仙台 育英 野球。 仙台育英高校出身のプロ野球選手一覧表

【歴代】仙台育英高校野球部メンバーの進路

仙台 育英 野球

郡司裕也 捕手 仙台育英高-慶應義塾大-中日 ドラフト4位 千葉県市原市出身。 右投右打。 巧みなリードとパンチ力が魅力、視野も広い。 2019年10月に行われたドラフト会議で中日ドラゴンズより4位で指名され、契約金5000万円、年俸800万円、背番号44の条件で契約合意。 右投右打。 仙台育英高では2年春の選抜甲子園でベンチ入りするが登板なし。 夏はベンチを外れるも秋からはエースナンバーを背負う。 3年の6月に左手首への死球により骨折、戦線離脱を余儀なくされる。 3年夏の県大会への出場は出来たがチームは四回戦で敗退。 東洋大では1年生からメンバー入り。 その後数度の登板機会があるが勝敗はつかず。 同年10月25日に行われたドラフト会議にて中日ドラゴンズから2位指名を受ける。 契約金8000万円、年俸1200万円で合意。 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 2019 中日 6 4 1 0 0 34. 2 34 2. 247 2019 2 1 0 0 0 0 1. 2 7 5. 19 2019 2 0 0 0 0 3. 1 4 10. 右投左打。 小学生の時に軟式野球を始め、東北楽天ゴールデンイーグルスが運営する「楽天イーグルスベースボールスクール」に所属していた。 仙台育英高では、1年春から公式戦に出場。 1年秋から、遊撃手のレギュラーに定着。 2年秋に出場した明治神宮野球大会では、との決勝戦で2点本塁打を放ち、チームの優勝と翌春の選抜甲子園への出場権確定に貢献した。 選抜甲子園では、通算打率. 222(9打数2安打)を記録したが、二回戦で平沼翔太擁するに敗れる。 3年夏の甲子園大会では、通算で打率. 240(25打数6安打)と3本塁打を記録したものの、小笠原慎之介と吉田凌を擁するに決勝で敗れ、準優勝。 その後、U-18ワールドカップに日本代表として出場し、通算打率. 258(31打数8安打)ながら遊撃手としてベストナインを受賞する。 ちなみに高校の同級生には佐藤世那と郡司裕也がいる。 2015年のドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズと楽天から1巡目で指名を受け、抽選の末にロッテが交渉権を獲得した。 契約金9,000万円、年俸1,200万円、背番号13という条件で入団する。 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 2016 ロッテ 23 47 7 0 3 0 18. 149 2017 50 119 21 1 3 1 40. 176 2018 112 291 62 5 32 8 82. 213 2019 51 91 18 1 8 0 28. 318 2016 14 19 4 0 1 0 7. 211 2017 134 415 108 13 51 12 96. 260 2018 143 551 149 22 62 13 117. 270 2019 99 258 50 11 31 10 75. 000 2011 33 26 5 0 0 3 10. 192 2012 — — — — — — — — 2013 35 92 22 1 8 3 30. 239 2014 103 351 90 4 35 11 78. 256 2015 86 137 30 1 10 4 35. 219 2016 74 219 51 2 20 7 45. 233 2017 78 120 32 1 6 3 30. 267 2018 — — — — — — — — 2019 楽天 11 9 0 0 0 1 3. 000 通算11年 404 955 230 9 79 32 232. 241 矢貫俊之 投手 仙台育英高-常磐大-三菱ふそう川崎-日本ハム ドラフト3位 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 2009 日本ハム — — — — — — — — 2010 6 1 2 0 0 29. 0 22 4. 34 2011 1 0 1 0 0 5. 0 4 1. 80 2012 22 1 0 1 1 33. 1 23 3. 24 2013 57 2 3 0 13 65. 2 59 3. 43 2014 15 2 2 0 1 27. 0 18 5. 00 2015 9 0 0 0 0 15. 0 11 3. 60 巨人 3 0 0 0 0 1. 1 2 13. 50 2016 8 0 0 0 0 10. 1 11 2. 67 通算8年 121 6 8 1 15 186. 2 150 3. 76 由規(佐藤由規) 投手 仙台育英高-ヤクルト 高校生ドラフト1巡目 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 2008 ヤクルト 6 2 1 0 0 29. 2 28 4. 55 2009 22 5 10 0 0 120. 0 91 3. 50 2010 25 12 9 0 0 167. 2 149 3. 60 2011 15 7 6 0 0 100. 2 83 2. 86 2012 — — — — — — — — 2013 — — — — — — — — 2014 — — — — — — — — 2015 — — — — — — — — 2016 5 2 3 0 0 25. 2 18 4. 56 2017 10 3 5 0 0 54. 1 46 4. 31 2018 7 1 2 0 0 34. 1 37 4. 46 2019 楽天 1 0 0 0 0 1 2 0. 000 2008 — — — — — — — — 2009 — — — — — — — — 2010 2 5 1 0 1 0 1. 200 2011 — — — — — — — — 2012 — — — — — — — — 2013 — — — — — — — — 通算8年 4 7 1 0 1 0 1. 143 星孝典 捕手 仙台育英高-東北学院大-巨人 ドラフト6巡目 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 2005 巨人 2 3 1 0 0 0 0. 333 2006 7 5 1 0 0 0 1. 200 2007 — — — — — — — — 2008 — — — — — — — — 2009 9 5 0 0 0 0 2. 000 2010 — — — — — — — — 2011 西武 40 66 16 0 2 1 14. 242 2012 29 21 3 0 0 0 4. 143 2013 40 28 5 0 1 1 6. 179 2014 11 13 1 0 0 0 3. 077 2015 — — — — — — — — 2016 — — — — — — — — 通算12年 138 141 27 0 3 2 30. 191 菊池俊夫 内野手 仙台育英高-オリックス ドラフト5巡目 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 2003 オリックス — — — — — — — — 2004 — — — — — — — — 2005 — — — — — — — — 通算3年 一軍公式戦出場なし 志田宗大 外野手 仙台育英高-青山学院大-ヤクルト ドラフト8巡目 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 2002 ヤクルト 40 73 15 1 4 1 22. 205 2003 8 19 6 0 0 0 6. 316 2004 91 175 44 3 10 4 36. 251 2005 26 25 3 0 3 1 7. 120 2006 41 27 5 0 0 1 6. 185 2007 59 13 0 0 0 2 3. 000 2008 40 45 10 0 1 3 5. 222 2009 14 21 4 1 2 0 7. 190 2010 1 1 0 0 0 0 0. 000 通算9年 320 399 87 5 20 12 92. 218 眞山龍 投手 仙台育英高-西武 ドラフト2位 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 2000 西武 — — — — — — — — 2001 — — — — — — — — 2002 — — — — — — — — 2003 — — — — — — — — 2004 — — — — — — — — 2005 — — — — — — — — 通算6年 一軍公式戦出場なし 鈴木郁洋 捕手 仙台育英高-東北福祉大-中日 ドラフト4位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1998 中日 4 8 5 0 0 0 0. 625 1999 36 56 12 0 7 2 12. 214 2000 42 62 14 1 10 1 16. 226 2001 24 17 1 0 0 2 5. 059 2002 15 25 5 0 3 0 11. 200 2003 近鉄 12 10 1 1 2 0 3. 100 2004 — — — — — — — — 2005 オリックス 44 68 7 0 5 0 23. 103 2006 15 13 3 0 1 0 5. 231 2007 3 0 0 0 0 0 0 — 2008 27 18 3 0 0 2 9. 167 2009 63 140 28 0 8 8 28. 200 2010 86 192 30 1 12 1 65. 156 2011 89 152 31 0 7 3 34. 204 2012 41 66 13 0 1 0 16. 197 通算15年 501 827 153 3 56 19 227. 185 新沼慎二 捕手 仙台育英高-横浜 ドラフト2位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1998 横浜 DeNA — — — — — — — — 1999 — — — — — — — — 2000 — — — — — — — — 2001 — — — — — — — — 2002 — — — — — — — — 2003 2 6 0 0 0 0 0. 000 2004 2 0 0 0 0 0 0 — 2005 4 2 0 0 0 0 0. 000 2006 7 7 1 1 2 0 1. 143 2007 4 6 1 1 1 0 2. 167 2008 14 12 1 0 0 0 4. 083 2009 34 69 11 1 2 0 21. 159 2010 27 49 13 0 3 0 7. 265 2011 45 62 15 1 6 0 18. 242 2012 4 2 0 0 0 0 1. 000 通算15年 143 215 42 4 14 0 54. 195 中濱裕之 外野手 仙台育英高-近鉄 ドラフト4位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1997 近鉄 — — — — — — — — 1998 — — — — — — — — 1999 — — — — — — — — 2000 — — — — — — — — 2001 2 3 1 0 0 0 0. 333 2002 — — — — — — — — 2003 巨人 6 5 1 0 1 0 4. 200 2004 — — — — — — — — 2005 — — — — — — — — 通算9年 8 8 2 0 1 0 4. 250 天野勇剛 内野手 仙台育英高-ロッテ ドラフト7位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1996 ロッテ — — — — — — — — 1997 — — — — — — — — 1998 — — — — — — — — 1999 10 28 3 1 3 0 8. 107 2000 2 4 0 0 0 0 2. 000 2001 4 8 0 0 0 0 2. 000 2002 7 4 0 0 0 0 2. 000 2003 — — — — — — — — 2004 2 2 0 0 0 0 2. 000 2005 — — — — — — — — 2006 ロッテ(韓) — — — — — — — — 通算11年 25 46 3 1 3 0 16. 065 金村秀雄 最優秀防御率 投手 仙台育英高-日本ハム ドラフト1位 宮城県気仙沼市出身。 右投右打。 小学生の頃から日本ハムのファンで、当時エースだった西崎幸広に憧れていた。 仙台育英高では、3年夏の宮城県大会・決勝戦で桜井幸博を擁する仙台工業を破り優勝。 甲子園大会ではベスト8進出。 1994年のドラフト会議で、ファンであった日本ハムファイターズから1位指名を受け入団する。 この時、日本ハムは甲府工業高の山村宏樹を1位指名する予定だったが、直前になって金村へ変更。 入団記者会見ではハムをほおばるパフォーマンスを見せた。 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 1995 日本ハム 1 0 0 0 — 1. 1 1 20. 25 1996 — — — — — — — — 1997 14 1 4 0 — 52. 1 38 3. 96 1998 31 8 8 1 — 135. 0 85 2. 73 1999 8 3 1 1 — 43. 0 27 2. 30 2000 17 9 5 0 — 101. 1 61 4. 00 2001 25 7 13 0 — 141. 2 94 4. 89 2002 32 10 6 0 — 167. 2 143 3. 17 2003 26 10 8 0 — 157. 0 103 4. 24 2004 25 13 8 0 — 167. 1 114 3. 93 2005 25 13 10 0 0 174. 0 96 3. 62 2006 23 9 6 0 0 134. 2 57 4. 48 2007 13 5 6 0 0 78. 0 33 4. 73 2008 阪神 8 0 5 0 0 41. 1 38 4. 14 2009 22 1 1 0 0 32. 2 23 2. 76 2010 1 0 0 0 0 2. 0 0 22. 50 通算16年 271 89 81 2 0 1429. 1 913 3. 89 高橋顕法 投手 仙台育英高-広島 ドラフト8位 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 1993 広島 — — — — — — — — 1994 — — — — — — — — 1995 — — — — — — — — 1996 阪神 — — — — — — — — 1997 — — — — — — — — 1998 1 0 0 0 — 1. 0 1 0. 00 通算6年 1 0 0 0 — 1. 0 1 0. 00 大越基 投手 仙台育英高-早稲田大中退-サリナス 1A -ダイエー ドラフト1位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1993 ダイエー — — — — — — — — 1994 13 0 0 0 0 0 0 — 1995 — — — — — — — — 1996 8 3 0 0 0 1 0. 000 1997 — — — — — — — — 1998 — — — — — — — — 1999 82 45 13 0 5 4 13. 289 2000 77 40 8 0 1 0 10. 200 2001 81 26 6 0 1 4 3. 231 2002 69 79 19 1 14 3 15. 241 2003 35 18 4 0 3 3 6. 222 通算11年 365 211 50 1 24 15 47. 237 長島哲郎 投手 仙台育英高-東北福祉大-ロッテ ドラフト3位 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 1983 ロッテ 5 0 0 0 — 7. 2 6 2. 35 1984 — — — — — — — — 1985 — — — — — — — — 1986 — — — — — — — — 1987 5 0 0 0 — 4. 1 7 4. 15 1988 — — — — — — — — 通算6年 10 0 0 0 — 12. 0 13 3. 00 高橋正巳 投手 仙台育英高-仙台鉄道管理局-日本ハム ドラフト2位 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 1980 日本ハム 1 0 0 0 — 0. 2 0 27. 00 1981 18 4 4 0 — 77. 1 34 4. 56 1982 1 0 1 0 — 6. 0 3 4. 50 1983 5 1 1 0 — 20. 2 5 3. 05 1984 22 2 5 0 — 62. 1 12 4. 62 1985 3 0 0 0 — 3. 1 0 8. 10 1986 大洋 — — — — — — — — 通算7年 50 7 11 0 — 170. 1 54 4. 0 8 3. 60 1981 — — — — — — — — 1982 — — — — — — — — 1983 — — — — — — — — 1984 — — — — — — — — 1985 — — — — — — — — 通算7年 6 0 0 0 — 10. 0 8 3. 60 関東孝雄 内野手 仙台育英高-日本通運-中日 ドラフト6位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1976 中日 26 38 11 0 6 0 12. 289 1977 40 45 10 0 0 1 11. 222 1978 90 143 34 0 9 1 33. 238 1979 5 3 0 0 0 0 1. 000 1980 18 50 7 1 4 0 12. 140 1981 32 18 1 0 1 0 3. 056 通算6年 211 297 63 1 20 2 72. 212 渡辺勉 内野手 仙台育英高-阪急 ドラフト5位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1968 阪急 — — — — — — — — 1969 1 4 0 0 0 0 0. 000 1970 7 10 2 2 5 0 4. 200 1971 43 18 5 1 4 1 1. 278 1972 20 10 1 0 1 0 4. 100 1973 36 12 2 1 1 1 3. 167 1974 34 19 1 0 0 0 7. 053 1975 73 69 14 0 3 3 7. 203 1976 106 102 27 1 6 1 11. 265 1977 47 31 6 1 4 1 3. 194 1978 2 4 3 0 0 0 1. 750 1979 — — — — — — — — 通算12年 369 279 61 6 24 7 41. 219 加藤俊夫 捕手 仙台育英高-日本軽金属-サンケイアトムズ 第2次ドラフト1位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1967 サンケイ ヤクルト 41 45 4 0 2 0 9. 089 1968 121 293 60 11 30 4 79. 205 1969 113 330 72 13 41 2 55. 218 1970 32 70 18 3 11 0 14. 257 1972 東映 日拓 日本ハム 121 323 78 10 39 2 67. 241 1973 106 283 83 12 46 3 33. 293 1974 60 137 26 1 13 3 22. 190 1975 74 124 31 6 22 0 6. 250 1976 118 330 89 5 33 8 26. 270 1977 129 408 110 11 36 17 31. 270 1978 126 392 98 12 37 12 54. 250 1979 124 355 92 14 38 14 46. 259 1980 122 358 94 8 32 4 46. 263 1981 48 102 26 1 10 1 15. 255 1982 大洋 42 52 11 0 3 1 15. 212 1983 67 139 30 6 17 2 25. 216 1984 49 145 36 3 19 0 21. 248 1985 14 9 4 0 2 0 1. 444 通算18年 1507 3895 962 116 431 73 565. 247 石崎一夫 内野手 仙台育英高-大洋 ドラフト10位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1966 大洋 — — — — — — — — 1967 — — — — — — — — 1968 — — — — — — — — 通算3年 一軍公式戦出場なし.

次の

宮城高校野球掲示板|爆サイ.com東北版

仙台 育英 野球

スポンサードリンク ファーストベースは左足で踏むもの 打者走者がおかしいと言われている理由の1つに、一塁ベースを右足で踏んでいることにあります。 右足で踏むと今回のように接触の危険性があるので、左足で踏むのが当たり前のプレーとなっています。 右足で踏もうとするとファーストが邪魔ですからね。 誰に教えてもらうでもなく、一塁ベースを駆け抜けるときには左足で踏むようになります。 【】 「高校 夏の甲子園3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭」 センバツ王者・大阪桐蔭が勝利まであと1人から敗戦。 通算本塁打記録を更新した大会の中で、1点、1アウトの重みを感じさせるゲームでした。 その可能性もあるかもしれませんが、そうは言っても無意識のうちに右足で踏むような癖がついていますからね。 名門校の選手なら尚更そうかと思いますが。 まあ、例外はあるので、必ずしも右足で踏んだのがおかしいとは言えないですけどね。 足を蹴ったのは故意なのか? となると「 故意に足を蹴った」と見るのも無理はないことになります。 際どいタイミングならともかく、打者走者もアウトだとわかる打球ですからね。 ただ僕はこれに関しても違うと思っています。 物は言いようですが、あの場面で咄嗟に「足を交錯させよう」と思った可能性はあるのではないかと思います。 それが蹴ったように見えるプレーになってしまったということですね。 蹴ったからってボールを落とすものでもないですしね・・・。 交錯させようとするプレーというのは、自分はもちろん相手にも怪我をさせてしまう可能性が高いプレーになります。 褒められたことではないのですが、そのような判断を咄嗟にしてしまっても無理はないと思います。 勝つためにはマナーが問われないことがあるのが野球界の風潮でもあるからです。 マナーよりも勝利が優先される日本野球界 先にも言いましたが、勝つためならマナーが問われないことは多々あります。 死球を当たったフリをするとか、自打球が当たったフリをするというのも、マナー違反が問われることはなくても似たようなものかもしれませんね。 そして、マナー違反の代表的なものが サイン盗みになります。 野球部だった人はサイン盗みをした経験がある人が多いのではないでしょうか? 僕も自分が盗んだことはなくても、伝達してもらったことはありますしね。 勝利のためなら汚いことが黙認される風潮も少なからずあります。 そんなの日常茶飯事。 それを ダルビッシュ有 Yu Darvish がされたらどうなんだよ。 スポーツマ — ダルビッシュ有 Yu Darvish faridyu そもそもサイン盗みが汚いことという風潮がないかもしれません。 某高校野球名門校の監督(誰か忘れただけ)は、サインを盗んでそれを采配に活かすのが野球の奥深さみたいなコメントをインタビューでしていましたしね。 笑 勝つために相手を怪我させるという選択肢 まあ、そうは言っても仙台育英のケースは相手に怪我をさせてしまうリスクがあったわけです。 さすがにそれはマナー違反の範疇を超えているように思うかもしれません。 それが必ずしもそうだとは言い切れないのです。 僕がびっくりしたのは、監督経験があり自身もスター選手だった某氏の評論です。 巨人戦で対戦相手への苦言だったのですが・・・。 巨人は3番手捕手も使いベンチに捕手がいなくなったんだから、怪我をさせようとする意識があってもよかったのではないか?としていたことです。 笑 まあ、笑いごとではないのですが、大切な試合に勝つためならばそのような選択肢も良しとされる風潮があるのかもしれません。 しかもそれを新聞の評論に載せられてしまうというね。 笑 プロの世界でもそうなら、高校球児が相手の怪我もやむなしと思っても無理はないと感じます。 サイン盗みに関するマナー ちなみに、サイン盗みに関するマナーというのも存在すると言われています。 それは外部から伝達してもらうのはNGというものです。 アマチュアだと一塁コーチや三塁コーチからサインが見えることがあります。 他にも二塁ランナーが伝達するのはバレないようにこっそりやるのはセーフとも言われます。 まあ、お互い様だし、防ぎようもありますからね。 外部からというのは、例えば学校の応援団がスマホのテレビ中継からサインを解読。 で、太鼓の音とか旗とかで合図を決めて伝達をするという方法です。 (あくまで例えね) こういう外部と連携してのサイン盗みはマナー違反とされているのですが・・・。 まあ、プロの世界でもバックスクリーンから望遠鏡で覗いたりということがあったと言われますからねー。 高校野球でも外部から何かしらの方法で伝達をしてもらうことがあっても不思議ではないかと思います。 ちなみに、日本でそんなマナーがあるかのように書きましたが、実はMLBで言われているマナーのことです。 日本だったら外部との連携でサインを盗むことも日常化している可能性もゼロではありません。 まあ、サイン盗み自体は何かしらの方法で程度の差はあれしているとされます。 スポンサードリンク 仙台育英のキック騒動に関する報道 また、高校野球を報道する側にもマナーがあり、それは「球児を悪く書かない」というものです。 キック騒動に関する報道を詳しく知りませんが、大手マスコミは球児を批判するような報道はしていないはずです。 僕は人様を批判するようなことが嫌いというのもあるけど、そういうのを抜きにしてもこの件に関しては仕方がないと思っています。 僕はそれが良いこととは思わないし、暗黙のルールってヤツは大切だと思います。 何にしても彼だけを責めることができないぐらい、いろいろ目立たないところで問題があるってことですね。

次の

仙台育英野球部が2か月ぶり全体練習、須江航監督「一回り大きくなって帰ってきた気がします」(スポーツ報知)

仙台 育英 野球

郡司裕也 捕手 仙台育英高-慶應義塾大-中日 ドラフト4位 千葉県市原市出身。 右投右打。 巧みなリードとパンチ力が魅力、視野も広い。 2019年10月に行われたドラフト会議で中日ドラゴンズより4位で指名され、契約金5000万円、年俸800万円、背番号44の条件で契約合意。 右投右打。 仙台育英高では2年春の選抜甲子園でベンチ入りするが登板なし。 夏はベンチを外れるも秋からはエースナンバーを背負う。 3年の6月に左手首への死球により骨折、戦線離脱を余儀なくされる。 3年夏の県大会への出場は出来たがチームは四回戦で敗退。 東洋大では1年生からメンバー入り。 その後数度の登板機会があるが勝敗はつかず。 同年10月25日に行われたドラフト会議にて中日ドラゴンズから2位指名を受ける。 契約金8000万円、年俸1200万円で合意。 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 2019 中日 6 4 1 0 0 34. 2 34 2. 247 2019 2 1 0 0 0 0 1. 2 7 5. 19 2019 2 0 0 0 0 3. 1 4 10. 右投左打。 小学生の時に軟式野球を始め、東北楽天ゴールデンイーグルスが運営する「楽天イーグルスベースボールスクール」に所属していた。 仙台育英高では、1年春から公式戦に出場。 1年秋から、遊撃手のレギュラーに定着。 2年秋に出場した明治神宮野球大会では、との決勝戦で2点本塁打を放ち、チームの優勝と翌春の選抜甲子園への出場権確定に貢献した。 選抜甲子園では、通算打率. 222(9打数2安打)を記録したが、二回戦で平沼翔太擁するに敗れる。 3年夏の甲子園大会では、通算で打率. 240(25打数6安打)と3本塁打を記録したものの、小笠原慎之介と吉田凌を擁するに決勝で敗れ、準優勝。 その後、U-18ワールドカップに日本代表として出場し、通算打率. 258(31打数8安打)ながら遊撃手としてベストナインを受賞する。 ちなみに高校の同級生には佐藤世那と郡司裕也がいる。 2015年のドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズと楽天から1巡目で指名を受け、抽選の末にロッテが交渉権を獲得した。 契約金9,000万円、年俸1,200万円、背番号13という条件で入団する。 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 2016 ロッテ 23 47 7 0 3 0 18. 149 2017 50 119 21 1 3 1 40. 176 2018 112 291 62 5 32 8 82. 213 2019 51 91 18 1 8 0 28. 318 2016 14 19 4 0 1 0 7. 211 2017 134 415 108 13 51 12 96. 260 2018 143 551 149 22 62 13 117. 270 2019 99 258 50 11 31 10 75. 000 2011 33 26 5 0 0 3 10. 192 2012 — — — — — — — — 2013 35 92 22 1 8 3 30. 239 2014 103 351 90 4 35 11 78. 256 2015 86 137 30 1 10 4 35. 219 2016 74 219 51 2 20 7 45. 233 2017 78 120 32 1 6 3 30. 267 2018 — — — — — — — — 2019 楽天 11 9 0 0 0 1 3. 000 通算11年 404 955 230 9 79 32 232. 241 矢貫俊之 投手 仙台育英高-常磐大-三菱ふそう川崎-日本ハム ドラフト3位 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 2009 日本ハム — — — — — — — — 2010 6 1 2 0 0 29. 0 22 4. 34 2011 1 0 1 0 0 5. 0 4 1. 80 2012 22 1 0 1 1 33. 1 23 3. 24 2013 57 2 3 0 13 65. 2 59 3. 43 2014 15 2 2 0 1 27. 0 18 5. 00 2015 9 0 0 0 0 15. 0 11 3. 60 巨人 3 0 0 0 0 1. 1 2 13. 50 2016 8 0 0 0 0 10. 1 11 2. 67 通算8年 121 6 8 1 15 186. 2 150 3. 76 由規(佐藤由規) 投手 仙台育英高-ヤクルト 高校生ドラフト1巡目 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 2008 ヤクルト 6 2 1 0 0 29. 2 28 4. 55 2009 22 5 10 0 0 120. 0 91 3. 50 2010 25 12 9 0 0 167. 2 149 3. 60 2011 15 7 6 0 0 100. 2 83 2. 86 2012 — — — — — — — — 2013 — — — — — — — — 2014 — — — — — — — — 2015 — — — — — — — — 2016 5 2 3 0 0 25. 2 18 4. 56 2017 10 3 5 0 0 54. 1 46 4. 31 2018 7 1 2 0 0 34. 1 37 4. 46 2019 楽天 1 0 0 0 0 1 2 0. 000 2008 — — — — — — — — 2009 — — — — — — — — 2010 2 5 1 0 1 0 1. 200 2011 — — — — — — — — 2012 — — — — — — — — 2013 — — — — — — — — 通算8年 4 7 1 0 1 0 1. 143 星孝典 捕手 仙台育英高-東北学院大-巨人 ドラフト6巡目 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 2005 巨人 2 3 1 0 0 0 0. 333 2006 7 5 1 0 0 0 1. 200 2007 — — — — — — — — 2008 — — — — — — — — 2009 9 5 0 0 0 0 2. 000 2010 — — — — — — — — 2011 西武 40 66 16 0 2 1 14. 242 2012 29 21 3 0 0 0 4. 143 2013 40 28 5 0 1 1 6. 179 2014 11 13 1 0 0 0 3. 077 2015 — — — — — — — — 2016 — — — — — — — — 通算12年 138 141 27 0 3 2 30. 191 菊池俊夫 内野手 仙台育英高-オリックス ドラフト5巡目 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 2003 オリックス — — — — — — — — 2004 — — — — — — — — 2005 — — — — — — — — 通算3年 一軍公式戦出場なし 志田宗大 外野手 仙台育英高-青山学院大-ヤクルト ドラフト8巡目 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 2002 ヤクルト 40 73 15 1 4 1 22. 205 2003 8 19 6 0 0 0 6. 316 2004 91 175 44 3 10 4 36. 251 2005 26 25 3 0 3 1 7. 120 2006 41 27 5 0 0 1 6. 185 2007 59 13 0 0 0 2 3. 000 2008 40 45 10 0 1 3 5. 222 2009 14 21 4 1 2 0 7. 190 2010 1 1 0 0 0 0 0. 000 通算9年 320 399 87 5 20 12 92. 218 眞山龍 投手 仙台育英高-西武 ドラフト2位 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 2000 西武 — — — — — — — — 2001 — — — — — — — — 2002 — — — — — — — — 2003 — — — — — — — — 2004 — — — — — — — — 2005 — — — — — — — — 通算6年 一軍公式戦出場なし 鈴木郁洋 捕手 仙台育英高-東北福祉大-中日 ドラフト4位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1998 中日 4 8 5 0 0 0 0. 625 1999 36 56 12 0 7 2 12. 214 2000 42 62 14 1 10 1 16. 226 2001 24 17 1 0 0 2 5. 059 2002 15 25 5 0 3 0 11. 200 2003 近鉄 12 10 1 1 2 0 3. 100 2004 — — — — — — — — 2005 オリックス 44 68 7 0 5 0 23. 103 2006 15 13 3 0 1 0 5. 231 2007 3 0 0 0 0 0 0 — 2008 27 18 3 0 0 2 9. 167 2009 63 140 28 0 8 8 28. 200 2010 86 192 30 1 12 1 65. 156 2011 89 152 31 0 7 3 34. 204 2012 41 66 13 0 1 0 16. 197 通算15年 501 827 153 3 56 19 227. 185 新沼慎二 捕手 仙台育英高-横浜 ドラフト2位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1998 横浜 DeNA — — — — — — — — 1999 — — — — — — — — 2000 — — — — — — — — 2001 — — — — — — — — 2002 — — — — — — — — 2003 2 6 0 0 0 0 0. 000 2004 2 0 0 0 0 0 0 — 2005 4 2 0 0 0 0 0. 000 2006 7 7 1 1 2 0 1. 143 2007 4 6 1 1 1 0 2. 167 2008 14 12 1 0 0 0 4. 083 2009 34 69 11 1 2 0 21. 159 2010 27 49 13 0 3 0 7. 265 2011 45 62 15 1 6 0 18. 242 2012 4 2 0 0 0 0 1. 000 通算15年 143 215 42 4 14 0 54. 195 中濱裕之 外野手 仙台育英高-近鉄 ドラフト4位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1997 近鉄 — — — — — — — — 1998 — — — — — — — — 1999 — — — — — — — — 2000 — — — — — — — — 2001 2 3 1 0 0 0 0. 333 2002 — — — — — — — — 2003 巨人 6 5 1 0 1 0 4. 200 2004 — — — — — — — — 2005 — — — — — — — — 通算9年 8 8 2 0 1 0 4. 250 天野勇剛 内野手 仙台育英高-ロッテ ドラフト7位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1996 ロッテ — — — — — — — — 1997 — — — — — — — — 1998 — — — — — — — — 1999 10 28 3 1 3 0 8. 107 2000 2 4 0 0 0 0 2. 000 2001 4 8 0 0 0 0 2. 000 2002 7 4 0 0 0 0 2. 000 2003 — — — — — — — — 2004 2 2 0 0 0 0 2. 000 2005 — — — — — — — — 2006 ロッテ(韓) — — — — — — — — 通算11年 25 46 3 1 3 0 16. 065 金村秀雄 最優秀防御率 投手 仙台育英高-日本ハム ドラフト1位 宮城県気仙沼市出身。 右投右打。 小学生の頃から日本ハムのファンで、当時エースだった西崎幸広に憧れていた。 仙台育英高では、3年夏の宮城県大会・決勝戦で桜井幸博を擁する仙台工業を破り優勝。 甲子園大会ではベスト8進出。 1994年のドラフト会議で、ファンであった日本ハムファイターズから1位指名を受け入団する。 この時、日本ハムは甲府工業高の山村宏樹を1位指名する予定だったが、直前になって金村へ変更。 入団記者会見ではハムをほおばるパフォーマンスを見せた。 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 1995 日本ハム 1 0 0 0 — 1. 1 1 20. 25 1996 — — — — — — — — 1997 14 1 4 0 — 52. 1 38 3. 96 1998 31 8 8 1 — 135. 0 85 2. 73 1999 8 3 1 1 — 43. 0 27 2. 30 2000 17 9 5 0 — 101. 1 61 4. 00 2001 25 7 13 0 — 141. 2 94 4. 89 2002 32 10 6 0 — 167. 2 143 3. 17 2003 26 10 8 0 — 157. 0 103 4. 24 2004 25 13 8 0 — 167. 1 114 3. 93 2005 25 13 10 0 0 174. 0 96 3. 62 2006 23 9 6 0 0 134. 2 57 4. 48 2007 13 5 6 0 0 78. 0 33 4. 73 2008 阪神 8 0 5 0 0 41. 1 38 4. 14 2009 22 1 1 0 0 32. 2 23 2. 76 2010 1 0 0 0 0 2. 0 0 22. 50 通算16年 271 89 81 2 0 1429. 1 913 3. 89 高橋顕法 投手 仙台育英高-広島 ドラフト8位 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 1993 広島 — — — — — — — — 1994 — — — — — — — — 1995 — — — — — — — — 1996 阪神 — — — — — — — — 1997 — — — — — — — — 1998 1 0 0 0 — 1. 0 1 0. 00 通算6年 1 0 0 0 — 1. 0 1 0. 00 大越基 投手 仙台育英高-早稲田大中退-サリナス 1A -ダイエー ドラフト1位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1993 ダイエー — — — — — — — — 1994 13 0 0 0 0 0 0 — 1995 — — — — — — — — 1996 8 3 0 0 0 1 0. 000 1997 — — — — — — — — 1998 — — — — — — — — 1999 82 45 13 0 5 4 13. 289 2000 77 40 8 0 1 0 10. 200 2001 81 26 6 0 1 4 3. 231 2002 69 79 19 1 14 3 15. 241 2003 35 18 4 0 3 3 6. 222 通算11年 365 211 50 1 24 15 47. 237 長島哲郎 投手 仙台育英高-東北福祉大-ロッテ ドラフト3位 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 1983 ロッテ 5 0 0 0 — 7. 2 6 2. 35 1984 — — — — — — — — 1985 — — — — — — — — 1986 — — — — — — — — 1987 5 0 0 0 — 4. 1 7 4. 15 1988 — — — — — — — — 通算6年 10 0 0 0 — 12. 0 13 3. 00 高橋正巳 投手 仙台育英高-仙台鉄道管理局-日本ハム ドラフト2位 年度 球団 登板 勝利 敗戦 セーブ ホールド 投球回 奪三振 防御率 1980 日本ハム 1 0 0 0 — 0. 2 0 27. 00 1981 18 4 4 0 — 77. 1 34 4. 56 1982 1 0 1 0 — 6. 0 3 4. 50 1983 5 1 1 0 — 20. 2 5 3. 05 1984 22 2 5 0 — 62. 1 12 4. 62 1985 3 0 0 0 — 3. 1 0 8. 10 1986 大洋 — — — — — — — — 通算7年 50 7 11 0 — 170. 1 54 4. 0 8 3. 60 1981 — — — — — — — — 1982 — — — — — — — — 1983 — — — — — — — — 1984 — — — — — — — — 1985 — — — — — — — — 通算7年 6 0 0 0 — 10. 0 8 3. 60 関東孝雄 内野手 仙台育英高-日本通運-中日 ドラフト6位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1976 中日 26 38 11 0 6 0 12. 289 1977 40 45 10 0 0 1 11. 222 1978 90 143 34 0 9 1 33. 238 1979 5 3 0 0 0 0 1. 000 1980 18 50 7 1 4 0 12. 140 1981 32 18 1 0 1 0 3. 056 通算6年 211 297 63 1 20 2 72. 212 渡辺勉 内野手 仙台育英高-阪急 ドラフト5位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1968 阪急 — — — — — — — — 1969 1 4 0 0 0 0 0. 000 1970 7 10 2 2 5 0 4. 200 1971 43 18 5 1 4 1 1. 278 1972 20 10 1 0 1 0 4. 100 1973 36 12 2 1 1 1 3. 167 1974 34 19 1 0 0 0 7. 053 1975 73 69 14 0 3 3 7. 203 1976 106 102 27 1 6 1 11. 265 1977 47 31 6 1 4 1 3. 194 1978 2 4 3 0 0 0 1. 750 1979 — — — — — — — — 通算12年 369 279 61 6 24 7 41. 219 加藤俊夫 捕手 仙台育英高-日本軽金属-サンケイアトムズ 第2次ドラフト1位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1967 サンケイ ヤクルト 41 45 4 0 2 0 9. 089 1968 121 293 60 11 30 4 79. 205 1969 113 330 72 13 41 2 55. 218 1970 32 70 18 3 11 0 14. 257 1972 東映 日拓 日本ハム 121 323 78 10 39 2 67. 241 1973 106 283 83 12 46 3 33. 293 1974 60 137 26 1 13 3 22. 190 1975 74 124 31 6 22 0 6. 250 1976 118 330 89 5 33 8 26. 270 1977 129 408 110 11 36 17 31. 270 1978 126 392 98 12 37 12 54. 250 1979 124 355 92 14 38 14 46. 259 1980 122 358 94 8 32 4 46. 263 1981 48 102 26 1 10 1 15. 255 1982 大洋 42 52 11 0 3 1 15. 212 1983 67 139 30 6 17 2 25. 216 1984 49 145 36 3 19 0 21. 248 1985 14 9 4 0 2 0 1. 444 通算18年 1507 3895 962 116 431 73 565. 247 石崎一夫 内野手 仙台育英高-大洋 ドラフト10位 年度 球団 試合 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率 1966 大洋 — — — — — — — — 1967 — — — — — — — — 1968 — — — — — — — — 通算3年 一軍公式戦出場なし.

次の