パソコン コピー 貼り 付け。 パソコンでコピー&ペースト!簡単な5つのやり方 [パソコンソフト] All About

PC画面をコピーしてワード、エクセルに張り付ける|シニアのIT知恵袋

パソコン コピー 貼り 付け

起動中の Clibor は、タスクバーのここかインジケーター内にアイコンが表示され、Clibor の機能が利用可能となります。 このアイコンを右クリックから Clibor の設定も行います。 Clibor の使い方 さっきコピーしたテキストを呼び出す• Clibor が起動している状態で、さっきコピーしたテキストを呼び出すには、「Ctrl キー」を2回 トントンと連続でクリックすると、画像のようにクリップボードが表示されます。 デフォルトだと1ページ36件、計3ページ108件のコピーテキストが記憶できます。 記憶してあるテキストは、クリップボードにカーソルを合わせてワンクリックすると、そのコピーテキストが使用できるようになります。 記憶したテキストは、最大保存件数を超えると、古いものから順番に削除されて新しいテキストへ上書きされて記憶されます。 タスクバーの Clibor アイコンを右クリックして、定型文の編集をクリック。 ここから定型文を登録したり、以前登録したものを編集することができます。 定型文を使う時には、Ctrl キー 2回連続押しから、定型文タブを選択するだけで呼び出すことができます。 クリップボードの履歴を全部消す• タスクバーの Clibor アイコンを右クリックから「履歴を全てクリア」で、クリップボードに記憶されたいままでのコピーテキストは削除されてまっさらになります。 こんな風に何も無くなる。 パソコン起動と同時に Clibor は起動させると便利 Clibor をスタートアップに登録して、パソコンが起動したら一緒に自動起動させると最高に便利です。 とにかくいつもいつでも使う便利ソフトなのでこの設定は必須です。 Clibor は自動でスタートアップ登録されないので、自分で実行ファイルをスタートアップフォルダへ登録してあげる必要があります。 スタートアップフォルダへ登録する方法• なんでもよいのでフォルダを開きます。 そのフォルダへ以下のルートをコピペします。 「shell:startup」これをコピーして、画像のようにルートを貼り付けて「Enter キー」を押します。 これでスタートアップフォルダにアクセスできました。 スタートアップフォルダはそのまま開いた状態にしたまま、続いて、Clibor のフォルダを開きます。 Clibor. exe を右クリックして「ショートカットの作成」を選択します。 すると、Clibor. exe のショートカットができるので、これを先ほど開いたままにしたスタートアップフォルダの中へ移動させます。 これで Clibor がスタートアップ登録されて、Windows パソコン起動時に一緒に Clibor も自動起動します。 あとがき Clibor はとにかく便利で、ぼくのこの記事を書くのに何度使ったかわからないほど Clibor からコピーテキストを呼び出しまくりです。 もう Clibor 無しじゃ効率的な文章作成ができないほどに、Clibor の恩恵を受けています。 普段の仕事で文章作成が多いなら絶対に入れて損はない、究極のテキストコピーフリーソフトの「Clibor」。 騙さたと思ってぜひ1度使ってみてください。

次の

ショートカットの作成とコピーのちがい:初心者のためのパソコン講座

パソコン コピー 貼り 付け

起動中の Clibor は、タスクバーのここかインジケーター内にアイコンが表示され、Clibor の機能が利用可能となります。 このアイコンを右クリックから Clibor の設定も行います。 Clibor の使い方 さっきコピーしたテキストを呼び出す• Clibor が起動している状態で、さっきコピーしたテキストを呼び出すには、「Ctrl キー」を2回 トントンと連続でクリックすると、画像のようにクリップボードが表示されます。 デフォルトだと1ページ36件、計3ページ108件のコピーテキストが記憶できます。 記憶してあるテキストは、クリップボードにカーソルを合わせてワンクリックすると、そのコピーテキストが使用できるようになります。 記憶したテキストは、最大保存件数を超えると、古いものから順番に削除されて新しいテキストへ上書きされて記憶されます。 タスクバーの Clibor アイコンを右クリックして、定型文の編集をクリック。 ここから定型文を登録したり、以前登録したものを編集することができます。 定型文を使う時には、Ctrl キー 2回連続押しから、定型文タブを選択するだけで呼び出すことができます。 クリップボードの履歴を全部消す• タスクバーの Clibor アイコンを右クリックから「履歴を全てクリア」で、クリップボードに記憶されたいままでのコピーテキストは削除されてまっさらになります。 こんな風に何も無くなる。 パソコン起動と同時に Clibor は起動させると便利 Clibor をスタートアップに登録して、パソコンが起動したら一緒に自動起動させると最高に便利です。 とにかくいつもいつでも使う便利ソフトなのでこの設定は必須です。 Clibor は自動でスタートアップ登録されないので、自分で実行ファイルをスタートアップフォルダへ登録してあげる必要があります。 スタートアップフォルダへ登録する方法• なんでもよいのでフォルダを開きます。 そのフォルダへ以下のルートをコピペします。 「shell:startup」これをコピーして、画像のようにルートを貼り付けて「Enter キー」を押します。 これでスタートアップフォルダにアクセスできました。 スタートアップフォルダはそのまま開いた状態にしたまま、続いて、Clibor のフォルダを開きます。 Clibor. exe を右クリックして「ショートカットの作成」を選択します。 すると、Clibor. exe のショートカットができるので、これを先ほど開いたままにしたスタートアップフォルダの中へ移動させます。 これで Clibor がスタートアップ登録されて、Windows パソコン起動時に一緒に Clibor も自動起動します。 あとがき Clibor はとにかく便利で、ぼくのこの記事を書くのに何度使ったかわからないほど Clibor からコピーテキストを呼び出しまくりです。 もう Clibor 無しじゃ効率的な文章作成ができないほどに、Clibor の恩恵を受けています。 普段の仕事で文章作成が多いなら絶対に入れて損はない、究極のテキストコピーフリーソフトの「Clibor」。 騙さたと思ってぜひ1度使ってみてください。

次の

PC画面をコピーしてワード、エクセルに張り付ける|シニアのIT知恵袋

パソコン コピー 貼り 付け

この記事の内容• エラーと対処法 原因1. 拡張子「xlsx」のデータを拡張子「xls」に貼り付けた 一概にこれだけでエラーとなるわけでわなりません。 xlsとxlsxの行列数は下記のように最大の行列数が規定されています。 xls の行列数: 256列、 65536行• xlsxの行列数:16384列、1048576行 したがって、256列以上となるデータを貼り付けた場合、拡張子が「xls」のブックのシートには収まらないので、貼り付けることができないのです。 原因1. の対策方法 どのようにしても拡張子が「xls」のブックには257列以上を貼り付けることはできないので、貼り付けるブックを拡張子が「xlsx」のブックに変更するか、貼り付ける内容を複数列に分割したりシートを分けることでエラーを回避できます。 原因2. 列のデータを2行目以降のセルに貼り付けた これは同一ブック内で起こりうるエラーです。 拡張子が「xlsx」のブックを例に説明すると、A列を選択してコピーし、A2のセルから貼り付けようとした場合です。 基本的には列データをセルに貼り付けることはできません。 ただし、セルの1行目を指定して列データを貼り付けた場合はエクセルが自動で列データとして貼り付けてくれます。 また考え方として、原因1. で説明した通り、エクセルの各ブックにはそれぞれ最大の行数と最大の列数が規定されています。 A列を選択しココピーしたということは、A列に含まれる1行目から最大の行数までの内容をコピーしたということなので、2行目以降に貼り付けようとすると貼り付ける行数が最大業+1行まで貼り付けることになり、エラーとなります。 原因2. の対処方法 列データをコピーした場合は、最大行数を超えないように貼り付ける列自体を選択して貼り付けるか、貼り付ける列の1行目のセルを選択して貼り付けましょう。 行データをコピーした場合にも同じことが当てはまります。 原因3. 結合セル含んだ範囲に貼り付けた 結合したセルを含んだ範囲に値のみを貼り付けるとエラーが表示されることがあります。 結合セルを含んだ範囲に値のみで貼り付けしてしまうと、値をどのように貼り付ければいいのか分からないために表示されるエラーです。 基本的にショートカットキーの「Ctrl」+「V」で貼り付けた場合には、書式まで貼り付けるため問題ない場合が多いですが、値の貼り付けのみが行われた場合にはエラーが表示されます。 原因3. の対策方法 まったく同じセル幅の範囲を貼り付け先に指定して値を貼り付けてもエラーが直らない場合があり、そのような場合には、書式まで貼り付けるとうまく貼り付けられると思います。 通常の貼り付けや貼り付けオプションの「数式」「値と数値の書式」などを指定して貼り付けましょう。 まとめ さらっと解説していきましたが、根本的に貼り付け元の行列数が貼り付け先の最大行列数を超えているという話だということがわかったでしょうか。 このエラーが表示されても慌てずに、コピーしたデータを確認してみてください。 似たようなエラーとして下の記事も参考になると思います。

次の