スナップ エンドウ ゆで 方。 スナップえんどう、茹でるコツと茹で時間! 下ごしらえの基本も紹介

スナップエンドウ人気1位レシピは?レンジで美味しいゆで方の時間は?

スナップ エンドウ ゆで 方

スナップエンドウのおいしい茹で方は? 野菜は茹でてから冷水にさらす方法とさらさない方法とに分かれていますが、 調べてみると豆類も同じように2通りの方法があるようですね。 我が家で両方試したところ、茹でた後に水にさらさず自然に冷めるのを待つ方がおいしかったです。 というのも、水にさらすのを推奨する理由としては、野菜の色落ちを防ぐ目的だそうですが、 我が家では水にさらさなくてもあまり気にならなかったですし、 自然に冷めるのをまったほうが余熱で柔らかくなるし甘みも増すような気がするからです。 (我が家は柔らかめが好きな一家です。 ) 「食べる人の好みや調理方法によって使い分ければいい」というのが我が家での結論です。 【水にさらすほうが良いケース】 ・シャキシャキする食感が好みの場合(茹で時間も短かめに。 ) ・茹でた後に加熱調理する場合 スナップエンドウ我が家のおいしい茹で方 我が家のおいしい茹で方は、短時間で作りたいこともあり水を少なめで茹でます。 【材料】 スナップエンドウ1袋 水 1カップ 塩 ひとつまみ 【作り方】 1 スナップエンドウの筋を取ります。 2 鍋に水を入れて沸騰させ、塩を入れます。 3 スナップエンドウを入れて蓋をして強火で2分茹でます。 (キッチンタイマーで正確に計ること!) 4 蓋をちょっとずらしてお湯を捨て、皿にスナップエンドウを盛り付けます。 自然に冷めるのを待ってもおいしいですが、熱々を食べても甘くておいしいですよ。 スナップエンドウの筋取りのコツは? スナップエンドウの筋取りのコツは、順序と方向を間違いないことです。 【手順】 1 おしり(ヘタがついていない方)からヘタに向かって凹んでいる側の筋を取ります。 2 ヘタを折って、そのまま続けて膨らんでいる側の筋を取ります。 ちなみに、スナップエンドウの筋は結構太いのですが、普通のさやえんどうなどは筋を取り損ねても気にならないかもしれません。 昔のさやえんどうは筋が強くて取らないと食べられなかったのですが、現在のさやえんどうは柔らかくなっているからあまり気にならないのだとか。 スポンサーリンク また、全てのエンドウ豆に共通しますが、収穫の時期がベストタイミングかつ収穫してすぐに調理する場合は 筋が柔らかいので筋を取らなくても大丈夫なようです。 (筋は収穫してから時間が経ては経つほど硬くなりますし、また、育ちすぎても硬くなります。 ) どちらかというと、凹んでいる側の筋のほうが硬い性質があるので、 筋を取るのが面倒だと感じても凹んでいる側だけは取ったほうが良いでしょう。 スナップエンドウの冷凍保存と解凍方法は? スナップエンドウは時間が経つと筋が硬くなるし味覚も落ちるので、 すぐに食べない場合は茹でて冷凍保存するのがおすすめです。 【冷凍方法】 冷凍する場合のポイントは次の3つです。 1 硬めに塩茹でする 2 よく水気を切る 3 重ならないように広げて冷凍する 凍った後にジップロックなどに入れて冷凍庫保存します。 こうすることで、凍ってもバラけているので使う時に必要量を取り出しやすいです。 【解凍方法】 ・袋に入れたまま流水にさらす ・袋に入れたまま熱湯にくぐらせる ・レンジ解凍 凍ったまま炒め物、煮物に使っても問題ありませんが、 他の材料と一緒に使う場合は解凍せずに使うと全体温度が下がってしまうため おいしく調理するには上の方法で解凍してから使うことをおすすめします。

次の

スナップエンドウのゆで方・ゆで時間!レンジは?食べ方は何がある?|健康♡料理♡美容♡恋愛

スナップ エンドウ ゆで 方

スナップエンドウとは? スナップエンドウはスナックエンドウとも呼ばれる えんどう豆の一種で、絹さやのようにさやごと食べることができる豆です。 元々は アメリカで作られていた品種で日本には1980年代にやってきました。 当時は スナックえんどうと呼ばれていたそうですが、後に スナップエンドウが統一名称となりました。 その名前の由来はポキッと折れる音が英語で「snap」ということからついたそうです。 鮮やかな緑色をしていて、 サクサクの食感が特徴的で、食べてみるとその甘さに驚く方も多いのではないでしょうか?塩ゆでするだけでも十分一品になる優秀食材です。 スナップエンドウの下処理は? スナップエンドウは さやごと食べる豆ですが、調理をする前に絹さややいんげんと同じように口当たりの悪い すじの部分を取る必要があります。 この筋取りは闇雲に引っ張ったりしても意外と固く上手に取ることができません。 ですが、きちんと手順を踏めば面白いほどにするりと取れます。 photo by 暮らしにいいこと 筋が残ると食べたときに歯に引っかかったりして嫌な食感がのこるので、しっかり取っておきましょう。 茹で時間は1分半と少し歯ごたえがあり、2分だと少し柔らかい感じです。 私は1分半で茹でていますが、おいしいですよ。 茹でた後、水にさらすとシャキシャキの歯ざわりになり、色止めにもなります。 一方、 水にさらさずに置くと熱々を食べれて、旨味も凝縮されていますよ。 お好みで使い分けて下さいね。 お塩の代わりに、 砂糖を一つまみや サラダ油・ごま油を少々入れる方法もあります。 仕上がりが違ってきますので一度試してみてくださいね。 こちらでは、筋のとり方から茹で方までを動画でご紹介しています。 わかりやすいので、是非ご確認ください。 【動画: スナップエンドウの茹で方】 電子レンジでゆでる方法は? スナップエンドウはレンジでも加熱ができます。 ただレンジだと 青臭さ、エグミが残るので個人的にはおすすめしません。 レンジで茹でる(?)方法は、下処理して洗ったスナップエンドウをお皿に並べてふんわりとラップをします。 600wで1分半ほどで出来上がりです。 加熱する量によって加熱時間が異なりますので、調整してみてくださいね。 春はえんどう豆がおいしい季節ですよね。 えんどう豆の 保存方法については、こちらをご覧ください。 それは、 次のようなことが原因となっています。 この時期には他の豆類も旬を迎えるものが多いので店頭で選ぶのが楽しくなりますよね。 豆類の美味しさは鮮度に大きく左右されます。 スナップエンドウも例に漏れず 鮮度が美味しさのポイントになってきますよ。 スナップエンドウの保存法、ご存知ですか?冷凍もできるスナップエンドウの保存方法や栄養と効果効能はこちらをご覧ください。 天ぷらやスープに入れてもおいしいスナップエンドウ、食べ方や調理法は意外とたくさんあります。 今回はスナップエンドウを使った簡単でおいしい2つのレシピをご紹介します。 スナップエンドウとゆで卵のサラダ 卵の黄色とスナップえんどうのグリーンが見た目にも鮮やかで美しく、お弁当の一品としても活躍します。 ゆで時間は 1分弱程です。 お好みで粒マスタードを加えてもおいしいですよ。 噛むとスナップエンドウの旨味がじゅわっと口いっぱいに広がります。 ぜひ、試してみてください。 えんどう豆の保存はさやごとがおすすめです。 えんどう豆の保存はこちらをご覧ください。 ビールのお供に茹でた熱々のスナップエンドウが登場すると春を感じますね。 たくさん準備するときには、家族でテーブルを囲んで一緒に筋取りの下ごしらえしても楽しいかもしれません。 栄養価も高く体にもいいのでぜひ旬の季節には楽しんでください。 スポンサーリンク•

次の

ベランダ菜園で育てやすいサヤエンドウとスナップエンドウ

スナップ エンドウ ゆで 方

スナップエンドウのおいしい茹で方は? 野菜は茹でてから冷水にさらす方法とさらさない方法とに分かれていますが、 調べてみると豆類も同じように2通りの方法があるようですね。 我が家で両方試したところ、茹でた後に水にさらさず自然に冷めるのを待つ方がおいしかったです。 というのも、水にさらすのを推奨する理由としては、野菜の色落ちを防ぐ目的だそうですが、 我が家では水にさらさなくてもあまり気にならなかったですし、 自然に冷めるのをまったほうが余熱で柔らかくなるし甘みも増すような気がするからです。 (我が家は柔らかめが好きな一家です。 ) 「食べる人の好みや調理方法によって使い分ければいい」というのが我が家での結論です。 【水にさらすほうが良いケース】 ・シャキシャキする食感が好みの場合(茹で時間も短かめに。 ) ・茹でた後に加熱調理する場合 スナップエンドウ我が家のおいしい茹で方 我が家のおいしい茹で方は、短時間で作りたいこともあり水を少なめで茹でます。 【材料】 スナップエンドウ1袋 水 1カップ 塩 ひとつまみ 【作り方】 1 スナップエンドウの筋を取ります。 2 鍋に水を入れて沸騰させ、塩を入れます。 3 スナップエンドウを入れて蓋をして強火で2分茹でます。 (キッチンタイマーで正確に計ること!) 4 蓋をちょっとずらしてお湯を捨て、皿にスナップエンドウを盛り付けます。 自然に冷めるのを待ってもおいしいですが、熱々を食べても甘くておいしいですよ。 スナップエンドウの筋取りのコツは? スナップエンドウの筋取りのコツは、順序と方向を間違いないことです。 【手順】 1 おしり(ヘタがついていない方)からヘタに向かって凹んでいる側の筋を取ります。 2 ヘタを折って、そのまま続けて膨らんでいる側の筋を取ります。 ちなみに、スナップエンドウの筋は結構太いのですが、普通のさやえんどうなどは筋を取り損ねても気にならないかもしれません。 昔のさやえんどうは筋が強くて取らないと食べられなかったのですが、現在のさやえんどうは柔らかくなっているからあまり気にならないのだとか。 スポンサーリンク また、全てのエンドウ豆に共通しますが、収穫の時期がベストタイミングかつ収穫してすぐに調理する場合は 筋が柔らかいので筋を取らなくても大丈夫なようです。 (筋は収穫してから時間が経ては経つほど硬くなりますし、また、育ちすぎても硬くなります。 ) どちらかというと、凹んでいる側の筋のほうが硬い性質があるので、 筋を取るのが面倒だと感じても凹んでいる側だけは取ったほうが良いでしょう。 スナップエンドウの冷凍保存と解凍方法は? スナップエンドウは時間が経つと筋が硬くなるし味覚も落ちるので、 すぐに食べない場合は茹でて冷凍保存するのがおすすめです。 【冷凍方法】 冷凍する場合のポイントは次の3つです。 1 硬めに塩茹でする 2 よく水気を切る 3 重ならないように広げて冷凍する 凍った後にジップロックなどに入れて冷凍庫保存します。 こうすることで、凍ってもバラけているので使う時に必要量を取り出しやすいです。 【解凍方法】 ・袋に入れたまま流水にさらす ・袋に入れたまま熱湯にくぐらせる ・レンジ解凍 凍ったまま炒め物、煮物に使っても問題ありませんが、 他の材料と一緒に使う場合は解凍せずに使うと全体温度が下がってしまうため おいしく調理するには上の方法で解凍してから使うことをおすすめします。

次の