ニュース速報勢い。 上戸彩『半沢直樹』で“良妻”学ぶ「勢いのある女性の方が…」(2020年7月12日)|BIGLOBEニュース

ニュース速報:2ch勢いランキング

ニュース速報勢い

堺雅人、上戸彩らが出席した『半沢直樹』制作発表会見(C)TBS 俳優の、女優のらが12日、オンライン上で行われたTBS系日曜劇場『半沢直樹』(19日スタート 毎週日曜 後9:00)の制作発表会見に出席した。 新型コロナウイルスの影響を受け、オンラインで実施された会見にはそのほか、、、、井川遥、尾上松也、市川猿之助、北大路欣也、香川照之が出席。 キャスト同士にアクリル板が立てられ、会場は無観客となったが、オンラインで参加したファン200人がスクリーンに映し出された。 主演の堺は「ようやく『半沢直樹』が帰ってまいりました」と高らかにあいさつすると「すごいカロリーの詰まった作品で、壮大な物語がようやく始まった感じがします。 大きな船出です」と自信満々にアピールした。 また劇中で半沢(堺)の妻・花を演じる上戸は、「旦那さんに『私がそばにいる。 どうなっても後ろに付いていく』っていう奥さんってダメなんですって。 どっちかというと『どうなろうとお前が選んだ道をドンと行って来い!』って勢いのある女性の方が、男性は力を抜いて働くことができる。 私も学んでます」と告白。 その快活な演技に堺も「一挙手一投足が笑っちゃうくらいイキイキしてる」と太鼓判を押していた。 前作と同じく池井戸潤氏の「半沢直樹」シリーズから『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』(ダイヤモンド社/講談社文庫)をドラマ化。 東京中央銀行のバンカー・半沢直樹(堺雅人)が、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの子会社への出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた前作。 今作では、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。 「やられたらやり返す。 倍返しだ!」の決めせりふが社会現象になるほどの熱演を見せた主人公・半沢直樹役の堺、半沢の妻・花役の上戸に続き、前作に出演したメインキャストである及川、片岡、北大路、香川も続編に再び出演する。

次の

エキサイトニュース

ニュース速報勢い

堺雅人、上戸彩らが出席した『半沢直樹』制作発表会見(C)TBS 俳優の、女優のらが12日、オンライン上で行われたTBS系日曜劇場『半沢直樹』(19日スタート 毎週日曜 後9:00)の制作発表会見に出席した。 新型コロナウイルスの影響を受け、オンラインで実施された会見にはそのほか、、、、井川遥、尾上松也、市川猿之助、北大路欣也、香川照之が出席。 キャスト同士にアクリル板が立てられ、会場は無観客となったが、オンラインで参加したファン200人がスクリーンに映し出された。 主演の堺は「ようやく『半沢直樹』が帰ってまいりました」と高らかにあいさつすると「すごいカロリーの詰まった作品で、壮大な物語がようやく始まった感じがします。 大きな船出です」と自信満々にアピールした。 また劇中で半沢(堺)の妻・花を演じる上戸は、「旦那さんに『私がそばにいる。 どうなっても後ろに付いていく』っていう奥さんってダメなんですって。 どっちかというと『どうなろうとお前が選んだ道をドンと行って来い!』って勢いのある女性の方が、男性は力を抜いて働くことができる。 私も学んでます」と告白。 その快活な演技に堺も「一挙手一投足が笑っちゃうくらいイキイキしてる」と太鼓判を押していた。 前作と同じく池井戸潤氏の「半沢直樹」シリーズから『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』(ダイヤモンド社/講談社文庫)をドラマ化。 東京中央銀行のバンカー・半沢直樹(堺雅人)が、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの子会社への出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた前作。 今作では、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。 「やられたらやり返す。 倍返しだ!」の決めせりふが社会現象になるほどの熱演を見せた主人公・半沢直樹役の堺、半沢の妻・花役の上戸に続き、前作に出演したメインキャストである及川、片岡、北大路、香川も続編に再び出演する。

次の

速報

ニュース速報勢い

「DeNA2-1広島」(21日、横浜スタジアム) ファンの大歓声は聞こえず、歓喜の輪も生まれない。 それでも、DeNA選手らの表情には最高の笑顔がはじけた。 宮崎が土壇場で逆転サヨナラ打。 執念で開幕3連敗を阻止し、今季初勝利をつかんだ。 1点を追う九回、クリーンアップが意地を見せた。 ソト、佐野、ロペスの3連打で無死満塁。 「連敗していたので、何とか止めようという気持ちで」。 宮崎の放った打球は鋭く右中間を破った。 本来なら抱き合い、もみくちゃとなって喜ぶ劇的なサヨナラ勝ち。 だが、お互いが距離を取り、ハイタッチも交わすふり。 殊勲の背番号51は「ワーッていきたいんですが、エアタッチで」と、肘と肘を合わせるだけの接触で仲間と喜びを分かち合った。 昨季は打率・284と3年ぶりに3割を下回り、チームも優勝を逃した。 「もう一度、3割というのを目指して」とオフにソフトバンク・松田宣と初めて合同自主トレを敢行。 今春キャンプは初日から全開で、ラミレス監督を驚かせた。 「タフなシチュエーションで結果を出すのはさすが」とヒーローを称えた指揮官。 宮崎は「モニター越しで盛り上がってもらえたんじゃないかなと」とファンを思い、「この1勝で勢いに乗っていければ」と意気込んだ。

次の