キングヌー ティーンネイジャー。 Teenager Forever 歌詞「King Gnu」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

【King Gnu/Teenager Forever】歌詞の意味を解釈!誇張も虚飾もない、ありのままの姿こそが美しい。

キングヌー ティーンネイジャー

TeenagerForever は「 ティーンエイジャー フォーエバー」と読みます。 ただ、英語発音としては「ティーンネイジャーフォーエバー」と言ったほうが自然でしょう。 英語の基礎ができている人は簡単に読めますが、意外と読みにくい綴りでもありますね。 笑 KingGnu「Teenager Forever」のタイトルの意味を解釈 では、単語を単体で分けていきます。 ティーンエイジャーの意味 ティーンエイジャー(英語:Teen-ager)とは、十代の少年少女を指す言葉である。 フォーエバーの意味 永遠に、永久に、絶えず、いつも それぞれの意味としてはこんな感じなのですが、今回のタイトルである「ティーンエイジャー フォーエバー」という言葉で意味を解釈してみると• 青春をいつまでも こんな感じで捉えることが出来るのかな?と思います。 でも、曲全体を見ていくと、 まだ青々しい印象のある歌詞、エネルギッシュな雰囲気の曲調などといった、かつで学生だった人々へ過去を想起させるような形で曲作りされていました。 歌詞をみていくと、伝えたいメッセージとしては 「社会人としての毎日が辛いために過去を美化してしまうなら、あの頃のような情熱を持って今を生きろよ」 といったニュアンスの意味が込められていると感じました。 まあこの辺の解釈は歌詞を追っていくと分かると思いますし、人それぞれいろんな解釈のズレがあると思います。 視聴者の反応 視聴者の反応としては、Twitterをみる限り全て肯定的なコメントしか無かったです。 何せ、今までのキングヌーの曲調とはテイストが一変しているので、マジかよと思ってしまう人は必ず出てくるでしょう。 まとめ 今回は「TeenagerForever」の意味を解釈していきました。 個人的にこの曲は冒頭でもいった通りキングヌーらしさが無い新しい感じの曲だと思います。 特にメロ部分のハイテンポな歌い方や、井口さんの声など「若さ」というものが表現されているのかな?と見受けられました。 でもサビに入った途端、やはりキングヌーならではの「そうきたか!」と思わせるようなちょっとズレた音程で切り替わります。 これがまたいいんですよね。 笑 音楽用語など分からないのでうまく表現ができないのですが、キングヌーは捻くれた曲調を演出してくるので、今回のエネルギッシュな曲でも いい意味で奇妙なメロディーにしてくれたなと思います!笑 この曲も白日と同じように、ヒットしそうな予感がするので非常に楽しみです。

次の

Teenager Forever King Gnu 歌詞情報

キングヌー ティーンネイジャー

そして待望の音源化が発表されてから、実際にリリースされるまでのあいだも長かったですね。 ソニーストアでのみフルバージョンが聴ける時期があり、ファンが大勢押し寄せるという現象が発生しました。 そんな「ティーン」ですが、AメロBメロCメロ すべてがまるでサビ! どのパートも独立した1曲として成立するほど 濃すぎるサウンドです。 しかもガラッと曲調が変わっているはずなのに 「ティーン~」のコーラスがあまりにもキャッチーで統一感抜群! の内容とも相まって、とくに若い世代のハートに真っ直ぐ突き刺さるのではないでしょうか。 ストレートに 音楽の感動が呼び覚まされるという意味ではむしろ大人になるほど聴き応えがあるかもしれません。 まさに新時代を象徴する、 今をときめくロックナンバーといえるでしょう。 そしてはヒリヒリするような痛みを抱えつつ、キラキラ輝く秀作です。 今回はこの「nager Forr」のに焦点をあてて解説します。 Teenager Foreverの歌詞をチェック! 10代少年の心の内 それでは「ティーン」の歌詞を解説していきましょう。 まず、いきなり井口さんのボーカルから始まるイントロの「 Aメロ+コーラス」部分です。 井口さんの前のめりに突っかかるような入り方と、少年が駄々をこねる姿を彷彿とさせる語尾が秀逸。 なだめるかのように、常田さんのが寄り添います。 ところが逆に少年の葛藤を増長するかのごとくがカットイン。 このきっかけを待ちわびたとばかりに「ドッドッドッドッ」とイカついが始まります。 そして縦横無尽に飛び跳ねる。 4人の才能あふれる大人たちが少年時代の音楽的初期衝動を本気で再現し、荒ぶる姿に震えが止まりません。 まさに 青くさいロック! この歌い方やサウンドに呼応して歌詞も 思春期真っ盛りといった内容です。 まず冒頭の3行から。 ここでは「 自分以外の誰かになる」、そんな話が出てきます。 別人になりたいという願いが叶わないことは理解しているという独白です。 この「 誰かになりたい願望」ですが、どこかで聞き覚えがありませんか? サウンドが劇的な変化を遂げる「白日」の後半部分の歌詞にも、似たような内容がありました。 ちなみにヌーの曲はすべて常田さんが作詞されています。 そうすると「もしかして常田さんは自分以外の誰かになりたいの?」と思う方もいるかもしれません。 もちろん歌詞は創作なので、常田さんの心の内がそのまま反映されているとは限らないでしょう。 大前提として「ティーン」や「白日」でも 歌物語の主人公の内面が描かれているわけです。 ただ端からは天が万物を与えたかのように思われる常田さんさえこうした 変身願望を認識されているということ。 そのため最初から心の距離がグッと縮まり、共感しながら歌詞の世界へと入り込むことができるでしょう。 後半3行は「 自分が嫌いでも未来に希望をもちたい」という宣言です。 自己嫌悪のような「自信がもてない」といった感情も、とくに思春期に多くみられるものでしょう。

次の

Teenager Forever 歌詞「King Gnu」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

キングヌー ティーンネイジャー

井口理のオールナイトニッポン、最終日を迎える 最終回です。 これまで約1年間に渡ってリスナーに 癒しと 笑いを届けてくれました。 噛み噛みだったトークも日を追うごとに良い味を出し、最近では様々な有名人とコラボすることで話題を提供してくれていました。 トレンドランキングにも何度も顔を出していて、井口さんの人柄も相まってファンもかなり増えたのではないでしょうか。 井口理号泣!涙で前が見えない。 『井口理のオールナイトニッポン0 ANN0 』の最終回は云わば思い出を巡る回となりました。 過去の再放送を流しつつ、隙あらばスタッフ、リスナー揃って井口さんを泣かせる作戦。 『今日は絶対泣かない!』とケロッとしていた井口さんですが、 キングヌー King Gnu メンバーからのサプライズレターが届いたところから雲行きが怪しくなりはじめました。 そして、井口さんとルームシェアをしてお母さんのように接してきた 新井和輝さんからのレターでとうとうダムが決壊! 約3年ルームシェアをしてきて、何かと井口さんの面倒を見てきた新井さん。 井口さんの新居探しの内見の時も車を出してくれた優しい新井さん。 3年間一緒にいて喧嘩もせず楽しい思い出しかなかったそうです。 そこへ総称の候補として 『常田メン』というレターが届きます。 これに井口さんは拗ねて 『 なんで井口メンじゃないんだ!』と常田さんへの嫉妬を繰り広げました。 そして番組後半、井口さんが涙腺崩壊することとなった新井和輝さんのレター紹介。 新井さんのレターを聴いたリスナーの中で 新井株が大暴騰!! 居ても立っても居られずという雰囲気 ? でリスナーからレターが届きました。 リスナー 「 俺たち全員新井和輝さんについていきます!総称は『和輝メン』で!!」 井口 「・・・・・・ では、リスナーの総称は『常田メン』に決定。 」 リスナー 「 ?!?!?!?!」 最終的にファンの総称は 『常田メン』決まりました ???。 リスナーの総称は 『常田メン』! 主役の井口さんはいったい何処へ。。。 1年間お疲れ様でした! 俺は和輝メンだからな!!! — なおてつ。 N4ghi46 ヌーさん泣くから泣くやん!! 最後まで変態かつ天才の井口さんでした。 やっぱラジオって良いな…いや井口さんだったから楽しかった! 本当にありがとうございました!これからも頑張ってください!我々常田メンはずっと応援してますよ!またな!!! — タピオカを食べすぎて女の子になった canseeiflisten 実は初回から聞いていて、途中、仕事が忙しくなって聞けなかったけど、最終回でこうしてラジオを読んでいただいて、本当に最高でした。 「常田メン」のメール送りましたけど、本当は「井口メン」ですよ。 本当に感謝です。 — 環八太郎 nkmthmkl 『キングヌー King Gnu 』キーワードは原点回帰 2月27日の番組放送の時点で、3月いっぱい放送を終了することを報告していた井口さん。 インタビューでこう語っています。 いま、自分の活動というか、もう一度見直したいな、という時期になっていて。 去年は何も考える暇もなくずっとやってきて、King Gnuが売れるために何をすればいいかとか、それだけでずっと突っ走ったから、このタイミングでもう一度原点に立ち返るというか、自分が本当にやりたいことや、自分が伸ばしたいところを伸ばす一年に、今年はしたいなという気持ちもあって。 このラジオで本心も言えていたんだけど、『面白くしなきゃ』って強迫観念に駆られているときも凄くあって。 そういうときにポンと出た言葉が、誰かを傷つけるんじゃないかとか、そういうのが自分の中でしんどかったりもして。 ここ半年ぐらいずっと葛藤して、楽しい反面、そういう気持ちもありました。 引用: 一人でのラジオ番組ということで 『最初はしんどかった』と語る井口さん。 しかし、途中から 『なんか楽しめている自分もいるな』とも思っていたそうです。 心機一転、新居への引っ越しも完了した井口さん。 泡 あぶく という曲書きました. ㅤ 題名からわかる人はわかると思うけど一回原点回帰しようと思っとる. ㅤ そんでこの映画面白いよ! 五月十五日公開!是非に! ㅤ — 常田大希 — Daiki Tsuneta DaikiTsuneta.

次の