で兜を目の前にしたとき、実はそれほど感慨はなかったそうだ。 「ついにこの日が来たんだな」という思いはあったものの、果たしてこの兜にふさわしい自分になれているのかと自問したという。 だが、「愛の兜はゴールではない」と気づき、実際に兜をかぶっての行軍は、「命あるものをいつくしむ心を大事にしながらかぶろう」と意識。 いかに堂々としていられるかだけを考えていたそうだ。 兼続の兜に注目が集まったが、主君・上杉景勝の兜も「お忘れなく」とは、景勝役の北村一輝さん。 イカの形に似ていたため、「みんなからイカ、イカって呼ばれてました」と笑っていたが、「あの兜はかなり重かったんです。 3時間ぐらいかぶったままでいたら首が痛くなってきました」。 その重さが、そのまま景勝の背負う責任の重さに通じる気がして身が引き締まる思いがしたそうだ。 第1話、わずか5歳で上杉の家臣となるべく、寺に入れられた与六 後の兼続・加藤清史郎 が、巨木のような上杉謙信 阿部寛 に「わしは、こんなとこ来とうはなかった!」と言い放つ。 その正直さと度胸を謙信は「気に入った」と見込むのだ。 成長した兼続は、次々と戦国のトップを怒らせる。 秀吉 笹野高史 から黄金を積まれ、家臣にとスカウトされた際には断固拒否して、あわや手討ちになりかける。 また、歴史に残る大批判の書状を送りつけ、家康 松方弘樹 の頭から湯気を上げさせる。 兼続の度胸は5歳のときのままだ。 愛妻お船 常盤貴子 への思い、斬新なヘアスタイルの石田三成 小栗旬 との友情、真田幸村 城田優 との出会いなども見逃せないが、心に残るのが景勝との関係だ。 口下手だが心優しい景勝は、兼続が安産祈願に作りかけた小さな彫り物を見て、早くイノシシを完成せねばなとぼそっと励ますが、実はそれは犬……。 こんな主従のやりとりが面白い。 人間同士のつながりで乱世を生き抜いた彼らのあたたかさが心に残る。 文/ペリー荻野.

次の