梅雨明け いつ頃。 梅雨入りと梅雨明け 2020(速報値)

東北・仙台の梅雨明け2020年の時期予想!平年はいつから?過去最速は?

梅雨明け いつ頃

気がつけばも過ぎ、盛夏がもう目前に迫ってきています。 以前、梅雨入り予想をしましたが、せっかくなので梅雨明け予想もやってみましょう。 の1ヶ月予報などを元に検討していきます。 平年の梅雨明け日はいつ? まず最初に、平年の梅雨明け日を確認しておきましょう。 出典:「 」 7月3日の現時点では、沖縄のみ梅雨明けが発表されています。 九州北部〜関東では、おおよそ7月前後が平年の梅雨明け日となります。 ちょうど海の日前後ということですね。 カの数値予報(GFS)による計算をチェックしておきましょう。 出展: この期間は、 梅雨前線が引き続き西〜東日本付近をうろうろしそう。 太平洋高気圧は日本の南に張り出し、日本付近は高気圧の縁辺を回る暖かく湿った空気の影響を受けやすい状態が続きます。 ECMWFによる7月2〜10日までの合計降水量の予測は以下の通り。 出展: 西〜東日本(特に九州)の南西斜面を中心に、梅雨末期の災害級の大雨に警戒が必要です。 この期間、平年よりも降水量が多くなる見込み。 引き続き日照時間も全国的に少なくなりそう。 の季節予報で気温の傾向を確認しておきましょう。 出展:(季節予報) 大雨の影響をもろに受ける地域では顕著な高温傾向はありませんが、高気圧の縁辺を回って南から流れ込んでくる暖かく湿った空気の影響を受け、 を中心に平年よりも気温が高くなる見込みです。 カの数値予報()による計算をチェックしておきましょう。 出展: 1週目と打って変わって、 2週目は梅雨前線が北上し、西日本を中心に太平洋高気圧に覆われる ようになります。 もしそうなると、 平年よりも早い梅雨明け です。 (東北南部まで梅雨明けにするかが微妙なラインですが、東北南部もこのタイミングで梅雨明けさせる気がします。 ) 一方、 梅雨前線が停滞するでは、平年よりも多い降水量となる 見込みで、大雨にも注意が必要です。 一気に真夏がやってくる感じになるでしょうね。 出展:(季節予報) の2週間予報をみるとこんな感じ。 西日本も10日頃を境に、2週目は高温が予想されています。 出展:(2週間気温予報) 急に蒸し暑くなるので、畑作業などでのには要警戒です。 35度を超えるのエリアも一気に増えてくるでしょう。 カの数値予報()による計算をチェックしておきましょう。 出展: 太平洋高気圧が日本付近に張り出します。 東北北部の梅雨明けも3週目の初め頃には発表されるのではないでしょうか。 東北北部の梅雨明けの平年値は7月31日ですので、もしそうなるとこれまた平年よりもかなり早い梅雨明けです。 また、この頃から、フィリピンの東で台風が発生しやすくなりそう。 太平洋高気圧が日本にしっかり張り出している状態では、なかなか本州付近には上陸しにくくなりますが、 そろそろ台風の動向にも気をつける必要が出てきそう ですね。 の1ヶ月予報の気温予報をみても、 引き続き全国的に高温傾向で あることがわかります。 出展:(季節予報) なお、この先1ヶ月を通した降水量と日照時間の予測はこちら。 出展:(季節予報) 西日本が平年よりも降水量が多い予測となっているのは、主に1週目の雨量が多いことが反映されているのでしょう。 西日本は2週目以降は晴れる日が多くなるとみられています。 2週目は中心に前線が停滞するため、は平年よりも降水量が多く、日照時間も平年より少なくなるとみられています。 いわゆる 梅雨末期の災害級の大雨に要警戒(特に九州)。 大雨が続くエリアは気温の上昇も鈍いですが、少しでも晴れ間が出ると気温がぐんぐん上がり平年以上の暑さとなるので注意です。 梅雨明け後は、35度以上ののエリアも増えるでしょう。 に要警戒です。 なお、この頃になると、 台風の動向にも注意が必要になってきそうです。

次の

2020年の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃?今年の傾向を予想!

梅雨明け いつ頃

沖縄の梅雨入りは、本州よりも約1ヵ月早い5月中。 ゴールデンウィーク明け頃に梅雨入りして、1か月半ほど続くのが通例です。 ところで、梅雨明けと共にやってくる沖縄の夏シーズン!毎年、いつ頃に明けるかはご存じでしょうか? ちなみに2020年の梅雨入りは5月11日で梅雨明けは6月12日。 2019年は梅雨入りが5月16日で梅雨明けは6月29日でした。 本州が梅雨入りする・した頃には梅雨明けなんですね。 梅雨が明けると台風が来るのかなど、沖縄にいつ行くのがいいのか、迷ってしまいますよね? そこで今回は、梅雨真っ盛りの沖縄と梅雨が明けた沖縄の違いや台風について、そして梅雨明けのツアー代金などについて私なりに解説できたらと思います。 <もくじ> あとがき 1. 沖縄の梅雨について 沖縄は亜熱帯気候の為、基本的には1日中降ることがあまりありません。 簡潔に言うと下記の図のようになります。 雨が降っていても、海へ入って遊ぶことはできますが、パンフレットで見かけるような海の青さはそこまでは期待できないかもしれません。 予定を立てつつ晴れたら海へ出かける形を取ることもできますが、自分主導ではなく、天気に振り回される1日になってしまうこともあります。 梅雨ならではの楽しみ方もありますが、せっかく行くなら「またスコールだ」というやっかいな悩みが少ないほうがいいですよね。 梅雨明けはいつ? 沖縄の梅雨明けは東京と比べてみると当然早いですが、期間は大体同じで30~40日間です。 過去の記録から見てみると一番早かった梅雨明けは2015年の6月8日、遅かったのは7月19日でしたが、近年で7月中旬の梅雨明けは見られません。 梅雨明け後の沖縄は? 梅雨が明けるとカラっとした晴れ間が広がりますが、気温や湿度はどうなっているでしょうか。 梅雨時の湿度は高い時で85%にもなりますが、梅雨が明けると約5%下がるようです。 が、どちらにしても湿度が高いと過ごしにくそうですよね。 昨年(2018年)1年間のうち、6月~9月までの平均気温は約26. 2%となっています。 梅雨明けから気温のおかげで湿度は下がりますが、それでも「蒸し暑い」という感覚です。 ただ逆に言えば「蒸し暑い」ほど海水浴は爽快感が増して満喫できたりもしますよ! 【PR】GoProはレンタルでまずはお試し!¥500offクーポンコード【LABO2020】でもっとお得に 4. 梅雨明けの沖縄旅行がオススメな訳 その1:梅雨明け直後~7月初旬まではツアー代金が比較的安め設定なのでお勧め! 旅行のパンフレットなどを見ると、料金比較で使用されている「A~」の文字。 旅行会社によって価格が違うので、アルファベット表記で説明したいと思います。 安いのはやっぱり6月上旬までで、たいがいはA表記です。 6月2週目の週末以降は週ごとにB、C、D・・・と上がっていきます。 ということで、狙い目はやはり梅雨が明ける6月中旬~7月初旬までの間! 7月中旬に入ってくると、A料金の倍になることも! 沖縄の夏は梅雨明けすぐから始まり、比較的混雑も少ないので検討する価値アリですよ! その2:台風の接近数が比較的少ない! データ:気象庁ホームページより 沖縄旅行で一番心配な台風の接近。 直撃すると全ての予定が狂ってしまいます。 飛行機は飛ばない=帰れない、直撃して海で泳げなかったなど残念な結果になることも。 上記は2005年~2018年までの沖縄・奄美へ接近した台風の数を表していますが、実は早い時期で4月から台風は接近しているんです。 上記データによると、一番台風が接近しやすいのは「7月~9月」。 過去14年間で6月は10回・7月は24回・8月は28回・9月は26回と、7月からグンと確率が上がることがわかります。 以上のことから、6月後半の梅雨明けを狙った旅行がお勧めです。 その3:日差しが強くなってより一層透明度が高く海がキレイに見える! 沖縄旅行で外せないのはやっぱり海遊びですよね! 日差しが増すと太陽の光が海を突き抜け海底で反射して、より一層海の色がキレイに見えるんです。 浅瀬でも、元気なサンゴが太陽の光を浴びてキラキラ輝いている姿を見ることができるので、南国の海を十分満喫することができます。 梅雨明けの沖縄へ行く時の服装は? 上記に書いた通り外は蒸し暑いので、半そでなど夏の軽装で大丈夫です。 ただ、施設内に入ると冷房がガッツリ効いているところも多いので、薄手のカーディガンなどの羽織るものも一枚バッグに入れておきましょう。 尚、べたべたして過ごすのが嫌という方は、ウエットタイプの身体拭きが使い捨てタイプで売っているので、こまめに拭くのもお勧めですよ! 合わせてひんやりシートや体を冷やすスプレーなどをウエットシートにかけるとさらに効果的です。 ぜひ試してみてくださいね。 あとがき 沖縄の梅雨明けはいつ?梅雨明けの沖縄がオススメな訳、今回の内容はいかがでしたでしょうか? 狙いを見極めれば同じ夏でもこんなに違うんだ!とビックリするほどツアー代金なども違ってきます。 運営は、現地体験や高速バス等の予約サイトを運営するオンライントラベル株式会社です。 私たちは、多くのお客さまの沖縄旅行のお手伝いをしてきました。 また、一度も沖縄へお越しになっていない方も、大勢いらっしゃいます。 そこで、もっと沖縄を好きになってもらいたい、足を運んでほしいと思い、この「沖縄ラボ」を立ち上げました。 長年の経験を活かして取材し、撮影し、どこよりも詳しく、リアルに伝えていきます。

次の

梅雨入りと梅雨明け 2020(速報値)

梅雨明け いつ頃

Contents• 東北地方の梅雨入り&梅雨明けとは?メカニズムと決め方について 冒頭の天気図を見ると停滞前線(紫色)が沖縄にかぶっています。 では停滞前線はなぜ引き起こされるのかということも含め理解しましょう。 ここでは梅雨の予想のためにまず梅雨の定義やメカニズムを理解してもらい 定性的観点と定量的観点で梅雨の時期を予想しようと思います。 梅雨の発生メカニズムに関しては、 北のオホーツク海方面の冷たい高気圧から吹き出す冷たい北よりの風と、 南側の太平洋高気圧から吹き出す暖かく湿った南よりの風がぶつかりあったところに、 梅雨前線が発生します。 そして、2方向から風がぶつかると、上昇気流が起こります。 これが雲を発生させ、雨をたくさん降らせるのです。 次に梅雨入り及び梅雨明けの定義についておおむね理解していただきたいと思います。 梅雨明けの決め方 1. 雨が2日以上続いていた後 2. 梅雨前線が北上して、前日と本日が晴れ 3. さらに週間天気予報で5日以上が晴れ(または一部曇り) 【2020】東北地方の梅雨入り&梅雨明け予想 まずは、梅雨入りや梅雨明けの予想をするにあたって考慮する点を下記に示します。 1:東北地方を中心として全国的に気温が高い 東北地方では今年、去年の最高気温を例年より1カ月ほど早く記録しています。 もし高気圧がぶつかり上昇気流が発生した場合、 雲ができやすいためより雨が降りやすくなるでしょう。 2:南西モンスーン(雨期)の国内降雨量が例年並みであるということ 梅雨の発生は地球規模の大きな大気の流れによるものであると研究でいわれています。 そのため海外での梅雨の発生は日本の梅雨発生に関係してきます。 データ参照元: 3:5月10日時点で北のオホーツク海高気圧と南東の太平洋高気圧が出現していること 梅雨発生においてこちらがぶつかっていることによって起こります。 そのため、それらの高気圧がいつ発生するかが梅雨の時期を決めるネックとなってきます。 これらのことを考慮すると以下のことが言えます。 現状からわかる梅雨に直接かかわる考察として、 気温が例年より高いため停滞前線発生後の梅雨の発生が早く、 梅雨の期間の総降雨量が多いと予想できます。 一方で、モンスーンの国内降雨量が例年並みであることから 降水量がなだらかである可能があります。 よって、期間が長くなだらかな梅雨になる可能性がある。 そして梅雨を発生させる高気圧の出現や沖縄での梅雨入りから、 例年より梅雨入りが遅くなることは考えづらいと言えるのではないでしょうか。 ここまでは定性的な部分から梅雨の時期を予想しましたが ここからは定量的な部分にアプローチしたいと思っています。 以下のグラフをご覧ください。 東北地方の過去69年の梅雨入り日の推移(グラフ) 東北(北部・南部)地方の梅雨入りは大きな振れ幅がないように思えます。 東北地方の過去69年の梅雨明け日の推移(グラフ) 一方、梅雨明けに大きな振れ幅があることがわかりますね。 1951年~2019年の過去69年の移動平均の値は、 梅雨入りは東北南部が6月11日ごろ、東北北部が6月14日ごろ。 梅雨明けは東北南部が7月22日ごろ、東北南部が7月26日ごろ。 梅雨入りは 比較的早い。 梅雨明けは 梅雨が長く続くことから遅くなる。 という定性的な傾向を踏まえて、 具体的な時期は以下の期間になるのではないかと予想いたします! 都道府県 梅雨入り予想 梅雨明け予想 山形 6月4日ごろ~6月11日ごろ 7月22日ごろ~29日ごろ 宮城 6月4日ごろ~6月11日ごろ 7月22日ごろ~29日ごろ 福島 6月4日ごろ~6月11日ごろ 7月22日ごろ~29日ごろ 青森 6月7日ごろ~6月14日ごろ 7月26日ごろ~8月2日ごろ 秋田 6月7日ごろ~6月14日ごろ 7月26日ごろ~8月2日ごろ 岩手 6月7日ごろ~6月14日ごろ 7月26日ごろ~8月2日ごろ もちろん気象系専門機関発表のデータをもとに考えた結果ですが、 あくまでも個人的な予想となります。 東北(北部・南部)の梅雨明け&梅雨入りの状況(2020年・平年・昨年) 最後に東北の梅雨明け&梅雨入りの状況を以下のテーブルにまとめました。 2020年5月14日現在、 東北は梅雨入りも梅雨明けもしていない状況です。 東北南部 令和2年 平年差 去年差 平年 去年 梅雨入り 6月12日ごろ 6月7日ごろ 梅雨明け 7月25日ごろ 7月25日ごろ 東北北部 令和2年 平年差 去年差 平年 去年 梅雨入り 6月14日ごろ 6月15日ごろ 梅雨明け 7月28日ごろ 7月31日ごろ データ参照元: 東北(北部・南部)の梅雨明け&梅雨入り予想!2020年はいつになる?まとめ ここでまとめに入ろうと思います。 ・北のオホーツク海高気圧と南東の太平洋高気圧の衝突が梅雨前線を引き起こしているということ。 ・海外のモンスーンの動向が日本の梅雨の訪れに影響があるということ。 ・期間が長くなだらかな梅雨になる可能性がある。 ・例年より梅雨入りが早くなる可能性がある。 以上だけでも覚えていただけたらなと思っています。 最後までご覧いただきありがとうございます。

次の