栗原はるみレシピ。 栗原はるみさんのアップルパイのレシピ。りんごの簡単パイの作り方。

栗原はるみ流!簡単「梅ジャム」の作り方や食べ方、長期保存の方法について

栗原はるみレシピ

おやじに依存していたんだね」って言ったんです。 その言葉で、私は自分が夫に精神的に依存していたことを初めて自覚しました。 「僕を待つだけの女の人にならないでほしい」。 私が料理家になったきっかけは、彼のこんな言葉でした。 26歳で結婚。 古風な母に育てられた私は、夫の帰りを待っていた。 彼は気詰まりだったんでしょうね。 当時はテレビ番組の司会などをしていて帰りが遅くてね。 そんな私に「自由でいてほしい。 自分のやりたいことを探して」って言った。 遺品を整理していて、その頃の私が書いた玲児さんへの手紙を見つけました。 そこには「料理について、自分に何ができるか考えます」とありました。 手紙の後、私は料理番組の裏方の仕事を始めました。 3年ほど続けていたら、創刊したばかりの人気女性誌が、十数ページの特集で声をかけてくださった。 そこに載った「サバのそぼろ」がとても好評で、料理家の道が開けました。 彼がプロデューサーのような立場で一緒に会社をつくり、それからは公私ともに時間を共有してきました。 買い出しは2人で出かけ、洋食は彼から習いました。 昨年8月に亡くなった夫、玲児さんの好物、ポテトサラダ。 「甘酸っぱくてちょっとおしゃれな昔懐かしい味付け」と栗原はるみさんは話す。 おいしければ「ベリーグッド」「まこといい」「たいしたもんだ」。 ダメな時は「まずい!」って率直に言ってくれたから。 「ええ? そんなにまずいかな」と思う時もあったけど、この人はどうしてこう言うのだろうか、と試作しながらよくよく考えると、言った意味が分かる。 そういう存在でした。 だから試作もたくさんできて、良い本もできたと思います。

次の

栗原はるみ流!簡単「梅ジャム」の作り方や食べ方、長期保存の方法について

栗原はるみレシピ

【ガーリックシュリンプのレシピ】ハワイアンソースに漬け込むのがコツ 材料(2人分) 【下処理】• バナメイエビ(殻付き・大)…14~16尾• 片栗粉…適量• オリーブオイル…大さじ3• レモン汁…大さじ2• バター…20g• 塩、粗びき黒こしょう…適量 【トッピング(省略可)】• レモン(くし形切り)…適量• 味が染み込みやすく、殻ごと食べるガーリックシュリンプに最適です。 作り方 1 エビを塩・片栗粉でもみ、流水で洗う ボウルにバナメイエビ・塩・片栗粉を入れ、全体を絡めるようによくもむ。 流水で洗い、片栗粉を完全に落とす。 これでエビの汚れや臭みを取り除くことができる。 2 殻に切り込みを入れ、つま楊枝で背ワタを取り除く キッチンばさみを使い、エビの殻に切り込みを入れる。 頭側から尾の1節手前まで、背に沿ってはさみを入れるとよい。 切った殻の間からつま楊枝を刺して背ワタを取る。 背ワタが残っているとジャリジャリした食感になるので、しっかり取り除くこと。 3 尾を半分ほど切る 尾は汚れがたまりやすいため、半分ほど斜めに切り落とす。 ペーパータオルでエビの水けをしっかり拭き取る。 4 ガーリックソースに漬ける ポリ袋にエビ、ハワイアンガーリックソースの材料をすべて入れて、袋の上からもむ。 冷蔵庫で1時間ほど漬ける。 エビは下味冷凍もおすすめ。 冷凍方法は 5 エビをフライパンに広げ、強めの中火で焼く ポリ袋のエビとソースをすべてフライパンに出す。 エビが重ならないように広げて火をつけ、強めの中火でしっかり焼き目を付ける。 焼いている間はあまり触らない。 6 背の殻が開いてきたら裏返す 殻が赤くなり、切り込みを入れた部分が開いてきたら、裏返してもう片面を焼く。 7 塩・こしょうをし、バターを絡める 両面にこんがりと焼き目がついたら、塩・粗挽き黒こしょうで味を調える。 さらにバターを加えて溶かし、全体に絡めたら火を止める。 ガーリックシュリンプの完成 トッピングのパセリを散らして、レモンを添えてできあがり。 パンチの効いたガーリックの風味、バリバリの殻、そしてぷりっぷりのエビ! とにかくビールがすすむ1品です。 手づかみで殻ごと食べる「ハワイアンスタイル」でいただきます。 下味冷凍も便利です! ガーリックソースに漬けたエビは冷凍保存も可能です。 冷凍することで味がさらに染みこみます。 冷凍エビで作る場合は、下味冷凍できません。 冷凍方法• 【作り方】工程4で漬けこんだエビとガーリックソースを冷凍用保存袋に移し、空気を抜くようにして口を閉じる(初めから冷凍用保存袋に入れてもんでもOK)。 におい移りを防ぐため、さらに冷凍用保存袋に入れて2重にし、口を閉じる。 冷凍庫で保存する。 2週間程度保存可能。 解凍方法・食べ方 冷凍用保存袋ごと流水に20~30分当てて解凍する。 【作り方】工程5から同じように焼く。 調理済みのガーリックシュリンプも冷凍OK! 冷凍方法• 完成したガーリックシュリンプを小分けにして冷凍用保存袋に入れる。 さらに冷凍用保存袋に入れて2重にし、口を閉じる。 冷凍庫で保存する。 1週間程度保存可能。 解凍方法・食べ方 耐熱皿にガーリックシュリンプを出し、レシピ1人分あたり電子レンジ(600W)で1分加熱する。 加熱が足りなければ30秒ずつ様子を見ながら温める。 エビの殻をよりパリッと仕上げたい場合は、電子レンジで1分加熱した後、フライパンに移して中火でさっと炒めるとよい。

次の

栗原はるみさんのアップルパイのレシピ。りんごの簡単パイの作り方。

栗原はるみレシピ

作り方をレシピ動画でもご紹介しています。 是非ご覧ください。 続いて画像とテキストでも作り方をご説明しますね。 作り方 1、りんごは6等分のくし形に切り、芯を除いて皮をむく。 2、鍋にリンゴとグラニュー糖、レモンを加えて火にかける。 砂糖が溶けるまで強火にして静かに待つ。 砂糖が溶けたらラム酒を加える。 ぐつぐつする程度の弱火に火を落とす。 落し蓋をして時々混ぜながら30~35分煮る。 時々煮汁を全体にからめる。 この間に時間があるので、ブルーベリーソースを作ります。 粗熱が取れたら容器に移して、冷蔵庫で冷やす。 3、ブルーベリーソースを作る。 鍋にブルーベリー、グラニュー糖を加えて火にかける。 キルシュも加えて弱火にする。 砂糖が溶けたら火を止める。 このソースはこれだけでも美味しいので、少し多めに作るのもよさそう。 4、市販の冷凍パイシートは1枚を6等分に切る。 合計12枚にする。 表面に切り込みを3本入れる。 (上に乗せる分の6切れ分です) 天板にオーブンシートを敷き、切り込みを入れていないパイシートを乗せる。 その上にりんごにを3個乗せる。 真ん中のりんごだけ向きを変えて乗せるとうまく収まります。 焼き時間もパイシートのメーカーごとに違うので、パッケージを確認してください。 今回使用したオーマイのパイシートは200度で焼く、という商品だったので200度で15分焼いて様子を見て、さらに5分追加し合計20分焼いています。 焼き上がりはかなり熱いので、注意してください。 下にナイフなどを刺しこむと持ち上げやすいです。 6、このままでも美味しいですが、今回ははるみカフェで提供されていたというアイスとブルーベリーソースをかけた食べ方を再現してみます。 アップルパイを器に盛り付け、上にバニラアイスを乗せる。 上にブルーベリーソースをかけて完成です。 アップルパイの熱でアイスが溶けて食べるときにはちょうどいい感じに。 見た目でも楽しめるかなり豪華なアップルパイです。 このレシピの感想 最後にこのレシピの感想をご紹介しますね。 上は子供用に焼いたミニサイズです。 りんご煮とブルーベリーソースだけ先に作っておけば後は焼くだけなので、食べたい日から逆算してあらかじめ作っておくと当日はかなり楽に仕上げることができます。 子供と一緒に盛り付けをするのも楽しいアップルパイでした。 トッピングをするとやはり見た目がかなり豪華になるので盛り上がりますよー! 本当にカフェとかで出てきそうな味でした。 クリスマスパーティーやお誕生日会などにも使えると思います。 ちなみにりんご煮やブルーベリーソースは多めに作っても色々使えるのでおすすめです。 バニラアイスを添えて、シナモンをかければパイなしでもアップルパイ風の豪華なデザートに。 一緒に煮たレモンも美味しく食べられます。 クレープにしてもおいしかったですよ。 以上『 簡単アップルパイの作り方』のご紹介でした。 本当に美味しいので是非作ってみてくださいね。 メインとして話題になった『 ごぼうハンバーグ』も美味しいのでお勧めですよ。 栗原はるみさんのレシピ本はこちらです。 おすすめ関連記事 こちらもおすすめです。

次の