なす の 病気。 ナスの病気一覧。画像で半身委ちょう病、うどんこ病などの対策を考える

ナスの病気と害虫 : 症状と写真

なす の 病気

ただし実験環境下で確認されたものであり、効果の程度はその土壌の状態、投入するタイミング、量によって左右されることをご了承ください。 なす(学名Solanum melongena,英名Eggplant) 病名(和名) 病原菌 病名(英語) 苗立枯病 Rhizoctonia solani damping-off 青枯病 Ralstonia solanacearum bacterial wilt 灰色かび病 Botrytis cinerea gray mold 菌核病 Sclerotinia sclerotiorum stem rot 黒枯病 Corynespora melongenae black rot すすかび病 Mycovellosiella nattrassii leaf mold うどんこ病 Erysiphe cichoracearum powdery mildew Oidiopsis sicula Sphaerotheca fuliginea 綿疫病 Phytophthora nicotianae phytophthora rot 半枯病 Fusarium oxysporum f. melongenae 半身萎凋病 Verticillium dahliae verticillium wilt 褐紋病 Phomopsis vexans brown spot 褐色円星病 Paracercospora agenula leaf spot えそ斑点病 Broad bean wilt virus モザイク病 Cucumber mosaic virus mosaic Tomato mosaic virus 斑点細菌病 Pseudomonas sp. 注文時にいずれかの支払い方法をお選びください。 払込用紙にて郵便局からお払い込みください。 振込手数料はかかりません。 お急ぎの場合はクレジットカード決済もしくは銀行振込をご利用ください。 送料が別途かかります。 送料別途ご連絡の場合はご了承のメールを受領後に決済と発送手続きとなります。 ご注文日から一週間ご連絡が取れなった場合にはキャンセル扱いとさせていただきます。 クレジットカードをご利用の場合は ご注文後1週間前後での商品お届けになります。 在庫状況などにより発送が遅れる場合がございます。 入金の確認、またはクレジットカード払いでのご注文を受けてから発送までに1週間以上かかると予想された際は当社よりご連絡申し上げます。 恐れ入りますが商品到着後 3 日以内にご連絡お願いします。 (送料は弊社が負担します。 )その場合必ず前もってお電話 019-651-0411 あるいはE-mail()にてご連絡お願いいたします。 ご連絡のない返品は受け付けられないことがございます。

次の

葉・新芽の症状|症状から探す|病害虫ナビ

なす の 病気

ナスは栄養豊富 ナスに含まれる栄養素として、食物繊維やカリウム、ビタミンB1、ビタミンC鉄、カルシウムなど含まれています。 特に色素成分である、「アントシアニン(皮の部分に豊富に含まれている)」には、血圧降下や、コレステロール値を下げて動脈硬化の予防に最適です。 さらに、目や肝臓の働きを活性化させる効果で高い抗酸化作用があります。 ナス 育て方• ナスは種から植えて苗になるまでに約80日もかかるので、苗を購入します。 ナスを植える約2週間前には若土石灰と堆肥を入れて土作りをします。 (ナスは、乾燥に弱いので保湿性のある土がいいでしょう。 苗を購入後は、日当たりが良い場所に2日ぐらいあけてから植えます。 (ポットから取り出しやすくさせるために、植え付ける前日に水をたっぷり与えておきましょう。 土に大きめの穴を掘り、苗を植え付けます。 (苗は土が少し隠れるくらいの深さに浅めに植えます。 ナスの苗を植えてから1ヶ月間は、追肥の必要はありません。 (一番花が咲いたら、株の周りに追肥を与えましょう。 主枝と、最初に咲く一番花が咲いたら、すぐ下のわき芽を2つ残して、それより下のわき芽は全部摘み取ります。 (中心の枝が太くなり、実の付きが良くなります。 最初の追肥は苗を植えてから、約1ヶ月後の収穫時から始めます。 (肥料切れに注意して、化成肥料を定期的に追肥しましょう。 土が乾燥しないように、水を十分に与え、敷きわらを敷いておきます。 開花後約20日~25日後には、収穫ができます。 ナスの株が疲れると収穫量が減るので、早めにハサミを使って丁寧に収穫をします。 最初の1番果の株が、12㎝前後の大きさになったら収穫します。 真夏になったら、株の周囲にスコップを入れて古い根を切り落とします。 株の状態が良ければ、短い枝は残し、生育の良い芽の上で切り戻します。 (1ヶ月後ぐらいに、切り返したところから、再び1番花が咲き、秋ナスが収穫できます。 ) ナスを上手に育てるコツ• ナスの根は、土の下深く根を張る性質なので、深底の鉢で栽培します。 ナスは、乾燥に弱い性質なので、夏前には土が乾燥しないように水をたっぷり与え、敷きわらを敷いておきましょう。 収穫が始まってから、肥料切れを起こしてしまうと実の付きが非常に悪くなるため、追肥を忘れずに行います。 ナスは収穫期間が長く、一度ピークが過ぎても7月頃に切り戻せば秋ナスの収穫が楽しめます。 ナスの栽培方法 移植栽培と直まき栽培があります。 苗選びのポイント• 苗は、枝や茎が間延びしていないもので、節が太いものを選びましょう。 ナスは種を蒔いて苗を育てるのは難しく、毎年同じ場所での栽培にも弱いため、初めての方は、接ぎ木苗から育てることがオススメです。 ナスがよく育つ適温• 夜の適温:15~16度• ナスはお日様が大好き!• 日光にしっかりあてないと発色不足になります。 重なり合った葉は、取り除いてナスの日当たりをよくします。 ベランダでナスの栽培・育て方 準備するもの• 支柱ホルダー付きの野菜プランターや10号鉢ぐらいの深めの植木鉢など。 市販培養土、有機野菜の土など。 長さ70cmぐらいの仮支柱・支柱竹、園芸用網管支柱など。 鉢底石、誘引用ひも、鉢底ネット、移植ゴテ、ハサミなど。 ナスは育て方手順• 通気性や排水性を高めるために、深めの鉢やプランターの底が隠れるくらいの鉢底土を入れます。 市販の培養土を入れます。 (元肥が含まれていない土を使用するときは、あらかじめ元肥となる肥料を与えておきましょう。 苗を逆さまにして、ポットから取り出し苗を植えます。 苗を植えた後、苗の周りを土で埋めてあげます。 倒れ防止やナスの重みで枝に負担をかけないように、支柱を立てます。 植え付け完了後に、たっぷりの水を与えてあげましょう。 成長後から収穫までの手順は、上記の【上手に育てるコツ】と同じです。 ナスの育て方 種まき ナスの種まき・植え付け・収穫時期• 種まき:2月~5月上旬• 植え付け:4月上旬~6月上旬• 収穫時期:6月中旬~10月上旬• ナスは、高温を好むため、早植えはしないようにしましょう。 種から植える場合のコツとポイント ナスは種から苗にするまでには、約80日間かかります。 種から植えるときは、後で定植しやすいように、ポット蒔きにします。 ナスの苗が順調に育ち、育苗ポットでは狭くなってきたら、畑やプランターへ定植しましょう。 畑に種を蒔くときは、ナスは根を深く張る植物なので、深めに耕して元肥(種まきに先立って蒔く肥料)もしっかり与えておきましょう。 土作り作業は、植え付けの7~10日前に済ませておきましょう。 ナス 育て方 水やり 水のやり方と注意• ナスは、乾燥に弱いため、水切れしないよう注意しましょう。 表面が乾いたら、たっぷり水をあげましょう。 乾燥したままにしておくと、すぐに葉が萎れます• 夏期は、土の温度が低い早朝に水やりをしましょう。 ナス 育て方 病気 梅雨時期に発生する病気と対策• 灰色のかび病• 褐色腐敗病• すすかび病• 風通しと日当たりをよくして、早期防除に努めましょう。 収穫直前に発生する病気と対策• ナスを栽培する際に発生する害虫• テントウムシダマシ• ヨトウガ• ハスモンヨトウ 害虫被害対策• 害虫被害が手に負えなくなったら、主枝株元の1芽まで切り落としましょう。 気温が低下すると収穫ができなくなるので、8月上旬までに切り戻しをすることで、秋にも収穫ができます。 ナス 育て方 肥料 肥料はタイミング良く 収穫のときに、肥料が不足してしいると、極端にナスの実の付きが悪くなるため、肥料を追加して与えてあげましょう。 ナスの追肥のタイミングと注意• ナスの苗を植えてから1ヶ月間は追肥の必要はありません。 ナスは肥料切れを起こすので、実がなり始めたら、定期的に追肥を行います• 1番花の実が膨らみ始める定植後(他の場所に植えかえる)の約1ヶ月経過した頃に、ナスの株の周りに追肥を行いましょう。

次の

なすの病気一覧 日本初!トウモロコシの活性炭のオンラインショップ アーク農園

なす の 病気

ナスの病害虫対策はどうすればいいの? ナスを育てていると「苗が萎れる」「苗が枯れる」「苗に元気がない」「苗の調子が悪い」「葉に穴があく」「白い粉がふく」「実が腐る」「葉が茶色になる」といった症状が現れることがあります。 こういう状態のときはナスが害虫の被害にあっていたり病気にかかっていたりしているケースが大半です。 こういったナスの調子が悪い状態を長期間対策せずに放っておくとのちの生育に大きな影響を及ぼしてしまうので、症状が現れたら早めに適切な対策を施しましょう。 このページではナスが害虫被害や病気の被害に合わないための予防と被害にあってしまった時の正しい対処方法についてご説明いきます。 ナスの病害虫の種類は? ナスに発生しやすい主な害虫にはアブラムシ・ダニ・ヨトウムシ・タバコガ・コナジラミなどがいます。 ナスがかかりやすい主な病気には「半身萎凋病」「青枯れ病」「うどん粉病」「褐色腐敗病」があります。 病害虫が発生したら適切に対処すれば問題ありません。 ナスの病害虫はどういう環境下で発生するの? ナスも人間と同様に生育環境が悪いと調子が悪くなってしまいます。 健全な苗を育てるためには生育環境をしっかりと整えてやることが重要なのはいうまでもありません。 ナスにとって健全な生育環境とは、「畑の排水を良くする」「適正な用土」「風通しの良い場所」「適正な日照量」「適正な水やり量」「適正な施肥量」が整った状態のことを言います。 これらの一つでも欠けてしまうとナスの調子が悪くなっていきます。 ナスに発生する害虫や病気を事前に予防するためには栽培環境を快適に整えることが最重要課題と言えるでしょう。 「畑の排水を良くする」 ナスの病害虫を防ぐために畑の排水を良くするとは具体的にどういうことに気をつければいいのでしょうか。 病害虫防除ために次の点をCheckしてみましょう。 ・プランター栽培の場合は鉢底にネットや排水性のよい底石が入っているか。 ・排水口が詰まっていないか。 ・ナスに合った排水性の良い用土をつかっているか。 ワンポイントアドバイス! 水はけを良くするには用土の質が重要です。 露地栽培の場合は耕うんをしっかりと行って団粒構造を作ること、プランターの場合は排水性の良い用土を使用することです。 「適正な用土を使っているか」 ナスの病害虫を防ぐための条件「適正な用土」とは具体的にどういうものなのか、次の点をチェックしてみましょう。 ・使い古した用土を使っていないか。 ・同じ場所でナスを連作していないか。 ・耕うんはしっかりと行えているか ・病害虫が発生した土壌に苗を植えていないか ワンポイントアドバイス! ナスの病気は連作が原因で起こるもの(半身萎凋病・青枯れ病)もあります。 連作による土壌病害には抵抗性接ぎ木を利用するなどして対処しましょう。 またプランター栽培の場合はホームセンターなどでナス専用の配合された用土が売っているのでそれを利用するのも良いでしょう。 「風通しの良い場所」 ナスの病害虫を防ぐための条件「風通しの良い場所」とは具体的にどういうことなのか、次の点をチェックしてみましょう。 ・ベランダなどで育てるときに奥まった場所や大きな荷物の陰に鉢を置いていないか。 ・株を植える間隔が狭すぎないか。 ・葉が茂り過ぎていないか。 ・株元まで葉が茂っていないか。 ・雑草が多い茂っていないか ワンポイントアドバイス! たくさん収穫したいからと言ってナスの株を密植しすぎていませんか?密植しすぎると風通しが悪くなり病害虫の発生を助長してしまいます。 病気の菌も害虫もジメジメした場所が大好きです。 また適正な株間を確保しないと実が小さくなったり収穫量が減ったりするだけです。 「適正な日照量」 ナスの病害虫を防ぐための条件「適正な日照量」とは具体的にどういうことなのか次の点をチェックしてみましょう。 ・株が密植しすぎていないか ・下葉が茂り過ぎていないか ・ベランダの手すりなどで日陰になっていないか ・混植で背の高い野菜の陰になっていないか ワンポイントアドバイス! ベランダ菜園では日照不足が起こりやすくなります。 日照量が少ないと株が大きく育ちません。 大きく丈夫に育てれば病気や害虫の発生を防ぐことができます。 日陰が多い場所だと湿度も高くなり風通しも悪くなります。 ベランダ菜園の場合は太陽の動きに合わせてプランターを移動させるなど工夫してみましょう。 「適正な水やり量」 ナスの病害虫を防ぐための条件「適正な水やり量」とは具体的にどういうことなのか次の点をチェックしてみましょう。 ・水やりは用土の表面が乾いた時におこなっているか。 ・気温が高くなる時間帯に水やりをしていないか。 ・気温が下がる日没前に水やりをしていないか。 ・株に直接かかるように与えていないか ワンポイントアドバイス! 水やりは与えすぎに注意。 水分量を抑えることで地中に深くまで根を張り果実の甘みが増します。 多湿は病気の発生を助長させてしまいます。 水やりのタイミングも重要です。 特に季節の変わり目の気温が上がる前と下がる前の水やりは株への負担が大きいため避けた方が良いでしょう。 「適正な施肥量」 ナスの病害虫を防ぐための条件「適正な施肥量」とは具体的にどういうことなのか次の点をチェックしてみましょう。 ・元肥の量は適正か追肥の量は適正か。 ・株にかかるように与えていないか。 ・正しい成分比の肥料を与えているか。 ・与える時期は合っているか。 ワンポイントアドバイス! 株を大きくしたいからと言って肥料を必要以上に与えると軟弱に育ってしまいます。 特に窒素分が多い肥料を多く与えると葉ばかりが成長して養分が実まで回らなくなってしまう原因になってしまいます。 与える位置も大切なポイント。 浅い位置に与えてしまうと根が深く張らないため適度な深さに元肥を施し株の成長を見ながら追肥を行うようにします。 与えるタイミングにも注意しましょう。 ナスに限らずどの野菜にも追肥を行うベストタイミングがあります。 のページを参考にして肥料は正しい時期に適正な量を与えることが大切です。 ナス病害虫対策まとめ 病気や害虫が発生する度に農薬や薬剤を使用して解決していては安全な野菜とはいえません。 ナスが病害虫の被害に遭わないためには生育環境の整備が重要です。 問題が起きたときは単に解決するだけでなく、なぜ害虫や病気が発生したのかその原因を排除することも同時に考えるようにしましょう。 慣れてくると病害虫の発生しにくい環境を作るコツがつかめてくるはずです。 慣れるまでは大変かもしれませんが失敗から学び健全な生育環境を作って立派な果実を収穫できるように頑張りましょう。 参考:.

次の