ドラパルト育成論 ブログ。 サザンドラの育成論3選!【剣盾対戦】

【ポケモン剣盾】鬼火たたりめドラパルトの育成論

ドラパルト育成論 ブログ

本日からポケモン剣盾の育成論や構築記事を上げていくのでよろしくお願いします。 今回紹介するポケモンは「意地っ張り鉢巻ドラパルト」です。 ドラパルトは合計種族値600、いわゆる600族と呼ばれるポケモンの1匹で、現在のランクマッチ環境ではミミッキュに次ぐか同程度の圧倒的使用率を誇っています。 このドラパルトを使用したパーティで マスターボール級21位まで順位を伸ばすことができたので、ある程度信用できる型なのかなと思っています。 技構成に関しては、火力の出せる技としてドラゴンアロー、後述する意地っ張り鉢巻の強みを活かすためふいうち、ナットレイなどの鋼に対してダイマックスを切って打つ技として大文字までは確定でいいでしょう。 ラスト1枠はミミッキュやオーロンゲなどフェアリーに強く出るなら鋼の翼、シンプルに火力を求めるならゴーストダイブがおススメです。 ダイホロウのBダウンが強力 意地鉢ドラパルトの強み ・B4振りドラパルトに対して不意打ちで乱1 68. 現在のランクマッチではスカーフドラパルトが流行しており、ドラパルト同士の対面になった際には基本的にドラゴンアローで突っ込んできます。 もし倒せなかったとしても後続の先制技圏内に入っていますし、他の型のドラパルトがダイマックスを切ってきたとしても大きく削ることができ、良い展開を作ることができます。 例えば、上記のドラパルト不意打ちに加えて、意地A252オーロンゲに黒い眼鏡などの火力アップアイテムを持たせた不意打ちで叩くことで、ダイマックスを切ったドラパルトを確定で倒すことが可能です。 最速を取らないデメリット 準速ドラパルトの素早さ実数値は194で、これは 最速125族と同値です。 これに該当するポケモンは、 マニューラ、コオリッポ ナイスフェイス 、サンダース、ガラルヒヒダルマ ダルマモード 、カマスジョーの5体です。 ダルマモードのヒヒダルマはほぼ使われないので、実質4体と言っても過言ではありません。 また、スカーフ持ちやダイジェットといった素早さ1段階上昇についても考慮する必要があり、これに関しては最速66族と同値です。 こちらに関しては数は多いものの、最速で使われているのをよく見かけるのはウオノラゴン、パッチラゴンの2体ぐらいでしょうか。 ただし、この2体に関しては超火力を押し付けてくる要注意ポケモンなので、別途処理ルートを用意しておく必要があります。

次の

【S1序~中盤最高76位】対面三種の神器 ドラパミミガルド 対面構築 シーズン1 使用 ポケモン剣盾 ソード シールド

ドラパルト育成論 ブログ

やっぱり、それでも厨ポケは強いですね〜 どうも、シホドラです。 今回は 『ようきドラパルト』の使い方について紹介していきたいと思います。 レッツーー!! 目次• 5倍する) 特性『』を使わないで『すりぬけ』を使う理由 『ようきスカーフドラパルト』となると、素早さで抜かれるなんてことは、そうありません。 なので、 警戒すべきは『いかく』などの攻撃力ダウンです。 ですが、現在、強い『いかく』を持つと言えば、『』がトップです。 その『』が今は『』の型が多いんですよ。 ということは、 警戒しなくていいんですよ。 そして、『すりぬけ』は現環境で多用されている『みがわり』を貫通出来るため、使い道が無限大とも言えます。 よって、以前まで『』を使っていた私ですが、今は『すりぬけ』を推しています。 因みに壁を貼ってくるとの遭遇率は『オーロンゲ』を除くと皆無に等しいです。 初手に『ドラパルト』で有利対面をとった場合、後退読み『ダイホロウ』で相手の防御を下げることもできる。 とんぼがえり サイクル戦での使用感が最高!! ドラゴンアロー こので使わない手はない。 燃やせ『』。 『ようき』だが、どうせ、『』は読み合いで、多少なりともダメージを受けているはずなので、たいてい燃やせます。 候補技 ックス時の『ダイサイコ』で先制技を使えなくするので『』の『かげうち』対策に使える。 ア ックス時の『ダイジェット』での素早さ上昇をしておくことで、その後の同速『ドラパルト』ミラーを有利に持ち込める。 使い方 とにかく上を取り、殴り、勝つ!! それだけのスペックを持つです!! 『いじっぱりドラパルト』と対面した場合、相手にックスが残っているなら、即使ってくるはずです。 それを読んで、こちらもックスを行い、上から殴りましょう!! 以上〜 では、ばーい!!.

次の

【ポケモン剣盾】強すぎると噂のじゃくてんほけんドラパルトで対戦してみた結果…【種族値と育成論】

ドラパルト育成論 ブログ

本当にこのは調整しがいがありますね。 火力も耐久も絶妙なのでドンドン型のアが湧いてきます。 前回はックスをしない前提での耐久調整でしたが、自分で見返してもだいぶ甘いところがありました。 という訳で今回はックス前提の調整を施したドラパルトです。 HPが2倍になることによってほぼ全ての攻撃を耐える事ができます。 正直前回よりも自信作ですね。 では、本編へどうぞ。 ドラパルトそのものの基礎性能について知りたい方はこちらの記事で触れていますので、そちらをご覧ください。 1〜29. 4〜88. 0〜106. 1パーセント 皮ダメ 6. 0〜52. 0〜96. 0〜96. まずは大事な事を一つ。 ックス前提で色々と調整を施したので、やの様なックス前提のと組ませるのはやめておいた方が良いです。 素の状態では耐久も火力も中途半端なので、出したら即ックス、位の気持ちでいきましょう。 前回の型は物理耐久を多分に鬼火に頼っていたのですが、ックスのHP2倍を前提にした調整をした事で火力もだいぶ上がっています。 見ての通りドラパルトと、そしてドラパルト対策の為に溢れているに強く出れるよう意識した型なのですが、彼らに対しての立ち回りは後ほど。 素早さは耐久ドラパルトならこれ一択でしょう。 環境にが増えてきた場合はBから16回して最速100族抜きにすると安定すると思います。 特性についてですが、今回は抜きエースとしての採用なので一択です。 ックス技の追加効果や威嚇、岩石封じ、力を吸い取る対策になるためです。 持ち物も弱点保険で固定。 仮想敵たちから飛んでくる技がほぼ抜群なので、簡単に発動させる事が出来ます。 環境に溢れる先制技が不意打ち、影うち、氷の礫と抜群ばかりなのも追い風です。 技構成は、タイプ一致技二つと素早さを積む為の飛行技までは確定。 残り一つはパーティバランスとの相談ですが、候補としてはに打つ炎技、に打つ雷技、フェアリータイプに打つ鋼の翼になります。 ただは向こうからの有効打がないので一致技を撃っていれば押し切れることが多く、結果的には炎技と鋼の翼の選択となります。 個人的にはに対面で勝てるようにしたいので炎技採用。 加工補正をかける上もVではないので大文字でも確定1発は取れないのですが、0の火炎放射でもH252D4のに対して確定2発が取れる 53. 0〜64 ので、対面で押し切れるという意味でとても重要です。 ドラパルト対面は、まず素早さで勝つためにダイジェットから入ります。 スカーフドラパルトの場合は二回攻撃される事になりますが、最速ならばドラゴンアローをほぼ2発耐えられるので問題ないです。 一度ダイジェットを積んだらダイホロウかダイドラグーンに切り替えましょう。 ドラパルトへのダメージは同じなので、裏への通りでどちらを打つか決めてください。 基本的にはBを下げて次の確定範囲を増やせるダイホロウが安定だと思います。 対面もまずはダイジェット。 相手にSを上げる意味は特に無いのですが、後続まで考えると上げておいた方が無難です。 皮を剥がしたらダイホロウに切り替えましょう。 相手が即ックスしてきた場合は珠ダイフェアリーも余裕を持って 58. 7〜70. 確定1発って言葉、素晴らしいですね。 対面もダイジェットから入るのが安定します。 最速スカーフが増えてきましたが、素早さを一回上げれば抜ける様になるので大丈夫です。 2〜25. とはいえ基本的には抜群技を打ってくるはずなので、弱点保険を発動させれば問題なく落とせます。 剣盾が発売してはや2週間、ランクマッチは級もだんだん増えて環境が固まってきた感がありますね。 また面白い型のドラパルトが思いつけば記事にしたいと思います。 疑問点やリクト等ありましたら、 mizuki130317 へどうぞ リプライでもDMでもお待ちしております mizuki130317.

次の