ステンドラ 成分。 ステンドラジェネリック通販|ED薬|アバナフィル|お薬なび

ステンドラ(アバナフィル)とは

ステンドラ 成分

ステンドラの正式名称は「STENDRA」で有効成分であるアヴァナフィルの含有量は100mgです。 製造はミスト製薬 Mist Pharmaceuticals という製薬会社で、などを生産する有名な医薬品メーカーです。 「レビトラ」は商標名称でありバイエル社が製造販売する日本国内で2番目に承認されたED治療薬です。 一般名は「アヴァナフィル錠」と呼ばれており有効成分はアヴァナフィル Vardenafil という化学合成薬品です。 「 ステンドラ」もミストが所有する商標名で、名前の由来は成分名のアバナフィルからは何も感じられません。 ステンドラの特長は、バイアグラよりも効果が発現するまでの時間が早い即効性があり、かつ食事の影響を受けにくい長所があげられます。 また「顔のほてり」や「目の充血」「頭痛」などの副作用が少ないが、効果の持続時間が長い特徴があり人気の秘密です。 ステンドラとアバナは全く同じかと聞かれると答えはノーです。 何故ならば、ステンドラとは有効成分は同じですが製造方法が異なります。 また、レビトラは世界各国で承認されていますが、はインド国内のみでしか承認されていないという点も十分留意する必要があるかも知れませんが、インド政府が承認している医薬品ですので、効果や安全性には問題ないと考えてよいでしょう。 ステンドラと本物の正規品レビトラの価格を比較すると、10倍程度の価格差があります。 純正品は値段が高いのですが、ジェネリックは非常に安いためリピーターが続出するのも納得できます。 ステンドラの購入に迷っているなら、病院で医師の診断によりレビトラを処方してもらってください。 1錠当たり5000円程度が相場ですが、正規品で効果を実感し、レビトラの効き目に満足できるのであれば、安いジェネリックに切り替えても良いでしょう。 もレビトラのインド製ジェネリック医薬品で人気があります。 なお、ステンドラはアメリカFDAの認可を受けた承認医薬品であり、日本では三菱田辺ファーマが販売権を握っていますが、今現在、日本でアバナフィルが承認される見通しはありませんので、ステンドラを入手するには個人輸入代行を利用して注文するしか方法がありません。 ステンドラについて ステンドラは4番目に開発されたED治療薬(PDE5阻害薬)であり、同成分のジェネリック(後発医薬品)もある製品です。 先行して発売されたバイアグラに比べると、服用後に効果が発現する(勃起機能改善効果が認められる)までの時間が速い(最速15分)即効性が期待できます。 また、服用の際に食事の影響を受けにくい特徴があり、中程度の飲酒後でも十分な勃起効果が得られるとに記載されています。 効果の強弱は体質によって変わりますが、一般的にはバイアグラより弱く、シアリスより強いと言われています。 バイアグラでは不自然な勃起になってしまったり、副作用が強すぎると感じる方は、ステンドラのほうが体質に合っていると考えられますので、安いステンドラのジェネリックを購入しお試しいただくことをお勧めします。 男性の勃起不全症あるいは勃起障害のことを、ED(Erectile Dysfunction)と呼びます。 このお薬は、勃起を助けるED治療薬です。 陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめ血流をよくすることで、十分な勃起に導きます。 服用後まもなく、性的刺激(リビドー)が加わることで効果が発現します。 局所に作用するだけで、性欲を亢進させる媚薬的な働きはありません。 陰茎の勃起を止める酵素PDE5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)を阻害します。 この作用から、PDE5阻害薬と呼ばれています。 性的な刺激により興奮すると、cGMP酵素の働きによってペニスへ大量の血液が流入し勃起します。 人間の身体は、平常とは違う状態になると、平常に戻そうとする作用が働きます。 例えば、自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っており、交感神経が高まると副交感神経がこれを抑えようと働きます。 このバランスが崩れた状態を自律神経失調症といいます。 勃起は血液を流入させようとするcGMPと、それを防ごうとするPDE5のバランスで成り立っています。 若いころはcGMPの働きが活発で、PDE5はそれを抑えきれないため勃起が持続します。 しかしながら、年齢とともにPDE-5の働きが強くなり、最初は硬く勃起しても時間の経過とともに萎えてしまう中折れや、挿入に十分な固さが得られなくなってきます。 これが勃起不全症 ED なのです。 これは人間の精神的な発育に例えると解りやすいかも知れません。 「少しイラっとする事」があったとします。 若いころは自分を抑えきれずに、怒ったり、キレたりしやすいですね。 しかし、加齢とともに温厚な性格になり、多少の出来事ではキレなくなってきます。 ですから、EDは人間として正常に発育した証拠であり、決して恥ずかしい病気では無いのです。 これらED治療薬の臨床試験では、この薬を含め 同類薬による多くの治験が国内外で行われています。 陰茎の勃起を抑制するホスホジエステラーゼ5 酵素PDE5 を阻害し、男性の陰茎勃起を補助する作用を持ちます。 心理的な要因となる心因性、血管や神経の問題とされる器質性、もしくはその両方を有する場合にも有効とされており、アヴァナフィル服用後は性的な刺激によって作用が発揮されますが局所にのみ作用するため性欲そのものを増幅するものではありません。 最高血中濃度に達するのが人によって、または体調によって異なり0. 5時間〜1時間あるので性行為の30分前くらいには服用しておいた方が無難ではあります。 アヴァナフィルは食事の影響を受けにくいので、食後や性行為の直前ではなく、もっと早いタイミングで飲んでおいてもよいでしょう。 効果は4時間程度続きます。 ステンドラはレビトラ同様に食事の影響を受けにくいとされていますが、やはりバイアグラ同様に空腹時に服用して食事をする前に体内に吸収させてしまった方が断然、高い効果が得られます。 最高血中濃度に達する Tmax が平均0. 75時間であることも考慮すると、服用するタイミングは行為の30分前が一番良いでしょう。 100mg飲めば最大3時間も効果が持続しますので、ステンドラの効果で十分夜の生活がお楽しみいただけることでしょう。 バイアグラよりも副作用が少ない分、効果も若干マイルドに作用しますが、バイアグラのような不自然な勃起ではなく、ごく自然な勃起を実現するため、ED治療薬を飲んでいることがバレにくいという利点があります。 副作用が少ないとその分セックスに集中できるため、より質の高い夫婦生活が送れると考えられています。 ステンドラ(Stendra)の成分であるアヴァナフィル(Avanafil)は、ホスホジエステラーゼ5阻害剤(PDE-5阻害薬)です。 米国ではFDAに認可されたED治療薬ですが、日本では勃起不全 ED の治療に適応した承認がされていないため、国内で処方することはできません。 ステンドラはED治療薬として先行する同様な効果があるシルデナフィル(バイアグラ)などと同じく、薬剤の血中濃度が半分に低下するまでの時間(半減期)が1. 5時間程度であり、一般的な性行為には十分な効果を得ることができる。 実際の勃起効果は半減期の2倍程度まで感じられるので、実際には3時間は効果が続くため、夜の営みには問題なく効果が得られるでしょう。 ステンドラの成分は肝臓のCYP3A4によって代謝され便尿で排泄されます。 警告枠に、心筋梗塞などの副作用の注意と、心血管系障害の有無の十分な確認が記載されているため、持病のある方や服薬中の方は十分に注意する必要があります。 USA Mist Pharmaceuticals(ミスト製薬)は、患者の生活を改善するために設立された新興の特殊医薬品会社で、高品質な医薬品の製造に重点を置いています。 ステンドラの製造元であるMistは、を公開しています。 興味のある方はご覧ください 英文です・・・。 MISTの製品ポートフォリオには、勃起不全薬、抗真菌薬ピル、抗アクネ製品、抗がん薬、抗うつ薬、胃治療薬、漢方薬、脱毛治療薬、減量薬、鎮痛薬、ビタミン錠などがあります。 また、未承認医薬品の臨床実験に力を注いでおり、新しい医薬品がFDAに承認され、病気で悩む患者様の治療選択肢が増えることに貢献しています。 MISTは、最高品質の製品を提供することで市場での注目を集めています。 多種多様なハイテク機械を備えた健全かつ洗練されたインフラストラクチャベースを所有しており、ユニットには現代の設備と機械が装備され、効率的な技術者、医師、熟練した技術者で構成されています。 製品の完全な配列は、厳しい品質管理基準に従って策定され、望ましい品質基準を満たしています。 また、出荷する前に、製品の純度と有効性の面でさまざまなパラメータをチェックしていますので安心して利用することができます。 通常、成人男性は1日1回アヴァナフィルとして50mg〜200mg 一般的には100mg を性行為の約30分前に経口服用します。 50mgの服用で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性ED症錠患者、又は、混合型勃起不全患者に対しては、200mgまで増量することができます。 軽度又は中等度の肝障害のある患者では50mgを超えてはいけません。 なお、いずれの場合も1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上とすること。 中等度又は重度の腎障害のある患者では、25mgから開始し、服用間隔は24時間以上とすること。 なお、中等度の腎障害のある患者では最高用量は50mgを超えないこととし、50mgを服用する場合には服用間隔を48時間以上とすること。 重度の腎障害のある患者では25mgを超えてはいけません。 ステンドラは1錠100mgのアヴァナフィルを含有する勃起障害のED治療薬で、即効性があるため通常はセックスの30分前に飲むことで、強力な勃起を維持できるようになります。 勃起不全症の改善効果だけでなく、ある程度の早漏も予防できるとも言われており、普段より長い挿入時間が得られる効果もあります。 ベッドインの前に飲むため、食後になりがちですが、ステンドラの成分であるバーデナフィルは、比較的食事の影響を受けにくい長所があります。 しかし、できるだけ、脂っこい食事を避けたほうが無難です。 何故ならば、食後は効果が出始めるのに時間がかかったりすることが多いため、意図したタイミングに間に合わないかも知れないからです。 治験時には、ED治療薬のレビトラで29. 重大な副作用には、発疹、蕁麻疹、顔面浮腫、剥脱性皮膚炎、Stevens-Johnson症候群がある。 硝酸剤または一酸化窒素(NO)供与剤(ニコランジル等の硝酸エステル系薬剤)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下降させることがあるので、併用は禁忌である。 死亡例を含む心筋梗塞等の重篤な心血管系等の有害事象が報告されているので、投与の前に、不安定狭心症、安定していない不整脈や高血圧、などの既往症がないことを確認するよう警告がなされている。 併用禁忌薬はステンドラと同じです。 ニトログリセリンなどの硝酸剤とは絶対に併用しないで下さい。 なぜならば、血圧が下がり過ぎて心停止の恐れがあるからです。 他には安静時の血圧が上が170以上もしくは下が100以上の高血圧の方、上が90未満もしくは下が50未満の低血圧の方、3か月以内に心筋梗塞、6カ月以内に脳梗塞・脳出血を起こしたことがある人も服用できません。 インターネットで調べると沢山の個人輸入代行業者のサイトがございます。 本物だとアピールするために鑑定書や成分検査証などを添付している悪徳業者もあります。 実際に注文してみると発送元の国がバラバラなのです。 全ての商品に薬剤のロット番号が明記されている証明証が添付してあるなら少しは信用できますが一部分だけの一度きりの証明書をもって全て本物というのは全くもって信用する価値はありません。 ステンドラの偽物に限らず、このインド製ジェネリックのアバナもかなり多くの偽物が流通しています。 インターネットを利用して個人輸入業者を介して誰でも医薬品の個人輸入ができてしまいます。 もし偽物と掴まされてもネットの個人輸入代行業者はあくまで代行しただけと主張するだけでお薬の保証は一切してくれません。 つまり健康被害にあっても全て自己責任です。 公的な制度である医薬品副作用救済制度も厚生労働省の承認を得ていないお薬ですので対象外となります。 何かあっても全て自己責任で泣き寝入りする以外方法がないというリスクがあることを十分に理解しておいて下さい。 口コミ情報募集中! ステンドラの注文をしようと考えている患者様にとって、お客様の経験話 くちこみ体験談 はとても重要な役割を果たします。 一番気になるのは効果についてのクチコミだと思いますので、ステンドラを飲んで得られた効果や感想をクチコミしてください。 次に、副作用に対する 口コミ 情報や、純正品との違いをレポートした口コミも人気があります。 最後に、製品に対する くちこみ ではなく、個人輸入やサイトに対する信頼性のクチコミ情報です。 注文方法や支払い方法、発送連絡などのやり取り、商品発送、貨物追跡、配達、梱包状態など、小さなことでも 口コミ に投稿していただくと、会社をより良くするための参考にもなり、今後の信頼性向上につながります。 一般的にネット通販でのトラブルがあると、ユーザーはそのサイトでは二度と注文することがありません。 しかし、トラブルに真摯に向き合い、お客様第一で対処したサイトは、問題発生後も処置が適切で信頼できると評価され、リピート注文に繋がると言われています。 このように、トラブルに関するクチコミも、ユーザーには有益な内容ですので、ジャンジャンご応募ください。

次の

【美人薬剤師 そっと教える回春術】日本では未承認、第4のED治療薬「ステンドラ」とは 頭痛、潮紅、咽頭…などの副作用も (1/2ページ)

ステンドラ 成分

ステンドラとは とは、海外での最新のになります。 残念なことに、日本では未承認の医薬品となることから、病院やクリニックなどで処方してもらうことはできません。 最新ED治療薬ステンドラは、国内承認されている、、、3種類の良いとこ取りとなっています。 海外での人気は高く、日本で承認されれば間違いなく1錠2,000円する シアリスの価格を上回るはずです。 ステンドラの成分であるを開発したのは、実は日本になります。 田辺三菱製薬という製薬会社が、 即効性に加えて副作用が少ないED治療薬成分として開発を進めていました。 しかし2001年に、日本および一部のアジアを除いた世界での製造や販売の権利を、現在販売を行っているVivus社に譲渡しました。 そこから2012年にアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)に承認され、ステンドラとして販売をスタートさせています。 用量には3種類あり、50mg・100mg・200mgがあります。 ちなみに日本と同じアジア圏では韓国で販売も行われており「ZEpeeda」、ヨーロッパ圏では「SPEDRA」という製品名で販売が行われています。 ステンドラのジェネリック医薬品 ステンドラは既に海外では販売がスタートしているので、が存在しています。 ステンドラのジェネリック医薬品がやになります。 同様に中身の成分には、アバナフィルが含まれています。 海外通販(代行)を利用することで購入することができ、世界最新のED治療薬を 低価格で使用することができます。 また、海外医薬品の販売もあることからステンドラを購入することもできます。 ステンドラの成分であるアバナフィルはアメリカ食品医薬品局(日本の厚生労働省の様な機関)から承認されている成分になるので、ジェネリック医薬品や海外医薬品も安全に使用することができます。 早漏改善効果もあるステンドラジェネリック ステンドラジェネリックのなかには血管拡張作用と共にを改善する効果を持ち合わせている治療薬があります。 その治療薬とは、ステンドラの有効成分アバナフィルとであるに含まれるをあわせて配合したものです。 (以下当サイト)では以下のような商品を取り扱っております。 と早漏は併発しやすい疾患ですので、同時治療をされたい方にオススメの商品です。 ステンドラの特徴 ステンドラは、国内販売が行われているED治療薬すべてを組み合わせたような特徴があります。 ステンドラの効果・効能 EDのような人に知られたくない病気は、服用した方が「効いている!! 」と実感できることは大きな心の支えになります。 「また勃起しないかも」という不安をしっかりとした効き目が実感できることで、「勃起できるぞ」に気持ちを切り替えることできます。 また素早い効き目は スムーズに性行為をすすめることができます。 即効性といえばレビトラですが、ステンドラはそれと同じあるいは、少し早いとされています。 早く勃起不全改善効果が現れることで、プレッシャーに感じるこもなく 心おだやかに性行為に集中することができます。 そしてシアリスの特徴でもある食事の影響ですが、シアリスは約800kcalまでの食事をとることができました。 しかしステンドラの添付文書には「STENDRA may be taken with or without food」と記載があります。 簡単に翻訳すると、「ステンドラは食事の影響を受けないだろう」になります。 つまり 食事の制限がないと言える一方で、"だろう"の部分を見てしまうと多少なりとも食事の影響を受けそうな感じもします。 なので暴飲暴食は他のED治療薬同様に効き目に不安定を感じてしまう可能性があるので、 控えめな食事あるいは空腹での服用が良いかも知れません。 ED患者さんにもED治療薬の好みがあるはずです。 ステンドラもしっかりとした勃起不全改善効果があるので、3つの特徴を参考に 新しいED治療の選択肢として検討してみてください。 ステンドラの作用 ステンドラの作用は、他のED治療薬と変わらず 血管拡張作用になります。 血管を拡げる作用によって、血流不足を改善し勃起をサポートしてくれます。 性的な興奮や刺激を感じると、からだの中ではNO(一酸化窒素)が放出されます。 NOの中には「cGMP」と呼ばれる天然の 血管拡張物質が含まれています。 この物質は血管の壁にある平滑筋を緩めるはたらきがあり、cGMPによって血管が拡張されます。 ED患者さんの多くは、この物質がPDE-5という勃起抑制酵素によって分解されてしまいます。 ED治療薬は正式にはPDE-5阻害剤に分類され、ステンドラもこれに含まれます。 つまりステンドラを服用することによってPDE-5のはたらきを阻害し、cGMPの分解を防ぐことができます。 cGMPが正常なはたらきを取り戻すことで血管が拡がり、多くの血液がペニスへと流れ込むようになります。 血流不足が改善されれば、 再び正常な勃起状態を起こすことができるようになります。 ステンドラはあくまでも血流を改善して、EDの症状を改善することのみができます。 ED治療薬を精力剤やなどと誤解する方がいますが、精力がついたり性欲がUPする効果はありません。 あくまでも勃起をサポートする医薬品になることから、安易な使用や興味本意での服用は控えるようにしてください。 ステンドラの飲み方 ステンドラを服用する前に正しい飲み方を知っておく必要があります。 この項目では、用法用量と食事やお酒の影響について解説していきます。 用法用量 ステンドラの用法用量は、 性行為の約30分前から1時間前に服用となります。 ED治療薬は性行為の1時間前を服用の目安にしているものが多いですが、ステンドラは極めて即効性が高いため、30分前でも十分な効果が見込めます。 また、1回につき1錠が服用上限で、次に服用するまで24時間以上は最低限時間を空ける必要があります。 食事・お酒の影響はほとんど受けない ステンドラは食事の影響をほとんど受けないとされていますが、成分自体は腸から吸収されるため、食べすぎた場合はやはり多少なりとも影響が出てくるので、 服用前後の食べすぎには注意しましょう。 また、お酒の影響ですが少量であれば影響はありませんが、血管拡張作用により普段よりは酔いやすい状態となっているため飲みすぎには注意です。 アルコールの影響により、性的刺激に鈍感になり、勃起力が低下してしまう恐れがあります。 薬の効果が効き始めると血管が拡張するため、ほとんどの場合、主作用と共に付随して起こる副作用となります。 次に起こりやすい副作用としてはや鼻づまり、動悸といった症状です。 頭痛が気になるようでしたらなどの市販のと併用しても問題ありませんので適宜使用してください。 また、光に過敏になるなど視覚異常が現れる場合や、痛みのある勃起が持続するといった症状が起きることがあります。 ほとんどの場合、効果が切れると共に消えていく症状になりますが、万が一治まらない場合は、 非動脈炎性前部虚血性神経症(NAION)や 持続勃起症(プリアピズム)といった疾患の可能性がありますので、ただちに病院で診察を受けてください。 ステンドラの併用禁忌薬 ステンドラには併用すると危険性の高い薬剤という併用禁忌薬と呼ばれるものがあり、以下で挙げる薬剤とステンドラは併用使用することができません。 厚生労働省も注意喚起を行っていますが、購入している方の多くは自分は正規品を購入していると思っている方がほとんどです。 ですが、ED治療薬は自由診療扱いのため、病院で処方されると治療代が高くなってしまうため、安く購入でき、ジェネリック医薬品も豊富な通販サイトには需要があります。 当然本物を取り扱っているサイトも多いのですが、残念ながら偽物を売る業者は後を絶ちません。 そこで信頼のおける通販サイトの見分け方を紹介しますので通販サイトを選ぶ際の参考にしてください。

次の

ステンドラジェネリック通販|ED薬|アバナフィル|お薬なび

ステンドラ 成分

日本の田辺三菱製薬が、即効性と副作用の軽さに重点を置いて開発した有効成分のアバナフィルですが、アメリカの製薬会社ヴィヴスへ製造販売を譲渡したという経緯があります。 成分効果説明 ステンドラは「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」に続き4番目のED治療薬であり、各ED治療薬の良い何処取りとして開発されました。 ステンドラは従来のPDE5阻害薬と作用機序こそ同じですが、同類の成分と比較して圧倒的な早さで効果が現れ、早い人では15分以内に勃起力増強の効果が発現するとの報告もあります。 さらに食事の影響も受けないため、レビトラと同等以上の即効性があり、シアリス以上に食事の影響を受けにくい薬とも言われています。 2012年にアメリカ食品医薬品局 FDA で認可された、第4のED治療薬と期待されています。 有効成分はアバナフィルで、バイアグラなどと同じ。 勃起を阻害する成分を邪魔して勃起の維持を助ける、PDE5阻害薬です。 日本国内での正式な販売は全く決まっていないため、購入には海外から個人輸入をおこなう必要があります。 元々、このアバナフィルという成分は日本の製薬会社である田辺製薬が開発した成分を米国のVIVUS社に譲渡したという経緯があります。 米国ではSTENDRAという名称で販売され、これのジェネリク処方が、インドの製薬会社からアバナとして製造販売されています。 飲んだ感触はSTENDRAとアバナは殆ど変りません。 日本国内でのSTENDRAの入手は困難なので、アバナの代用で十分だと思われます。 以下はステンドラに関して投稿された口コミのご紹介になります。

次の