ヒルドイド 顔。 ヘパリン類似物質は顔や手荒れに使える?ヘパリン類似物質についてお医者さんに聞いてみた

ヒルドイドで顔のシミを効果的に消す6の方法

ヒルドイド 顔

ヘパリン類似物質は顔に使っていいのですか? A1. ヘパリン類似物質は、顔に使用しても問題ありません。 基本的に体のどの部分でも使用することが可能です。 (参照:) Q2. 顔の中で、使ってよい部分と使ってはいけない部分はありますか? A2. 顔全体に使用しても大丈夫です。 しかし、目や口に入らないように注意する必要があります。 たくさんの量を使って問題はないですか? A3. 使用する量に特に制限はないので、患部の広さに応じて量を調節して使用してください。 期待される効果はなんですか? A4. ヘパリン類似物質には高い保湿作用があり、乾燥した肌に潤いを与えます。 参照:) Q5. 尿素との大きな違いはなんですか? A5. ヘパリン類似物質と尿素は両者とも保湿剤ではありますが、尿素は角質溶解作用があり、バリア機能を低下させます。 尿素は肘や膝など、角質が厚く硬くなった部位の保湿に適しています。 (参照:) Q6. ヘパリン類似物質に副作用はありますか。 これといった副作用はありませんが、まれに刺激を感じたり、赤みが出たりする方もいらっしゃいます。 そのような場合は使用を中止して、医師にご相談ください。 なお、出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)をお持ちの方や、血液凝固抑制剤を服用中の方は、ご使用を控えてください。 何歳から使用できますか? A7. 使用年齢に制限はなく、赤ちゃん(新生児)から高齢者まで幅広い年齢層の方に安心して使っていただけます。 火傷、水疱、湿疹、にきび、手荒れなどの中で使用に向かない症状はありますか? A8. 炎症がある部分には、ヘパリン類似物質の単独使用は向きません。 やけどをした直後(急性期)、水疱、炎症の強い湿疹なども避けた方が良いです。 にきびは、肌の乾燥が悪化因子のひとつですので、肌が乾燥している場合は併用します。 手荒れは、軽症であれば単独で用いますが、ヒビやアカギレを伴うような場合は、お薬との併用がよいでしょう。 傷口、割れた部分、切れた部分に使用しても良いですか? A9. 傷口、割れた部分、切れた部分などへの使用は避けてください。 Q10. 使うタイミングはいつがおすすめですか? A10. 使うタイミングや頻度に特に制限はありません。 手を洗った後や入浴後など、必要に応じて塗っていただければよいです。 Q11. ほかの外用剤と併用する際、塗る順番や併用してはいけない製剤はありますか? A11. 基本的に塗る順番はさほど問題になりませんが、乾燥が主体の場合は、ヘパリン類似物質を先に塗ることをお勧めします。 併用できない外用剤は特にありません。 (参照:) (参照:).

次の

ヒルドイドを顔に!ソフト軟膏、クリーム、ローション、フォーム ベストはどれ?

ヒルドイド 顔

前回の記事に引き続き、ヒルドイドのお話です。 実は当院では顔面の保湿剤としてはヒルドイドはほとんど使用していません。 特に当院を初めて受診される方には全く使うことは有りません。 「ほとんど」と書いたのは既に他の病院で処方されていて、 それを継続して処方した場合のみです。 まあ、よくなっている状況をあえて変にしたくはないですから。 というのも、ヒルドイドでの副作用を経験したことが有るからなのです。 副作用なのかな、本来の作用な気もしますが・・・ ヒルドイドに含まれているのはヘパリン類似物質です。 この成分により、皮膚に保湿作用を認めるのですね。 ただ、この成分、血行促進作用があるので、 赤ら顔になることが有るんですね。 特に赤ちゃんや小児に見られることがあります。 なので、そういう薬剤として使用をするように考えているんです。 だから、ヒルドイドは成人も含めて顔には使用しない。 というように考えています。 実際に大人の方に使用したらどうなるのか? そこについては正直経験が少ないのでよくわからない。 としか言いようが有りません。 もともと小児専門の皮膚科医ですし、美容もあまり詳しくないですし、 処方しないと決めているので、処方した経験がないから、 まあ、よくはわかりません。 でもね。 問題が出うることを知っているから、処方はしないことにしているんです。 保湿剤だったとしても望まない作用が出現することが有るんですよ。 だから、当院ではヒルドイドを顔面に使用することは有りません。 ご了承下さいませ。

次の

ヘパリン類似物質は顔や手荒れに使える?ヘパリン類似物質についてお医者さんに聞いてみた

ヒルドイド 顔

以前いた看護師が持ち込んだらしいんだけど。 ググってインタビューフォームも読んだけど、内出血に対する比較実験は見つけられませんでした。 以前いた看護師が持ち込んだらしいんだけど。 内出血=打撲の血腫それもわかんないわけ? 内出血と書いてなければ違うわけ? バカとしか… 効能効果に打撲の血腫は書いてありますが、 臨床試験の成績は2つしかあげられてないのです。 皮脂欠乏症 95. 実際に病院で内出血に処方するのは見たことないし、医者に聞いても効果なんて気持ち程度だよと言ってます。 皮脂欠乏症と進行性指掌角皮症以外はそれほどの効果はなさそうだけど。 なにか掲示板で教えてくれる人、個人の感想が聞くことできるかとコメントしたんですけど、バカと言われて終わりのようで。 カタリーナでは見慣れたコメントなんで、はいはいで聞いておきます。 皮脂欠乏症と進行性指掌角皮症以外はそれほどの効果はなさそうだけど。 美容目的としては使用する物ではありません。 シミに効く、美容に良い等の口コミは、あくまで個人的主観であって医学的根拠から化粧水や美容液として使用をしたら若返る、シミ、シワが消える等と言うことはありません。 何故その様な書き込みが広まったのかという事ですが、ヒルドイドローションは主な成分がヘパリンという物質で造られているのですが、ヘパリンと言う物質は有名なアットノン等に多く含まれている成分で、血行促進や肌のターンオーバーを促す成分です。 つまり、乾燥が酷い、皮膚が痒い、皮膚が切れる等の肌のトラブルを抱えている方が改善を見込める物で、美容として求めるのであればそれこそ、その悩みに合った美容品を個人で探してもらうしか無いと私は思います。 私もヒルドイドローションを長年使用していますが、やはり皮膚のトラブルが激しい為処方をしてもらっています。 皮膚が痒い、皮膚が所々剥がれる、皮膚が乾燥により切れる等 長年使用をしていて言えるのは、シミが消える事は有り得ません。 そもそもシミが出来る原理とヘパリンの成分の効果は全く異なります。 ヘパリンは肌の表面のターンオーバーを促す成分で、シミはそれよりも肌の奧深くに存在します。 言うならば、刺青はヒルドイドローションで取れる!って言っているのと変わりません。 それと、ヘパリンの使い方の注意事項として、粘膜近くの使用に関しては危険があるので使用しないで下さい。 ときちんと注意書きがされています。 きっと誰かが効果がある!と主観的感想を持った方がネットで話題にしたのだと思いますが、治療目的で使用してきてる方々からしたらそんな医学的根拠が全く無い個人的主観の意見に踊らされ、保険適用で無駄にヒルドイドローション等のヘパリン物質が大量に美容目的で流れて行く事により、本当に必要な時に簡単には手に入れられなっていたり、金額が上がってしまっていたり、迷惑極まりないですね… 投稿者さんも、ヒルドイドローションを使うなら正しい使い方を覚えて下さい。 でないとせっかく美容の為に努力をしているのに全くの逆効果になってしまって投稿者さんの努力が勿体ないと思います。 もしシミやシワ等の肌のトラブルを改善する簡単に出来る方法を知りたいという事でしたら、いつでも教えますので連絡下さい。 ヒルドイドローションは美容目的としてはオススメは出来ませんでしたが、簡単に綺麗になれる方法は全然あります。 私も女性なので、投稿者さんの美容の手助けに少しでもなれればと思います。 頑張りましょう!.

次の