お 気遣い。 「お気遣い」の意味と類語との違い!返事やメールの例文も紹介

「心遣い」「気遣い」「気配り」の違い

お 気遣い

「お気遣い」の意味と使い方 まずは「お気遣い」の意味を考えてみましょう。 」と二つの意味があります。 「お気遣い」は、それに尊敬(丁寧)語の「お」がついたものです。 つまり、「お気遣い」とは、相手が自分に対して気を使ってくださること、配慮してくださることという意味です。 相手が気を使ってくださったことを感謝する時に「お気遣い(いただき)ありがとうございます」などと使います。 もしくは、「どうぞお気遣いなく」と、相手に気を使っていただかなくても結構ですよ、と伝える時にも使います。 「お心遣い」の意味と使い方 では、「お心遣い」の方はどうでしょうか。 心配り。 心付け。 」とあります。 「お心遣い」とは、相手が自分に対して気を配ってくださること」という意味です。 相手の心遣いに感謝する時に「お心遣い(いただき)ありがとうございます」などと使います。 「お気遣い」と「お心遣い」の違い あれ? 「お気遣い」と「お心遣い」はやっぱり同じじゃないの?と思われたかもしれませんね(笑)。 確かに、辞書の定義ではとても似ているように思えますが、二つの言葉にはニュアンスの違いがあります。 「お気遣い」は、「気を使う」ですから、 神経を使って相手のために行為をしたり言葉をかけたりすること、を意味します。 例えば、相手がお茶を出してくれたとか、こちらの体調を心配して声をかけてくれたとか、そういった時に使います。 なので、相手がお茶を出そうとした時に「どうぞお気遣いなく」と使えるわけですね。 一方「お心遣い」のほうは、「心をつかう」わけですから、 真心や思いやりを示してくれること、という意味合いが強いのです。 相手が思いやりを示してくれた時に「温かいお心遣いありがとうございます」とは言いますが、「暖かいお気遣い」とは言いません。 また、先ほどのようにお茶を出してもらった時に「お気遣いなく」とは言っても「お心遣いなく」とは言いません。 「神経を使わないでください」という意味はあっても、「思いやりを示さないでください」ではおかしいですからね。 分かりやすいようにまとめてみましょう。 「お気遣い」は、「気を使うこと」 「お心遣い」は、「思いやりを示すこと」 となるわけですね。 「お気遣い」と「お心遣い」の例文 「お気遣い」と「お心遣い」の違い、まだ少しわかりにくいかもしれませんね。 例文をあげて説明してみましょう。 【例文】• (体調を心配されて)お気遣いくださいましてありがとうございます。 (お茶やお菓子を用意されて)どうぞお気遣いなく。 (入院時に見舞いの品を贈られ)お心遣いいただきありがとうございます。 (いつも親切にしてくれる人に)いつもながらの温かいお心遣いに感謝しております。 上司や目上の人に使う時は? 「お気遣い」、「お心遣い」、いずれも「お」がついており、目上の人など敬意を払うべき相手からの気配りなどを表す言葉です。 なので、上司に対して「お気遣いありがとうございます」「お心遣いありがとうございます」などと使う分には問題ありません。 どんどん使って、社内の人間関係を円滑にしたいものですね(笑)。

次の

さりげない気遣いができる人の特徴5つ|気遣い上手な優しい行動例も

お 気遣い

「お心遣い」「お気遣い」の違い 「お心遣い」の意味 「心遣い」の意味は「気を配ること」「心配り」「配慮」です。 また、「ご祝儀」「心づけ」といった意味もあります。 相手が心を配ってくれたことを、丁寧に表現したものが「お心遣い」です。 相手の思いやりを感じた時に使用するのが良いでしょう。 「お気遣い」の意味 「気遣い」の意味は「あれこれ気をつかうこと」という意味です。 また、「よくないことが起こる恐れ、懸念」という意味も持ちます。 「お気遣い」では、前者の意味となり、相手が気をつかってくれたことに対する丁寧な表現ということです。 「お心遣い」「お気遣い」の例文 それでは、「お心遣い」「お気遣い」が実際に使われる際の例文をみていきましょう。 「お心遣い」の例文 「お心遣い」を実際に使う場合の例文を紹介します。 この度は弊社の移転に際しまして素敵な品をお送りいただき、 お心遣いに感謝申し上げます。 先日はあたたかな お心遣いをいただきまして、ありがとうございました。 「お気遣い」の例文 「お気遣い」の使い方の例を紹介します。 「お心遣い」よりは口頭で使う機会が多いかもしれません。 (どこかに招かれた際など)どうぞ、 お気遣いなく。 常日頃から お気遣いいただき、感謝申し上げます。 ビジネスシーンでの注意点と例文 「お心遣い」「お気遣い」はビジネスシーンでも使われることがありますが、場合によっては注意が必要です。 上司や目上の人にも使ってOK 「お心遣い」「お気遣い」は取引先や上司に対して使用しても大丈夫です。 「お心遣い」は普段以上の思いやりや心配りを受けた時、または贈答品や心付け、ご祝儀などの金品を貰った時に使用します。 「気遣い」は気を配ってもらった時、神経を使ってもらった時に使用する場合が多いです。 報告書などのビジネス文書ではNG 手紙やビジネスメールでは「心遣い」「気遣い」を使用できますが、注意すべきは報告書やレポートなどの場合です。 こういった実務的な文書の場合には、訓読みを使う「和語」は原則、不適切とされています。 したがって「こころづかい」「きづかい」という訓読みであるこれらの単語は使用しない方がよいでしょう。 もし同様の表現をしたい場合は、「配慮」という音読みの単語であれば使用できます。 ビジネスメールの例文 ここからは、ビジネスメールで使える例文を見ていきましょう。 例:お心遣いをいただきありがとうございます。 一番オーソドックスな表現です。 相手に特別な心配りをしてもらった時、お礼文として送ると好印象です。 例:お心遣いに痛み入ります。 上述のものより、さらに丁寧な表現になります。 「痛み入る」とは「申し訳ない・恐れ入る」などの意味です。 使用シーンとしては、相当な金品をいただいたり、とても目上の人に心を配ってもらった時などが想定されます。 かなり低姿勢な様子が伝わる表現です。 例:お気遣いくださいましてありがとうございます。 先方が気を配った対応をしてくれた時、神経を使ってもらったと感じた時に使用するものです。 一言添えるだけでも丁寧な印象を与えることができます。 「お心遣い」「お気遣い」に似た言葉 「お心遣い」「お気遣い」の意味と使い方を解説してきましたが、類似の言葉もいくつかあります。 「お心遣い」「お気遣い」がふさわしくないと感じた場合などに覚えておくと便利です。 「ご配慮」の意味 類似の表現に「ご配慮」があります。 こちらも「心遣い」「気遣い」と同様、「心を配ること」「気をつかうこと」という意味です。 訓読みの「心遣い」「気遣い」とは異なり、音読みの表現なのでビジネス文書でも使用することができます。 また、少しかたい表現になるのでビジネス文書でなくとも相手にかしこまった印象を与えたい時に使用すると効果的です。 逆に、「心遣い」「気遣い」を使うとやさしい印象になります。 ただし、使い分けで悩んだ際には「ご配慮」を使用するとよいでしょう。 「ご配慮」の例文 「ご配慮」の使い方を紹介します。 「ご配慮」は目上の人はもちろん、同じ立場の人にも使える汎用性の高い言葉です。 このたびはさまざまに ご配慮いただき、ありがとうございます。 格別の ご配慮を賜り、恐縮に存じます。 まとめ 「心遣い」「気遣い」は相手に感謝を伝える際に有効な表現です。 しかし場合によっては使用できないこともあります。 ビジネスシーンでは思いやりや感謝をしっかり伝える場面と、ビジネス文書などの実務的な場面を混同しないよう注意しましょう。

次の

「気遣い」の意味と「気配り」との違いについて解説

お 気遣い

「伝えたほうがいい連絡」を伝える 仕事、プライベートを問わず、連絡事項には「漏れてはいけない連絡」と「伝えたほうがいい連絡」、そして「伝えないほうがいい連絡」があります。 このうち気遣いにつながるのは「伝えたほうがいい連絡」です。 もし何でもかんでも伝えてうっとうしいと思われないか不安な場合は「念のためお知らせします」の一言を添えれば伝えやすくなるでしょう。 クローズドクエスチョンを「使いこなす」 前日風邪で休んだ部下や同僚が出勤してきたとき、「昨日はどうしたの?」と聞くと相手は一から説明しなくてはなりません。 一方で「風邪だったんだってね。 もう大丈夫?」と聞かれれば「はい」と一言答えるだけで済みます。 一般的にコミュニケーションでは前者のような「オープンクエスチョン」が良いとされていますが、状況によっては相手に無駄な手間をかけさせてしまいます。 これに対してYESかNOあるいは一言で済むようなクローズドクエスチョンを的確に使えば相手の手間を省くことができるのです。 「気遣いの一言」を体に叩き込む 「ありがとうございます」「よろしくお願いします」「助かります」こうした一言をとっさに言える人ほど、周囲から気遣いができる人だと評価されます。 しかし「たかが一言でしょ」と思っていては決して反射的に言うことはできません。 いざという時にきちんと気遣いの一言を言うためには、意識せずに口をついて出るようになるまで体に叩き込む必要があります。 たかが一言と侮らず、まずは徹底的に意識してこれらの言葉を言うことから始めましょう。 「すみません」を言い換える 「ごめんなさい」はもちろん「ありがとう」「お願いします」「失礼します」などあらゆる言葉に代用できる便利な言葉「すみません」。 しかしこれは相手に対して本当の意図が伝わりにくいどころか、「とりあえず『すみません』と言えばいいと思っている」と悪い印象を与えかねません。 しかもこの言葉は口癖になりやすく、自分でも知らないうちに連発してしまっていることもあります。 これを防ぐために「すみません」をできるだけ封印し、本来伝えたい言葉に言い換えて伝えるようにしましょう。 「相手の方が絶対詳しいこと」を質問する 誰しも自分が詳しくないことを聞かれれば話しづらくなり、自分が詳しいことを聞かれれば話しやすくなるもの。 三上さんがCA時代に、乗客との会話を盛り上げるのが上手い同僚に教えてもらった質問の秘訣が「相手の方が絶対詳しいことを質問する」です。 出身地のこと・趣味のこと・仕事の苦労話など、相手が「この内容なら自信を持って、安心して話せる」と感じる内容を選びましょう。 言いにくい指摘やアドバイスは「私」を主語にする 「もうちょっとこうしたらいいのに……もったいないな」と感じるにもかかわらず、「でも小うるさいと思われるのは嫌だし」と指摘やアドバイスを我慢してしまうことはないでしょうか。 これは一見「相手が小うるさいと思わないように」という気遣いに思えますが、相手にあまりにも気を使い過ぎて言いたいことが言えなくなると、相手と接するのが嫌になってきます。 それは相手にも伝わるので、結局相手に変な気を遣わせてしまうことになります。 これを防ぐには「あなたはこうしたほうがいい」と言うのではなく、「私はこう思っている・感じている」と伝えるようにしましょう。 すると直接「あなたは」と言うよりも印象が柔らかくなり、相手も素直に受け止められるうえ、自分も伝えやすくなります。 「余計なことかもしれないけど」で気遣いのハードルを下げる 「私」を主語にしても伝えにくいという人は、いっそ相手に指摘やアドバイスをすることへのためらいについても伝えてしまいましょう。 「余計なことかもしれないけど」「おせっかいだとは思うんだけど」「役に立たない話かもしれないけど」などと前置きすれば、ぐっとハードルが下がり、伝えやすくなります。 ただしこの方法は乱用すると卑屈な人に見えてしまう危険があります。 6の方法でも伝えにくい時の臨時的な対応として使うようにしましょう。 指摘やアドバイスは「自分から」求める 自分が相手に「小うるさいと思われるのは嫌だ」と思っているように、相手もあなたにそう思われるのを恐れています。 ぜひそうした気持ちを汲み取って、「ぜひアドバイスをお願いします!」と自分から言う習慣をつけてみましょう。 そうすれば相手も「言っていいんだ!」と感じ、色々な指摘やアドバイスがしやすくなります。 相手も気持ちよくコミュニケーションがとれるうえ、自分の行動や仕事に対するフィードバックももらえる。 これはまさに一石二鳥の気遣いの習慣です。 「姿勢」で気遣いを伝える 税関では「正対して話さない人は怪しい」と言われるそうです。 「正対する」とは相手に対して鼻先・心臓・つま先全てを向けること。 このどれかが別の方を向いていれば、何かやましいことがあるのかもしれないというわけです。 これは通常の仕事やプライベートでも同じ。 何か別の動作をしながら首だけを相手に向けて返事をしたり、逆に体は相手の方を向いていても、顔は別のところを見て返事をしたりすれば、相手が嫌な思いをして当然です。 確かにいちいち相手に正対して話すのは面倒かもしれません。 しかしその気持ちはしっかり姿勢で伝わっています。 まずは徹底して「相手の方を体ごと向いて話す」を習慣づけましょう。 見たり、言ったり、気づいたりした時に、相手がどんな風に想像してから行動するように徹底すれば、そうしたリスクは減らせます。 まずは「見ない」「言わない」「気づかない」も気遣いだということを知っておきましょう。 「されたら嬉しい気遣い」からモノにしよう どんなに素晴らしいとされる気遣いでも「自分は別に嬉しくない」と思うものは、習慣化するのも難しくなります。 大事なのは「自分がされたら嬉しい」という気持ちです。 その気持ちがあれば習慣化の第一歩が踏み出せます。 ここであげた10個の中から1つでもかまいません、もし1つも「されたら嬉しい」と思う気遣いがなければ普段の生活で「あれは嬉しかったな」というものから取り入れてみましょう。 そうして習慣化していけば、いつのまにか「気遣いができる人」になっているはずです。 参考文献.

次の