ゴム しない 男。 射精が終わったときの言葉こそ、男の本音だ|脱・草食系男子フェア|加藤鷹

コンドームつけても性病に感染?原因となるNG習慣はコレ

ゴム しない 男

この記事の目次• 1.生でやりたい男の心理とは 男性が素直にコンドームをつけてくれれば良いですが、なんとなく男性は生でやりたがる、というイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。 確かに、女性にとってコンドームが必要ですが、男性の中には「 生の方が気持ちが良い」などという人もいますよね。 漫画などにはそのように描かれることも多く、実際にコンドームをつけたがらない男性を見たことがあるという人もいるかもしれません。 なぜ男性は生でやりたがるのでしょうか。 ここでは男性がコンドームをつけたがらない理由について紹介していきます。 単純に気持ちが良いから 男性が生でやりたがるっていうの1つは、やはり単純に気持ちが良いからということになります。 コンドームをするという事は直接男性器が膣内に触れるわけではないため、十分な快感が得られないと考える人たちが多いのです。 実際にはコンドームをしていても十分な快感が得られると言われており、コンドームをしていないからといって快感が損なわれてしまうという事はないと言われています。 気になる人はできる限り薄いコンドームを利用してみると良いかもしれませんね。• スポンサーリンク ただやってみたい 漫画などに影響され、ただ生でやってみたいという人もいるかもしれません。 漫画などには「 生でやると気持ちが良い」などという記述が多いため、実際にそうなのか試してみたいという人もいます。 また、生でやった方がよりセックスをしているという快感が得られると考える人もおり、好奇心からコンドームをつけたくないと考える人もいます。 支配欲が満たされる コンドームをつけないことで 支配欲が満たされるという男性もいます。 コンドームをつけるという事はその女性の体を心配しているということであり、自分本位のセックスではないということですよね。 しかしそこでコンドームを利用しなければ、それは自分本位のセックスが楽しめるということであり、より支配しているという感覚が得られるようになります。 そのため、女性のことを考えていない男性はこのように支配欲を満たすことを考えてしまうケースがあります。• スポンサーリンク 妊娠させようがどうでも良い もしも女性が妊娠してしまっても関係ない、と思っている場合、男性は無責任になります。 コンドームをつけなければ、女性がピルを服用していない限り妊娠する可能性がありますよね。 また、感染症にかかってしまう可能性もありますので、女性のことを考えるならばコンドームが必要です。 しかしそのような事は関係ない、女性が妊娠したり病気になったりしても問題ない、と考えている 無責任男はコンドームを嫌がります。 興奮度が上がる コンドームをつけないことで興奮度が上がる、と考えている男性も珍しくありません。 コンドームをつけないという事はより支配しているという感覚が増すため、それによってより興奮すると考える男性もいます。 特に自分が支配したいと考える場合、男性の中には 興奮度が上がるということでコンドームを嫌がるケースがあるのです。• スポンサーリンク ゴムをつけるのが不快 そもそもゴムをつけることが嫌だ、と感じる人もいるかもしれませんね。 ゴムをつけるという事は勃起した後につけなければいけないということであり、雰囲気を壊してしまうことがあります。 確かに、勃起して後は挿入するだけとなった時にコンドームをつけなければいけないとなれば、その瞬間は現実となり、 セックスが思いっきり楽しめないと考えるのです。 だからこそ、コンドームを嫌がられてしまうこともあります。 あなたのことが本気で好き あなたのことが本気で好きならば、それが理由でコンドームを嫌がることもあるかもしれません。 例えば、もしも既に結婚を考えているならば既成事実を作るために妊娠を求めることもありますよね。 本当に結婚したい、万が一子供ができたら責任を取る、などという覚悟がある場合、コンドームを嫌がることがあります。 何かあっても大丈夫、と考えている場合ですね。• スポンサーリンク 2.避妊なしでセックスするのは危険! 避妊なしでセックスするのは非常に危険です。 例えば、女性は排卵の時期がいわゆる「危険な日」となりますが、排卵の時期は明確にはわかりません。 たとえ基礎体温計を測っていたとしても、基礎体温が低温から高温になったからといってすでに排卵したとは言い切れませんし、基礎体温を測っていなければ排卵前なのか排卵後なのかということもわからないですよね。 また、女性の体はデリケートですからちょっとしたことで排卵日がずれてしまうこともあり、計算通りにはいかない、ということもあります。 確かに生理直前などは極めて安全な日と言われていますが、基礎体温を測っていなければそれでさえも明確ではありません。 自分の排卵日が意外にわかっておらず、だからこそ妊活がうまくいかないという人も大勢いるのです。 だからこそ、セックスするときには避妊が大切です。 3.彼に求められたら…賢い拒否の仕方 しかし、いくら女性がコンドームをつけて欲しいと思っていたとしても、男性が嫌がることもありますよね。 そもそもそのような男性とは付き合わないほうが無難ですが、万が一男性がコンドームの重要さをしっかりとわかっていないのであれば、 それを教えなければいけません。 自分の体は自分で守るために、もしも彼に求められたら賢く拒否しましょう。 ここではその時の代替案を紹介していきます。• スポンサーリンク 口喧嘩はNG!優しくお願いする 彼がコンドームを嫌がったら、やはり女性としてはショックですよね。 しかし、そんな時も口げんかはせず、冷静に対応しましょう。 なぜコンドームが必要なのか話して聞かせ、コンドームをしてもらえるようにお願いすることが大切です。 また、そのような時は「 コンドームをしてくれないならばセックスはしない」とはっきり言える強さが欲しいですね。 ゴムをつけてあげる もしも男性が コンドームの付け方がよくわかっていない、自分でつけるのは興ざめで雰囲気が壊れてしまうから嫌だ、と考えるのであれば、あなたがつけてあげても良いかもしれません。 あなたがコンドームをつけることでコンドームの装着もセックスの一環となり、楽しめるかもしれませんよ。 おすすめのゴムその1. サガミオリジナル 0. こちらも有名ゴムメーカーである「オカモト」から販売されているコンドームです。 薄さは「サガミオリジナル 0. 01」と同様に 0. 01mmですが、コアなファンが多い人気商品となっています。 その理由は以下の3点です。 ・とても柔らかくて装着感がいい ・ポリウレタン製なので熱が伝わりやすい ・Lサイズがあるので大きくても安心 「正直、他のコンドームには戻れない…」 そんな声も多数聞こえるほど、評判のいいゴムなのでご紹介しました。 高評価な一方で、 デメリットもあります。 それは お値段。 この機会にぜひ一度試してみてくださいね。 ゴム+中出しを推める 中出ししたいという男性の場合、なんといってもコンドームは必須です。 しかし、言い換えればコンドームがあれば中出しができるわけですから、そのメリットを話して聞かせましょう。 ゴムをつければ中出しができる、ゴムがなければそもそもセックスはできない、と話すことで、男性の気が変わるかもしれません。 4.彼のあなたへの本気度を診断 彼があなたのことをどのくらい本気で思っているのか分からないのであれば、占いで調べても良いのではないでしょうか。 最近はテレビで占いサイトなどが紹介されていることもあり、女性の中でも人気が上がっていると言われています。 そのような本気度を調べるために、ぜひ オンラインの占いサイトなどを利用してみてください。 電話やSMSで連絡でき、とても安価で便利ですよ!.

次の

コンドームをつけない男の本音

ゴム しない 男

主人と結婚する数年前、私もよく似た質問を知恵袋でしました。 「彼は必ず避妊します。 避妊してるのにも関わらずイク時は必ず抜いてから出します。 そこまでするってことは、絶対に私との子供が欲しくないのでしょうか?」って。 いや~、皆さんにお叱りを受けましたよ。 「誠実な彼氏をもって幸せですね」 「愛されていますね」 「大切にしてくださいね」 って沢山の方から言われました。 言われてからしか気づけないなんて私もバカでした。 私も今なら質問者さんに言えます。 貴女は愛されています。 年は関係ありません。 悲観的にならないでくださいね。 結婚もしてないのに、子供ができたらどうするんですか?仮に妊娠した後に、彼が逃げたら貴方はたとえ一人でも子供をきちんと育てていけるだけの、覚悟と経済力はあるのですか?ないなら安易にゴム無しでセックスなどしない方がいいと思います。 彼の避妊してくれる事は貴方のためでもあるんですよ? 年の差は関係ないです。 彼はあなたに結婚の話をしないのだから、今のところ結婚する気はないのでしょう。 だから、万が一貴方が妊娠してしまったら責任は負えない、故に貴方との子供は作れない、だからきちんと避妊をする。 当然の思考です。 貴方は、生命が誕生することに対する責任感が欠けていると思います。 もし貴方が彼の子供が欲しいのなら、そう伝えればよいではないですか。 そうすれば話は前に進むと思います。

次の

ゴムなしってそんなに気持ちいいの?!生でやりたい男の心理と賢い対処法

ゴム しない 男

大好きな彼氏とのセックスは気持ちのいいものですが、そのセックスの際に悩みを持つ人も多いでしょう。 特に彼氏が避妊しないという悩みは深刻です。 もしかしたら、望まない妊娠をしてしまう可能性があるからです。 避妊しないでセックスをしても、外だしをすれば妊娠しないと思っている人もまだまだ多いですが、外だしをしても妊娠確率はゼロではありません。 この妊娠確率はけっして低いものではないでしょう。 外だしでも妊娠確率を見れば、妊娠の危険があるということがわかります。 高い妊娠確率ではないにしても、何度も避妊せずにセックスをしていれば、妊娠確率はもっと高くなるでしょう。 誤って中出ししてしまえば、妊娠確率はさらに跳ね上がってしまいます。 避妊をしないでセックスをし続けることは、いつ妊娠してもおかしくない状況なのです。 オカモトラバーズ研究所の調査によると、「コンドームをできればつけたくない」と思っている人が過半数もいることがわかりました。 さらに「コンドームを常に携帯している人」は11. 8%しかおらず、「常には携帯していない人」が過半数でした。 避妊しない彼氏の心理を紹介してきましたが、女性にとって、妊娠するかどうかというのはかなり大きな問題です。 まずは彼氏に避妊するよう伝えてみましょう。 近くに産婦人科がない、初めてのピルが不安という方はなども使ってみてはいかがでしょうか。 もしも何度言っても彼氏が避妊してくれないということであれば、別れというものも考えたほうが良いでしょう。 男性は自分が妊娠するわけではないため、どこか客観的にこのような問題を考えています。 しかし、コンドームをしないことは、男性が性病になるリスクや、女性が妊娠した場合の出産・中絶費という金銭的負担など男性側にも代償があります。 自分の身を守れるのは自分だけです。 避妊して欲しいと言っているのに避妊しない男性は、自己中心的で自分の欲求を最優先するような人間でしょう。 彼氏としても問題があるため、早めに別れてしまったほうが良いのです。

次の