ドサイドン スペシャル アタック。 【ポケモンGO】投票結果発表!サイホーンに決定!!2020年2月のコミュニティデイ

『ドサイドン』のおすすめ技や弱点・対策【ポケモンGO】|ポケモン徹底攻略

ドサイドン スペシャル アタック

ロッカドサイその他戦術の準備として麻痺をばら撒き、レッドカードで相手の選出を割る、襷を削る、挑発で相手の起点作りを起点にすると言った場を整えると言うより荒らす役割を担います。 パルシェンが見えたら即決初手挑発。 ドラパやウオノラゴンにはとりあえず電磁波を入れたい。 先発は読まれやすいので、選出段階ではそれを念頭において考える事が必要です。 光の壁は元々ドサイの低いDを補うべく入れていますが、活躍の機会は減っているので、自由枠でも大丈夫です。 初手ロトム対面は行動が読めない場合でも挑発から入る余裕は大体あります。 いじっぱり• このパーティーの第2のエース。 シンプルに強い。 迷ったらとりあえず出せ!ドサイとミミッキュ あとウオノラゴン の並びで相手の頭にトリルをよぎらせます 元々そのつもりはなかった。 荒らし終わった後のダイフェアリーでこちらの状態異常へのケアが出来るのも強いです。 上からロンゲ、ミミッキュ、ウオノラゴンと配置する事で、選出時間オーバーになってもロンゲで場を荒らし、ミミッキュで暴れて数的有利を取り、ウオノラゴンで締め、と言ったシンプルなパワーの押し付けで最低限戦える選出になります。 ひかえめ• このパーティーの何でも屋。 ボルチェンによる対面操作は出来ないものの、鬼火や放電でロンゲ同様状態異常をばら撒き体制を整える他、自分の鬼火やロンゲの撒いた麻痺の上から祟り目で殴って打点も稼ぐ事ができます。 耐久力も高く場持ちがいいです。 ヌオーやトリトドン入りには絶対出したいです。 ボルチェンが見える場面での地面タイプ受け出しを即決させないリフストも強いですね。 ロンゲでは展開が後手になりそうな時は先発も任せられます。 まさに何でも屋。 通りが悪くてもギャラドス居たら出して問題ないです。 前作でスカーフカットムとチョッキドサイを一緒に使っていた思い入れもあります笑• ひかえめ• 大まかな役割は育成論にある通りです。 耐久調整していたBDの努力値をSに回す事で4振りロトム抜き抜きになるという絶妙な素早さ。 麻痺と絡めて場合によっては上から高火力で殴れます。 すり抜けがあるので、削れたラプラスの掃除役も安定してこなせます。 エルフーンが見えたかつ刺さりがいい時は先発投げも 無理な時はロンゲから。 カットムと合わせてアーマーガアの選出を抑える効果もあります。 元々は悪巧みラムサザンを使っていましたが、サニーゴの処理を同様にこなしつつ、エルフーンに強いポケモンを探した結果入れました。 以前はダントツで選出が少なかったですが、ゴリランダーの増加で選出の機会が一気に増えました。 グラスにタダ乗りしてエナボ打ちましょう。 ようき• このパーティーの軸です一応 ミミッキュにとられてる感。 バンギと違いハードロックと高いBによって多くの物理攻撃を体力を保持しつつ弱保のトリガーとした上で、高い火力で荒らします。 またダイロックとダイアースによって物理特殊両方に強くなり、まさにエースとして相応しい姿で敵を圧倒します ちょっと誇張。 場面によってはアーマーガアを無理やり突破します この構築にしてからアーマーガア出される事が減ったので、それも動きやすい要因の一つです。 ですが相手の2〜3体が麻痺していた場合ドラパ以外に上を取られる事がほとんどないかつ純粋に最速ドサイであるだけで意表をつける事が多かったので、剣舞でも良いのでは?と思うシーンが多々ありました。 ですが、コンセプトになっているのと、後続に上から負担をかける事ができるのでロッカ採用で続けています。 ダイウォールになるのも良き。 戦術と解説 ロンゲで荒らしてドサイかミミで全抜きが基本的な動きになりますが、それだけにとどまらず選出は柔軟に。 ロンゲ先発読みされてる仮定で選出を組むと良いです。 先発は大体ロンゲorウオノラゴン。 稀にカットム、ごく稀にシャンデラから入ります。 後ろにミミッキュかドサイどちらか1体は確定。 ラストは相手を見て決めてください。 先発で荒らせたらスキを見て積みましょう。 準備ができたらダイマを切って一掃します。 よく出てくる ラプラス、ゴリランダー この2体はほぼ出てくる 、パルシェン、ドヒドイデ、ドリュウズ、ギャラドス、ドラパルト、エルフーン あんまり出てこない アーマーガア、エースバーン、カバルドン マスターに登るまでは7割前後勝てました。 流石に環境が変わってポリゴン2が増える次のシーズンではきついかもしれません。

次の

【ポケモンGO】ドサイドンのマスターリーグ最適技と対策ポケモン:じめん・いわ技が環境に有効!|ポケらく

ドサイドン スペシャル アタック

ドサイドン の強さ ステータスが非常に高い 「ドサイドン」は攻撃種族値(ステータス)だけでなく防御・HP種族値も非常に高く、 他の伝説ポケモンと比較しても全く劣らない高いステータスを持っています。 バトルではこのステータスを活かすことで 等倍でもかなりのダメージを相手に与え、タイプ相性に注意しシールドを上手く使うことで有利にバトルできる場面が多くなります。 強力で環境に有効な「じめん・いわ」技 「ドサイドン」の魅力の一つは 強力な「じめん・いわ」技を覚えるところです。 特に 「じめん」技はマスターリーグ環境トップクラスの ディアルガ・メルメタル・ヒードランに効果抜群です。 「いわ」技も等倍以上ダメージとなる有効なポケモンの範囲が広く攻撃面は非常に優秀です。 弱点タイプの多さに注意 ステータスや覚える技は優秀ですが、 ドサイドンの弱さは タイプ弱点の多さと2重弱点の存在です。 特にマスターリーグでよく遭遇する 「かくとう」「じめん」「はがね」タイプの技を弱点としている点は要注意です。 また「くさ」と「みず」が2重弱点なため、ステータスの耐久力が高いドサイドンでもここを突かれると大ダメージとなり不利なバトルになります。 「カウンター/クロスチョップ」の組み合わせが強力&効果抜群• 耐久力は低めなため要注意 カイオーガが天敵レベルの強さ 「ドサイドン」にとって 「カイオーガ」は攻撃で弱点を突くことができず、強力な「みず」技は2重弱点となるため何もできず倒されてしまうレベルです。 「ドサイドン」を使って「カイオーガ」に当たってしまった場合は できるだけ速く交代するなどまともにバトルをしないことがおすすめです。 対策ではかくとう・じめん技の攻撃も有効 「ドサイドン」対策としては、 「いわ・じめん」の攻撃を弱点とせずこちらは弱点を突くことができるポケモンがいれば有利にバトルができます。 「ガブリアス」と「カイリキー」がそのポジションになります。 GOバトルリーグ情報.

次の

『ドサイドン』のおすすめ技や弱点・対策【ポケモンGO】|ポケモン徹底攻略

ドサイドン スペシャル アタック

6 1. 4 1. 15 8. 57 15. 4 19. 2 1. 2 0. 8 6. 67 16 ゲージ技 名前 威力 時間 DPS 発動 発生 65 1. 7 1. 4 38. 2 168 3. 6 2. 7 46. 7 120 2. 3 0. 7 52. 2 130 3. 1 1. 8 41. 9 85 3 2. 1 28. 6 2 36. 70 3 22. 37 4 21. 75 5 21. 10 6 20. 66 7 20. 65 8 20. 58 9 20. 30 10 20. 11 11 19. 81 12 19.

次の