ディズニー アプリ。 【最新】ディズニー公式アプリの使い方!チケット購入・待ち時間確認・FP発券!ホテル&レストラン予約も!

ディズニー公式アプリでお土産・グッズを購入する方法!使い方と注意点を解説

ディズニー アプリ

東京ディズニーリゾートは25日(月)、自社がリリースしているスマートフォン向け公式アプリ「東京ディズニーリゾート・アプリ」を使い、臨時休園期間中、オンラインでパークのグッズ販売を始めるとアナウンスした。 13歳以上であれば誰でも購入可能で、パークチケットは不要だ。 【お知らせ】 臨時休園期間中、パークで販売している一部のグッズをご自宅でも購入いただけるよう、5月26日 火 から東京ディズニーリゾート・アプリでオンライン販売を開始します。 グッズは値札を付けた状態で発送予定だ。 購入可能な個数は、1人あたり、1日につき1商品3点まで。 送料は1注文につき、通常便1,000円(税込)、クール便1,400円(税込)となる。 ただし、注文金額が10,000円以上(税込)の購入で、送料が無料になる。 東京ディズニーリゾートはスムーズな購入手続のためのお願いとして、「注文受付の時間帯はアクセス集中が予想されるため、事前の準備をいただきますようお願いします。 実施期間中はアプリへのアクセス集中が予想されるためページがつながりにくくなります。 その際は、しばらく時間をおいてから再度アクセスいただきますようお願いします」としている。 実施期間は、5月26日(火)から。 注文受付日は週5日(定休日:月曜日、金曜日)で、注文受付時間は9:00~19:00。 なお、終了時期など、詳細については公式サイトなどを確認のこと。 ショー/パレード、メニュー、グッズなどすべての情報は予告なく変更になる場合があります。 C Disney 《text:cinemacafe. net》.

次の

ディズニー公式アプリの会員登録方法!【新規作成/ログイン設定】

ディズニー アプリ

【事前準備編】パークへ行く前にやっておきたいこと 東京ディズニーリゾート・アプリでは、パークチケットの購入やレストラン予約といった事前予約を行えます。 しっかり準備しておけば、当日長い時間待つなどのストレスなくパークで過ごせるでしょう。 アプリにログインする アプリサービスを利用するには、ディズニーアカウントを発行する必要があります。 すでになどで、ディズニーアカウントを発行済みの場合は新規登録はいりません。 「東京ディズニーリゾート・アプリ」をインストールし、新規ユーザー登録を行います。 すでにアカウントを持っている場合は、ユーザーIDとパスワードを入力してください。 住まいの国を選択すると、生年月日登録に移ります。 生年月日は一度設定すると変更できません。 [次へ]でユーザー情報画面へ遷移後、メールアドレス、パスワード、名前、住所などの個人情報を入力。 登録したメールアドレス宛に送付されたURLにアクセスすれば、ディズニーアカウントの発行が完了です。 再度アプリのログイン画面を開き、メールアドレスとディズニーアカウントのパスワードを入力してください。 パークチケットを購入しておこう アプリでは事前にパークチケットを購入することもできます。 事前に購入しておけば、当日チケットカウンターに並ぶ時間を節約できるうえに、購入したチケットはアプリ上に電子チケットとして保存・表示されるため、アプリさえ開けばすぐにチケットを出せて便利です。 ホーム画面の[新規チケット購入]をタップします。 左:日付からチケットを探す画面 右:チケットの種類から探す画面 パークチケットは、「日付から探す」方法と「チケット一覧から探す」方法が選べます。 今回は日にちを選ぶ画面からチケットを購入してみました。 カレンダーから日付を選び、受け取り方法を選択します。 受け取り方法を[スマホ表示]にしておけば、スマホで電子チケットを表示させるだけで入園が可能です。 パーク選びや人数を決め、金額を確認したら[購入手続きへ進む]をタップします。 今回は、東京ディズニーランドを選択しました。 支払いはクレジットカード(一括払い)のみとなっています。 氏名やクレジットカード情報を入力し、画面に沿って確認や利用規約の同意を済ませれば、チケットの購入は完了です。 アプリのホーム画面を再度開くと、購入済みチケットが表示されました。 チケット購入ボタンが見当たらない場合は? アプリ画面上のメニューは、スクロールによって3段階に表示幅が変わるようになっています。 チケット購入画面はメニューを全表示させないと見つからないため、試してみるといいでしょう。 メニューを上にスクロールすると、すべての項目が表示されます。 元に戻す際は下にスクロールします。 また、マップの適当な位置をタップすればメニュー自体が表示オフになります。 レストランを事前予約しよう アプリを使ってレストランを事前予約することもできます。 予約できるレストランの受付期間は、利用希望日の1カ月前の午前10時から利用日前日の午後20時59分まで。 当日並ぶこともできますが、事前に席を確保しておけば、大幅な待ち時間短縮になります。 今回は昼食でのレストランの予約をしました。 ホーム画面メニューをスクロールして全体を表示させ、画面下の[レストラン受付]から予約がおこなえます。 注意事項を確認の上、レストラン検索画面で日程や時間帯、人数など希望条件を設定し検索をかけ、希望レストランの[空き時間を確認する]をタップしてください。 表示された時間枠「空席あり」の希望時間帯で、[予約する]をタップします。 電話番号や名前を入力したらログイン画面が表示されるので、ディズニーメンバーID・パスワードでログイン後、お客様情報を入力して支払い方法を選択します。 あとは画面の流れに従って内容を確認し、予約・購入を確定すれば完了です。 筆者は前日の夜に予約をしましたが、当日の予約状況を見てみるとほとんど埋まっていたので、レストランの予約は前日のうちに行っておくことをおすすめします。 【パーク内編】アプリを活用してパーク内を楽しむ いよいよディズニーランド入園当日になりました。 チケットは事前に購入し、ランチも予約しておいたので、さっそくディズニーランドへ入園します。 パーク内で使えるアプリの機能を紹介していきます。 アプリで入園! 事前に購入したチケットをアプリで表示し、チケットをタップします。 電子チケットをタップすると、QRコード付きのチケットに切り替わるので、QRコードをゲートの指定範囲にかざして入園です。 当日はもちろん、チケットカウンターには長蛇の列ができていました。 このチケットカウンターでの待ち時間をショートカットできたので、すぐに入園できました。 アプリのアトラクション待ち時間は正確? マップ上には、アトラクションの待ち時間やパレード、ショーの位置、開始時間などが表示される さっそくアトラクションを楽しみたいと思います。 パーク内に入ると、ホーム画面のマップでは、アトラクションの待ち時間の確認ができるようになります。 この待ち時間は実際に正確なのか、気になるところです。 アプリ:130分 スタンバイ:130分 人気の「スプラッシュ・マウンテン」へ行ってみました。 アプリではスタンバイで130分待ち。 実際のスタンバイ・エントランスも、130分待ちと、誤差もなく待ち時間が一致しました。 アプリ:55分 スタンバイ:55分 「スペース・マウンテン」でも同じように、アプリの待ち時間表示と比べると、どちらもスタンバイの待ち時間は「55分」と同じ結果になりました。 アプリ:40分 スタンバイ:40分 「イッツ・ア・スモールワールド」もスタンバイで「40分」待ちと、ここまで3連続で待ち時間が一致しました。 ショーの時間が近づくなどして人の増減が激しくなる時間を除けば、ほぼリアルタイムで正確に更新され、アプリの精度が非常に良いことがわかります。 ちなみに、マップ上の待ち時間の吹き出しをタップすると、上の画像のように、アトラクションの詳細が表示できます。 フィルター機能でアトラクションを絞り込む 雨が降っている日や、小さな子ども連れでも楽しめるアトラクションを探すには、フィルター機能が便利です。 フィルターはスクロールして下まで表示させると、他の項目や、アトラクション以外の検索もできる マップを開き、画面右側の懐中電灯のような形をしたアイコンをタップすると、検索画面が表示されます。 特徴やアトラクションのタイプなどを選択して[OK]してください。 例えば、「雨の日でも安心」「赤ちゃんも一緒」をタップして検索すると、おすすめの施設として検索された施設の待ち時間がマップ上に表示されます。 ファストパスもアプリで発券 全体の待ち時間を把握し、ファストパスを取りたいアトラクションの目星がついたら、いま何時のファストパスが発券可能かをチェックします。 マップ上の待ち時間をタップすると、画面下にアトラクションのスタンバイ待ち時間と、ファストパスの発券情報が表示されます。 この日のホーンテッドマンションは、ファストパスの発券がないことがわかりました。 ファストパスの発券がある場合、この黄色い文字部分に時間帯が表示されます。 ファストパスの発券は、アプリを開いて電子チケットを表示させたのち、QRコードをファストパス発券機の読み取り部分にかざすだけです。 ファストパスチケット自体は、アプリでは管理できないので、なくさないように気をつけましょう。 マップを使って予約したレストランへ お昼時になり、周りのレストランも混み始めてきました。 アプリから事前に予約したレストランの予約時間もそろそろになったため、向かってみたいと思います。 レストランは「イーストサイド・カフェ」です。 予約したレストランの情報は、ホーム画面下部の「プラン」の欄に表示されていました。 このレストランのタイルをタップすると、詳細画面へと遷移します。 中央部分にある「マップ」をタップしましょう。 パーク内のマップが表示されました。 自分のいる現在地は青丸が、レストランには食事マークがついているのがわかります。 普段を使うときと同じように、自分の動きに合わせて青丸も移動します。 なお、この機能を利用するには、端末の位置情報機能をオンにしておく必要があるので、注意してください。 マップに従って移動すると、無事に目的地「イーストサイド・カフェ」にたどり着けました。 予約したレストランに着いたら、スタッフに予約時間と事前予約をした旨を伝え、名前を確認してカードを受け取ってください。 予約時間が来たら席に案内してもらい、通常通りメニューを注文すればOKです。 レストランの前には待機列ができていましたが、予約のおかげでほとんど待つことなくスムーズに昼食をとれました。 ショーの抽選にチャレンジ お腹もいっぱいになり、ファストパスも準備万端。 次はショーの抽選に挑戦します。 当選すれば席が確約できるショーの一覧が表示されるので、見たいショーを選びます。 ショーの時間を指定すると「抽選前確認」の画面が表示されます。 3才以下の子どもと一緒に見る場合は、膝に座らせるか、新たに席を確保するかを選んでください。 抽選するチケット(自分のチケット)画面に遷移したら、チェックを入れて[次へ]をタップします。 抽選内容の確認画面が正しければ[抽選スタート]を押します。 今回は抽選に外れてしまいましたが、当選すると「congratulation!」と表示され、優先的にショーの場所の確保ができます。 ちなみに、すべてのショーの抽選をしましたが、当たりませんでした。 使ってみた感想 アプリを活用して1日過ごしてみましたが、事前予約でレストランの待ち時間が減ったり、アトラクションの待ち時間をリアルタイムで確認できるのは非常に便利だと感じました。 また、スマホがあればチケットやマップの表示ができるので、紙のチケットや紙のマップを利用していた際に感じていたかさばりや出し入れの面倒さがなく、スムーズに過ごすことができました。 ただし、スマホの利用回数が増えるため、バッテリーの持ちが気になります。 スマホのバッテリーが切れた際は、キャストに声掛けをすればパーク内で充電器(モバイルバッテリー)を販売している場所を案内してもらえますが、モバイルバッテリーを持っておくと安心です。

次の

ディズニーリゾート公式アプリを実際にパークで使ってみた──事前予約・入園から待ち時間確認、ファストパス発券、レストラン予約まで使い方を徹底解説

ディズニー アプリ

ディズニー公式アプリの会員登録方法とはムズカシイことはなく簡単にディズニー公式アプリの会員登録が完了したかと思います。 ここからは、ディズニー公式アプリの会員登録することによってどんなメリットがあるのかをまとめていきます。 実はディズニー公式アプリの会員登録することによって たくさんのメリットがあります。 反対にディズニー公式アプリの会員登録をしていない人は、会員登録していないとできないことができないことになりますのでサクッと説明していきます。 やはりディズニー公式アプリの会員登録は行っておいた方がいいでしょう。 とはいっても会員登録していなくてもディズニーを楽しむことはできます。 とはいってもディズニーを満喫したい方はディズニー公式アプリの会員登録しておきましょう。 ディズニー公式アプリの会員登録しておくと、ディズニー公式アプリのサービスであるパークチケットの購入、ホテルやレストランの予約、パークチケットの表示、東京ディズニーリゾート ショッピングでの購入ができたります。 まがオンラインチェックインの利用も会員登録が必要になりますので、会員登録は行っておきましょう。 反対に会員登録していなくても、待ち時間の閲覧、現在地の表示、ショー抽選、東京ディズニーリゾート ショッピングでのグッズ閲覧は可能です。 これを見ると、ディズニー公式アプリの会員登録をしておいた方がディズニーをより楽しく楽しむことができるのは見たらわかるかと思いますので、ディズニー公式アプリの会員登録はしておくほかないでしょう。 ディズニー公式アプリの会員登録とは必ず行う必要はありませんが、ディズニー公式アプリの会員登録しておくと、様々なキャンペーンに応募できようになります。 これもディズニー好きな方であれば様々なキャンペーンに応募したいですよね。 様々なキャンペーンに応募して、よりディズニーを楽しみたい方は是非ディズニー公式アプリをダウンロード・インストールして、会員登録しておいた方がいいでしょう。 発表されるキャンペーンはアプリで確認することができます。 なので、ディズニー公式アプリの会員登録しておいた方が、より早くディズニーの情報をゲットすることgはできますし、マップも表示されるので、マップ上で確認することもマップを見て現在地を知ることもできます。 ディズニー公式アプリの会員登録を使用として、ユーザー登録・ユーザー情報入力を終えたのにも関わらず何故かディズニー公式アプリの会員登録ができないという悲しい時に出会ってしまった方は、入力した情報をか確認してください。 ディズニー公式アプリの会員登録のユーザー情報を入力す項目はとても多いので、サクッと目を通さずに入力してしまう方が多いのですが、ちゃんと指定された文字形式で入力されているかを確認してください。 これを守れていない人が多いようです。 会員登録はちゃんと指定された文字形式で入力されていないと会員登録することができません。 これは予めシステムで決まっていますので、入力するときにちゃんと書かれていますので、 ご入力がないかしっかりと確認してください。 会員登録ができない理由のほとんどがこれになりますのでちゃんと確認しておきましょう。 全角や半角などの指定がある時は、よく間違えてしまう方もおおいので、ユーザー情報を入力する覧のところで何が指定されているのかを確認して間違いがないかを確認してからユーザー登録を行うようにしてください。 またユーザー登録時のユーザー情報を入力する際に不要な空白があると会員登録が出来なくて再度ユーザー情報を入力する羽目になってしまいますので、不要な空白がない 最後に確かめてから入力をするようにしてください。 ここからは、ディズニー公式アプリの評判についてまとめていきたいと思いますので、実際の口コミ・評判をみて参考になる部分もありますので、いい評判もあればいい口コミもありますが、参考になる良くない評判もあるようです。 良くない口コミ・評判はディズニー公式アプリがアップデートされるタイミングでアプリの改善を行っているようですので、ディズニー公式アプリがリリースされてまだあまりたっていませんので、これからさらに良くなっていくと思います。 ちなみに、Tokyo Disney Resort 東京ディズニーリゾート公式 のアプリは現在「エンターテインメント」内のアプリの中で 7位にランキングされていて、とっても評価が高いアプリになっているようです。 ここからはTwitterのレビューを参考にして、ディズニー公式アプリの会員登録して実際にディズニー公式アプリをつかっている人の口コミ・評判を見ていきたいと思いますので、 生の口コミ・評判が一番参考になるかと思います。 Twitterってニュースアプリよりもニュースが入ってくるのが早かったり、生の人の口コミ・評判がみれるので、何か新しいものや気になることがある方はTwitterを使ってみるのがとってもおすすめです。 とってもTwitterは便利です。 特に、アトラクションの待ち時間が一目で分かる機能に対して、とっても便利で助かるといった声口コミ・評判が多いように感じます。 今日混んでるのかなと思ったら、ディズニー公式アプリで確認するといいでしょう。 ディズニー公式アプリはディズニーファンが待ちになったアプリではないでしょうか。 ディズニー公式アプリの会員登録をしていることによる機能や特典はディズニー好きにはたまらない機能や特典ばかりになっていますので、ディズニー好きな方は是非 ディズニー公式アプリをダウンロード・インストールしてみてください。 しかし、ディズニーはディズニー公式アプリをダウンロード・インストールしなくても、楽しめるものになっていますので、今まで通り楽しむことはできますが、より楽しみたい方はディズニー公式アプリをつかってみてください。

次の