楽天カード 評判。 楽天カードのETCカードの口コミ「高速利用料金も楽天ポイントになります!」

なぜ楽天カードはこれほどまでに評判や口コミが悪いのか?確かにデメリットはありますが、顧客満足度1位でもおかしくないカードです。

楽天カード 評判

は、楽天ポイントを貯めている人なら登録必須のクレジットカードですね。 年会費や入会金も無料で入れます。 を使えば、で楽天ポイントが+2倍もらえますよ。 をよく使う方や楽天ポイントを貯めている方にはとてもお得なクレカになりますので、これから詳しく解説していきたいと思います。 発行手数料・入会金・年会費無料• 入会でがもらえる• 楽天SPUが+2倍になる• カードブランドが豊富• ETCカードは有料• 紙の利用明細は有料• メールが多い• 出国前に楽天カードを利用しないと海外旅行保険がつかない 楽天カードのメリット 楽天カードの入会で楽天ポイントがもらえる では、入会キャンペーンをよくやっています。 入会特典として通常のが2,000ポイント、楽天カードを利用するとが5,000ポイントもらえるキャンペーンをやっています。 1ポイント1円ですから、7,000円もらえるのと同じことですね!これは利用しない手はありません!! をあまり使わない方にとっては、楽天ポイントの使い道で迷う方もいらっしゃるかもしれません。 そんな時は「」の記事で楽天ポイントの使い道について詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。 また、楽天には期間限定ポイントというものがあり、通常のポイントより使い道が限られているポイントもあります。 期間限定楽天ポイントの使い道に困ったら「」を参考にしてください。 楽天の期間限定ポイントは、 や楽天ペイで無印良品のネットショップで使ったり、楽天ポイントカードでマクドナルドや出光で使ったりもできるので使い道に困ることはないのがうれしいですね。 同じように年会費無料の は、200円で1ポイントなので、それと比べるとポイント還元率がいいですね!! 楽天カードの利用で楽天SPUが+2倍になる 楽天には「」というものがあり、 を持っていると、楽天市場での買い物がいつでも+2倍になります。 楽天会員だとポイントが1倍もらえますので、それとあわせると3倍もらえることになりますね。 100円の利用で3ポイントもらえますので、そうなると楽天市場内の買い物だけですが ポイント還元率3%となります。 ポイントの還元率が3%というカードはなかなかないので、楽天カードはお得に買物したい方は必須のカードでですね。 家計簿アプリのZAIMで管理しながらなら使い過ぎ心配なしで、楽天ポイントもよくたまる。 ATMに行く必要もなくなった。 キャッシュレス推進派です。 私も に変えて、ように努力したら、本当にすぐに楽天ポイントがいっぱい貯まりました。 楽天ポイントの使い道 楽天ポイントの使い道でおすすめなのが「 で投資信託を購入する」です。 楽天証券は100円から投資信託を購入できますので、100ポイントあれば投資信託を購入するというルートで現金化することができます。 投資信託と聞くと難しそうなイメージがありますがそんなことはなく、楽天証券は使いやすいので投資初心者の方でも簡単に投資信託を購入できます。 ぜひ、楽天ポイントを現金化したい方はチャレンジしてみてくださいね〜! 注意点としては、 で投資信託を購入できるのは通常の楽天ポイントのみです。 期間限定ポイントの使い道に関しては「」を参考にしてみてくださいね。 通常の楽天ポイントの使い道に関しては「」の記事で詳しくまとめていますので、よかったらご覧ください。

次の

楽天ビジネスカードの口コミ&評判!審査に通りやすいって本当?限度額は?

楽天カード 評判

楽天カードの口コミ・評判 楽天カードの口コミ・評判 楽天カードに関する口コミ・評判を集めて、メリットとデメリットに分けてまとめました。 メリット面の口コミ・評判 年会費無料とポイント面が好評 楽天カードのメリット面に関する口コミ・評判の多くは年会費無料とポイントの貯めやすさや使いやすさの点についてでした。 楽天市場や楽天トラベルなど、楽天のサイトでカード決済を行う際は、ほかのクレジットカードで決済するよりも楽天カードで決済したほうが、ポイントが何倍も多く貯まるので、とても便利でお得なので利用しています。 もともと楽天グループ内での利用が多いため、ポイントがたくさん付いてくれるのがうれしいです。 「ポイントサービス」でバナーをクリックするだけでポイントがもらえたりするものも魅力的です。 年会費がかからないのに、ポイントの還元率がいいことです。 公共料金は全てカードでの支払いにしているのであっという間にポイントが貯まり、そのポイントを利用して楽天市場で買い物ができます。 大抵の物は楽天市場で売っているのでとても助かっています。 楽天市場をよく利用するのでポイントが貯まり、そのポイントを楽天市場で使えるのがよい。 楽天トラベルでのホテル予約時にポイントがつくのもありがたい。 アプリから楽天市場を利用するとポイントが7倍になるので還元率がよく、ポイントもすぐ貯まる。 年会費が無料で、楽天市場での取得ポイントが常に2倍なのがお得だと感じました。 楽天ポイントも楽天のサービスだけではなくサンクスや出光、ミスタードーナツなどで貯めたり使ったりできるのが嬉しいです。 年会費が無料であるのが、まず一点目。 それから楽天市場アプリを使用するとさらにポイント付与が増加するのも良いと思う。 楽天グループの利用が多いので、楽天トラベルでもポイントがつきポンカンキャンペーンなどキャンペーンが多いのも良いと思う。 年会費が無料なので気軽につくりましたが、楽天市場のポイントとも連動しているのはうれしいです。 サークルKや生活彩家などでポイントがためられるのもよいです。 他のカードなどとくらべると、楽天はキャンペーンを実施していることが多いのでうまく使いこなせればかなり得であると思います。 楽天市場をよく利用するから、という理由だけでなく、メルマガでポイントを大量に獲得できるキャンペーンを告知したり、アプリの利用や楽天トラベルなどのサービスでもポイントが貯まるという点について良い評判が多かったです。 電子マネー「楽天edy」が便利• コンビニの決済、家電量販店などは、基本すべてEdyです。 家電量販店の大きな金額のときは、額によって現金、Edy、カードを使い分けています。 Edyとクレジットカードが1枚で事足りるので、お財布がかさばらなくてよいです。 近所の買い物だけなら、本当にこれ1枚で十分です。 Edyチャージは基本的に楽天カードから行っているのですが、チャージするとポイントがたまるキャンペーンをやっていることがあるので、そういうときにチャージしておくと得した気分になります。 「普段使いをメインにし、ある程度ポイントがたまったら楽天で買い物する」というサイクルが出来上がっています。 少しでも得をしたいと考える層にとっては大変使いやすいカードだと思います。 数々のポイントサイトから500円分のポイントで楽天edyへ換金でき、換金手数料も無料なのでポイントサイトでゲームやアンケート回答などをして貯めたポイントを交換するだけで実質無料で楽天edyのポイントが貯まること• チャージに対してポイントが付かないクレジットカードもある中で、nanaco、Edyのチャージにもポイントが付くので、有り難いです。 「楽天e-NAVI」が便利• ネットで入出金明細が見られるのが安心。 楽天カード会員向けの「楽天e-NAVI」というオンラインサービスが使いやすいのも助かっています。 利用明細だけでなくキャンペーンの確認もしやすいです。 その他の口コミ・評判• カードを使うと「カード利用のお知らせ」メールを送ってくれます。 安心して利用できる点も良いです。 年会費が無料なので安心して使えます。 また楽天関連でショッピングをするとポイントがより多く加算されるので、ポイントがすぐ貯まるところがうれしいです。 使った後に速報という形でメールでお知らせが届くので不正使用されていないのが確認できて安心です。 楽天銀行を引き落とし口座に設定すると翌月の金利が2倍になるのも良いと思います。 ブランドもJCBを選んだので、ディズニーリゾートへ旅行の際も使うことができるので良かったと思っています。 決済が決定前から暫定でも月の支払がメールで届き、確定すると再度詳細がメールで届くので、忘れることもなく、支払の計画が立てやすいのが利点です。 また、一度旅行の時に1回払いを選択したのですが、少々支払がきつくなったので、リボ払いに旅行後にも変更できるなど、支払の仕方が選択肢が多いのも利点です。 デメリット面の口コミ・評判 メルマガの数が多すぎる 楽天カード対象者向けの、ポイントが多くもらえるキャンペーン情報などのメールマガジン配信数が多すぎるということをデメリットとして挙げる口コミ・評判が多かったです。 普段からよく利用するメールアドレスで楽天カードを登録すると、メールボックスがどんどん楽天からの告知で埋まってしまうので、フリーメールアドレスなどを新たに作るなど、対策をしておいた方が良いでしょう。 ポイントがもらえるキャンペーンが多いことはうれしいことですが、キャンペーンに応募するにはもれなくメルマガに登録しなければならず、登録していまうと、多くのメルマガが送られてくるのでかなりめんどくさいです。 また、もらえるポイントが多い反面、期限が短いポイントが多く、使うのに苦労します。 メールマガジンが結構な間隔で届いて、FX等の別に自分が興味がない内容のものがメールマガジンで届くのが、いちいち消したりするのがめんどくさくて不満がある所です。 メールが多いです。 必要なものとそうでも無いものを取捨選択するのが大変です。 後は段階的に色んなサービスにポイントが付きますが、エントリー漏れがあったり条件がかなり細かいこともあり全てを理解しがたいです。 カードを持っているとメルマガは頻繁に届くし、ダイレクトメールが年に何回か届くので煩わしい。 リボ払いに変更できるというメールでの通知が数回くるのも煩わしい。 キャンペーンにつられてクリックして応募すると、ほぼもれなくメルマガが届きます。 自身了承しているとは言え、頻繁に送られてくるので大変です。 楽天全体が非常にメールマガジンが多いのですが、楽天カードのメルマガはその中でもかなり多いと思います。 しかも附随する保険などのお知らせがほとんどなので、最近はちゃんと見ないでゴミ箱に入れているので煩わしです。 楽天さんはとにかくメルマガの数が多いなあというのは率直な意見です。 お買い物マラソンや買い回り等にエントリーすると、いつものお買い物時よりポイント還元率は良くなるがその分、エントリーすると次回から買った覚えのないショップからメルマガが来てしまうので、定期的にメールを整理しないととんでもないことになる。 デザインがいまいち CMもやっていることから知名度が高くて「ポイントをコツコツ貯めている」という印象があり、外でカードを出すのが恥ずかしいという人もいるようです。 リアル店舗で財布から楽天カードを取り出すのがやや恥ずかしいと感じてしまいます。 デザインが安っぽいだけではなく、ブランドとして三流的なイメージがあるからです。 カードのデザインをもうちょっと大人っぽくしてほしい• 持っていてもカードのデザインが安っぽいので知り合いの前で使うのは少し恥ずかしい時があります。 ブランドとしてはあまりかっこよくないので、お店でカードを出す時、恥ずかしいです。 節約してるイメージです。 楽天のデザインがあまりおしゃれではないので、少しおしゃれなイメージがほしいです。 ほぼだれでも入れるというイメージから、逆に「これしか入れなかったのかな」と邪推されそうで、店頭で出すのが恥ずかしいこともあります。 個人的には、あのカードのデザインがあまり好みではありません。 すごく庶民的な感じがしますので、カードを出した時、かっこいいデザインだといいですね。 特にホテルのフロントやショッピングで提示する時などにそう感じます。 楽天カードマンのCMのインパクトがありすぎてお店で楽天カードを出すのがちょっと恥ずかしいです。 明細書発行費用がかかる 楽天カードは、何も設定しないとWEB明細サービスを利用して、毎月のカード利用金額を確認します。 紙での利用明細書をお求めの場合、明細書発行費用として82円(税込み)が別途かかってしまいます。 ネットを頻繁に利用する方にとってはWEB明細サービスだけで問題ないようですが、普段パソコンをあまり開かないという人にとってはネットでの見方が分かりづらいため、紙での利用明細書が欲しくなるのですが、これが有料なのはデメリットと感じてしまうようです。 サイトで明細を確認する際に残り利用金額がとても分かりずらい。 現状の残高確認もわかりにくいので改善してほしい。 楽天市場でよくお買い物をする人に取ったら、パソコンで利用明細を見ることくらいなんてことないと思いますが、私の母は利用明細が郵便で届かないと困るので、利用明細書にお金がかかるならば楽天カードを持つことはないかもしれません。 パソコン操作が苦手なので、利用明細書がペーパーで届いてくれないと、月々の支払やポイントの貯まり具合が容易に確認できないことが不便に感じています。 紙面での利用料金明細が有料なので、自分でネットで利用料金を確認するのも多少億劫に感じます。 サポートの対応など• 一度気になる点があってサポートセンターに電話したことがありましたが、そのサポートセンターの方の態度がとても悪く不快でした。 その人だけが態度が悪かったのかもしれませんが、そのような方にあたると、企業全体のイメージが悪くなるなと感じました。 貯めたポイントの使い道が限られているので、楽天市場など、楽天のサービスを利用しない人にとっては、持っているメリットが少ない。 サポートセンターへの電話が繋がりにくいことが多い。 カードのデザインが選べず、あまり可愛くない。 コンタクトセンターがフリーダイヤルではないのがケチっぽいなぁと思います。 今時楽天ほどの大企業でフリーダイヤルじゃないなんて…と思います。 サポートセンターへの電話問い合わせがフリーダイヤルじゃないところも悪い点です。 特にサポートセンターはオペレーターに繋がるまで時間がかかるのに有料なので場合によってはかなり電話代で損をしてる気分になります。 サポートの対応に関しては各カード会社の口コミでも悪い対応をされたという声を聞くので、それほど心配するような問題ではないように思います。 フリーダイヤルについても、各カード会社でそこまで多くの会社が対応しているわけではないので、楽天に限ったわけではありません。 ETCカードの年会費がかかる• ETCカードが年会費税別500円と有料なのが不満点で 意外とデメリットとして挙げている人は少なかったのですが、楽天カードはETC年会費として税込540円がかかるので、ETCカードを追加カードとして発行している方は実質年会費がかかってしまっていることになります。 1年に一回しか料金がかからないので、ひょっとしたら年会費がかかっていることに気づいていない可能性もありますね。 他のクレジットカードだと、オリコカードザポイントなど、ETCカードの年会費無料カードもあります。 楽天カード.

次の

楽天カードの口コミ・評判

楽天カード 評判

楽天ブラックカードは、楽天カード株式会社によって発行されているクレジットカードです。 カード名に「ブラック」という文字が入っていますが、実際は プラチナカードクラスのカードと考えると良いでしょう。 カードにもPlatinumの文字が入っていますね。 楽天カードの最上位カードに位置していて充実の付帯サービスが人気です。 国際ブランドに関してはVISAに加えて、JCBも選択することができるようになりました。 このカードは招待制を採用していてインビテーションが来ないと原則申し込みができません。 下位カードである楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードを作成して実績を積むことでインビテーションが届く可能性があります。 ただし、その条件に関しては公開されていません。 審査難易度は10段階で8です。 楽天グループを利用する頻度が高いことやカード決済額が大きいことが条件となると考えられます。 楽天カードだからといって審査が甘いことはなく、ある程度楽天のサービスを利用する方でないと作成することはできないでしょう。 単純に属性が良いだけで作成できるわけではないので注意が必要です。 高属性の方でも落ちてしまう可能性はあります。 楽天ブラックカードが発行される インビテーションを返送してからおよそ1週間で手元に届きます。 楽天ブラックカード作成のために必要なカード紹介 ブラックカードのインビテーションを受け取るためには、楽天カード株式会社が発行するプロパーカードを作成する必要があります。 必ずしも上位のゴールドカードである必要はなく、一般カードでもインビテーションが届く可能性があります。 最短3営業日での発行に対応しています。 年会費無料の楽天カードです。 日本で最も発行されているクレジットカードの一つです。 ポイント還元率常時1. 最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されています。 最短3営業日での発行に対応しています。 楽天が発行する格安ゴールドカードです。 年会費2,000円となっています。 楽天グループでのサービス利用時にはポイント付与率が一般カードよりも優遇されています。 空港ラウンジを無料で利用することができます。 最短3営業日での発行に対応しています。 楽天が発行するゴールドカードです。 比較的安い年会費でプライオリティパスを発行できることから人気があります。 海外旅行保険も付帯されていてスペックが高いです。 楽天ブラックカードの審査まとめ 審査難易度 当該カードの審査難易度は10段階で8です。 審査難易度だけで見るとトップクラスとなっています。 年収が高くて高属性だからといって作成できるわけではないことが審査難易度を高めていると言えます。 審査難易度だけを見れば、「」、「」、「」などそうそうたるクレジットカードに匹敵します。 ただし、これらのカードと比べてステータスが高いわけではありません。 あくまでも取得の難易度が高いということを理解しておいてください。 属性別おすすめ度• 楽天プレミアムカードの申込資格が20歳以上で安定収入のある方なので、収入のない無職の方は作成することができません。 年会費が高めなので、30代社会人の方や経営者の方におすすめのカードです。 特に楽天サービスのヘビーユーザー向けだと言えます。 新社会人の方は年会費がネックとなる可能性が高いです。 他のカードも合わせて検討すると良いでしょう。 インビテーションを受け取るコツ 楽天が発行するクレジットカードを作成して実績を作ることが近道です。 金額よりもカードの利用頻度を高くするのが良いでしょう。 また、楽天市場、楽天グループ、楽天トラベルなど楽天の関連サービスでの決済を増やすと近道になる可能性が高いです。 その他にも楽天銀行、楽天モバイルなど関連サービスは多数あります。 これらを使い倒しておけば着実に楽天ブラックカード取得に繋がります。 早い段階で楽天が発行するクレジットカードを作って地道に使い続けましょう。 プラチナカードとしてはやや安いと言えます。 上位カードらしく追加カードに費用が掛からないのがメリットです。 家族会員2名様まで年会費無料で楽天ブラックカードを発行することができます。 本会員とほぼ同等のサービスを享受することができるのは魅力的ですね。 配偶者の方やお子様向けに発行を検討しても良いのではないでしょうか。 家族皆で楽天のサービスを利用しているなら是非とも作成しておきたいですね。 ETCカードも無料で作成することができます。 ポイント還元率 ポイント還元率は1. 基本ポイント還元率の高さが楽天カードらしさでもあります。 カード利用100円ごとに1Pの楽天スーパーポイントが貯まります。 ポイントの有効期限はポイントの変動があってから1年です。 つまり、楽天ブラックカードを使い続けていれば失効する可能性は低いですね。 実質有効期限は無制限と考えて良いでしょう。 貯めた楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天ブックスなどのネットショッピングで使うことができます。 また、楽天ポイントカードを使えばファミリーマート、マクドナルドなどのリアル店舗でも使用可能です。 その他マイル交換や投資など幅広く使えるのが強みです。 ショッピング枠限度額 楽天ブラックカードについては、ショッピング枠がかなり大きく設定されています。 利用可能額は、300万円から1,000万円です。 最低でも300万円なので、上位カードだということがわかります。 ショッピング枠にすぐに到達してしまう枠だと上位カードの意味がありません。 楽天ブラックカードは十分この条件を満たしていると言えます。 動産総合保険付帯(ショッピング保険) 年間最大300万円のショッピング保険が付帯されています。 楽天ブラックカードで購入した商品について、購入日から90日以内に破損したり、盗難されたりした場合にその損害額を補償してもらうことができます。 海外及び国内で購入した商品に適用されます。 クレジットカードを使う大きなメリットの一つだと言えます。 楽天ブラックカードの特徴&強み コストパフォーマンスの高い1枚 楽天ブラックカードは、コストパフォーマンスを重視して上位カードを探している方に正にうってつけのカードだと言えます。 まず、年会費30,000円と他のプラチナカードと比べるとやや安めなのが魅力です。 これだけで持ちやすいカードだということがわかります。 さらに、楽天ブラックカードは他のプラチナカードに比べて高いポイント還元率を誇るカードです。 特に楽天グループでの利用では最大7倍と優遇されています。 また、付帯されているサービスも魅力的です。 プライオリティパスを無料で持つことができたり、自動付帯で家族特約付きの旅行保険が付帯されていたりと至れり尽くせりのスペックです。 楽天グループでブラック優遇制度あり 楽天ブラックカードには、 楽天グループでの特別な優待制度が用意されています。 他の楽天カードよりもオトクに買い物をすることができます。 楽天プレミアムサービス1年間無料 年会費4,212円の楽天プレミアムサービスを1年間無料で体験することができます。 特典は下記の三つです。 楽天のサービスをよく利用することがある方必見です。 送料分のポイントを還元 送料分のポイントを特典として獲得することができます。 1回の購入で獲得できるポイントは最大500Pです。• 楽天グループでの優待 Rakuten SHOWTIME、楽天トラベル、楽天ブックス、Rakuten koboでの商品購入・レンタル、予約等でポイントが2倍となります。• 限定クーポン配布 楽天プレミアム会員限定のクーポンを利用することができます。 楽天市場・楽天ブックス等でポイント優遇 対象店舗でのショッピングでポイント最大7倍になります。 ポイント還元率は7. 楽天市場アプリ、楽天カード利用の内2倍分、ブラックカード利用分に関しては期間限定ポイントとなっています。 海外・国内旅行傷害保険付帯 海外旅行傷害保険 自動付帯の海外旅行傷害保険が付帯されています。 また、家族特約も付帯されています。 内が家族特約分の補償です。 死亡後遺障害最高1億円 1,000万円 、傷害疾病治療費用最高300万円 100万円 、賠償責任最高1億円 5,000万円 、携行品損害最高50万円 20万円 、救援者費用最高300万円 100万円 です。 補償内容的にはプラチナカードとして標準的です。 ケガや病気の治療費用が300万円まで補償されているのは嬉しいですね。 持っているだけで保険が適用となりますので、他のクレジットカードと合わせて持つことを推奨します。 より手厚い補償となるからです。 国内旅行傷害保険 自動付帯の国内旅行傷害保険が付帯されています。 家族特約付きです。 死亡後遺障害最高5,000万円 5,000万円 、入院日額5,000円 同額 、通院日額3,000円 同額 となっています。 それほど使う機会が多いわけではありませんが、万が一の事態に備えることができます。 楽天プレミアムの優待をすべて利用できる 楽天ブラックカードでは、3つの優待をすべて享受することができます。 プレミアムカードだと3つの内から1つを選ぶことになります。 ブラックカードは最上位カードとして優遇されていることがわかります。 特に書籍の購入でオトクにポイントを貯めることができます。 空港ラウンジを無料で利用できる 世界中の空港VIPラウンジを無料で利用することができる プライオリティパスを無料で発行することができます。 同伴者2名まで無料で利用できるのは強いです。 家族や恋人と旅行に行く際に重宝します。 もちろん国内の主要空港のラウンジを利用することも可能です。 空港の喧騒から離れた場所で疲れを癒やすことができます。 コンシェルジュ利用可能 専門のコンシェルジュを24時間、365日利用することができます。 国内及び海外からいつでもコンタクトを取ることができるので秘書のように考えることができます。 一般の楽天カードは レストランの予約、オペラ・スポーツ等のチケット手配、ホテル・航空券・レンタカーの予約などを依頼することが可能です。 忙しいビジネスパーソンでも電話一つで対応を任せることができるのはありがたいですね。 楽天ブラックカードの電子マネーとの相性 電子マネー種類 対応 モバイルSuica チャージ可能 (ポイント付与対象) PASMO チャージ不可 SMART ICOCA チャージ可能 (ポイント付与対象) nanaco チャージ可能-JCBのみ (ポイント付与対象) WAON チャージ不可 楽天Edy チャージ可能 (ポイント0. ただし、国際ブランドによって電子マネーチャージができる対象が異なりますので注意が必要です。 MasterCardは、au WALLETにチャージ可能、JCBはnanacoにチャージ可能です。 どちらもポイント付与の対象となります。 国際ブランド共通でモバイルSuica、SMART ICOCA、楽天Edyにチャージをすることができます。 楽天Edyのみポイント付与率は0. 使用時にもポイントが付与されますのでポイント還元率は1. 楽天ブラックカードのここはマイナス 審査難易度を考えるとステータス性は控えめ 審査難易度の高さとは反対にネット通販系のカードということもありステータス性は高くありません。 審査難易度とステータスが比例しない珍しいカードです。 ステータス性を重視したい方は比較対象のクレジットカードを検討してみてくださいね。 楽天ブラックカードは、実質プラチナカードと同等のスペックを持っています。 審査自体も簡単ではなく誰もが作れるわけではありません。 特に楽天グループをよく利用する方でないと作成できない可能性が高いです。 グルメ系の優待サービスがない プラチナクラスのクレジットカードになるとレストランや料亭などで活用できる付帯サービスが充実していることが多いです。 ところがこの楽天ブラックカードは、楽天グループでのショッピングや旅行関連サービスに力を入れていて、そういったグルメ系のサービスは手薄です。 接待やデートなどでいいお店を活用したいと考えている方は他のカードも合わせて検討してみましょう。 楽天ブラックカード自体スペックの高いカードなのですがこの点だけはデメリットとして認識しておく必要があります。 比較対象のクレジットカード 三菱UFJニコス株式会社が発行しているプラチナカードです。 高いステータス性が魅力です。 年会費21,600円と比較的リーズナブルです。 家族特約付きの海外旅行保険、プライオリティパス無料等魅力的なサービスを享受できコスパの高さに定評があります。 三井住友カード発行のプロパーカードです。 VISAブランドとして歴史がありステータス性に申し分ありません。 手厚い旅行傷害保険が付帯されています。 また、プライオリティパス、名医のセカンドオピニオン、食の一品から選択できるメンバーズセレクションも人気のサービスです。 USJでの優待も魅力的です。 ジェイシービーが新しく募集を開始した新しいクレジットカードです。 JCB THE CLASSを目指す方にとっても最適な選択肢となります。 国内での圧倒的なステータスが魅力です。 手厚い海外旅行保険や国内旅行保険、空港ラウンジサービスも付帯されています。 メインカードとしても使えますね。 招待が届いた方のみWEBから申し込みを行うことができます。 まだカードを所有していない方は上記で紹介しているクレジットカードを作成しましょう。 楽天ブラックカードのスペック情報 カード名 楽天ブラックカード カード発行会社 楽天カード株式会社 発行期間 招待制 国際ブランド MasterCard JCB American Express ポイント還元率 1. 楽天ブラックカードに関するよくある質問 5年間年会費無料で持つことができると聞いたのですが本当ですか? 実際に会員の中には、楽天ブラックカードを5年間無料で持てるインフォメーションが届いた方もいるようです。 楽天グループでのカード利用頻度が高ければ届く可能性が高まります。 すでに楽天ブラックカードを所有している方は対象外となっています。 合わせて読みたい記事一覧 総合クレジットカードランキングを紹介。 また、総合ランキングとは別に審査が甘い、VSIAプロパー、ショッピングなどカテゴリーごとのランキングもまとめています。 人気のカードを知りたいとう方は要チェックです。 250券種以上のクレジットカードの審査難易度ランキングをまとめています。 クレジットカードの取得難易度、ステータスなどを知りたい方必見です。 読み物としてもおもしろいと思います。 様々なカードの特長を比較する 属性と地域でカードを選ぶ 人気の即日発行対応カードをチェック!.

次の