君の名は声優。 君の名は。

君の名は

君の名は声優

アニメ 君の名は。 って? 社会現象にもなった大ヒットアニメーション映画 2016年に公開された新海誠監督による長編アニメーション映画で、公開からわずか52日で累計興行収入150億円を突破した社会現象にもなった大ヒット映画です。 繊細で美しい映像と魅力的な登場人物や声優、印象的な主題歌が話題となり幅広い世代から愛される映画となりました。 君の名は。 の簡単なあらすじを紹介 男女の主人公が突然入れ替わってしまう 1か月後に1000年ぶりに彗星が地球に接近するといわれたある日、山奥の田舎町に暮らす女子高生の宮水三葉は、自分が東京の男子高校生になった夢を見ます。 日頃から都会に憧れを抱いていた三葉は、夢の中の東京に心を躍らせます。 一方、東京に住む男子高校生の立花瀧も、見ず知らずの山奥の町で自分が女子高生になっている奇妙な夢を見ていました。 不思議な夢を繰り返し見る度、二人はお互いが入れ替わっていることに気が付きます。 何度も入れ替わる不思議な現象に最初は戸惑いながらも、お互いの生活を楽しむようになります。 しかし、気持ちが打ち解けてきたときに、突然入れ替わりが途切れてしまいます。 自分たちに特別な繋がりがあることに気が付いた瀧は、記憶だけを頼りに会ったことのない三葉に会いに行きますが、そこで意外な真実を目の当たりにすることとなります。 アニメ君の名は。 のメインキャラクターと声優 ダブル主人公と話題の声優 ・立花 瀧 君の名は。 の男性主人公。 東京の都心に住む男子高校生です。 霞ヶ関で働く父と2人暮らしで、レストランでアルバイトをしている普通の少年。 とある日から三葉と身体が入れ替わるようになってしまいます。 声優は神木隆之介さん。 俳優としても大人気の神木さんですが、声優としての演技力の高さも話題を集めました。 ・宮水三葉 こちらは女性主人公。 山深い田舎町の岐阜県糸守町に住む女子高校生です。 小学生の妹、祖母との3人暮らし。 家は宮水神社という神社で、妹と共に巫女を務めています。 田舎の生活に嫌気がさし、東京に強い憧れを抱いている少女。 声優は上白石萌音さん。 オーディションの際に新海誠監督が惚れ込んでしまうほどの美しい声質と表現力の高さも注目ポイントです。 君の名は。 に使用された主題歌は? 映画の世界観を表現した楽曲 君の名は。 の主題歌は全部で4曲ありますが、全ての曲を担当しているのが人気ロックバンド「RADWIMPS」。 新海誠監督自身がRADWIMPSのファンで、自ら曲を書いてほしいとお願いしたそうです。 CMや予告編でも流れており、一番に思い浮かぶ「前前前世」。 スピード感のある曲調と、映画の世界観を表現した歌詞にも注目です。 ピアノの音色が優しいバラード曲の「スパークル」は監督も涙を流した1曲。 オープニング曲に使用されている「夢灯籠」はアップテンポで爽やかな曲調。 そしてエンディングテーマ曲の「なんでもないや」は上白石萌音さんがカバーしたことでも知られている曲です。 ストレートな歌詞が心に響きます。 君の名は。 と同じ景色が見れる聖地巡礼も人気 主な舞台は岐阜県と東京都 君の名は。 ではモデルとなった土地が多く存在します。 まず初めに、主人公三葉が住んでいた場所は岐阜県の飛騨地方をイメージしたと監督が公言しています。 聖地巡礼マップもあるようで、是非一度訪れてみたい場所ですね。 次に瀧が住んでいる東京。 主に四ツ谷駅周辺が多く登場し、キービジュアルに使用されている須賀神社の階段もあります。 他には長野県の湖や秋田県の駅などもモデルとなっているようです。

次の

【君の名は。声優キャスト一覧】上手い下手で感想分かれる理由!四葉と奥寺先輩もハマってる

君の名は声優

上白石萌音さんがかわいい!君の名はに出演! 上白石萌音(かみしらいしもね)さんが、映画「君の名は。 」に出演しています! とってもかわいい上白石萌音さん! いったいどんな女優さんなのでしょうか! 大学や身長や気になる彼氏の噂はどうなのでしょう? 上白石萌音さんについて注目をしてみたいと思います! 上白石萌音さんのプロフィールは? 生年月日 1998年1月27日(18歳) 出生地 日本の旗 日本 鹿児島県鹿児島市 身長 152 cm 職業 女優・歌手 ジャンル 映画・舞台・テレビドラマ 活動期間 2011年 — 著名な家族 上白石萌歌(妹) 事務所 東宝芸能 公式サイト 公式プロフィール 上白石萌音さんは、鹿児島県鹿児島市出身ですね。 2011年の東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞しました。 妹である上白石萌歌さんはグランプリを獲得。 姉妹で、東宝芸能に所属します。 姉妹で東宝シンデレラオーディションを通過するというは 非常に珍しいですよね。 上白石萌音さんは 、NHKの大河ドラマ「江」で女優としてデビューをします。 その後は、ミュージカルでも活躍。 アニメ映画 「おおかみこどもの雨と雪」では、声優にもチャレンジしていますね。 私生活では、 2006年から3年間はメキシコで生活をしていたようですね。 上白石萌音さんは1998年生まれですから、 8歳~11歳までをメキシコで過ごしたということですね。 上白石萌音さんの大学は? 上白石萌音さんは現在大学1年。 何処の大学に所属をしているのでしょうか。 調べてみたところ、情報はありませんでした。 芸能事務所が東京都内にありますので、 おそらく東京都内の大学だと考えられます。 それも私立大学の可能性がたかいですね。 メキシコで3年ほど生活をしていたこともありますので、 スペイン語の資格も持っている上白石萌音さんは、 言語系の学部に所属している可能性がたかいですね。 上白石萌音さんの身長は? 上白石萌音さんの身長は 152cmと非常に小柄ですね。 体重は公開されていませんが、 40kg前後だと思われますね。 上白石萌音さんは歌がうまい? 上白石萌音さんは、 歌がうまいそうですね。 女優の上白石萌音さんは、歌手としても活躍をしています。 幼い頃からずっと歌うことがすきだったと語っていますね。 「言葉を話し始めるのと同じように、ずっと歌が好きだったので、その頃の私に歌手デビューするらしいよと言いたいです(笑)。 好きなものでしかなかった音楽を仕事にできる日が来るなんて。 がんばらないと! 今までと同じではいけないなとも思っています。 上手じゃなくても言葉の深みや奥行、メロディをなぞるだけでなく、プラスアルファでもっと深いものを歌いたいと思います。 聴く人によって感じるものが違う音楽というものが、自分にとって魅力的ですし、大好きなので。 深みのある音楽を作っていきたいです」 出典: と語っていますね。 歌手としての意気込みが非常に感じられるコメントですね! また、お母様が音楽教師だったこともあり、 2~3歳のときからお母様の弾くピアノに合わせて歌っていたようです。 その時の様子は、 放っておくとエンドレスで歌い続けてる 出典: らしいですね。 その時の歌唱力もあり、 最終オーディションで、周防監督が 「いますぐ本番が撮れる!」 と語ったそうですね。 それだけ、役としての下地ができていたということですね。 東宝シンデレラオーディションでは緊張していた? 上白石萌音さんは、44000人以上の応募者から 見事審査員特別賞を受賞しています。 これだけ歌唱力もある上白石萌音さんは、オーディションに動じないと思っていましたが、 本人いわく、 「私、すごい緊張しいなんです」 と語っていますね。 と同時に 「すごく負けず嫌いなんです。 学校の小テストでも誰にも負けたくないタイプで・・・」 と語っていますね。 この性格が緊張しつつも見事東宝シンデレラ審査員特別賞を受賞させたのかもしれませんね。 上白石萌音さんに彼氏は? こんなにかわいい上白石萌音さん。 気になるのは、彼氏の噂。 大学一年生ということもあって、 彼氏がいてもおかしくないですからね。 調べてみたところ、 上白石萌音さんに彼氏の噂はありませんでした。 上白石萌音さんは、 「君の名は」のインタービューで、「今まで好きな人の夢をみたことはありますか?」 の質問にたいして、 「ないです」 と答えていますね笑 これだけ東宝芸能で活躍をしている上白石萌音さんですから、 熱愛彼氏の噂がたつのは時間の問題かもしれませんね。 まとめ 上白石萌音さんが君の名はに声優として出演しています。 まだ18歳ということで、 とっても若い上白石萌音さん。 今後の活躍に期待ですね!.

次の

君の名は

君の名は声優

概要 [ ] ・の代表作。 にで放送され、多大な人気を獲得した。 ただし、最初の半年間は菊田が「人々の戦争体験を主題に」シリアスタッチで描いていたため、あまり人気はなかった。 真知子と春樹との恋愛にドラマが集中し始め、初めて人気番組となった。 「番組が始まる時間になると、の女湯から人が消える」といわれるほどであったという(ただし、この銭湯でのエピソードは、「アメリカでの事実 [ ]を基に、松竹の宣伝部が作った虚構である」という説も根強い )。 ラジオドラマの人気を受けてで化されると大ヒットを記録し、氏家真知子のの巻き方が「 真知子巻き」と呼ばれて女性の間で流行した。 これは、主演のがでの合間に現地の寒さをしのごうと、の界隈の店で購入して持参していた私物のストールを肩から一周させ、耳や頭をくるんでいたことによるとされる。 この姿はカメラが回っている時にも使われることになり、「真知子巻き」が誕生した。 真知子と春樹が出会い、再会した数寄屋橋のシーンでしていたというのは間違いである。 ただし、第一部の冒頭、佐渡に渡る船上でも真知子は「真知子巻き」に類したストールの巻き方をしている。 真知子と春樹が再会しそうになる(半年ごとの数寄屋橋での待ち合わせなど)が、不都合が起きてなかなか会うことができない。 この「会えそうで会えない」という事態が何度も繰り返された。 これは後の恋愛ドラマでもよく見られる描写(演出)であり、本作はこのパターンの典型にして古典となっている。 数寄屋橋の撤去 [ ] (39年)のを控え、皇居外堀を埋めてが作られることになり、1957年(昭和32年)7月にの撤去工事が開始された。 今は数寄屋橋交差点傍にある数寄屋橋公園に、原作者の菊田一夫の筆による「数寄屋橋 此処に ありき」との小さな石碑が残されている。 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2016年8月)() 、 の夜。 が降り注ぐ中、たまたま一緒になった見知らぬ男女、 氏家真知子と 後宮春樹は助け合って戦火の中を逃げ惑ううちに、命からがらのまでたどり着く。 一夜が明けて、二人はここでようやくお互いの無事を確認する。 お互いに生きていたら、半年後の11月24日、それがだめならまた半年後に、この橋で会おうと約束し、お互いの名も知らぬまま別れた。 やがて、2人は戦後の渦に巻き込まれ、お互いに数寄屋橋で相手を待つも再会が叶わず、1年半後の3度目にやっと会えた時は真知子は、既に明日嫁に行くという身であった。 しかし、夫との生活に悩む真知子、そんな彼女を気にかける春樹、2人をめぐるさまざまな人々の間で、運命はさらなる展開を迎えていく。 NHKラジオ連続放送劇 [ ] 放送期間は、1952年(昭和27年)4月10日から1954年(昭和29年)4月8日。 毎週木曜8時半から9時までの30分放送。 番組の冒頭で「忘却とは忘れ去ることなり。 忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ」というの、1953年(昭和28年)1月からはのナレーションが流れた。 また、当時のラジオドラマは生放送だったため、劇中のは音楽担当のがで毎回即興で演奏していた。 キャスト [ ]• 後宮春樹:• 氏家真知子:• 、他 主題歌 [ ]• 「君の名は」• 作詞:• 作曲:• 歌:高柳二葉(放送版) 映画とレコードはによって吹き込まれている。 本作の「 詞・曲」は中のため、を除き、となります。 また、などのについても注意ください。 本作のの有効・無効は( JASRAC)で確認できます。 ラジオ復刻版 [ ] NHK放送開始80周年記念特別番組『』(2005年3月19日から22日)の一環として、「復刻ラジオドラマ」として放送された。 放送日時は19日から21日の連日21時5分ごろから21時55分(JST)。 NHKのライブラリーに保管されている音源や台本を参考にしている。 出演は、他。 ナレーションは、映画版で主人公の氏家真知子を演じたが担当した。 放送日は3月20日(JST)。 司会はアナウンサー。 映画 [ ] 君の名は 監督 脚本 原作 音楽 撮影 斎藤毅 編集 杉原よ志 製作会社 公開 上映時間 127分 製作国 日本 言語 日本語 配給収入 2億5047万円 次作 君の名は 第二部 全3部。 大ヒットし、通し上映では6時間を超えることから総集編も製作された。 3部作の総観客動員数は約3,000万人(1作平均1,000万人)である。 君の名は(第一部) [ ] 1953年9月15日公開。 2億5047万円の配給収入をあげ、1953年度の配給収入ランキング第2位(1位は同名第二部)。 冒頭のタイトル表記には「第一部」の字はなく、最後に「君の名は 㐧一篇 終」と表示される。 キャスト(第一部) [ ]• 氏家真知子:• 後宮春樹:• 石川綾:• 後宮悠起枝:• 浜口勝則:• あさ:• 奈美:• 加瀬田修造:• 浜口徳枝:• 信枝:• 水沢謙吾:• 勘次:• 本間:• 横山:• 社長:• 詩・朗読:()• スタッフ(第一部) [ ]• 監督:• 原作:• 製作:• 脚本:• 撮影:• 音楽:• 主題歌:「君の名は」「君、いとしき人よ」• 美術:• 録音:• 照明:• 特殊撮影:、• 装置:• 装飾:• 衣装:• 現像:• 編集:• 監督助手:• 撮影助手:• 録音助手:• 証明助手:• 録音技術:• 進行: 協賛(第一部) [ ]• 観光課• 観光課• 撮影地:(、)・他 君の名は(第二部) [ ] 君の名は 第二部 監督 脚本 原作 音楽 撮影 斎藤毅 編集 杉原よ志 製作会社 公開 上映時間 120分 製作国 日本 言語 日本語 配給収入 3億2万円 前作 君の名は 第一部 次作 君の名は 第三部 1953年公開。 3億2万円の配給収入をあげ、1953年度の配給収入ランキング第1位。 製作の『』で主人公が映画を見る描写で本作の冒頭部分が使用されている。 キャスト(第二部) [ ]• 浜口真知子:• 後宮春樹:• 石川綾:• 後宮悠起枝:• 浜口 勝則:• アイヌの娘 ユミ:• 加瀬田修造:• 仁科:• 永橋局長:• 浜口 徳枝:• 信枝:• 奈美:• あさ:• 横山:• 勘次:• 水沢謙吾 :• 末長:• ユミの母:• サロム:• 横山の乾分:、• 北海道の巡査:• 春日の女中:、• 宿屋の女中:• 看護婦:• 駅員:• 唄: スタッフ(第二部) [ ]• 監督:• 原作:• 音楽:• 製作:• 脚本:• 撮影:• 音楽:• 主題歌:「花のいのちは」「黒百合の歌」• 美術:• 録音:• 照明:• 装置:• 装飾:• 衣装:• 現像:• 編集:• 監督助手:• 撮影助手:• 録音助手:• 証明助手:• 録音技術:• 進行: 協賛(第二部) [ ]• 美幌町観光協会• 北見バス株式会社(の前身企業)• 観光協会• 観光課• 水郷潮来観光協会• 撮影地:北海道美幌町・ 君の名は(第三部) [ ] 君の名は 第三部 監督 脚本 原作 音楽 撮影 斎藤毅 編集 杉原よ志 製作会社 公開 上映時間 124分 製作国 日本 言語 日本語 配給収入 3億3015万円 前作 君の名は 第二部 1954年4月27日公開。 3億3015万円の配給収入をあげ、1954年度の配給収入ランキング第1位。 松竹は1954年度のに本作で勝負をかけたが、ライバルのは『』(4月26日公開)を公開している。 キャスト(第三部) [ ]• 浜口真知子:• 後宮春樹:• 石川綾:• 仁科悠起枝:• 浜口勝則:• 清宮美子:• 野島八郎:• 加瀬田修造:• 永橋局長:• 副島渡:• 浜口徳枝:• 信枝:• あさ:• 末長:• 丸岡調停員:• 編集長:• 榊原弁護士:• 郡山調停員:• 家庭裁判所判事:• 裁判長:• 俊樹:• 詩朗読・解説:()• 雲仙ホテル支配人:• メイド:• 事務員:• 看護婦:• 東京のホテルボーイ:• 浜口家女中:• 自転車の男:• 病院の看護婦:、• 雑誌記者:• 仁科の娘: スタッフ(第三部) [ ]• 監督:• 原作:• 音楽:• 製作:• 脚本:• 撮影:• 音楽:• 主題歌:「君は遥かな」「忘れ得ぬ人」「数寄屋橋エレジー」「綾の歌」• 美術:• 録音:• 照明:• 装置:• 装飾:• 衣装:• 現像:• 編集:• 監督助手:• 撮影助手:• 録音助手:• 証明助手:• 録音技術:• 進行: 協賛(第三部) [ ]• 観光課• 長崎県組合• 「君の名は」撮影協力会• 観光課• 阿蘇観光課• 撮影地:長崎県雲仙温泉 主題歌・挿入歌 [ ]• 「君の名は」(歌:)• 「君いとしき人よ」(歌:)• 「黒百合の歌」(歌:織井茂子)• 「忘れ得ぬ人」(歌:伊藤久男)• 「数寄屋橋エレジー」(歌:伊藤久男)• 「君は遥かな」(歌:、織井茂子)• 「綾の歌」(歌:) 「君の名は」に関する歌の作詞・作曲は、すべて・のコンビによる。 舞台 [ ] を参照。 テレビドラマ [ ] 2012年現在、テレビでは4度ドラマ化されている。 1962年版 [ ] からまで、系列で放映。 放送時間は火曜21:00 - 21:30だったが、1963年以降は日曜20:30 - 21:00に変更された。 出演:、、など。 系 火曜21時台前半枠 前番組 番組名 次番組 1991年版(NHK連続テレビ小説) [ ] 君の名は ジャンル 脚本 ほか 出演者 ナレーター (語り) 時代設定 20年〜30年 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 1991年4月1日 - 1992年4月4日 放送時間 15分 回数 全312 (3年)から(平成4年)まで、30周年記念作品(第46作)として放送された(連続テレビ小説では、1983年度の『』以来の1年間放送)。 解説 [ ] 年々視聴率が下降を続けていた連続テレビ小説のテコ入れとして、1975年以前の原点に戻り放送期間を1年間とした。 に1億円をかけのオープンセットを造るなど、異例の予算が組まれた。 しかしながら、最高視聴率34. 関東地区、調べ) とも、本ドラマ終了時点での当時の歴代最低を記録した。 なお、第五部の舞台は、の予定だったが、の噴火により中止となり、舞台は、に変更された。 完全版・総集編共にDVDは未発売。 構成 [ ]• 第一部:第1 - 12週(第1 - 72回)(第1部は、…編というものはなかった)• 第二部:「結婚編」:第13 - 19週(第73 - 114回)• 第三部:「旅立ち・北海道編」:第20 - 25週(第115 - 150回)• 第四部:「愛ふたたび・志摩編」:第26 - 34週(第151 - 204回)• 第五部:「愛のゆくえ・対決編」:第35 - 39週(第205 - 234回)• 第六部:「それからの二人・夫婦編」:第40 - 52週(第235 - 312回) スタッフ(1991年版) [ ]• 原作:• 脚本:、横光晃、、星川泰子、• 音楽:• 語り:• 副音声解説:• 演奏:東京コンサーツ• 題字:• 考証:松平誠• 考証協力:• アイヌ民俗関連監修:• 所作指導:鈴木宗卓• 医事指導:雨宮昭• 方言指導:、山國成男、、山中篤、岡部雅郎• 撮影協力:、、、、、同• 制作:石井愼、松本守正• 美術:藤井俊樹、岡本忠士、矢野隆士• 技術:沖中正悦、渡部浩和、原滋• 音響効果:田中正男、太田岳二、矢島清• 撮影:中村和夫、川崎一彦、安田熙男• 音声:篠根正継、谷島一樹• 照明:大地祥嗣、高橋伴幸• 記録・編集:田中美砂、高室晃三郎、岡部敦子、上田裕里子• 演出:原嶋邦明、宮沢俊樹、伊豫田静弘、諏訪部章夫、、一井久司、吉川幸司、松本順、三井智一、若泉久朗、吉田雅夫、林可奈子• 主題歌:君の名は• 作詞:菊田一夫 作曲:古関裕而 歌:石川さゆり• 挿入歌:黒百合の歌• 作詞:菊田一夫 作曲:古関裕而 歌: キャスト(1991年版) [ ]• 後宮春樹(空襲で真知子を助けた男): 東京(浜口家) [ ]• 浜口勝則(真知子の夫):• 浜口徳枝(勝則の母・真知子の姑): その他 東京の住人 [ ]• 小野瀬綾(真知子・春樹の友人 佐渡出身):• 本間定彦(真知子・春樹の友人 佐渡出身 北国文学 天天教の布教師):• 美村蘭子(夜の女):• 美村礼治(蘭子の夫、戦争によって記憶喪失に):• 美村千枝子(美村夫妻の娘、戦争によって行方不明に、志摩内野家での名は里子):(幼少期:)• あさ(夜の女):• 石上梢(夜の女):• 加瀬田修造(元陸軍少将):• 加瀬田岸枝(修造の妻・曙荘の管理人):• 加瀬田和子(加瀬田夫妻の娘):• 田上うらら子(天天教の教祖):• 富士子(天天教の信者、おかま):• 岩間(副島)伝次(闇市でならしたヤクザ):• マリー(夜の女・蘭子のライバル):• 永橋(勝則の上司):• 永橋清子(永橋の妻):• 深野柳子(の長家の大家):• 叶哲司(長屋の住人、畳屋):• 住職(真知子・春樹の結婚式を行う寺の住職):• 多比良良作(定彦の仕事仲間)、税務署職員:• 木村吾郎(大学受験生。 真知子の父(で死去・勘次の弟):• 真知子の母(東京大空襲で死去): 清宮家(東京) [ ]• 清宮田鶴子(美子の母): 北海道 美幌・弟子屈 [ ]• 末永保(春樹の大学の先輩):• 牧子(末永の妻):• 松吉(末永の先代から牧場で働いている):• ユミ(春樹を好きになった女):• 三郎(牧場で働いている男): 新潟・佐渡 [ ]• 野添絹子(定彦の友・勘次の不倫相手):• 角倉勘次(真知子の叔父・角勘の主):• 角倉信枝(真知子の叔母・角勘の女将):• 米夫(角勘の従業員):• 捨松(角勘の従業員):• スミ代(捨松の妻):• 忠公(角勘の従業員): 三重県・志摩 [ ]• 水沢謙吾(悠起枝の友人):• 水沢フサ(謙吾の母):• 西崎(悠起枝の義父):• 長島龍伍(密輸組織のボス):• 善吉(長島の溜り酒場店主):• 海渡琴乃(志摩で店を営む):• 西野彰一(里子の義父):• 西野珠子(里子の義母、長島龍伍の姉):• 草薙(小学校校長、住職):• 柴山晴男(小学校教諭):• 前野(元長島の手下): 愛知・名古屋 [ ]• 尾田登美子(那古野旅館・女将):• 天馬徹太郎(浪漫タイムス編集長):• 菅谷三千代(天馬の元妻):• 菅谷博史(三千代と天馬の子・現在は留置所で生活): その他 [ ]• きし子(浜口家の前で遊ぶ女の子):• 美代子(春樹が列車の中で出会った女の子):• 数寄屋橋の警官:• その他 : 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 ほか 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『評伝 菊田一夫』(岩波書店)P. 175• 『評伝 菊田一夫』(岩波書店)P. 175• アメリカでは、「ラジオの人気番組の放送時間にあわせ、女性ファンが炊事や入浴を止めたために水道の使用量が減った」というエピソードが存在する。 2007年5月31日の編集手帳によると、松竹の重役であった野口鶴吉が宣伝用に広めたのだという。 「東京大空襲」は一般的に(20年)の出来事を表すが、この空襲は5月26日の23日から続いた東京全滅の最後の空襲で、銀座、麹町、が爆撃され、東京駅もこの時焼失した。 春樹と真知子は銀座通りから数寄屋橋へ逃げ、ここで初めて言葉を交わした。 ただし、映画作中では5月24日の夜のこととされる• 関連項目 [ ]• - 空襲で出会った男女の悲恋映画(1940年、米国)• - 半年後の再会を果たせなかった男女の恋愛映画(1939年、米国)• 前番組 番組名 次番組.

次の