クリスティアーノ ロナウド 名言。 クリスティアーノロナウドの3つの名言から学ぶモチベーション管理方法

クリスティアーノ・ロナウド名言集!!!!

クリスティアーノ ロナウド 名言

「1回、2回、3回とフェイントを繰り返したらゴール前には誰もいなかった」 これはたぶんまだ20代前半の頃の発言でしょうか! 今もスプリント力は素晴らしいものがありますが、現在はどちらかというと、ドリブラーよりもストライカーよりの選手に変貌を遂げているロナウド。 そんなロナウドも20代前半はバリバリの快速ドリブラーでした!ボールを持ちすぎなくらいドリブルしまくっていました!(笑) そんな頃の発言でしょうね! そんなこと言ってみたい(笑) 「僕は野心家だ。 偉大な選手たちが歩んできた道筋を追いたいし、個人タイトルとチームの優勝の両方を手にしたいと思っている」 最近でこそバロンドールも通算4回受賞し、母国ポルトガルのEuro2016制覇によって、国際タイトルも獲得したロナウド選手。 しかし、これだけのタイトルを勝ち取れたのは、「タイトルが欲しい」という気持ちを持ち続けたからというのが1番ではないでしょうか! そして、努力を惜しまなかったこと! 2008年に一度バロンドールを獲得し世界最高の選手の称号を手に入れましたが、その後の4年間はメッシ選手がバロンドールを獲得しています。 ロナウド選手もとんでもない活躍を見せていましたが、メッシ選手がそれを上回る成績、チームタイトルを獲得していました。 この頃のロナウド選手の心境は私には分かりかねますが、かなりの負けず嫌いの性格ということから察するに 相当悔しい思いをしていたはずです。 周りからの罵声もたくさんあったでしょうし、笑われることもあったはずです。 そんな状況でも努力することに集中していたんでしょうね! ロナウドは2013、2014年と2年連続で世界最高の座を奪還します! そして今年の2016年度もバロンドール受賞です! 努力は裏切らないとはまさにこのことですよね!(この次元になると、規模がでかすぎるきもしますが) 今年度ポルトガルがEuroを優勝したことで、ロナウドにとって初の国際タイトルを獲得しました。 メッシとロナウドに関しては、クラブではタイトルを獲れているが、国際タイトルとは無縁であるというような意見がたびたびありましたが 見事その意見を結果で黙らせる形となりました! 思うは招くという言葉がありますが、ロナウドは 個人でもチームでも全てを勝ち取りたい と思い努力したから全てを勝ち取ることができましたんですよね! 全ては思うことから、始まるのかなと感じました! 思うは招くです!! 植松努さんのお言葉ですので、調べてみてください! 「プレッシャーのおかげで強くなれるのだと、証明したかった。 試練に立ち向かい、勝った。 シーズン開幕からできる限りリラックスするように努め、試合中、絶え間ないブーイングから自分を守る壁を作り上げた。 そんな雑音を無視しているうちに、新たなモチベーションが芽生えてきたのだ」 数々のプレッシャーを乗り越えてきたからこそ、言える言葉でしょうね! もはや、私には解説できません(笑) ロナウドの感性を感じるのみです!(笑) 「バルセロナが素晴らしいチームで、素晴らしい監督がいることは認める。 でも、我々は必ず追いつく。 難しければ難しいほど、達成したときの喜びは大きいものだ」 今でもバルサは、MSN(メッシ、スアレス、ネイマール)を有しており、とんでもなく強いのですが 08-09からの数年はバルサが特に最強の時代がありまして(私の主観です) どのチームもボールを全然持てなくて、コテンパンにやられてしまう状況のシーズンが数年続いていたことがあったんですね。 レアルがバルサに0-5で大敗したこともありました(笑) 試合見てた時は唖然としてました(笑) そんなときの発言ではないでしょうか。 今では、バルサとも互角に戦えています! 正直このころは、マドリーファンの私としてもバルサの美しいフットボールを認めざるを得ないくらい、強くて、見ていて楽しい試合をバルサは展開してました! ここからはざっと紹介していきます! こんなのはまだ一部分。 時間が経てば、もっと凄いモノを見せられる。 メッシに並びたい ユナイテッドに移籍してから、僕は盗めるものは何でも盗んでやろうと一生懸命練習した。 そういう小さな積み重ねを成長って呼ぶんだ。 ざっと上げていきましたが 何かを成し遂げる人は発言が似ていることにお気づきでしょうか? イチロー選手も小さいことをコツコツと続けることが大きいことを成し遂げるための唯一の近道と言っていたり ミチスルの終わりなき旅という歌にも、高ければ高い壁の方が登った時気持ちいいもんな。 という歌詞があり ロナウド選手のバルサについて発言したときと意味合いが似ていますよね! 最後に僕が1番すごいなと感じたロナウド選手の名言を紹介します! 自分が男前で金持ちで、偉大な選手だからだろう。 皆が僕に嫉妬している。 それ以外説明のしようがない。 この発言はインタビュアーの、どうしてあなたはこんなにも嫌われているのですか?という問いに対してだったと思います。 少しイライラして返したのか(笑)真意は分かりませんが、僕がこれを見た時笑ってしまったのを覚えています(笑) あまりにも事実すぎて、誰も反論できないですからね! ただ、周りを敵にしてしまうような発言でもあるのかなと 逆に言うととっても素直だということでしょうか!(笑) ロナウドは人間味があるというか、感情が表に出ることが多々ある印象なんですよね! それがいい意味で尊敬できるというか、成し遂げるためには必要な要素でもあるのかなと! ロナウドの我が強さ!! 自分を主張するのは、大事ですからね! シャイになってる場合じゃないです!(僕はシャイです。 ) こんな感じで、ロナウドの名言を書いてみました! ぜひ、テレビでロナウドの勇姿をその目に焼き付けてください! 地上波でロナウドのプレイを見れるなんて中々ないですよ! 見ないと人生損してます!(笑) ぜひみてください! 今回もお読みいただきありがとうございました。 では一本締めで!よ〜おっ!!.

次の

【名言】クリスティアーノ ロナウド 一流のマインド【成功法則】

クリスティアーノ ロナウド 名言

こんにちは、きゃぷてんです。 しかしながら、自分の仕事に誇りが持てない、故にやる気が出ないと言った具合に、仕事がうまく行かず私生活にも影響が出ている同僚を目にしますので、僕の同僚と同じように「モヤモヤした気持ちのまま」サラリーマンを惰性で続けている人も多いと思います。 また、電車に乗っていると心に余裕が無いのか、喧嘩腰であったり、すぐに舌打ちをするようなサラリーマンをよく目にします。 (つい最近、舌打ちされました、笑) 心に余裕が無い原因の多くは「お金が無い」か 「仕事・生活がうまくいっていない」です。 そこで今回は、僕が尊敬しているプロフェッショナルの1人「クリスティアーノロナウド(サッカー選手)」の名言から、 プロフェッショナルとは何かを学び、あなたの仕事がうまく行くようモチベーションを上げていこうではありませんか。 モチベーションが上がれば結果が付いてきますし、それに応じて昇格も見込めますので。 イベントで来日したクリスティアーノロナウドに質問ができる機会がありました。 その際、とあるサッカー少年がポルトガル語でクリスティアーノロナウドに質問を行ったところ、メディア席からはクスクスと笑い声が聞こえてきたため、クリスティアーノロナウドは 「どうして笑うんだ、彼は立派なポルトガル語を話している」と記者たちを注意したことがあります。 頑張っている少年を笑う大人たちのことを許せなかったのだと思いますが、僕が少年の立場だった場合、会場から笑い声が聞こえた時に「ひと笑いとった」と満足したかもしれません(笑) 僕の感覚はさておき、 この一件がクリスティアーノロナウドの優れた人間性が広く認知されるエピソードとなりました。 さてさて、クリスティアーノロナウドことをざっくりと理解したところで、彼の名言からプロフェッショナル論を学んで行きましょう。 クリスティアーノロナウドの名言 この背番号に恥じないプレーをしてみせる。 この背番号に恥じないプレーをしてみせる。 スポルティングからマンチェスターUに移籍した際に発した言葉です。 マンチェスターUでは、代々背番号7はチームを代表する選手が付けるという習慣があり、振り返れば、ジョージ・ベスト、エリック・カントナ、デイヴィッド・ベッカムといったサッカー界のレジェンドたちが背負ってきた番号です。 歴史と伝統という計り知れないプレッシャーのなか、クリスティアーノロナウドは上記の言葉を発しました。 この言葉から学べることは 「与えられた使命の理解」です。 なぜ自分の仕事が必要なのか、どうして今の作業をやっているのか、表面的なことは理解していたとしても、その仕事が生まれた過程や歴史まで考えている人は多くありません。 すると、前述のように「自分はだたの歯車」といったネガティブなイメージを持ってしまうわけです。 たとえ歯車の1つであっても、その歯車がなければ組織が機能することはありません。 ミニ四駆をイメージするとわかりやすいのですが、駆動部のエネルギーをタイヤに伝えるためには複数の歯車を利用し、その1つでもかけてしまったらミニ四駆は走ることができませんよね。 また、ミニ四駆の歯車の配置は、効率よくエネルギーをタイヤに伝えるために設計された歴史があります。 それぞれの歯車の仕事は「エネルギーを次の歯車に伝えるだけ」ですが、歴史を紐解けば、なぜその歯車が必要なのかがわかってきます。 自分の仕事にモチベーションを見出せない場合、ミニ四駆の歯車で言えば「エネルギーを次の歯車に伝えるだけ」としか認識していないことが多いです。 しかしながら自分の仕事が生まれた背景を学ぶと、自分の存在意義や使命が見えてくるので、モチベーションをあげることができます。 小さな積み重ねを成長って呼ぶんだ。 僕は盗めるものは何でも盗んでやろうと一生懸命練習した。 そういう小さな積み重ねを成長って呼ぶんだ。 こちらも、スポルティングからマンチェスターUに移籍した際に発した言葉です。 マンチェスターUは世界的なビッグクラブで、所属する選手は1流選手ばかりです。 当時のクリスティアーノロナウドからすると、学ぶべきお手本がいっぱいいるという感想でしょう。 この言葉から学べることは 「長期的な視点をもつ」ということです。 人間は本能的に怠けることが好きです。 その本能があったからこそ、もっと楽をしたいと願い今日の科学技術の進歩があったことは否定できません。 この「怠けることが好き」というのが厄介で、長期的な視点を持ちにくくなるといったデメリットがあります。 つまり「結果を早く求めてしまう」ということですね。 研究者や起業家といった人種であれば「結果が出るまでには時間がかかる」といった認識は常識ですが、我々一般人からすると、やっぱり結果は早く出てほしいものです。 資格の勉強を始めたらすぐに合格する、資格取得を機にプロジェクトリーダーに任命される、新プロジェクトが成功する、といった具合に最短経路を望んでしまいますが、現実は甘くありません。 すると、 目に見える結果がなかなか出ないのでモチベーションも下がってしまいます。 しかしながら、上記の名言の通り「小さな積み重ねが成長である」と認識できれば、自分の変化を感じてやる気が出てくるわけです。 例えば、ダイエットのモチベーション維持の方法としてレコーディング(毎日体重を記録する)というテクニックがあります。 1日数百グラムの減量では見た目の変化はありませんが、レコーディングにより自分の変化を目に見える結果として残すことで、成長を感じモチベーション維持に繋げています。 このテクニックを仕事に応用する場合は「1言でもいいから日記を書く」と、自分の変化を感じることができるので、モチベーションを保つことができます。 フェイントを繰り返したらゴール前には誰もいなかった。 1回、2回、3回とフェイントを繰り返したらゴール前には誰もいなかった。 こちらは、スポルティングでのプロデビュー戦後のコメントです。 クリスティアーノロナウドのポジションはFWまたはMFであり、試合では相手ゴールの近くでプレーしています。 そのため、彼はゴールを決めることを最終的な目的としてプレーし、プロデビュー戦後に上記の言葉を発しました。 この言葉から学べることは 「目の前の仕事に全力を出すと結果に繋がる」ということです。 試合中では、相手チームの選手と幾度となく勝負する場面があり、その一戦一戦に全力を出していたらゴールに繋がったと言う趣旨での発言であると推察できます。 相手選手をフェイントで抜き去ること自体は得点になりませんが、それらが積み重なった時にゴールを決めるチャンスを掴むことができます。 仕事では、一見自分の評価に繋がらなそうなことをしなければならないことがありますよね。 特に、目に見える結果が残らないものであればなおさらやる気は出ません。 しかしならが、与えられた業務を求められているクオリティ以上に全うすると、上司に貸しを作ることができます。 心理学では「返報性の原理」というものがあり、簡単に説明すると「貰ったものと同等のお返しをしたくなる」という心理状態のことです。 上司への貸しを積み重ねていくことで、そのお返しがいつか必ずきます。 お返しが、昇格なのか、リーダーへの抜擢なのかはわかりませんが、必ずあなたの元に目に見える形で帰ってきます。

次の

クリスティアーノ・ロナウドの素敵なエピソード

クリスティアーノ ロナウド 名言

マンチェスター・ユナイテッドから世界最高峰といわれるリーグ、リーガエスパニョーラの名門レアル・マドリードへと活躍の場を広げ、数多くのタイトルをもたらした クリスティアーノ・ロナウドですが、ここまで来るには相当な努力があったはずです。 クリスティアーノ・ロナウドのプロフィールや経歴 名前 :クリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロ ポジション:FW クラブ :レアル・マドリード(スペイン) 生年月日 :1985年2月5日 ポルトガルのマデイラ島ファンシャルで生まれたロナウドは、6歳のときにサッカーを始める。 そしてスポルディングCPに所属していたころ、マンチェスター・ユナイテッドとの親善試合に出場し、 アレックス・ファーガソンの目にとまり、マンチェスター・ユナイテッドに入団することになる。 マンチェスター・ユナイテッドに数々のタイトルをもたらしたロナウドは、かねてから獲得に興味のあった レアル・マドリードに当時としては破格の 128億円という移籍金で入団し、その後もその破格の移籍金に匹敵する活躍を続けています。 Cロナウドの華麗なる個人受賞歴 ・FIFAバロンドール・・・・・・・・・2回 ・バロンドール・・・・・・・・・・・2回 ・FIFA最優秀選手・・・・・・・・・・2回 ・プレミアリーグ得点王・・・・・・・1回 ・UEFAチャンピオンズリーグ得点王・・6回 ・UEFA年間最優秀選手・・・・・・・・1回 ・FIFAクラブワールドカップ得点王・・1回 ・UEFA欧州選手権得点王・・・・・・・1回 ・UEFA欧州最優秀選手・・・・・・・・1回 プレースタイル 典型的なストライカーで、ペナルティーエリア内でのロナウドは相手にとってかなりの脅威であることは間違いありません。 跳躍力・フィジカルは桁違いに強く、相手のマークを外し、縦横に抜けていきます。 ロナウドが最も得意とするシザースは、ドリブルの重心が低く、体幹が強い上、重心がほとんど動かずにボールをまたいでいるため、次のステップに素早く移れるので一瞬で相手を抜き去ることができます。 クリスティアーノ・ロナウドの3つの凄さ ヘディングが凄い Cロナウドの特徴は何と言っても類まれな身体能力から繰り出される 驚異的に高いヘディングです。 このヘディングの 最高到達点は3メートルに迫ると言われており、それはゴールマウスの高さ244センチを大きく超えています。 NBA選手にも匹敵する跳躍力、そしてこれほどまでに 高く飛んでも全くバランスを崩さずにヘディングができるのはCロナウドだけでしょう 高速ドリブルが凄い Cロナウドは高速ドリブルでも有名です。 相手と対峙したとき、相手の後ろのスペースへボールを出して自ら追いつくことができます。 相手選手は自分の後ろにボールを出されるかっこうになるので、一度振り向く時間があるため一歩後れます。 そのスペースは5メートルほどあれば十分だと言われており、この技は裏街道と呼ばれています。 Cロナウドは最初からスピードが出るというよりも、後からスピードにのるタイプなので、一度トップスピードにのったCロナウドを止めることは難しくなります。 あのトップスピードの中で前後左右に動きながらボールをコントロールしても全くバランスを崩すことがありません。 プロサッカー選手としての自覚が凄い Cロナウドは プロサッカー選手としての自覚が凄く、それが ストイックさとして表れています。 まず 食事管理はスポルティングに所属していた 12歳の時から始めたそうです。 当時はチームから提供された食事にフライドポテトが入っていた時などはライスに交換してもらったり、ジュースなどは口にしなかったそうです。 アルコールやたばこは勿論、食べ物には細心の注意を払い、脂肪分の多い食べ物などは一切口にしなかったそうです。 それは 現在も続いており、1日の摂取カロリーは 約3000キロカロリーと言われています。 またCロナウドは 練習の虫とも言われており、練習場には最初に来て最後に帰るそうです。 Cロナウドの代理人を務めるホルヘ・メンデス氏も 「あれほどのプロフェッショナルは滅多にいない。 あれ以上に自己を律している男はどこにもいない。 ほかにも努力をしている選手はいるが、あそこまでサッカーにすべてを捧げている男はいない。 あの情熱、献身、自己犠牲の精神は特筆されるべきものだ」 と話しています。 Sponsored link Cロナウドの凄さは努力の賜物! 世間一般的には、天才のメッシ・努力のCロナウドと表現されていますが、 Cロナウドは非常に努力家と言えます。 トップスピードにのったドリブルでも、驚異的に高いヘディングをした時でもバランスを崩さずにいられるのは 強い体幹があるからです。 その体幹を作り出し、維持継続できるのは日々のトレーニングにあることがわかります。 C・ロナウドは、 「すべてのプロ選手には才能があると思うんだ。 でもそれを磨く努力をしないと偉大な選手に決してなれないよ。 僕は、常にそれをやるように心がけている。 自分の能力をピッチで出せるよう努めているんだ。 試合でも練習でも、いいプレーができるようにね」 とコメントしています。 CMでもお馴染みのあの腹筋を見ればわかります。 彼は 15歳からシャワールームで腕立て伏せをする習慣を始めたそうです。 その腕立て伏せは現在でも続いており、ポルトガル代表DFのジョゼ・フォンテも次のように証言しています。 「彼はシャワールームでも腕立てをしていたのを覚えているよ。 彼はみんなに言ったんだ。 『俺はトレーニングの後でも誰よりも多く腕立て伏せをする』と、ね。 そして、彼は実際にやっていた。 誰よりもたくさん腕立てをしていたんだ。 このことが、彼がいかに競争的な人間であるのかを示しているよね。 彼はその時から誰よりも先を行っていたんだよ」 と誰よりもサッカーが上手くなることを考え、誰よりも練習に励んだのでしょうね。 そんなストイックさも感じられるC・ロナウドですがどんな性格なのでしょうか。 Cロナウドの名言から分かるその性格は? 類まれな身体能力、才能を有し、偉大な選手になるためにその才能をストイックに磨き上げて世界有数のトッププレイヤーに昇りつめ、維持しているCロナウドですが、どのような性格なのでしょうか? いくつかの名言から読み取ってみたいと思います。 「ユナイテッドに移籍してから、僕は盗めるものは何でも盗んでやろうと一生懸命練習した。 そういう小さな積み重ねを成長って呼ぶんだ。 」 日本で言うなら、継続は力なり といったところでしょうか。 向上心があるからこそ、サッカーが好きだからこそ、人の良い部分を生きた教材とし、自分のものにする、正に努力を怠らないことが伺えます。 「プレッシャーのおかげで強くなれるのだと、証明したかった。 試練に立ち向かい、勝った。 シーズン開幕からできる限りリラックスするように努め、試合中、絶え間ないブーイングから自分を守る壁を作りあげた。 そんな雑音を無視しているうちに、新たなモチベーションが芽生えてきたのだ。 」 強いチームに行けばファンの期待も大きく、結果を残して当然という空気の中で相手と対峙することは、まず相手チームではなくそのプレッシャーと戦わなければなりません。 Cロナウドは何時しかそのマイナスの状況をプラスにしてしまう強い精神の持ち主だという事がわかります。 「サッカーをやめたいと思ったことは何度もある。 でもサッカーを嫌いになったことはない。 」 これは私が一番好きな名言です。 Cロナウドもみんなと変わらない、生身の人間です。 当然に弱さも兼ね備えています。 逃げ出したい時、周りとうまくコミュニケーションが取れない時、調子が悪い時、プレッシャーに押し潰されそうになった時もあると思います。 そんな時に初心に戻ることによってサッカーが大好きでサッカーを愛していることを再確認するのでしょう。 「聞いてくれ、俺は我々の勝利を確信している。 だからみんなと一緒にいるし、一緒に戦う。 」 これはEURO2016決勝戦で、前半開始早々に激しいチャージを受けて負傷交代し、涙を流しながらロッカールームでチームメイトに伝えた言葉です。 Cロナウドは自分自身ではなく、 チームを最優先に考えるキャプテンシーを持ち合わせていることがわかります。 何故なら、この言葉でチームは奮い立ち、ポルトガルを優勝に導いたからです。 周りの選手もCロナウドが真のキャプテンだと認めている証です。 最後に Cロナウドの凄さは、どんな激しい接触にも負けないフィジカルの強さ、打点の高いヘディングが可能な跳躍力、トップスピードでドリブルしても体制が崩れない類まれな身体能力、周囲を引き付けるキャプテンシーです。 これらを可能にするのが、12歳から続けている食生活の管理、15歳から続けている筋力トレーニングという小さな努力で才能に磨きをかけ、陰で努力する姿を周囲が認めている事だと思います。 更に、チームワークの大切さや、サッカーを心から愛している気持ち、マイナスの状況をプラスに変えてします精神的強さ、相手の良いところを自分のものにする向上心、 そして何よりも小さな積み重ねを怠らない努力を持ち合わせているCロナウドはプレイヤーとしてはもちろん、性格の面でも世界ナンバーワンプレイヤーの称号に恥じない選手であることは間違いないでしょう。 Sponsored link•

次の