なるべく早く 敬語。 「なるべく」の敬語表現は?ビジネスで使える言い換え・類語も

「早速」の読み方と意味、敬語での使い方、例文、類語、英語表現

なるべく早く 敬語

「早速」の読み方・意味 「早速」の読み方は「さっそく」 「早速」は、「さっそく」「さそく」「そうそく」と読むことができます。 「早速」は 「さっそく」と読むのが一般的です。 「早」は音読みだと「ソウ」「サッ」、訓読みだと「はやい」と読みます。 「早」は「ある時間の範囲ではやいほう」「時間をおかないさま」を表します。 「速」は音読みだと「ソク」、訓読みだと「はやい」「すみやか」と読みます。 「速」は「スピードがはやいこと」を意味しています。 「早速」の意味は「行動や対応が素早いこと」 「早速」は、 「行動や対応が素早いこと」を意味しています。 また「早速」には、「はやい段階で動く」「(物事に対して)すぐに取り掛かる」というニュアンスが含まれます。 「早速(さっそく)」には 名詞と副詞の2つの品詞があります。 それぞれの意味は以下の通りになります。 「早速」は自分と相手、どちらの行動に対しても使うことができます。 また 「早速ですが」「早速だが」という形で、挨拶の後、本題に入るための決まり文句として、話題を変えたいときの起こし言葉として使うことができます。 「早速ですが」は、「ここから本題を始めます」といった合図を示す言葉にもなります。 ビジネスメールでは非常に便利なフレーズです。 「早速」は、目下の相手や同等だけでなく、上司や取引先など目上の相手に対しても使うことができます。 「早速」の言い回し「早速ですが」「早速の〜」 ・早速ですが〜 ・早速だが〜 ・早速ではございますが〜 ・早速のご対応ありがとうございます ・早速のご連絡ありがとうございます ・早速お返事いただき ・早速ご返信いただき ・早速ご手配いただき ・早速ご対応していただき ・早速取り掛かる ・早速尋ねる ・早速申し出る ・早速異議を唱える ・早速届く ・早速利用する 「早速」の例文 「早速」の例文を紹介します。 「早速ですが」など要件を伝える場合の例文 ・早速ではございますが、先日ご依頼いただいた件の状況についてご報告いたします。 ・早速ではありますが、先日依頼した件についてご検討いただけましたでしょうか。 ・早速ですが、本題へ入らせていただきます。 ・この度は、お忙しい中お集まりいただきありがとうございます。 早速ですが、今後のスケジュールについてご案内いたします。 ・では早速ですが取り掛からせていただきます。 ・先ほどいただきました企画案ですが、早速拝見しました。 ・ご注文の商品ついては、早速発送いたします。 「早速のご連絡ありがとうございます」などお礼を述べる場合の例文 ・お忙しい中依頼したにも関わらず、早速のご対応いただき誠にありがとうございます。 ・早速のご返信、誠に感謝申し上げます。 ・早速のご提案ありがとうございます。 こちらの方で検討した後で、今週中にお返事いたします。 ・早速ご来店していただき誠にありがたく存じます。 ・早速のご回答ありがとうございます。 今回のご回答は新プロジェクトの参考にさせていただきます。 ・早速ご手配いただき誠にありがとうございます。 「早速」の類語との違いと使い分け 「早速」の類語について紹介します。 「早々」の意味は「できるだけ早く」「急いで」 「早々」は、 「そうそう」「はやはや」「はやばや」と読みます。 「早々」の意味は以下の通りになります。 「早々」は「早速」と同様に、相手の対応や行動が素早かったときに使うことができます。 ただ「早々」は、「早くしてください」「急いでください」と同様に、目下の相手や同等に対して使う言葉で、目上の相手に対して使ってしまうと失礼に当たってしまうので注意しましょう。 一般的には 「早々と(はやばやと)」「早々に(そうそうに)」と使われることが多いです。 実際はどの読み方でも意味は通じますがなるべく使い分けできるようにしましょう。 また、「早々(そうそう)」は書簡文の結びの言葉としても使われることがあります。 例文 ・金曜日は早々(はやばや)と仕事を切り上げて、家へ直行する。 ・今日は台風が接近中のなので、早々(はやばや)と店じまいすることにした。 ・彼は会議開始早々(そうそう)に寝始めた。 ・入社早々(そうそう)に海外研修の話が舞い込んできた。 ・早々(そうそう)の返信ありがとうございます。 「迅速」の意味は「物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」 「迅速(じんそく)」は、 「物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」を意味しています。 「迅」は音読みだと「ジン」、訓読みだと「はやい」と読みます。 「迅」は「速度がはやい」「はげしい」「すみやか」といった意味になります。 「迅速」は「早速」と同様に、相手の対応や行動が素早いときに使います。 「迅速」は「非常に速いこと」を意味しているので、「早速」よりもスピード感があるイメージで速さを強調したいときに使用します。 「迅速」は目上の相手に対しても使うことができる言葉です。 「迅速」は相手の行動に対してだけでなく、「迅速に対応いたします」といったように自分の行動に対しても使うことができます。 例文 ・クレームに迅速に対応する。 ・この度は迅速な対応をしていただき、誠にありがとうございました。 ・お忙しいところ、迅速に対応していただき、ありがたく存じます。 ・お客様からのご期待に応えられるよう、サービスを迅速化する。 「取り急ぎ」の意味は「十分な準備は整っていないが」「とにかく」 「取り急ぎ」は、 「真っ先に」「急いで」を意味しています。 「取り急ぎ」は「急な事態が発生したため急ぐ」という意味合いになります。 「取り急ぎ」には、 「細かいことは気にしないで」「十分な準備は整っていないが」「とにかく」というニュアンスが含まれます。 「取り急ぎ」は自分の行動に関してだけに使うことができます。 特に急ぎではない連絡の時に「取り急ぎ」を使うと、「準備は十分ではありませんが」という意味合いになってしまいます。 「準備は不十分ですが許してください」という意味合いも含まれてしまうため、 ビジネスシーンで目上の相手や取引先に対して使うには不適切になります。 ただ目上の相手に対して使うことのできる場合は、業務の緊急の連絡をするときや急ぎの回答を求められたときなどは「取り急ぎお伝えします」などと使えます。 例文 ・先日の件について確認しました旨取り急ぎご報告いたします。 ・この度は素敵な品を贈ってくださり、誠にありがとうございます。 取り急ぎ、電話にてお礼申し上げます。 「早急に」の意味は「非常に急ぐこと」「極めて差し迫っているさま」 「早急」は 「さっきゅう」あるいは 「そうきゅう」と読みます。 「早急」は、ニュースなどでは「さっきゅう」と読む方がほとんどで、本来は「さっきゅう」と読む方が適切とされます。 ただ一般的には「そうきゅう」でも使われることが多いのでどちらかが間違いということにはなりません。 「早急」は 「非常に急ぐこと」「極めて差し迫っているさま」「至急」を意味しています。 「早急」は、「急を要する場面で非常に急ぐこと」を表します。 「早急」は部下に対して「早急に頼む」と使えるように「早く急いで」という意味合いが含まれるので、自分勝手な印象を与えてしまう可能性があります。 したがって「早急」は、目下の相手や同等に対しては使うことができますが、目上の相手に対しては相応しくない言葉となります。 例文 ・誠に申し訳ありませんが、早急にアンケートにご回答いただけると幸いです。 ・こちらの方で早急に確認次第、ご連絡いたしますのでしばらくお待ちください。 ・早急にお返事をいただけたため、非常に助かりました。 誠に感謝申し上げます。 ・こちらの方で確認ができ次第、早急にご連絡いたします。 「至急」の意味は「非常に急ぐさま」「事が非常に差し迫っているさま」 「至急」は、 「非常に急ぐさま」「事が非常に差し迫っているさま」を意味しています。 「至急」は、「大急ぎで」というニュアンスが含まれるので、急を要して相手に依頼する場合に使うことがほとんどです。 「至急」は、相手をせかす表現であるため、目上の相手に対して使うのはあまり相応しくありません。 例文 ・至急お返事ください。 ・至急回答をお願いいたします。 ・その件に関しては、至急ご返事をお願いします。 「速やかに」の意味は「できるだけ早く」「すぐに」 「速やかに(すみやかに)」は、 「物事の進行がはやいさま」「間をおかずに」「すぐに」を意味しています。 「速やかに」は 「できるだけ早く」というニュアンスになるので、「すぐに」といったように急かすようなニュアンスは含まれません。 「速やかに下校を〜」だったり「速やかに避難してください」なんて聞いたことがあると思います。 「速やかに」は「できるだけ早く」と、少々上から目線なニュアンスなので、目上の相手に対してはなるべく使わない方が良いでしょう。 ・授業が終わったら速やかに帰宅する。 「直ちに」の意味は「今すぐに」「時間を置かずに行動を起こすさま」 「直ちに(ただちに)」は、 「今すぐに」「すぐ」「時間を置かずに行動を起こすさま」を意味しています。 「直」は音読みだと「ジキ」「チョク」、訓読みだと「ただしい」「なおす」と読みます。 「直」は「直接」「すぐ」「ひたむき」を意味しています。 「直ちに」は、すぐさま取り組むことを表し、「できたらしてください」という意味は含まれません。 「直ちに」は目上の相手に対して使うことができる言葉です。 例文 ・大雪の警報が出ているため、直ちに帰宅する。 ・直ちに行動に移すことが重要だ。

次の

「至急」の意味とメールでの使い方、敬語、類語「早急・緊急」との違い

なるべく早く 敬語

「可及的速やかに」の意味とは 「可及的速やかに」の意味とは「なるべく早く対処ください」 「可及的速やかに」とはどのようにまず読むのでしょう。 これは「かきゅうてきすみやかに」と読みます。 なるべく早く対処くださいという意味です。 できるだけ早く対処、対応してくださいという使われ方をするので、ビジネスで日本語でも英語でも使われやすいです。 敬語としては非常に堅い表現として使われます。 かなり、目上の方や取引先との会話で使われることもあるようですが、めったに使うことはないようです。 「可及的速やかに」という敬語の他にも同様の意味で使われている類語があるので以下で紹介します。 また、今日では殆ど使われることも少なくなってきているという現状があります。 少し前は、政治の場や大企業など、大手や上の立場の人達が好んで使っていたという歴史があるようです。 今日では、ビジネスの場で時々目にすることがあるくらいになりました。 ビジネスメールに使われる機会が多い敬語 できるだけ早く対応してほしいということはビジネスの現場ではよくあること。 何か問題が起こったときや「なるべく早く対処ください」と伝えたいとき、あまり時間がないという時に使われます。 急いでいるというときや、すぐに対応しなければならないというトラブルのときにも使われます。 また、先程も述べましたが、医療や政治の場といった堅い場所でも用いられることが多く、畏まった言い方だとも言われています。 今日、あまり、使われることの少なくなってきている表現ですが、会社や、取引先によっては、現在でもこうした表現を使うこともあります。 相手により丁寧に、敬語を使って話をしなければならないとう場面で使うと印象が良くなると言われています。 また、英語でも似たような表現があり、その使い方や例文についても以下の項目で紹介していきます。 敬語の使い方については以下のリンクも参考にして確認してみてください。 「可及的速やかに」という表現をそのまま使うと相手に仕事や要件などを急かすこととなり、失礼に当たる場合も考えられます。 この場合は前にワンクッション置いてから使うようにすると良いでしょう。 以下の例文を御覧ください。 お世話になっております。 先日は原稿をお送りいただきありがとうございました。 昨日もこちらからご案内しておりましたが、申込みの締切は明日までとなっております。 大変お手数かと思いますが、可及的速やかにご対応いただきますよう、何卒宜しくお願いいたします。 上記のように、大変お手数かと思いますがという表現をつけることにより、相手を思い量る表現となり、柔らかい使い方となります。 ワンクッション置く事で緊急性も伝えながら、相手のことも推し量る言い方となるので、良い使い方だと言えます。 ですが、なるべく、目上の方にお願いする際には気をつけて使うようにしましょう。 以下のように、返信がすぐにほしいというときやなにか当初の予定とはことなることがあり、「なるべく早く対処ください」という場合に使うことが多いようです。 自分には非がなく、相手の手違いなどによるミスによる対応などの場合にも使われることがあります。 お世話になっております。 先日はお忙しい中おいでいただき、誠にありがとうございました。 先立ちまして、大変恐縮ではございますが、3月の打ち合わせの日程について、可及的速やかにご連絡のほどお願いいたします。 相手にお願いの表現として使う場合にはワンクッション置いて使うことがこのましいです。 相手を急かすということだけではなく、思いやりを感じさせるような表現がビジネスメールでは好ましいと考えられます。 以下では英語での使われ方も紹介します。 こういった場合には目上も関係なく使います。 ビジネスメールでは急ぎ、大至急という意味合いを含んだ表現になります。 以下では英語表現も紹介しています。 お世話になっております。 先日お客様から連絡がありました。 手続きの関係上、可及的速やかに対処いただきますようよろしくお願いいたします。 締切が差し迫っているという場合や、企業間、職場間で橋渡しをするような仕事の場合には期日や手続きが煩雑になりやすく、トラブルも多いことから、こうしたやり取りが多くなる傾向にあります。 可及的速やかにという表現はこのようなときにも使われやすい敬語になるので覚えておきましょう。 こうしたメールを送れるようになると、受け取った側もなるべく早く、丁寧に仕事をしなければという気持ちになります。 急いでいるけれども、相手への敬意を忘れたくないというときにも使える表現です。 お疲れ様です。 担当の篠田です。 先日お客様から連絡があった件について可及的速やかに対応いたします。 よろしくお願いいたします。 出来るだけ早くという表現とは違い、緊急性を要するということが伝わってくる内容の文章に「可及的速やかに」という表現を使うと良いということがわかります。 相手への緊急の具合などを伝えられるビジネスメールでは適切な表現だと言えるでしょう。 一般的に、自分が早く対応するという時に使うことが多く、自分の対応が早期に求められているという場合に使います。 以下のようなメールを送ると、真摯さや真面目さが伝わり、急いでいるという様子も伺えるので、上司や、先輩からも前向きに受け取ってもらえます。 お疲れ様です。 松下です。 明日のプレゼンのデータについて可及的速やかに皆様にお送りいたします。 ご迷惑おかけしております。 何卒宜しくお願いします。 自分の対応の遅れや、迅速な対応といった急ぎの内容の時に使うことが一般的です。 ご迷惑をおかけしております。 と、クッションを置くことによって更に謝罪の意味合いも感じさせることができる表現になるので、組み合わせて使うことをおすすめします。 敬語の使い方については以下のリンクも参考にしてください。 「可及的速やかに」の類語と使い方例文とは 「可及的速やかに」の類語とは 「可及的速やかに」は堅い言葉として使われてきました。 普段使いをすることにはあまり向いておらず、「可及的に速やかに」という意味を持つ類語で表現することが一般的です。 堅苦しい表現をさけながらも丁寧な言い方、敬語をここでは紹介します。 可能な限り速く、できるだけ速く、という使い方は一般的な使い方です。 また、大至急、至急、という言葉も使います。 この場合、かなり急いでいるという印象を相手に伝えることができます。 また緊急を要するということを感じさせます。 速やかに、一刻も速く、急ピッチでという表現もあります。 これは比較的砕けた言い方です。 喫緊、緊急、差し迫った、せっぱつまった、火急の用、緊急性などのような表現も使われます。 これらは「可及的速やかに」に非常に近い意味合いとして使われる類語です。 出来るだけ早く、緊急で対応してほしいということを意味している表現になります。 なるべく早くしてほしいという時に使える類語なので覚えておきましょう。 類語の使い方と例文 「可及的速やかに」の類語の使い方を紹介します。 以下のような使い方だと、堅苦しいこともなく、すんなりと表現することができるのでおすすめです。 また、相手を必要以上に急かすということもなく、依頼することができるというメリットもあるので是非以下のような表現も参考にして使ってみるとよいでしょう。 「先日、依頼していた件についてなるべく早くご対処くださいますよう、よろしくお願いいたします。 」「大至急連絡をいただきますようよろしくお願いいたします。 」「速やかな対応願います。 」「緊急性のある内容です。 ご対応ください。 」などのように使います。 可及的速やかにという表現の類語として覚えておきましょう。 「可及的速やかに」の英語の使い方とは 「なるべく早く対処ください」という英語表現 As soon as practicableという表現があります。 これは日本語で言う「可及的速やかに」という表現になります。 また、as quickly as possibleという表現もあります。 これらの表現を使うことで、なるべく早く対処くださいという意味で表現することができます。 以下は英例文です。 英語例文 The card registrant can thereby acquire the use information of the card as quickly as possible. カードの利用情報を可及的速やかに入手できる。 という表現です。 ほとんど、英文の最後につけることが多いです。 I want to see someone as soon as practicable. という表現もあります。 これは最後にas soon as possibleと使ってもなるべく早く対処くださいと同じ意味になります。 ビジネスの場でも英語を使うこともあるでしょう。 是非英語表現も参考にしてください。 「可及的速やかに」の正しくない使い方や注意点とは 直属の上司や目上の相手にお願いするときには使わないように注意する 目上の人に相手にお願いするというときには使わないほうが無難だといわれています。 「可及的速やかに」という表現は謙譲語として使われることが多いです。 なるべく早く、対処くださいという意味で、丁寧語としても使われていますが、一般的には目上の人にはあまり使わないようです。 自分と相手との立場関係に注意する 相手との自分の関係がどのような関係であるかということに注目しましょう。 自分と取引先はどのような関係性であるのかということも踏まえた上で使うようにしましょう。 相手への強制力の差ともいえるかもしれません。 あくまでも目上の人に使うことはさけ、同僚や同じような立ち位置の取引先とのやり取りで使うようにします。 また、自分がなにか急がなくてはならないことがあるという場合や緊急の課題があるという場合など、自分に責任があるという場合にはこうした表現を使うことで、印象を悪くせずに相手に気持ちを伝えることができます。 何か自分が問題を起こしたという際にも使える表現として覚えておくと良いかもしれません。 「可及的速やかに」は「なるべく早く」という意味 ことを急いでいるというときに使える表現として可及的速やかにという表現を紹介しました。 また、その類語や、英語表現も確認しました。 ビジネスの場所で使うことも多いことでしょう。 類語を使う機会の方が多いかもしれませんが、意味は「なるべく早く」という意味です。 是非覚えておきましょう。 「可及的+伝えたいことの敬語表現」のような使い方をすることで丁寧な印象を与えることができます。 特に、目上の方や上司、取引先の方になにか仕事や依頼事をされた場合にこうした敬語を使うことで印象が良くなり、信頼感を与えることができます。 是非皆さんも「可及的速やかに」という表現を使ってみてください。

次の

なるべく早くご返信(回答)お願い致します。を敬語でいうと...

なるべく早く 敬語

「なるべく」はどう使う?正しい意味 「なるべく」という言葉は、文脈や使い方によっていくつかの意味にとることができます。 詳しい意味から解説します。 「なるべく」には「可能な範囲で」という意味がある 「なるべく」は、「可能な範囲で」という意味です。 相手に何かを依頼する場合などに使うことができます。 たとえば、「なるべく早く作成してください」というのは、「可能な限り早く作成してください」という意味になります。 また、「相手にこうしてほしい」という気持ちを「強調」するような意味もあり、「なるべく出席してください」というのは「可能な限り出席してください」という意味になります。 「なるべく早くお願いします」は「至急」の意味も 「なるべく早くお願いします」という言い方もよくある表現です。 「可能な範囲で早く」という意味ですが、この場合は特に「至急」の意味で使われることも少なくありません。 そのため、「なるべく早くお願いします」と言われた場合には、のんびりと構えるのではなく、至急案件として対応するのが正しい解釈です。 類語は「できるだけ」「可能な限り」「できれば」 「可能な範囲で」という意味の「なるべく」には、できるだけ・可能な限り・できれば・できる限り、などといった類語があります。 どの類語も、そのまま置き換えて使うことが可能です。 また、「なる丈(なるたけ)」という言葉も、「なるべく」の類語のひとつです。 「なる丈」という言葉は、地域によって使用頻度に差があるため誤解されやすいのですが、厳密には方言ではありません。 「なるべく」の類語として、同じ意味で使用することができます。 「なるべく」は敬語表現ではない 「なるべく」という言葉は、「成る」という単語に助動詞の「べし」(連用形)がついたもので、漢字で書くと「成るべく」となり、敬語表現ではありません。 ビジネスシーンで使うこともありますが、目上の人に使う際には配慮が必要だというのは覚えておきたいポイントです。 「なるべく」の敬語表現、ビジネスでのルールは? 「可能な範囲で」「できる限り」といった意味のある「なるべく」という単語は、ビジネスシーンでもよく使われています。 ここでは、ビジネスで使う際の注意点を紹介します。 同僚や部下には使用可能、上司はNG 先述したように、「なるべく」という言葉は敬語表現ではありません。 そのため、仕事で使う際、同僚や部下には使用可能ですが、上司や取引先など目上の人には使わないほうが無難です。 例えば、「なるべく早くお願いします」という言い方は、フランクな印象を与えてしまうだけでなく、場合によっては上から目線ともとられかねません。 「なるべく」という言葉を使うのであれば、部下や対等な関係である同僚にとどめておくのがおすすめです。 ビジネスでは「できるだけ」が適切 ビジネスのかしこまった間柄や上司など目上の人には、「なるべく」ではなく「できるだけ」といった言葉を使うのが適切です。 ほかにも、「可能な限り」といった表現もビジネスシーンでおすすめの表現で、「なるべく」の代わりに使うことができます。 「なるべく」と「できるだけ」の違いに注意 「なるべく」の敬語表現は「できるだけ」ですが、厳密にいうとそれぞれニュアンスが異なります。 たとえば、「なるべく早く作成してください」と「できるだけ早く作成してください」という表現では、「できるだけ」を使った文のほうが「なんとかして早く仕上げないと」という印象を受けます。 これは、「できるだけ」という言葉が「最大限の努力」といったニュアンスを含むからです。 「できるだけ」はビジネスシーンでも使える表現ではありますが、使い方によってはひっ迫した印象を与えかねません。 不要に急かすことのないよう、配慮が必要です。 「なるべく早く」はどう書く?ビジネスメールで便利な言い換え 「なるべく」を敬語にすると「できるだけ」という表現になりますが、特にメールで書く場合には異なる言葉に言い換えたほうが良いケースもあります。 ビジネスメールやビジネスシーンでおすすめの言い換えフレーズを紹介します。 自分が対応する場合は期日を明確に 「なるべく早めにご連絡差し上げます」というように、自分が対応することに対して「なるべく」を使うことは、ビジネスシーンでも問題ありません。 ただし、「なるべく」という表現だけでは、相手とってはあいまいです。 できるだけ期日を明確に示すのがおすすめです。 たとえば、「なるべく早めに対応いたしまして、遅くとも金曜日にはご連絡差し上げます」という言い方をすると、「なるべく」がいつなのかが分かるので、相手も都合をつけやすくなります。 誤解も生じにくく、双方にとってプラスにはたらきます。 「なるべく早くお願いします」は「早急に」が便利 ビジネスメールでも敬語表現の「できるだけ」を使い、「できるだけ早く」や「できる限り早く」と書くこともありますが、特に文字にした場合には「早急に」という表現が便利です。 「早急にご対応頂きますようお願い申し上げます」というように使います。 「早急」は至急よりも緊急性は低いとされていますが、目上の人に急いでお願いしたい案件がある場合に便利な表現です。 「できるだけ早く」というよりも、重要度が伝わりやすいという側面もあります。 まとめ ビジネスシーンで「なるべく早く」という言うこともありますが、敬語としては不向きです。 「できるだけ」や「可能な限り」といった類語に言い換えるのが無難です。 また、ビジネスでは「なるべく」というあいまいな表現ではなく、期日を明確にする表現も好まれます。 誤解が生じにくく、良好な関係につながるのでおすすめです。

次の