モンスターハンター ワールド アイス ボーン 双 剣。 双剣の特徴と操作

【モンハンワールド】武器一覧|双剣

モンスターハンター ワールド アイス ボーン 双 剣

鬼人化を行う• ゲージを溜めて鬼人強化状態へ• 鬼人化と鬼人強化状態を維持 双剣独自の決まりごとして、この3つの流れの維持が存在する。 チャアクなどのような複雑さは無いが、 動き回ってスタミナを管理しながら維持するため、気をつけないとすぐに息切れしてしまう。 鬼人化を行う 戦いが始まったらまず鬼人化。 「鬼人化」中はスタミナが減り続けるが、攻撃が強化されて移動速度も向上する。 さらに、鬼人化中に攻撃を当てると 「鬼人ゲージ」が溜まり、後述の「鬼人強化状態」になれる。 「鬼人六段斬り」は鬼人ゲージの溜まりが良く、当てられれば一気に「鬼人強化状態」に近づける。 火力が高くスキも大きくない主力技なので、しっかり当てていこう。 ゲージを溜めて鬼人強化状態へ 鬼人ゲージが最大まで溜まると、「鬼人強化状態」となる。 通常の状態でも「鬼人化」に近い効果を得られるため、鬼人化を解除してもある程度戦えるようになる。 時間経過か、一部攻撃の度に鬼人ゲージは消費されるので注意。 鬼人強化状態の主な効果 利点 ・攻撃アクションが強化される ・攻撃速度と移動速度が上昇する ・スタミナは消費しない 注意点 ・鬼人化よりは攻撃アクションが弱い ・回避も通常の前転 鬼人ゲージを消費する攻撃• スタミナには余裕を持つ• 鬼人突進連斬を使いこなす• 特殊クラッチのチャンスを逃さない• ステップ斬りの存在を意識する• 回避強化撃ちを反撃の起点にする スタミナには余裕を持つ 双剣はスタミナ消費がとても激しい。 スタミナが無くなる寸前まで鬼人化していると、回避できずに被弾してしまう。 スタミナがある程度減ったら鬼人化を解除し、常に回避できる足を残しておこう。 大きく動きつつ攻撃できる技で、攻防一体のとても便利なアクション。 特殊クラッチのチャンスを逃さない 双剣は鬼人化中「左2回転斬り」から、特殊クラッチの「回転斬り上げ」が使える。 「回転斬り上げ」は1回で傷をつけられるので、双剣で火力を出すには必須。 出すまでに手間を挟むため、チャンスを逃さず確実に当てていこう。 鬼人突進連斬と違い動きが少ないため、狙った部位に当てやすい。 これを知っていれば、ダウン時の傷つけがとても安定する。 空中回転乱舞のやり方まとめ 鬼人化中にモンスターへジャンプ! 双剣でひときわ目を引くアクション、「空中回転乱舞」。 この技は、 鬼人化中に段差や斜面からモンスターへジャンプすることで繰り出せる。 火力も優秀なので、狙える場面では積極的に繰り出していこう。 回転中にモンスターに当たること 「空中回転乱舞」の当たり判定は、ジャンプしてから回転が終わるまでの間。 この間にモンスターに触れないと発生しないため注意しよう。 斜面から発動する スキル名 概要 各属性攻撃強化 属性特化ならLv6が必須中の必須。 会心スキル 見切りや超会心など。 火力底上げのために必須。 切れ味補助スキル キレアジの上ヒレと剛刃研磨を合わせるのがおすすめ。 鬼人化時間を大きく延長可能。 いかなる立ち回りでも必須。 スタミナ回復速度が上がる。 ランナーと違い必須ではないが、あるととても快適。 発動すると会心率が上がり、ランナーと同様の効果を得る。 玄人向けだが、ランナーを採用せず力の解放だけを入れる構成も強力。 基礎会心率と属性値を大きく底上げ。 双剣と相性抜群で、火力とカスタマイズ性だけで見るなら最重要レベル。 属性特化の元祖。 火力とカスタマイズ性は龍脈に劣るが、自傷がないため安定性はこちらが上。 属性特化にする場合は、属性強化スキルが重い。 皇金の会心撃やシルソルの真会心撃を活かすために会心率も高めたいため、スタミナ補助スキルをどのように配分するかが大切。 物理特化の採用スキル スキル名 概要 攻撃スキル 攻撃や挑戦者など。 可能な限り高めたい。 会心スキル 見切りや超会心など。 火力底上げのために必須。 切れ味補助スキル 属性特化と違い、達人芸も選択肢に入れることができる。 鬼人化時間を大きく延長可能。 いかなる立ち回りでも必須。 スタミナ回復速度が上がる。 ランナーと違い必須ではないが、あるととても快適。 発動すると会心率が上がり、ランナーと同様の効果を得る。 玄人向けだが、ランナーを採用せず力の解放だけを入れる構成も強力。 物理特化は攻撃力をいかに盛れるかが重要。 シリーズスキルのための4部位縛りが無いので、達人芸が選択肢に入る点が強み。 アイスボーンでの新アクション 双剣の新アクション動画はこちら 回避強化撃ち.

次の

モンスターハンター:ワールドとは (モンスターハンターワールドとは) [単語記事]

モンスターハンター ワールド アイス ボーン 双 剣

大剣は手数が少ない為基本的には切れ味関係のスキルは不要です、特に覚醒武器やネギ大剣では尚更です。 しかし臨界は紫が短いにで必要でしょう。 本題に入ります。 火力面は他の武器とあまり違いはありません。 見切り挑戦攻撃…思う存分火力をつぎ込みましょう。 もちろん弱特超心は必須です。 このへんは質問者さんの装飾品事情がわからないのであとはスキルシミュレータを使うことをお勧めします。 そして忘れがちなのは集中です。 言わずもがな、これがないと話になりません。 真溜めが当たるか当たらないかを大きく左右するので、多少火力が落ちても最優先で入れましょう。 装具に関してですが、大剣はなるべくのけぞらないことが大切なので不動と相性がとても良いです。 転身は回避モーションがあるので少し使いづらいかと。 あとは回避も良いでしょう。 最初の咆哮を回避からの三溜め…ときれいに決まります。 では、同じ大剣使いとして健闘を祈ります.

次の

モンスターハンター:ワールドとは (モンスターハンターワールドとは) [単語記事]

モンスターハンター ワールド アイス ボーン 双 剣

鬼人化を行う• ゲージを溜めて鬼人強化状態へ• 鬼人化と鬼人強化状態を維持 双剣独自の決まりごとして、この3つの流れの維持が存在する。 チャアクなどのような複雑さは無いが、 動き回ってスタミナを管理しながら維持するため、気をつけないとすぐに息切れしてしまう。 鬼人化を行う 戦いが始まったらまず鬼人化。 「鬼人化」中はスタミナが減り続けるが、攻撃が強化されて移動速度も向上する。 さらに、鬼人化中に攻撃を当てると 「鬼人ゲージ」が溜まり、後述の「鬼人強化状態」になれる。 「鬼人六段斬り」は鬼人ゲージの溜まりが良く、当てられれば一気に「鬼人強化状態」に近づける。 火力が高くスキも大きくない主力技なので、しっかり当てていこう。 ゲージを溜めて鬼人強化状態へ 鬼人ゲージが最大まで溜まると、「鬼人強化状態」となる。 通常の状態でも「鬼人化」に近い効果を得られるため、鬼人化を解除してもある程度戦えるようになる。 時間経過か、一部攻撃の度に鬼人ゲージは消費されるので注意。 鬼人強化状態の主な効果 利点 ・攻撃アクションが強化される ・攻撃速度と移動速度が上昇する ・スタミナは消費しない 注意点 ・鬼人化よりは攻撃アクションが弱い ・回避も通常の前転 鬼人ゲージを消費する攻撃• スタミナには余裕を持つ• 鬼人突進連斬を使いこなす• 特殊クラッチのチャンスを逃さない• ステップ斬りの存在を意識する• 回避強化撃ちを反撃の起点にする スタミナには余裕を持つ 双剣はスタミナ消費がとても激しい。 スタミナが無くなる寸前まで鬼人化していると、回避できずに被弾してしまう。 スタミナがある程度減ったら鬼人化を解除し、常に回避できる足を残しておこう。 大きく動きつつ攻撃できる技で、攻防一体のとても便利なアクション。 特殊クラッチのチャンスを逃さない 双剣は鬼人化中「左2回転斬り」から、特殊クラッチの「回転斬り上げ」が使える。 「回転斬り上げ」は1回で傷をつけられるので、双剣で火力を出すには必須。 出すまでに手間を挟むため、チャンスを逃さず確実に当てていこう。 鬼人突進連斬と違い動きが少ないため、狙った部位に当てやすい。 これを知っていれば、ダウン時の傷つけがとても安定する。 空中回転乱舞のやり方まとめ 鬼人化中にモンスターへジャンプ! 双剣でひときわ目を引くアクション、「空中回転乱舞」。 この技は、 鬼人化中に段差や斜面からモンスターへジャンプすることで繰り出せる。 火力も優秀なので、狙える場面では積極的に繰り出していこう。 回転中にモンスターに当たること 「空中回転乱舞」の当たり判定は、ジャンプしてから回転が終わるまでの間。 この間にモンスターに触れないと発生しないため注意しよう。 斜面から発動する スキル名 概要 各属性攻撃強化 属性特化ならLv6が必須中の必須。 会心スキル 見切りや超会心など。 火力底上げのために必須。 切れ味補助スキル キレアジの上ヒレと剛刃研磨を合わせるのがおすすめ。 鬼人化時間を大きく延長可能。 いかなる立ち回りでも必須。 スタミナ回復速度が上がる。 ランナーと違い必須ではないが、あるととても快適。 発動すると会心率が上がり、ランナーと同様の効果を得る。 玄人向けだが、ランナーを採用せず力の解放だけを入れる構成も強力。 基礎会心率と属性値を大きく底上げ。 双剣と相性抜群で、火力とカスタマイズ性だけで見るなら最重要レベル。 属性特化の元祖。 火力とカスタマイズ性は龍脈に劣るが、自傷がないため安定性はこちらが上。 属性特化にする場合は、属性強化スキルが重い。 皇金の会心撃やシルソルの真会心撃を活かすために会心率も高めたいため、スタミナ補助スキルをどのように配分するかが大切。 物理特化の採用スキル スキル名 概要 攻撃スキル 攻撃や挑戦者など。 可能な限り高めたい。 会心スキル 見切りや超会心など。 火力底上げのために必須。 切れ味補助スキル 属性特化と違い、達人芸も選択肢に入れることができる。 鬼人化時間を大きく延長可能。 いかなる立ち回りでも必須。 スタミナ回復速度が上がる。 ランナーと違い必須ではないが、あるととても快適。 発動すると会心率が上がり、ランナーと同様の効果を得る。 玄人向けだが、ランナーを採用せず力の解放だけを入れる構成も強力。 物理特化は攻撃力をいかに盛れるかが重要。 シリーズスキルのための4部位縛りが無いので、達人芸が選択肢に入る点が強み。 アイスボーンでの新アクション 双剣の新アクション動画はこちら 回避強化撃ち.

次の