クロスボウ 規制。 なぜクロスボウは規制されないのか?危険なボウガンを規制できない理由とは

威力のあるクロスボウとは

クロスボウ 規制

ボウガンで家族殺害か? 4日午前10時10分頃、兵庫県で、頭部に矢のようなものが刺さった女性が、近所の住民に助けを求め、住民が119番した。 県警によると、女性と親族ら計4人が負傷しており、うち40歳代と70歳代の女性2人の死亡が現場で確認された。 県警は、大学4年の野津英滉(ひであき)容疑者(23)が自宅内で家族に向けて矢を放ったとして殺人未遂容疑で現行犯逮捕。 「間違いありません」と容疑を認めている。 通報した住民の話によると 女性の耳あたりに矢のようなものが刺さっていると話したとのこと。 現場には ボウガンのようなものが見つかっており殺害に使用したと見ているようです。 PR クロスボウ?ボウガン?洋弓銃?違いは? 海外では狩猟目的で使用をされいる西洋弓のこと。 通常の弓矢のように訓練を必要とせず素人でも強力な矢を打つことができるのが特徴で、紀元前6世紀頃に登場してから戦争や狩猟で一般的に使われている。 正式名称は「クロスボウ」だが日本に輸入された際に株式会社ボウガンが「ボウガン」で商標登録されたため日本ではクロスボウ・ボウガン・ボーガンと混同されていることが多い。 その為メディアでは商標登録されている「ボウガン」を使用せず 「クロスボウ」「洋弓銃」と呼称することが多い。 ボウガン所持に規制はない? クロスボウ・ボウガンは日本では所持・購入・使用について明確な規制がありません。 店舗によっては未成年には販売しないルールを設けている場所もあるが、殺傷能力がある武器にも関わらず気軽に購入できてしまうことから以前から猟銃のように免許制にすべきでは?の声は根強く残っている。 PR 今後ボウガン購入に規制が入るか? 2017年に爪楊枝を飛ばす小型のクロスボウが中国で爆発的人気となり日本にも輸入されたことがある。 しかし小学生が気軽に買える250円程度にも関わらず空き缶に刺さる高威力で実際に中国では目にあたり失明するなどの事故が全国で発生した為 中国全土で販売が禁止された。 前述したとおり店舗では18歳未満の購入を禁止しているが通販では誰でも気軽にアカウントを作れてしまうので上手くやれば購入ができてしまう。 殺害に使われたボウガンもどこで購入したどの種類かは不明だが、気軽に買えた結果このような殺人事件につながったとしたら、 今後規制が入る可能性があります。 ボウガン・クロスボウはどこで買える? え? ボウガンとかクロスボウやってみたかったんだけど? スポーツでも人気が徐々に上がってきたクロスボウ・ボウガンが気軽に購入できなくなる前にどこで購入できるのかを紹介します。 規制が入る前に早めの検討を。

次の

ボウガン(クロスボウ)が規制されない理由は?誰でも購入できるの?

クロスボウ 規制

私達元弓道部員なら1度は聞いたことのある話です。 これも 正当な理由なく持ち歩いていた場合の部分が基準となっていることが 分かるお話だったと思います。 もしクロスボウの基準を厳しくした場合は 勿論弓の基準も厳しくなり 弓道の大会や弓道が出来る体育館の見直しが必要になる為 中々法律の改正が出来ない状況になっている様でした。 確かに弓道も1歩間違えれば死人が出る競技ですが もし法律が改正されて出来なくなった時はとても寂しいですね。 クロスボウって危険な物なのにどうして手に入れるの? 使い方によっては銃よりも静かに相手の命を絶つことが出来るクロスボウ。 そんな武器をどうやって入手するのか 察しの良い貴方は何となくイメージが出来ると思います。 インターネットで クロスボウ、購入と検索すると普通に購入するサイトが出てくるのです! もちろん18以上の方しか購入は出来ませんが 所持することに違法性は全く無いのでこの様に簡単に入手することが可能なのですよね。 動画でも促されている様にクロスボウを使う時は狙う物や環境を整えて使用しましょう。 クロスボウの危険性が分かる事件の紹介 「追い払うため」サルの頭に矢、男を書類送検 滋賀県彦根市で6月、県警彦根署がクロスボウ(洋弓銃)で サルを撃ったとして 彦根市内に住む無職の男(68)を鳥獣保護法違反容疑で彦根区検に書類送検していました。 何故この事件が発覚したかと言うと頭に矢がささった野生のサルが見つかった為です。 無職の男(68)は 「サルに自分の家の庭を荒らされ困っていた!」 「追い払う為にクロスボウでサルを狙った」 と供述しています。 ポイントは銃刀法違反では無く あくまで サルなどの野生の動物を許可無く捕獲しようとした罪である 鳥獣保護法違反容疑で捕まったところですね。 洋弓銃と名前が付いていますが 銃刀法違反では無くあくまで生物を申請無しに狩猟捕獲した罪なのです。 まとめ 今回の記事をまとめると クロスボウが規制されない理由は 日本の法律上銃刀法違反には当てはまらず 規制されないのは弓道の文化にも多大な影響を与えてしまうので 法律を守りながら自己責任で管理使用して欲しい と言う訳でした。 音も少なく打てる危険な武器が全くもって規制されていない現状について意見がある貴方は 是非コメント欄を使ってスッキリして下さいね! ここまで読んでいただきありがとう御座います!!.

次の

クロスボウ所持の違法性 なぜ法律で禁止されないか

クロスボウ 規制

最近、にて家族を殺害するという目を疑うような事件が日本にて起こりました 何故かメディアはボウガンという表記を使いたがりますが、正確にはボウガンは商標なのでで正しくはです。 まあ商標登録の更新をしていないみたいなので今はどっちでもいいみたいですが、基本的にはと言うのが一般的です 今ではなどでもを上げたですが、一般の方からすればなど知らないのが当然であり、今回の事件にてこんな危険なものがなぜ規制されていないのか?という声が非常に多く見受けられます まあ確かには物にもよりますがとてつもない威力を持ち、一般の方からすれば危険=日本では違法。 みたいな認識でしょうから、こんなものが普通に変えてしまうのがおかしいと思うのも普通の考えでしょう しかし、が規制されないのには色々な理由があるのです 、アーチェリーとの境界線が曖昧 は板バネなどの反発力を用いて、弦を使い矢を飛ばす武器です のように圧縮空気を用いたり、のように火薬をエネルギー源としていません。 そのため、銃刀法に当てはめることがそもそも不可能なのです。 そのため所持自体が規制されることはなく、自由に売り買いができるというわけです。 ただし当然正当な理由なく持ち歩けばにて取り締まられますので、危険度で言うなら包丁などと大して変わらないでしょう を規制できない理由として、よく挙げられることにやアーチェリーとの兼ね合いがあります。 も和弓も洋弓も、弦と弓を使い矢を飛ばすという点は変わりません。 そのためを規制するのであれば、和弓や洋弓といった 「弓矢」というカテゴリー全てを規制せざるを得なくなってしまうのです アーチェリーはオリンピック競技ですし、も伝統的な武芸です。 一度事件が起こったからと言って、変に業界を萎縮させるのは国も気が進まないでしょう。 は構造が単純ゆえ定義が曖昧すぎる しかし、と弓矢は全然見た目も仕組みも違うんだから、のみを規制すればいいんじゃないのか、と言いたい人も居るでしょう。 しかし、はその単純な仕組みゆえ、拳銃のように簡単に規制することが出来ないのです 例えば、と弓矢の明確な違いとして、トリガーがあります。 弓矢が弦を引っ張って離すのに対し、はトリガーを引くことにより矢を発射します しかし。 アーチェリーにはリリーサーと呼ばれる、トリガーのような器具が存在するのです。 のトリガーとこれは別だろと言いたい人も居るでしょうが、トリガーというものが何か?という話であればこれらは同じという扱いになってしまう可能性が濃厚なのです。 違いを明確に出来なければ、のみを規制するということはできません。 さすれば結局はやアーチェリー業界に痛手を与えることとなってしまいます。 そうすれば馬鹿を見るのは真面目に練習している人達であり、結局は誰も得しない法律になってしまうのです。 ならば銃床 ストック のあるものをと定義すれば弓矢と差別化できるのでは?と考えている人もいます 確かに弓矢に銃床はありません。 これならば差別化はできるでしょう ……が、しかし。 には銃床のないものも沢山存在します。 というわけで銃床のあるを規制したとして、銃床の無いが出回るようになるだけである事は想像に難くありません。 そうなれば損をするのは銃床のあるを所有している善良な人と、それを商品として抱えている業者のみ。 結局は根本的な解決にはならず、嫌な思いをする人間を産むだけです ならば、弦を本体に固定するものをとすれば良いのでは?となります。 確かにこれならアーチェリーのリリーサーなどの問題も回避することができますし、明らかに和弓や洋弓とも差別化できるでしょう。 ここまで読んだ人は、最初から難癖つけずこれでいいじゃないか、と思ったかもしれません。 しかし、それでもやはり問題があるのです。 それはの定義です まず、とはなんでしょうか? とりあえずは、板バネや木などの弓を主なパワー源としたものをとします 板バネにかけた弦を引き、板バネが元に戻ろうとする力を利用して矢を飛ばす。 これは間違いなくです じゃあこれはどうでしょう? 黄色いものは動力源のゴムです。 しかし、一般的にはこれもと認識されるでしょうね じゃあこれは? 動力源は完全にゴムであり、見た目もほぼでは無くなりました。 しかしパワー源は上記のものと何ら変わりません しかもこれも矢を放つことが出来ます。 というわけでこれもです そしてここで問題となってくるのがスリングライフルというものです。 しかし弦を固定し、トリガーで放つというこの仕組みは、明らかに上のの定義において無視することはできません そもそもスリングライフルは名前の通りパチンコ玉を弾丸とするものですが、仕組み上矢だって普通に飛ばせます。 ならばこれも規制の対象となっても何らおかしくはないでしょう。 そもそもでは無いのに、です このように、という曖昧なものを規制しようとすれば、関係の無いスリングライフルが巻き添えを食らうのです。 すると、スリングライフル業界からこのような意見が出てきます。 「そもそも硬球を飛ばすためのスリングライフルを規制の対象にするのはおかしいのではないか」 「動力源がゴムのスリングライフルを規制するのに、動力源がと同じ弓矢を規制から外すのはおかしいのではないか」 ……というわけで結果として、、スリングライフル、和弓、アーチェリー等……全てを規制せざるを得なくなるというわけです このようにの規制には色んなハードルがある ここまで読んでいる貴方はもうお気づきかもしれませんが、このように仕組みがのように明確でないを規制するのにはいろいろな部分を吟味しなければならないのです。 これがもし火薬や圧縮空気など共通のものを動力源としていたりすれば、簡単に規制することが出来たでしょう。 しかし、の動力源はあくまでも弓矢であり、トリガーや本体は取って付けたものでしかありません。 なので弓矢との差別化がとても難しいのです。 唯一他に被害を出さず規制できるとすれば、それはポンド数の制限 そもそもは、手では引けないような強力な弓をトリガーにて保持するという部分が強力な武器たる所以です 例えばではオーソドックスな150ポンドですが、こんな張力の弓矢などまずこの世に存在しません。 滑車の力を利用したですら40〜80ポンドほどです この動画の最後に張力が89キロもの3人張りの弓が登場しますが、ポンド換算で196ポンドですよ?ならコッキングマシーンを使わなければまず引ききることすらできない重さ。 こんなものまともに扱える人間など存在しません。 それに50kgの弓すら完全には引けていませんから、実際のやアーチェリーではやはり使用する弓は100ポンド以下に収まるでしょう 因みに50kgはポンド換算で110ポンド。 の中ではかなり弱い方になりますが、弓矢であれば強すぎるくらいの張力です。 ここまで書けばもう分かると思いますが、は張力が弓矢と比較してあまりにも桁外れです。 なので弓矢もまとめて規制したとしても、それが100ポンド以上を規制、のようなものであれば和弓やアーチェリーに与える影響は全くないというわけです またに関しても、競技用のは95ポンドが規制値となっているため、この規制には引っかからないと思われます ポンド数で規制したとして、国内に出回っているに関してはどう扱うのかが大きな課題 ポンド数にて実質的なの規制が出来たとしても、そこからも更に問題が生じます を輸入し販売する業者は不良在庫を大量に抱えることとなる は海外から輸入されたものが、日本でも多く出回っています。 そのため、武器ショップや通販ショップは多くの在庫を抱えていることでしょう。 が規制されてしまえば、在庫を捌くことが出来なくなってしまいます。 店としては大損です。 その損害に関してはどこが責任を取るのでしょう? そもそも元は規制がなかったものです。 それを在庫として抱えていただけ。 なのに今日から違法ハイ全部捨てて、なんてのはこの令和の時代に絶対に通用しないでしょう 単純所持が規制されるなら、国が取り上げることになる 店の在庫以外にも、は既に日本にて多くが出回っています。 なので今更規制したら、それらの回収などはどう行うのか?という問題があります。 は高いものなら10万円以上します。 そんなものを国に無条件で取り上げられるとしたら、持っていることを隠してしまう人も多いでしょう。 その結果、後々になって違法所持で逮捕される人が増えるような気がしてなりません 罪でなかった事が罪になるというのはとても大きな問題なのです 買い取るにしても、自作は値段が付かない または仕組みが単純ゆえ、自作のも数多く存在します。 そのため、国が全て買い取るというのも無理な話なのです 自作を国が買い取る場合、値段はどう付けるのでしょう?そもそも自作のなんかには値段はありません。 材料費で買い取るとしても、レシートなどは当然残っていないでしょう。 それに製造にかかった手間や時間などはどう考慮するのか?という問題が残ります。 所持している人が満足できるような基準を作らなければ、これまた一般製品ののように隠して所持してしまう人が増えるでしょう。 さらに言えばは簡単に作れます。 そのため買い取るという声明を出した途端に、金目当てにガタを制作するずる賢い輩も現れると思われます 自作のなんて廃棄するように言えばいいんじゃないか、と思う人もいるかも知れませんが、それで実際廃棄してくれる人がどれくらいいるか……急に国が自分の私物を「捨てろ」って言ってくるんですよ? 恐らくは廃棄せずに隠し持つ人が多いでしょう。 これまた違法所持で逮捕される人を増やしてしまいます このように、規制したはいいがその後どうする?という大きな問題が残っているのです 単純所持を規制するのではなく、輸入を禁じるのであればこの問題は解決する 上のように単純所持の規制、などではなく、業者または個人への「100ポンドを超える弓矢類の輸入の制限」であるとすれば、現在国内にて出回っているに関しては無視することが出来ます 日本国内にてを作っている業者はありませんから、今後は国内にて100ポンドを超えるは非売品となります。 しかし、これなら今現在所有している人への制限はありません。 当然自作に関してもノータッチです。 登録証が無いまま所持を続けたり売買を行う事は処罰の対象となりますので、速やかに所轄の警察署(派出所ではありません)の生活安全課へ、現物と印鑑と身分証明書を持っておいでください。 このようなものを今後の販売、所持に義務付ければ、少しは危険性が下がるでしょう まあ問題としては例のごとく、登録証を持たずに所有する人が違法所持でしょっぴかれてしまうという点ですが。 個人的には規制はされて欲しくない。 あくまでも問題なのは、道具を凶器にする狂人 そもそもとかの武器を買う人って、ガンマニアと似たようなもんだと思うんですけどね 例えばマック堺さんとか海外にわざわざ出向いて、世界の色んな実銃を本当に楽しそうに撃っています。 でも、この人が実銃で人を殺したいとかそういう危険なことを考えているか?というとそうでは無いでしょう あくまでも撃つ事自体を楽しんでいるわけで、別に人に向けて撃ちたいとかそういうのでは無いはずです だって似たようなもんだと思います。 競技用以外のハンティングをわざわざ購入するような人は、で的撃ってアドレナリンが出る感覚と、それ自体の無骨な美しさや機能美によるコレクション性を好んでいるだけで、別に人間を打ちたいとか思っていないでしょう ぶっちゃけて言うなら日本刀を所有している人と大して変わらんのです。 日本刀を馬鹿にするなと言う声も聞こえそうですが、見た目の美しさ、武器としての危うさなどを魅力としているのはどちらも同じですし、いざとなれば危険な凶器になりうる点もソックリです 違うのは日本刀は剣であるために実際に使うと価値が下がる恐れがあるため、実際に居合とかする人が居ないってところですが 私としては武器というカテゴリーがそこまで嫌いじゃありませんから、正直なところ規制には反対ですね。 やなどには自作のスリングライフルとかの動画か沢山上がっていますが、個人が良くぞここまで作るものだ、と感心するような動画も多いです。 そういう動画を見るのを楽しんでいる私からすると、規制されてしまうと非常につまらないんですよね 何をくだらないと思う方も居るかもしれませんが、私からすれば何でもかんでも規制すりゃいいって考えの方がくだらないと思います は既に持ち歩けばにて取り締まられます。 それで十分なのではないでしょうか。 今回のケースを見るに、別にがなければ包丁でやってたでしょう。 包丁が無ければでやってたと思います。 人間誰しも相手を殺したいと思うほど憎んだことがあると思います。 そこで理性で踏み止まることが出来るのが人間です。 しかし理性で踏みとどまれなかった者は、それを行動に移してしまう。 その際に使う道具なんてなんでも良くて、今回はたまたまだった。 そういうレベルのことです。 もしがなければ鉄パイプや包丁でやっていたでしょう。 殺意を持った人間からすればなんだって武器になります。 包丁は持ち歩けば銃刀法違反ですが、包丁による殺人は後を経ちませんよね。 対して規制も何も無いにおける殺人事件って、今までどれくらいの数起こったのでしょう? 屁理屈かも知れませんが、殺意のない人間にポンとを渡しても誰も殺さないように、そのものに罪はありません。 そして殺意のある人間に渡せば、例え石ころでも立派な凶器になるでしょう。 本当に人を殺すような人間はなどわざわざ用意せず、相手の家にガソリンを撒いて火をつけるくらいのことは余裕で行うでしょうに 問題はではなく、もっと別の部分にあると思いますよ ONSEN.

次の