太陽 光 発電 後悔。 太陽光発電とは?仕組みやメリット・デメリット、2020年最新動向を解説

太陽光発電を導入して後悔する理由ベスト5選!!

太陽 光 発電 後悔

スポンサードリンク 太陽光発電所運営で後悔していること さて、今日はここまで太陽光発電を運営してきて、これはちょっと失敗だったなぁと後悔していることを紹介したいと思います。 もしも次があったらこの点だけは絶対に改善します。 これから始めようとしている方は是非参考にしてください。 太陽光発電所運営でものすごく後悔しているのは 「フェンス」についてです。 いくつか理由がありますが、まずは以下の写真を見てみてください。 このようにフェンスがギリギリにあることで砂利を敷いている外から葛などの雑草がフェンスをつたって生えてしまい、そのがパネルの影になって発電量のロスを起こしています。 もっと低いフェンスにするかフェンスを設置する場所をもう少し考えて雑草が生い茂らないように対策するべきでした。 ギリギリなので雑草が生えてしまうと外から回ることもできず対策もやりずらいです。 さらに、 このフェスかなり高さのあるフェンスで一番上はバラ線となっており、かなりコストもかかっております。 1号機のみで100万円弱は掛かっていたと思います。 もっと高さの引く普通のフェンスを現状の半額以下で設置すれば十分だったと思っております。 万が一盗難にあっても保険でカバーされますし、発電が止まった期間の売電保証もされます。 ほとんどマイナスのことはないのです。 利回りを高くするために初期投資のコストを抑えるとしたら絶対にフェンスだと思います。 全くないのは心配ですが、必要最低限で十分だと思います。 フェンスの外が雑草が生えやすい環境の場合は上記写真のようになってしまう可能性もあるのでご注意ください。 もしもこれからフェンスをと考えている方は参考にしてみてください。

次の

太陽光発電とは?仕組みやメリット・デメリット、2020年最新動向を解説

太陽 光 発電 後悔

高額で買わされメリットは薄い 年間の金銭的なメリットは69,281円で、 10年間では約70万円のメリットです。 しかし、投稿者様は140万円もの高額で購入してしまい、せっかくのメリットが無くなっています。 なので「太陽光発電システム」購入額以上の利益を得るには 約20年以上はかかる計算になります。 営業マンの言いなりにならない• 平均単価を知ること• 3社以上の相見積もりをする• 一括見積サイトを使う• 粘り強く価格交渉をする 👇参考までに、私のリアルな購入体験も書いています。 シュミレーションは購入前にするべき シュミレーション計算は、 契約前に必ずしておくことが重要になってきます。 あなたの家がどのくらいの、設置メリットがあるのか調べるには、 優良な販売業者にシュミレーションをお願いしましょう。 それでは、投稿者様の、 実際のデータ写真と口コミをご覧ください。 また、税金なども考慮していませんので、おおよその額でお考え下さい。 太陽光発電を設置して良かった点 電気代が安くなった 昼間の電気を太陽光発電でまかなう事ができているので、電気代が安くなりました。 特に夏場は、発電量が多いため電気代がとても安くなります。 冬場2階が暖かく感じる ソーラーパネルを屋根にのせているせいか、若干ですが、冬場二階の部屋が暖かく感じるのと、夏場は暑さがマシになった気がします。 売電収入が得られる 昼間に発電した電気は、自家消費をしますが 使わなかった電気は売ることが出来ます。 その売電により収入が得られるので、すごく得した気分になります。 停電や災害時に電気が作れる 停電や、何か災害があった時などに、発電した電気が使えるという安心感があります。 昨今、自然災害が多く発生していて、いつ自分の身に降りかかるかわかりません。 「備えあれば憂いなし」で、太陽光発電をつけているおかげで少し心配が減りました。 節電を意識するようになった 電気をなるべく使わないようにすると、売れる電気量が増え しゅにゅうが増えます。 なので、売電量を増やす為に、節電を意識するようになりました。 今までは、何も考えずに生活していましたが、昼間はなるべく電気を使わないように心がけています。 太陽光発電を設置してみて、後悔している事 高く買ってしまった。 あまりにも、太陽光発電の事にたいして無知だった為に、営業マンの言う事を鵜呑みにしてしまい、高い買い物をしてしまったと後悔しています。 今、一括見積もりサイトや、家電量販店などで安く売られています。 営業マンの「今、キャンペーンで」の言葉を信じて、値段が高いのか安いのかを調べず購入してしまいました。 もっと他の業者から見積もりを取ってから検討すれば良かったです。 これから太陽光発電を買うかたへアドバイス 見積もりは、一社では無く沢山の業者さんから取ってから比較するといいです。 また、説明はしっかり聞いて納得した上で購入するべきです。 アフターフォローの事もしっかり確認しておきましょう。 だいたい10年で元が取れるらしいですが、本当にそれで元が取れるのか、発電シュミレーションをしっかりと出してもらいましょう。

次の

よくある太陽光発電を設置して後悔する理由ベスト10

太陽 光 発電 後悔

太陽光発電はやめた方が良い!というのは実は誤解があります。 損をしたと後悔する人も確かにいますが、 私を含め、太陽光発電で得をしたと思っている人が実際にいるのも事実です。 では、売電価格が下がった今、太陽光発電を設置するメリットとは何なのか? 整理してみましょう。 3つのメリット 設置価格が大きく下がった 太陽光発電設置に掛かる費用はこの数年で驚くほど安くなりました。 私が最初に太陽光発電の設置を考えたのは2011年頃でした。 不動産投資している物件に太陽光発電を設置して売電で儲けようと考えたのです。 しかし、当時はソーラーパネルの価格も高くタイナビのデータによると、 2011年で1kwあたりの価格が46. 太陽光パネル自体の価格が世界的に安くなった• 太陽光パネル設置の技術が進歩し、効率良く設置が可能となりリソースがかからなくなった 太陽光発電の設置費用がこんなにも安くなった理由はおもにこの2つになります。 太陽光発電のソーラーパネルの性能が大きくアップ 太陽光発電の設置費用が安くなった一方で、ソーラーパネルの性能は飛躍的にアップしました。 ソーラーパネルの性能の中でも『発電効率』が上がったことで、 同じ枚数のソーラーパネルでも多くの発電が可能になりましたし、 小さな屋根への設置でも、十分な量の発電量を得る事ができる様になったんです。 海外の太陽光発電ソーラーパネルのメーカーでも、発電量と耐久性を向上させたため、日本製のソーラーパネルと変わらない性能になった事も大きく、 太陽光発電で儲けている人の中には、海外メーカーの性能の良いソーラーパネルを導入している人が多くいます。 売電価格は下がったのに、今でも太陽光発電で損をしたとは思わない。 むしろ設置価格と発電効率が上がった今設置する方が得だったと感じるのは、こういった理由が大きいのです。 値上がりを続ける電気代が1円もかからない 2020年も太陽光発電を設置するメリットの3つ目としては、電気代の大きな節約になる点です。 太陽光発電で発電した電気を自家消費することで生活をし、余った電気を電力会社に売電する。 電気代が節約できるだけでなく、売電による収入も得られるという大きなメリットになります。 電気代は毎年値上げ傾向にあり、今後も続くと予想されていますので、 電気代が自家消費でまかなえるというのは家系的にもとてもメリットになりますね。 2020年太陽光発電の設置は得か損か?シュミレーションしてみよう では、本当に2020年も太陽光発電で損はしないのか?本当に得なのか? 実際に数字で検証してみましょう。 ここで取り上げるデータは、2020年時の実際の設置業者さんの最新のデータになります。 2020年の太陽光パネル1kwあたりの単価20万円 発電容量6. 24kwの設置事例になります。 太陽光発電を設置して10年後、元は取れているのか? 得しているのか?損しているのか? 検証してみましょう。 算出すべき金額はこの3つです 10年間の売電収入と節約できた電気代の合計が、太陽光発電の設置費用を上回れば10年以内に元をとり、10年後しっかりと得をしている事になります。 step 1太陽光発電の設置費用(初期費用)の算出 2020年の太陽光パネル1kwあたりの単価20万円 発電容量6. 24kw=125万円(設置費用) step 210年間の売電収入の算出 売電価格の算出は、• 発電量を算出(シュミレーション)• 発電できる量から自家消費分を引き、売電できる発電量を算出• 売電できる発電量に売電単価を掛ける 発電容量6. 24kwの太陽光パネルでの年間発電量をシュミレーションすると、 年間約6844kWhになります。 これは、太陽パネルの経年劣化を含んだ実際に近い数字をシュミレーションしています。 【算出結果を集計】• 設置費用:125万円• 10年間の売電収入:100万• 太陽光発電で得をしている人は、8年ほどで元をとり そこからは利益だけが出るようにプランニングしています。 日照条件や屋根の形、大きさによっても変わりますが、10年前後で元をとり、それ以降はずっと利益がでる様なシュミレーションになる様にプランニングするのがコツです。 もうお分かりだと思いますが、 太陽光発電で損をするか得をするか、その決定的な要素は『初期費用をどれだけ抑えられるか』 その1点に尽きます。 では、その辺をもう少し掘り下げてみましょう。 なぜ太陽光発電で損をする人と得をする人がいるのか? 先ほどの実例の結果で、以下の3つの金額を算出しました• 設置費用• 10年間で得られる売電収入• 10年間で得する電気代節約分 このうち、2番と3番の金額は基本的に大きく変える事はできません。 売電価格も電気代も自分で決められるものではなく、従うしかありません。 という事は、いかに最初の初期費用を安く抑えられるかが、太陽光発電で元がとれて得をするのか、元が取れずに損をするのかの決定的な違いになるんです。 先ほどの例では、設置費用が125万円でしたが、仮にあと100万円高くて225万円ほどかかっていたとしたらどうでしょう? 先ほどの10年の計算を15年で計算し直してみましょう。 15年で得られる売電収入 【算出結果を集計】• 設置費用:225万円• 15年間の売電収入:151万• 15年間で節約できる電気代合計:74万 15年経ってやっと25万円得できる計算になります。 この違いが、太陽光発電で損得の分かれ道になるのです。 また、いくら設置費用が安くても故障や屋根を破損する様な事があったら計算は狂ってきます。 なので、 安いだけでなく、アフターケア対応もしっかりとした業者を選ぶことも大事なポイントになります。 2020年太陽光発電で損をしない為の3つのステップ 今回は、太陽光発電で損する人、得する人の違いについて見て来ました。 太陽光発電は売電価格が下がっていることにばかり注目され、売電価格が下がったから今から設置するのはやめた方が良い、損をすると思われがちです。 しかし、太陽光発電で損したと後悔する人と設置して得をしてる損得の違いは売電価格は関係なく、 いかに設置費用の導入コストを抑えられるかが重要なんです。 直近の数字を使って実際に何年で元が取れて得をするのかを計算してみましたが、 初期投資が少なければそれだけ元を取れるまでの期間が短くなりますし、 設置費用が高ければそれだけ元を取るまでに長くかかってしまいお得感が得られません。 私の様な不動産投資家は所有している物件に太陽光発電を設置している人が多いのですが、 太陽光発電の損得のポイントは、設置費用を抑えること1点に尽きる!とわかっているので、 設置業者選びは絶対に妥協をしません。 私たち不動産投資家が行っている設置に関する初期費用を安く抑え、 絶対に損をしない為の3つのステップを紹介しておきます。 step 1見積もりを比較する 太陽光発電をお得に設置するには、まずは見積もりを比較するのが一番です。 一括見積もり比較はタイナビを使っていれば間違いありません。 step 2しっかりとシュミレーションをする 見積もりが出たら、その値を使いながら 何年で設置費用の元がとれて、何年目以降から利益だけを得られるのか計算してみましょう。 今回例で使った考え方で計算してみてください。 step 3補助金の確認を忘れない 国からの補助金は終了してしまいましたが、都道府県や市区町村ではまだ補助金を受け取れるところが結構あります。 この辺は業者さんとも相談をして、お住まいの市区町村の状況を必ず確認をしてみてください。 2018~2020年は太陽光発電をつけるべきおすすめ時期でもある 今から太陽光発電を設置を考えている方は、売電価格が高かった頃の初期にソーラーパネルを設置した人はいいな~。 きっと儲かっているんだろうな~と思うかもしれませんね。 でも、わたしは ソーラーパネルの発電性能が飛躍的に上がり、 一方で価格はほぼ底値と言われる2018~2020年の今の方がよっぽどお得だと考えています。 信頼できる実績があり• 設置価格が安く抑えられ• アフターケアもしっかり対応してくれる そんな業者を選べれば、太陽光発電は今まさにおすすめの時期だと思います。 さらに蓄電池を併用すると自然災害時の対策にもなる 近年は災害によって電気やガスなどのラフラインが途絶えるケースも発生しています。 電気は貯めることが出来ないので、太陽光発電を使ったとしても夜になると電気が使えなくなります。 そこで使えるのが蓄電池です。 蓄電池は電気を貯める機能があり、日中に発電した電気を貯めて夜に使ったり、あらかじめ充電をしておけば数日は電気が使えるものもあります。 最近は 「家庭用蓄電池」として安価な製品も出てきましたので、合わせて使用するとさらに太陽光発電の価値が出てきますね。 太陽光発電で損をしない為の信頼のできる業者探しにおすすめのサービス2社 私たち不動産投資家の間でも太陽光発電業者探しで使うのはこの2社です。 タイナビだけでも良いですが、より妥協なく安くて良い業者を探すならグリーンエネルギーナビと両方で見積もりを取ると完璧です!.

次の