ドコモ光 ルーター 無料。 ドコモ光GMOとくとくBBの無料レンタルルーターはどれがいい?性能比較とおすすめ紹介

【ドコモ光】ルーターを無料レンタルする方法とは!?

ドコモ光 ルーター 無料

DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション 注意事項 1. サービスについて ・「DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション」はDTIが提供するオプションサービスです。 ・「DTI with ドコモ光」を利用されているお客様が対象となります。 ・「DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション」へお申し込みいただくと、「IPv6 IPoE 接続サービス」(無料)が同時に適用されます。 「IPv6 IPoE 接続サービス」につきましては、をご確認ください。 ・契約成立後に、Wi-Fiルーター1台を送付、レンタルいたします。 ・本サービスの利用期間は、レンタルサービスの利用開始日を含む月を1カ月目として25カ月目の末日までとなります。 ・会員による解約または当社による解約がなければ、利用期間満了後更に25カ月間契約は延長されるものとし、以後も同様とします。 ・端末は在庫状況により予告なく変更する場合がございます。 ・初期不良を除く通常利用での端末の不具合に関しては、弊社にて端末の故障確認がとれることを前提として修理、交換対応いたします。 交換品に関しては、再生品を利用させていただく場合がございます。 ご利用料金について ・「DTI with ドコモ光」をご利用中は、無料でご利用いただけます。 ・「DTI with ドコモ光」のご契約期間中はレンタル料相当額をお値引きをしているため、実質無料となります。 発送について ・「DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション」お申し込み完了確認後、1週間前後で発送させていただきます。 発送先に関しては、「DTI with ドコモ光」の設置先住所とさせていただきます。 ご解約について ・ドコモ光を解約される際、「DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション」も自動的に解約となります。 ・「DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション」を解約する場合、機器の返却が必要な場合がございます。 ・返却方法については弊社WEBページもしくはカスタマーサービスへお問い合わせください。 IPv6 IPoE 接続サービス 注意事項 1. IPv6 IPoE 接続サービスについて 本サービスはIPv4接続とIPv6接続をIPoE接続方式によって提供する次世代のインターネット接続方式です。 IPv6 IPoE 接続サービスは、当社が定める「IPv6オプションサービス利用規約 」に基づいて提供します。 詳しくは「」をご確認ください。 予めご了承ください。 新しいプランへの変更が完了次第、MyDTIよりお申し込みください。 回線情報と異なる場合、サービスの提供ができません。 回線情報と異なる場合、お申し込み完了後にメールでサービスが提供できない旨をご連絡いたします。 メールが届いた場合は、までお問い合わせください。 ご利用が可能な状態になりましたら、メールにてご連絡いたします。 IPv4接続は、対応機器を接続していない場合は、ご利用いただけません。 対応機器について 本サービスのご利用には、IPoE接続方式の対応機器 ひかり電話ルーター/ホームゲートウェイまたはブロードバンドルーター が必要です。 ひかり電話ルーター/ホームゲートウェイをお持ちでない場合は、事前に対応機器をご用意の上、お申し込みください。 IPv6 IPoE 接続サービスのお申し込み完了後は、機器を設置した状態でサービス開始までお待ちください。 サービスのご利用にあたり設定作業は不要ですが、機器が正しく設置されていないとサービスが開始されない場合がございます。 対応機器につきましては、をご確認ください。 (「v6プラス」をご利用のお客様は、IPv4の接続が完了した日を含む月の1日をオプション開始日として設定します。 (「v6プラス」をご利用のお客様は、IPoE方式でのIPv4接続完了後、従来のPPPoE接続はご利用いただけなくなります。 また、IPoE方式でIPv4接続が確認できない場合は、IPv6の接続完了日の翌々月の1日よりPPPoE接続はご利用いただけなくなります。 ) 5. ・IP電話サービス DTIフォン-C,DTIフォン-FC,DTIフォン-P含む ・固定IPサービス ・ダイナミックDNSサービス また以下の条件にあてはまる場合、ご利用いただけない場合があります。 ・特定のプロトコル PPTP、SCTP を利用するサービス ・利用可能なポート番号が制限されているため、特定のポートを使うサービス ・IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス 6. ご利用料金について 本サービスは、無料のオプションサービスとなります。 一時的にPPPoE接続を利用することも可能でございますので、PPPoE接続を希望される場合は、までお問い合わせください。 までお問い合わせください。 解約について IPv6 IPoE 接続サービスのみの解約は行えません。 DTIを退会またはご契約プランを解約した場合は、本サービスも一緒に解約となります。

次の

ルーターレンタルはどれも同じ?ドコモ光のメリット2つと料金、設定法

ドコモ光 ルーター 無料

DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション 注意事項 1. サービスについて ・「DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション」はDTIが提供するオプションサービスです。 ・「DTI with ドコモ光」を利用されているお客様が対象となります。 ・「DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション」へお申し込みいただくと、「IPv6 IPoE 接続サービス」(無料)が同時に適用されます。 「IPv6 IPoE 接続サービス」につきましては、をご確認ください。 ・契約成立後に、Wi-Fiルーター1台を送付、レンタルいたします。 ・本サービスの利用期間は、レンタルサービスの利用開始日を含む月を1カ月目として25カ月目の末日までとなります。 ・会員による解約または当社による解約がなければ、利用期間満了後更に25カ月間契約は延長されるものとし、以後も同様とします。 ・端末は在庫状況により予告なく変更する場合がございます。 ・初期不良を除く通常利用での端末の不具合に関しては、弊社にて端末の故障確認がとれることを前提として修理、交換対応いたします。 交換品に関しては、再生品を利用させていただく場合がございます。 ご利用料金について ・「DTI with ドコモ光」をご利用中は、無料でご利用いただけます。 ・「DTI with ドコモ光」のご契約期間中はレンタル料相当額をお値引きをしているため、実質無料となります。 発送について ・「DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション」お申し込み完了確認後、1週間前後で発送させていただきます。 発送先に関しては、「DTI with ドコモ光」の設置先住所とさせていただきます。 ご解約について ・ドコモ光を解約される際、「DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション」も自動的に解約となります。 ・「DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション」を解約する場合、機器の返却が必要な場合がございます。 ・返却方法については弊社WEBページもしくはカスタマーサービスへお問い合わせください。 IPv6 IPoE 接続サービス 注意事項 1. IPv6 IPoE 接続サービスについて 本サービスはIPv4接続とIPv6接続をIPoE接続方式によって提供する次世代のインターネット接続方式です。 IPv6 IPoE 接続サービスは、当社が定める「IPv6オプションサービス利用規約 」に基づいて提供します。 詳しくは「」をご確認ください。 予めご了承ください。 新しいプランへの変更が完了次第、MyDTIよりお申し込みください。 回線情報と異なる場合、サービスの提供ができません。 回線情報と異なる場合、お申し込み完了後にメールでサービスが提供できない旨をご連絡いたします。 メールが届いた場合は、までお問い合わせください。 ご利用が可能な状態になりましたら、メールにてご連絡いたします。 IPv4接続は、対応機器を接続していない場合は、ご利用いただけません。 対応機器について 本サービスのご利用には、IPoE接続方式の対応機器 ひかり電話ルーター/ホームゲートウェイまたはブロードバンドルーター が必要です。 ひかり電話ルーター/ホームゲートウェイをお持ちでない場合は、事前に対応機器をご用意の上、お申し込みください。 IPv6 IPoE 接続サービスのお申し込み完了後は、機器を設置した状態でサービス開始までお待ちください。 サービスのご利用にあたり設定作業は不要ですが、機器が正しく設置されていないとサービスが開始されない場合がございます。 対応機器につきましては、をご確認ください。 (「v6プラス」をご利用のお客様は、IPv4の接続が完了した日を含む月の1日をオプション開始日として設定します。 (「v6プラス」をご利用のお客様は、IPoE方式でのIPv4接続完了後、従来のPPPoE接続はご利用いただけなくなります。 また、IPoE方式でIPv4接続が確認できない場合は、IPv6の接続完了日の翌々月の1日よりPPPoE接続はご利用いただけなくなります。 ) 5. ・IP電話サービス DTIフォン-C,DTIフォン-FC,DTIフォン-P含む ・固定IPサービス ・ダイナミックDNSサービス また以下の条件にあてはまる場合、ご利用いただけない場合があります。 ・特定のプロトコル PPTP、SCTP を利用するサービス ・利用可能なポート番号が制限されているため、特定のポートを使うサービス ・IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス 6. ご利用料金について 本サービスは、無料のオプションサービスとなります。 一時的にPPPoE接続を利用することも可能でございますので、PPPoE接続を希望される場合は、までお問い合わせください。 までお問い合わせください。 解約について IPv6 IPoE 接続サービスのみの解約は行えません。 DTIを退会またはご契約プランを解約した場合は、本サービスも一緒に解約となります。

次の

OCN for ドコモ光のルーターを無料レンタルする方法!v6アルファについても|ドコモ光乗り換えガイド

ドコモ光 ルーター 無料

画像引用元: ドコモでWi-Fiルーターを無制限に利用する方法 画像引用元: まず最初に、ドコモでWi-Fiルーターを無制限に利用する方法を解説します。 ドコモでWi-Fiルーターを無制限に利用するには、 ドコモ光を契約する方法がメインです。 ドコモ光とは固定回線である光回線のうちの1つで、利用するには開通のための工事が必要となります。 以下ドコモ光の料金や、お得なセット割について詳しく解説していきます。 ドコモ光の料金プラン ドコモ光を契約すると、Wi-Fiルーターを無制限で利用することができます。 ドコモ光の詳しい料金は以下の通りです。 「タイプA」と「タイプB」は契約するプロバイダによって異なり、表示価格はいずれもプロバイダ料金込みです。 こだわりがあって自身で好きなプロバイダを選びたい場合は、「単独タイプ」を選びましょう。 定期契約なしだとやや高くなってしまいますが、2年定期契約であれば無制限でこの価格はかなりお得です。 レンタルするデメリット 毎月料金が発生し、解約したらルーターは返品になる 自分の好きなルーターを選べない• 購入するデメリット 故障したら自分で買い直す必要がある 初期設定は自分で行わなければならない Wi-Fiルーターをレンタル・購入する、メリット・デメリットは以上です。 Wi-Fiルーターをレンタルする場合は月額料金がかかるものの、 故障した場合に取り換えてくれる・初期設定をして貰えるなどの利点があります。 反対にWi-Fiルーターを購入する場合は一度購入すれば済むものの、故障した際の買い替えや初期設定は自分で行います。 Wi-Fiルーターをレンタルするか購入するかは、メリットとデメリットをしっかり確認してから決めましょう。 ドコモのWi-Fiルーターをレンタルする場合 ドコモのWi-Fiルーターをレンタルする場合、レンタル料金は以下となります。 Wi-Fiルーターのレンタル料金 項目 東日本エリア 西日エリア 有線LAN接続 ルーター 無料 無料 無線LAN接続 ルーター 300円 100円 LANカードの追加 1枚につき300円 1枚につき100円 Wi-Fiルーターを使って無線で通信するには、無線LANカードをWi-Fiルーターに挿入する必要があります。 そのためWi-Fiルーターをレンタルする場合は、 ドコモ光の月額料金+Wi-Fiルーターのレンタル代+無線LANカードのレンタル代を支払うことになります。 そのため東日本エリアの場合は、ドコモ光の月額料金に加えて600円かかるということになります。 ドコモのWi-Fiルーターを購入する場合 ドコモのWi-Fiルーターは、2020年1月現在で2機種発売されています。 ドコモのWi-Fiルーターの詳細は以下の通りです。 ドコモのWi-Fiルーター詳細 機種 価格 税込 特徴 Wi-Fi STATION SH-05L 27,720円 4,000mAhの 大容量バッテリー Wi-Fi STATION HW-01L 26,136円 最大1,288Mbpsの 高速通信 支払い方法は一括・12回・24回・36回払いから選ぶことができます。 Wi-Fiルーターを購入してしまえば、あとは ドコモ光の月額料金+無線LANカードのレンタル代で無制限に利用できるようになります。 ちなみにドコモから発売されているWi-Fiルーターは上記の2つですが、家電量販店なら3,000円程度で購入できます。 ドコモ光セット割を利用してもっとお得に ドコモのスマホ・ケータイユーザーであれば、ドコモ光セット割を利用してもっとお得に利用できます。 割引額の詳細は、以下の通りです。 ギガライトプランで1GB以下だった場合を除き、 スマホの月額料金から500~1,000円割引されます。 ドコモのスマホ・ケータイユーザーであれば、ドコモ光を契約しておけばまず間違いないでしょう。 ドコモでポケットWi-Fiを無制限で利用する方法はある? 画像引用元: ここまでドコモ光のWi-Fiルーターを無制限で利用するなら、ドコモ光を契約する必要があると解説しました。 しかし中には、ポケットWi-Fiを無制限に利用する方法を期待していた方も多いと思います。 結論から言うと、 ドコモのポケットWi-Fiを無制限で利用するなら「脱ドコモ」しかありません。 後述しますが、ドコモのWi-Fiルーターの料金プランには無制限プランが用意されていないからです。 ここではドコモのポケットWi-Fiに代わっておすすめする、WiMAXとネクストモバイルについて解説します。 WiMAXとネクストモバイル WiMAXとはau系のポケットWi-Fiで、ネクストモバイルはソフトバンク系のポケットWi-Fiです。 この2つはポケットWi-Fiでありながら、固定回線の代わりとしても十分使えるものとなっています。 WiMAXとネクストモバイルで比較すると、ネクストモバイルの方が 月々約800円ほど安く利用できます。 またWiMAXは混雑回避のため、3日で10GB以上利用した場合に速度制限がかかるので注意が必要です。 ドコモのポケットWi-Fiを無制限で利用したい方へ ドコモ契約時にポケットWi-Fiを購入し、その後ドコモを解約して端末が余ってしまう場合があると思います。 そんな方のために、ドコモのポケットWi-Fiに他社のSIMを挿入して使う方法を紹介します。 ドコモのWi-Fiルーターに他社のSIMを挿入して使う方法 それでは、ドコモのWi-Fiルーターに他社のSIMを挿入して使う方法を解説します。 ドコモでWi-Fiルーターを購入する• 購入したWi-FiルーターのSIMロックを解除する• 他社と契約した無制限に使えるSIMカードを用意する• SIMカードをドコモのWi-Fiルーターに挿入する これで、ドコモのWi-Fiルーターが無制限で利用できるようになります。 無制限で利用する方法はおすすめしない ドコモのWi-Fiルーターを無制限で利用する方法は、実際にはあまりおすすめできません。 と言うのも、この方法を利用するくらいなら、 無制限に使えるSIMカードを契約した会社でWi-Fiルーターまで購入する方が簡単だからです。 ドコモ契約時にポケットWi-Fiを購入し、その後ドコモを解約して端末が余ってしまった方のみ検討してみてください。 契約した無制限に使えるSIMカードがドコモのWi-Fiルーターで正常に動作するかは、個別に問い合わせるなどして確認が必要です。 ドコモのWi-Fiルーターの料金プラン ここからはドコモのWi-Fiルーターの料金プランについて解説します。 ドコモで用意されているWi-Fiルーターの料金プランは以下の3つです。 ギガホとギガライト 画像引用元: ドコモのWi-Fiルーターの料金プランは、「ギガホ」と「ギガライト」の2つから選ぶことができます。 ギガホはデータ容量が月30GBの定額プランで、ギガライトは月7GBまでの従量制プランです。 ドコモでWi-Fiルーターを契約するのであれば、 MAXでも月30GBということになります。 そのため、スマホは従量制のギガライトにしてできるだけ通信量を抑え、Wi-Fiルーターはギガホにするといった契約方法も可能です。 ドコモのWi-Fiルーターを単体で契約できる ギガホ・ギガライトの料金プランでは、ドコモのスマホを契約していない方でも 単体で契約することができます。 またすでにドコモのスマホを契約している方でも、データ容量を増やしたい場合はスマホと別で契約するのがおすすめです。 スマホとWi-Fiルーターで単純に料金は倍かかりますが、使える容量も倍になります。 データプラス 画像引用元: データプラスとはドコモで契約しているスマホの月額料金に、毎月プラス1,000円でWi-Fiルーターとデータ容量をシェアできるプランです。 データ容量が30GBだった場合、スマホ10GB・Wi-Fiルーター20GBといった使い方ができます。 データプラスの月額料金とデータ容量 データプラス 2年定期契約 定期契約なし 月額料金 1,000円 2,500円 データ容量 スマホの契約プランによる 対象となるスマホの料金プランはギガホとギガライトのみで、データ容量はスマホの契約内容に依ります。 定期契約なしで契約する場合は、毎月プラス2,500円必要となるので注意が必要です。 ドコモのWi-Fiルーターをスマホと併せて契約できる データプラスではドコモのスマホを契約している方に限り、 Wi-Fiルーターと併せて契約できます。 こちらの料金プランはすでにドコモのスマホを契約している方で、料金を抑えてWi-Fiルーターを利用したい方におすすめです。 スマホとWi-Fiルーターでデータ容量をシェアするので無制限とは程遠くなりますが、以下で解説するキャンペーンを利用するなどして大容量できます。 キャンペーンが気になる方は、次の章をチェックしてみてください。 ギガホ増量キャンペーンが2020年1月1日から開始! 画像引用元: ドコモは2020年1月1日より「ギガホ増量キャンペーン」を実施しています。 ギガホ増量キャンペーンとは名前の通り、30GBあるギガホのデータ容量が増量になるキャンペーンです。 ギガホ増量キャンペーンの概要 項目 内容 キャンペーン内容 毎月の利用可能データ量を 30GB増量 対象者 ギガホを契約中の方 ギガホをこれから契約する方 実施期間 2020年1月1日~終了日未定 30GBあるデータ容量が30GB増量になるということは、合計で60GBです。 スマホと併せて契約する場合は月々プラス1,000円で60GBのデータ容量をシェアできることになりますし、 Wi-Fiルーター単体で契約すれば月60GB使えることになります。 キャンペーンのため期間限定ではありますが、今のところ終了日未定ということなので利用しない手はありません。 ドコモのWi-Fiルーターを無制限で利用したい方には、ギガホ増量キャンペーンを利用して、Wi-Fiルーター単体で契約するのが一番おすすめです。 ドコモ光を契約するか、他社ポケットWi-Fiを契約するか 今回はドコモでWi-Fiルーター・ポケットWi-Fiを無制限で契約する方法について解説しました。

次の