餃子 の 作り方 レシピ。 餃子のレシピ(作り方)

本当に美味しい餃子|何度も作りたい定番レシピVol.9

餃子 の 作り方 レシピ

Sponsored Link ソレダメ おけ以 (おけい)の餃子の材料• 餃子の皮 50枚• 豚バラ肉挽肉 500g• ゴマ油 80㏄• すりおろしたショウガ 20g• 白胡椒 小さじ1• 黒胡椒 小さじ1• 塩 適量• 白菜 1kg、• ニラ 200g• うま味調味料 小さじ2• 砂糖 ひとつまみの半量 ソレダメ おけ以 (おけい)の餃子の作り方• アンを作る。 白菜は粗みじん切りにしザルに入れ、鍋にお湯を沸かし白菜を入れたザルの底をお湯に1~2秒ほどつけ、上に上げ上下をひっくり返すように混ぜ、再度お湯につけ1~2秒ほど湯くぐりさせる。 この作業を4回ほど繰り返す。 家庭では、粗みじん切りにした白菜を耐熱ボウルに入れラップをして500wの電子レンジで30秒ほど加熱しても。 湯くぐりさせた白菜(レンジで加熱した白菜)を手で握り、余分な水分をしっかりと抜きます。 水分を抜いた白菜をボウルに入れる。 別のボウルに豚バラ肉のあらびきを入れ、ごま油、塩、うま味調味料、すりおろした生姜、白コショウ、黒コショウ、砂糖を加え良く混ぜ合わせ全体的に混ざったら水気を切った白菜、みじん切りにしたニラを加え良く混ぜ合わせればアンの完成。 出来たアンはラップをかけて冷蔵庫で2時間以上寝かせる。 2時間以上寝かせることで肉の旨味が野菜にも浸透し美味しく仕上がります。 2時間以上寝かせたアンを餃子の皮で包みます。 バットの上にラップを敷き、包んだ餃子を乗せて冷凍庫で2時間以上寝かせる。 上にはラップをかけないことがポイントです。 餃子を包んですぐに焼いてしまうと水分が出すぎてベチョっとした仕上がりになってしまいます。 冷凍庫で寝かせることで水分が程よく抜け仕上がりがパリッと美味しい仕上がります。 餃子を焼く。 並べ終えたらフタをして3分ほど蒸し焼きにします。 3分後、フタをずらして半分くらいフタを開け、水分を飛ばして焼き上げます。 焼きはじめから8分程度焼き、水分がなくなったら弱火にして白絞油を鍋の中央に入れて全体に馴染ませます。 油を餃子に直接かけないのがポイントです。 直接餃子に油をかけないので仕上がりがさっぱりとした餃子になります。 底の面に焼き色がついたらお皿に盛り付けて完成。 まとめ 白菜を熱湯にくぐらせる時は、長くつけすぎると白菜の触感がなくなってしまうので短い時間だけ湯くぐりさせるのがポイントです。 餃子を包んで焼く前に2時間ほど冷蔵庫で水分を飛ばすことがパリパリに仕上げるポイントです。 是非参考に作ってみてください。

次の

餃子のレシピ(作り方)

餃子 の 作り方 レシピ

餃子のよくある質問 レシピに関連したよくある質問の答えです 中国で餃子とは? 中国では餃子は皮を食べるもの。 シュウマイは中身を食べるものと言われる。 餃子のカロリーは? 一般的な餃子は1個生が30〜50kcal。 焼けば1個50〜75kcalになります。 外食なら1個90kcalにもなります。 このレシピの基本の餃子では、1個生で32kcal、焼きで38kcalです。 エビ入り餃子のカロリーは、1個生で29kcal、焼きで32kcalです。 餃子のコツ、ポイントは?• 野菜の水気をよく切る 餃子をカリッと焼くためには、 野菜の水気をよく切ることです。 キャベツをゆでて使う場合も、みじん切りにして水気を絞りましょう。 もんで水気を絞ります。 肉だけでよく練る 野菜を入れないで、 ミンチだけでよくこねることもポイントです。 粘り気が出て、焼いても野菜の水分をのがさないので、ジューシーな餃子になります。 目安は白っぽくなって粘りが出るまで。 野菜を加えてからは軽く混ぜる 野菜を加えたら、 混ぜすぎないようにしましょう。 混ぜすぎるとまた野菜の水分が出てきて、たねがべちゃべちゃになります。 水ではなく熱湯を入れる 水だと沸騰するまでに時間がかかり、その間に皮にしみ込んでいくので、ふやけて焼き上がりがベチャッとします。 熱湯を入れましょう。 皮がパリパリにならない時は? 少し火力を弱めてじっくり焼いてみて下さい。 焼き色をつけようと強火で一気に焼くよりも、皮がパリパリになって、カリッとした食感も長持ちします。 プロの技を知りたい? 名店レシピに関するテレビの情報を見たのですが、作り方の参考になればと思います。 市販の餃子にはラードやごま油がたっぷり入っていることもわかります。 作り方• 具を一日冷蔵庫で寝かす。 具に胡麻油を入れたり、古い油をつなぎに入れる。 旨みの他、ジューシーになって、たねのパサつきを抑えるため。 焼く時は水をたっぷり入れ、ふたをして5分蒸す。 湯を捨て、ごま油を回しかけてパリッと焼く。 すると外はパリッ、皮はもちもちの餃子ができる。 長く焼くとコシがなくなるので、たっぷりの湯で焼いて捨てるのだそうです。 麺をゆですぎるとコシがなくなるのと同じ理由だとか。 (業務用鍋なので最初に水を入れても温度管理は大丈夫。 ) プロのレシピは? テレビで見た別の名店レシピの情報です。 作り方• 砂糖、塩、胡椒、酒、醤油、ごま油、ラードをミンチに混ぜる。 野菜はおろししょうが、おろしにんにく、長ネギ、キャベツ(ゆでずに生を使用)、ニラ。 たっぷりの湯で蒸し焼きをした後、湯を捨てる。 油をぎょうざにかけ回して焼き上げる。 エビをあんに混ぜ込みたいときは? 包丁のハラで押しつぶしてからたたくと粘りが出ます。 食感も残したい場合は、半分を粗みじんにします。 肉と野菜の割合は? 一般的な餃子を作る場合ですが、肉が多いと固いあんになります。 肉と野菜が 1対2くらいの量にすると、出来上がりが柔らかいおいしい餃子になります。 しかし、ダイエットレシピでは野菜をもっと多く入れましょう。 余ったら冷凍保存できるの? 餃子は冷凍保存できます。 皮どうしがくっつかないように冷凍するのがポイントです。 保存方法• ラップを敷いたバットに、餃子がくっつかないように間隔をあけて並べる。 バットごとチャック付きポリ袋に入れて閉じ、冷凍室に入れる。 完全に凍ったらバットをはずして餃子をバラバラに入れ、そのまま冷凍室で保存。 2週間ほど保存できます。 食べるときは解凍しないで凍ったまま焼きます。 宇都宮餃子レシピを知りたい? テレビの料理番組で見みた宇都宮餃子のニラ餃子のレシピです。 あんを作る時に、まず先に醤油だれを作るそうです。 作り方• 醤油、ごま油、塩、砂糖、ニンニク、生姜、卵を混ぜて醤油だれを作ります。 それに豚のひき肉を加えて混ぜる。 ネギとニラのみじん切りも加えて混ぜる。 包み方は、手前に三角ゾーンを作ってから、ひだを右から左に寄せていく。 ためしてガッテンの餃子情報(1) ギョウザをプロ並みにおいしく焼くワザ (ためしてガッテン暮らしの役立ちワザ事典より) おいしい焼きギョウザのポイントは? プロが焼いたギョウザは、 皮が透き通ってモチモチしているのが特徴。 これは、皮のでんぷんが 大量の水と熱で「 糊化(こか)」するからです。 「焼く」ではなく「ゆでる」ことでモチモチに 家庭でギョウザを焼くときには、先に焼き目をつけてから少量の水で蒸し焼きすることが多いようですが、 最初にたっぷりのお湯でゆでて皮を糊化させるのが、おいしい焼きギョウザのポイントです。 焼き目をパリパリにするにもゆでてから焼くのが鉄則! おいしい焼き餃子のもうひとつの条件は、皮の表面にきれいな焼き目がついてパリッとしていること。 そのためには、ギョウザを ゆでたあとに油を加えて、焼き目がつくまで1分半ほど焼けばいいのです。 糊化がうまく進んでモチモチになっているほど、焼き目はパリッとします。 ふっくらジューシーな具の作り方は? 1、最初に肉に塩だけを加えてよくこねてから調味料を加え、2、野菜を加えたら軽く混ぜるのがポイントです。 ひき肉に塩を加えて よくこねる。 調味料を加える。 全体が白っぽくなって粘りが出てくるまでさらによくこねる。 持ち上げて軽くふっても落ちなくなればOK。 しんなりしたらもんで水気を絞っておく。 3にこのキャベツ、ニラ、長ねぎを加えて全体を 軽く混ぜたら具にラップをかけて 冷蔵庫で2時間冷やす。 具を包んでモチモチにゆでる• ひだを寄せて閉じる 皮のふちに水をつけ、ひだを寄せてくっつけていく。 具は皮の中心より右に寄せて置くと、ひだを作るときに具がずれずに中心におさまる。 熱湯を注いで3分ゆでる 油はひかずに、ギョウザの高さの半分まで熱湯を注ぎ、フタをして強火で3分ゆでる。 (冷凍ものは4分)• 湯を捨てサラダ油を加えて1分半焼く 3分ゆでたらフタのすきまから湯を捨てる。 サラダ油大さじ1を回し入れ、フタをして約1分半、焼き目がついてパリッとするまで焼く。 1分半はあくまで目安。 美味しそうな焼き目がついたら、できあがりです。 ためしてガッテンの餃子情報(2) ためしてガッテン決定版! ギョーザの鉄則 ここからは、ためしてガッテンのホームページからの要約です。 ためしてガッテン流で焼くと、なぜ皮はパリパリ、もちもち、具はジューシーになるのか、その理由を記しておきます。 宇都宮がギョーザの街となったのは何が日本一だから? ギョーザの購入額が日本一。 日本で一番ギョーザを買って食べている市。 名人が焼いた餃子はどんな感じ? 名人が焼いた餃子は、皮はパリッ、もちもち、具はジューシー、具が透けて見える。 主婦が焼いた餃子はどんな感じ? 主婦が焼いた餃子は、皮は硬い、かちかち、具は生焼けっぽい、具が見えない。 名人と主婦の焼き方の違いは? 名人の焼き方 名人はまずお湯を入れて、その後お湯を捨てて、油を入れ焼く。 1度焼き。 主婦の焼き方 主婦は先に油を入れて焼き目をつけ、後で水を入れてなくなったら完成。 2度焼き。 どうしたら皮が透明になるのかスタジオで実験 水がたっぷりの時は、70度Cくらいで皮は 透明になる。 大きさも大きくなった。 水が少ない時は、70度Cを過ぎても白くなるだけで透明にならない。 大きさ変化なし。 糊化(こか)するともちもち&透明になる? でんぷん粒が 大量の水と熱で変化する事を「 糊化(こか)」という。 この糊化を起こしているかどうかが美味しく焼くポイント。 糊化すると もちもちした食感が生まれ 透明になる。 ギョーザの底の温度を測定してみた 名人 すぐに100度Cで十分加熱。 水を入れて急降下。 さらに具の温度変化も測定してみた 名人 すぐに100度Cに。 十分加熱。 主婦 なかなか100度Cに上がらない。 最後にようやく70度Cくらいに。 これが生焼けの原因。 ジューシーさの秘密は? 名人はまず醤油、塩などを入れ、肉だけで よくこねると保水力バッチリ! こね不十分だと保水力弱い。 よくこねるとジューシーさが引き出される。 ミオシンが 編み目構造を作るので、水を保持する力が強くなる。

次の

リュウジ|スペイン風餃子アヒージョの作り方レシピ(所ジャパン)

餃子 の 作り方 レシピ

パリッ!モチッ!ジューシーな焼き餃子を作るには? パリッ、モチッとした皮を噛むと中から肉と野菜のうま味たっぷり、ジューシーな肉汁が溢れ出る…。 餃子はまさにおかず界の「小宇宙」。 無限の可能性を秘めています。 焼き・茹で・蒸し・揚げ、調理法だけでもまったく違ったものになってしまうのも魅力のひとつですよね。 今回はビールにもご飯にも合う! 甘みのある白菜をたっぷり使った「パリパリ羽根つき焼き餃子」の作り方をご紹介します! 具材や調味料を入れる順番、きれいな餃子の包み方、美味しい焼き方、羽根の作り方も詳しく画像付きで解説します。 ちょっとしたコツで格段に美味しい焼き餃子が作れますよ! 【1】豚肉選び ジューシーな仕上がりが好きだったら脂身が多いバラ肉。 少しあっさりとしたのが好きならバラ肉にロース肉を合わせても。 もっとこだわる人はかたまり肉を包丁で叩いてミンチに。 鮮度も風味も自分で行った方が格段にいいし、自分好みのミンチ具合に調整できるからいいですよね。 ごろっとした肉感が残っている餃子も美味しいですよ。 【2】白菜にする?キャベツにする? 味の決め手のひとつが野菜。 水分量が多いので塩揉みをして水分を絞らないと肉ダネがベチャッとなってしまう。 水分を絞らなくてもOK。 冬になると白菜派、春になるとキャベツ派が多くなる傾向です! やはり旬のものを使いたくなりますよね。 【3】餃子のきれいな包み方 餃子で難関に思えてしまうのが「包み」ではないでしょうか。 肉ダネがはみ出してしまったり、焼いている途中に開いてしまったり…。 でも要領さえ覚えればあとはひたすら繰り返すだけ! 簡単できれいな包み方をレシピでご紹介します。 ちなみになぜ餃子は皮に「ひだ」を付けて包むかご存知ですか? 昔の中国で使われていた馬蹄銀(ばていぎん)という銀でできたお金に似せて「ひだ」を付けて作られたそうです。 見た目の良さもさることながら「ひだ」があることで皮がはがれにくくなる上、伸縮性も出るので焼いている途中に皮が破れてしまうのを防ぐ効果があるんですよ。 【4】上手な焼き方とパリパリの羽根 具材の配合と包み方が完璧でも、焼きを失敗してしまうと台無しです! 焦げた…、ブヨブヨの水っぽい餃子になった…、羽根がパリパリにならない…。 白菜はみじん切りにして塩ふたつまみ 分量外 をふり、塩揉みをして10分置いて水気をよく絞る。 青ネギは小口切りにする。 【肉ダネを作る】 2. 豚ひき肉に塩を加え、粘り気が出るまでよく混ぜる。 【A】を加えて全体になじんだら、青ネギと白菜をざっくりと混ぜる。 【包む】 3. 餃子の皮の中心に肉ダネをのせ、余白の上部分だけに水を少し付ける。 左手の人差し指で皮を右側に押して、右手の親指と人差し指で押された皮をつまむ様につけて4~5か所、間隔を開けて繰り返す。 下を平らにして、全体の形を整える。 【焼く】 4. フライパンに胡麻油・大さじ2をひき、餃子を並べたら中火で4分加熱する。 混ぜた【B】を加え、蓋をして3分、蒸し焼きにする。 しっかりした羽根がお好きな方は薄力粉を大さじ1へ変更してください。 今回ご紹介した基本の餃子レシピを参考にいろいろとアレンジして楽しんでいただければ幸いです! ちなみにオススメのアレンジ具材をご紹介しますね! まずは豚肉を「鶏肉」に代えてあっさりとした餃子にしても美味しいですよ。 野菜は白菜、キャベツ、ニラが一般的ですが、「香味野菜」もオススメです。 一番は「玉ねぎ」! 水分が出やすいので、みじん切りにしたらレンジで加熱して火を通し、水分を絞ってから肉ダネと混ぜて下さいね。 美味しい風味がプラスされて、ジューシーな仕上がりになりますよ。

次の