引越し 見積もり 不用品処分。 引越し業者と不用品回収業者どっちがいい? 調べてみました。

引越し時に役立つ!粗大ごみなど不要品の処分方法|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

引越し 見積もり 不用品処分

不用品を処分する7つの方法 引越しで出る不用品は様々ですが、処分方法に関してもいくつかのやり方があります。 ここでは7つの処分方法をピックアップしてみました。 不用品回収業業者に引き取ってもらう• 買取専門店に売る・一括査定を利用する• 引越し業者に依頼する• リサイクルショップで売る• ネットオークション・フリマアプリ・掲示板を活用する• 自治体の粗大ゴミ回収を利用する• 友人に譲る・寄付する では、ひとつずつ解説していきます。 不用品回収業者に依頼する 自宅まで不用品を引き取りに来てくれるサービスです。 自治体に依頼する場合と比較し、日程の都合や回収場所への運び出しも必要ないため手間がかかりません。 料金相場を要チェック 不用品回収業者は、出張費や車両費が含まれる基本料金や処理費用、別途オプションなどがかかる場合があります。 基本料金の相場は3,000円~5,000円くらいが多く、その他の料金相場は業者により異なります。 依頼する前にいくらかかるのか、必ず確認しておきましょう。 一括見積りで回収料金を比較検討! 「エコノバ」のような優良不用品回収業者の一括見積サイトを利用すれば、料金はいくらかかるのか、どんな業者・サービスなのかを一回の申し込みで複数の業者からもらうことができます。 利用することで上記で紹介したような不透明な部分の心配をすることなく、安心で信頼できる業者に依頼することができるためおすすめです。 不用品回収サービスのおすすめ業者も紹介 当日出張見積もり・即日回収OKの不用品回収サービスを行っています。 上記で紹介した基本料金や出張費用がかからない点が特徴で、わかりやすいパック料金体系となっています。 対応地域は関東1都3県 東京・神奈川・千葉・埼玉 となっています。 悪質な回収業者には注意 チラシを配り、格安の不用品回収を謳いながら車で巡回し、処分を依頼したお客様に対して高額な料金を請求するケースが発生しています。 このようにがなされているため、依頼する前に注意が必要です。 買取専門店に売る・一括査定を利用する 買取サービスに特化した買取専門店に不用品を売る方法もあります。 まだ価値がありそうな物は買取査定に出してみましょう。 ウェブと電話から無料査定ができる場合が多く、引越し当日に合わせた出張買取にも対応できます。 「 楽に処分したいけど買取価格にもこだわりたい!」といった方におすすめします。 買取専門店・一括査定サービスの紹介 利用者100万人突破、買取対象品目10万点以上の総合買取サービス。 ウェブと電話で毎日無料査定を受付中で、全国どこからでも利用できます。 全国のリサイクルショップショップに向けて、自身の売りたい物を一括で査定できる買取サービスです。 各ショップから見積もりが提示されるので、いちばん高く買い取ってくれるところがすぐに見つかります。 もちろん、利用料はかかりません。 買取屋さんグループは、全国25店舗を展開し出張買取を行っています。 プロの査定で安心して査定に出すことができ、店舗の近隣電話をしてから最短30分で出張買取ができるという、スピーディーな流れです。 幅広買取品目があるため、まとめてリサイクルしたいという人におすすめできます。 リユース品の買取・購入がまとめてできるECサービス。 家電や楽器など各買取対象カテゴリページでは、実際に買取した商品が一覧で表示され、状態や買取価格がチェックできるようになっています。 タレントのDAIGOさんを起用したCMが話題の買取専門店です。 簡単3ステップで不用品を売却できます。 いらない物の買取についてはこちらの関連記事もおすすめです。 運送会社の不用品買取サービスも ヤマトホームコンビニエンスが実施しているがあります。 引越しと同時に実施するため、廃棄やリサイクル手配、保管場所の確保といった面倒な手続きが不要になり、主に家具、家電の買取に対応しています。 引越し業者に依頼する 引越し業者により、不用品の引き取りサービスも行っている場合があります。 引越しと同時に処分も行えるため、手間がかからずおすすめです。 不用品引き取りだけの依頼も可能です。 サービスをいくつかチェックしてみましょう。 そして、近いうちに引越しを行う方は各業者の料金をしっかり比較検討できる一括見積もりサービスも合わせて確認してみてください。 不用品処分・引き取りサービスに対応している引越し業者 引越しサービスとは別に不用品買取サービスを提供。 ホームページか電話で申し込みが可能です。 引越しを申し込むと一緒に不用品を無料で引き取ってもらえます。 大手リサイクル会社と提携し引越しと一緒に引き取りと回収を行ってくれます。 引越し料金を一括見積もりできるおすすめサービス 全国200社以上の引越し業者と提携しているネット見積もりサービスです。 業者の引越し料金を簡単に比較することができます。 おすすめの引越し業者をもっと知りたい方はこちらの記事がおすすめです。 リサイクルショップで売る 一番に思い浮かぶ処分方法として、リサイクルショップに持ち込んで売るという方が多いのではないでしょうか。 ジャンル問わず まとめて売却できる点がメリット 一部、買取ができない品目がある場合もあります。 で、引越しまでに一気に片付けたい時におすすめです。 不用品として売った物はリサイクルされ、次の方の手に渡るため軽く掃除をして綺麗にしておきましょう。 最近では持ち込みの他にも宅配買取や出張買取といったサービスも利用できるため便利です。 有名なリサイクルショップといえばココ 日本全国に展開する誰もが知っているリサイクルショップです。 家具、家電、カメラ、パソコンなど取り扱い品目も豊富。 店頭持ち込みの他に出張買取、宅配買取も受付していいます。 総合リサイクルショップとして洋服、古着、ブランド品を含めたあらゆる不用品の買取に対応しています。 また、ジャンル特化型のトレファクスポーツ 中古スポーツ用品の買取・販売 を行うサービスも展開しています。 レンタルビデオで有名なゲオが運営するリサイクルショップです。 WEB買取 宅配 なら不用になった洋服やアクセサリーを詰めて送るだけで査定をしてくれます。 ネットオークション・フリマアプリ・掲示板を活用する すでに一般的になっているネットオークション、近年利用者が急増したフリマアプリを活用して不用品を売る方法があります。 自身で売却金額を設定できるので、納得いく金額で手放すことができる点が最大のメリットです。 しかし、洋服や小物を大量に売りたい場合など、一点ずつの写真撮影や商品説明、発送の手間がどうしてもかかってしまいます。 また、ジモティーといった地域掲示板を活用して不用品を譲るという手段もあります。 「中古あげます・譲ります」といった掲示板が立ち上がっており、同じ地域に住んでいるユーザーとやりとりを行い不用品を取引します。 活発にやりとりが行われていますが、個人間のトラブルなどに気をつけたいところです。 代表的なサービス ヤフーが運営する日本最大級のオークションサイトです。 ありとあらゆるジャンルの商品が出品されているため、いらなくなった物を売るには最適です。 CMでも話題のフリマアプリです。 スマホカメラで商品を撮影して出品するだけの簡単作業で利用者急増中のサービスです。 地元の掲示板として不用品の譲り合いや、犬、猫の里親募集など地域ユーザーに密着したサービスです。 自治体の粗大ごみ回収サービスを利用して処分 住んでいる地域の自治体のルールに則り、不用品を処分する方法です。 各地方自治体によりルールが異なるため、ホームページ等で確認してみましょう。 また、粗大ごみの回収は基本的には有料です。 一般的な粗大ごみ対象ルールと品目 粗大ごみの対象となるものは、各地域によりこのような条件・品目が定められています。 最も長い部分が30cm以上を超えるもの 東京都の場合• 家具 タンス、ソファ、テーブル 、自転車、楽器、ガスコンロなど 地域によっては50cm以上としているところもあります。 なお、家電リサイクル法対象の品目 テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機など 、パソコン、バッテリーやタイヤ、ガソリンなどは自治体の粗大ごみとして回収はできません。 それぞれ適切な方法で処分するようにしましょう。 参考までに、世田谷区の粗大ごみルールの記事を読んでみてください。 出し方・回収の流れ 粗大ゴミの出し方と回収の流れは以下のような形です。 出したいものが粗大ごみに該当するか確認する• 各自治体の粗大ごみ受付センターに電話かメールで回収を依頼し、回収日と回収場所とを決める• 有料粗大ごみ処理件を購入 コンビニ等で購入可能 し、粗大ごみに貼る• 回収日になったら指定の回収場所に出しておく どんなに重いものでも、 自宅までは引き取りに来てくれないので注意が必要です。 また、盗難を防ぐという意味でも必ず回収日の朝に出すようにしましょう。 友人にあげる・寄付をする 友人や知人で欲しいという方がいる場合はあげることもできます。 タンスのような重たいものは持ち運びが大変なので、ヤマト運輸のらくらく家財便といったプロのサービスを利用することをおすすめします。 また、寄付をするという方法もあります。 洋服など、必要としている人へ提供することで社会貢献が可能です。 このような活動を支援しているサービスもあります。 いらなくなった衣料品等の寄付を受け付け、福祉施設や海外NGOへ寄贈する取り組みを行っています。 ここまでのまとめ 各不用品処分サービスの特徴比較 引越しで出る不要品の処分方法を7つ解説してきました。 改めて各処分方法の特徴を比較表でまとめてチェックしてみましょう。 それぞれ特色がありますが、処分したいものや手間、処分料金・買取代金発生の有無などご自身に合った方法を賢く選んで効率よく処分していくことが大切です。 処分方法 特徴 1. 買取専門店に売る 専門店のため相場を加味した適正査定が期待できる。 買取価格にこだわりたい方におすすめ 2. リサイクルショップで売る ジャンル問わずまとめて売れる 3. オークション・フリマアプリ・掲示板を活用する 自身で売却金額を設定し納得いく金額で売れる。 個人間トラブルには注意 4. 不用品回収業者に引き取ってもらう 自宅まで引き取りに来てくれるなど、自治体に依頼するよりも手間がかからない 5. 自治体の回収サービスを利用する 一定料金を支払い、定められた方法で確実に回収してもらえる 6. 友人にあげる・寄付する 費用がかからず譲れる。 社会貢献ができる 7. 引越し業者に依頼する 引越しと同時に処分が可能。 手間がかからない 引越し時に処分されることが多い品目の処分費用相場 引越し侍のデータによると、ベッドや冷蔵庫、洗濯機といったよく処分される品目の処分費用相場は自治体・回収業者別で以下の金額が目安とされています。 あまり触れることがない不用品の処分にかかるおおよその費用がわかりやすくまとめてあるため、確認することをおすすめします。 品目 自治体での処分費用目安 回収業者での処分費用目安 ベッド 1,000円~1,800円 3,675円~5,250円 タンス 300円~2,500円 3,000円~ ソファー 1,800円 2,000円~ テーブル 300円~1,000円 3,150円~7,350円 冷蔵庫 3,400円~5,590円 4,200円~10,500円 洗濯機 2,300円~2,400円 3,675円~5,775円 テレビ 1,700円~3,048円 3,150円~7,875円 エアコン 1,300円~9,000円 3,150円~5,775円 出典: その他の引越しタイミングで片付けることが多い物 上記の相場に掲載した物以外にも、整理して引越し先に持ち込むものと処分するものが出てくる品目を見ていきましょう。 食器類 日常的に使用する食器は引越しのタイミングであまり使っていないものは処分する方が多いのではないでしょうか。 また、ブランドもので高価だか滅多に使わないお皿などの扱いに困ることも。 そのまま捨てて片付けることも可能ですが、食器買取専門サービスに売却してみるという選択肢もあります。 思わぬ値段が付く場合があり、捨てるよりもお得になる可能性もあります。 食器買取については下の記事で詳しく解説していますのでご覧ください。 引っ越すタイミングで家電のレンタル始めてみませんか? 近年、新生活が始まるタイミングで家電製品を長期レンタルするという需要が高まっています。 年間単位で冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・テレビといった生活家電をまとめて借りてお得に賢く活用する方法です。 学生であれば在学中の期間だけ借りる、転勤が多く各地を転々とする方は、期間レンタルの方が費用や手間を考えると購入し所持するよりも楽ちんといったメリットがありおすすめです。 ReReレンタルは一人暮らし家電セットのレンタルを行っており、1日当たり123円~利用でき全国各地への配送にも対応しています。 冷蔵庫や洗濯機の搬入および設置も無料のため女性の方でも安心です。 レンタルできる家電はすべて国内メーカーという点もポイントです。 買うのではなく借りるという新しい選択肢を引越しをするタイミングで検討してみてはいかがでしょうか。 参考: まとめ 不用品の処分は引越しするときに必ずといっていいほどやらなければなりませんが、自分に合ったやり方や、サービスを理解し選ぶことで、効率よくかつお得に処分することが可能です。 処分方法を知っているのと知らないとでは労力やかかる費用に雲泥の差が出ることが考えられます。 気持ちよく引越しを済ませるためにも余裕を持って行動し、気持ちの良い新生活を迎えましょう。

次の

引越しで出る不用品を賢く処分する方法7選|買取・回収など

引越し 見積もり 不用品処分

不要品の処分方法で真っ先に思いつくのが「捨てる」こと。 ただ、有料だったり、大きいものを捨てるときはルールがあったりと、知っておきたいポイントがいくつかあります。 自治体に粗大ごみを回収してもらう ごみは通常、可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみ、有害ごみ、粗大ごみに分別されます。 一般的に粗大ごみは家具、布団、カーペット、自転車、掃除機などの小型家電を指します。 回収の条件は、素材がプラスチック、木製、金属等でできた耐久消費財で、一辺がおおむね30cmを超えるごみと指定されていることが多いため、計測せずに粗大ごみに出してしまうと、実は不燃ごみや資源ごみ扱いだった、ということもあるので面倒でも確認しましょう。 粗大ごみの大きさの基準や処分方法は自治体によって異なり、お住まいの地域の自治体のサイトやパンフレットなどで確認できます。 通常は申し込まない限り回収されません。 粗大ごみを処分するときの手順• 処分する物の高さ、幅、奥行きをそれぞれ計っておく• 現住所を管轄している自治体に連絡(電話やインターネットなど)をして、不要品のサイズや数を伝え、引き取り費用を確認する• 回収に来てもらう日程、どこに置いておくか(玄関先、集合住宅下など)を確認する• 回収日に所定の位置に不要品を出しておく 自治体によって引き取りにかかる費用が違うので、自分が今住んでいる所と引越し先の自治体が異なる場合は、両方の費用を問い合わせて安いほうで捨てるのも手です。 また、引越し当日が回収日なら、引越し業者によっては不要品をごみ置き場などまで運んでくれることもあるので、頼んでみるといいですね。 もしも回収日の予定が合わなかった場合は、自分で自治体の処分場に持ち込む方法もあります。 自治体によっては、持ち込むことで引き取り費用が割引になる場合もあるので、車を持っているなど運搬手段がある人にはオススメです。 引越しで苦労することの一つに挙げられる粗大ごみの処理。 何が粗大ごみに当たるのか調べるだけでも大変ですし、引越し料金は安く済んでも不用品の処分に予想以上の費用がかかることもあるため、多くのごみを廃棄する場合は予算に余裕をもっておきましょう。 自治体回収が難しい粗大ごみもある 自動車、オートバイ、タイヤ、ピアノ、石油、がれき、プロパンガスボンベ、大型耐火金庫などは、適正処理困難物とみなされるので廃棄するにはそれぞれの不用品回収業者に依頼するのが一般的です。 引越し業者に頼む 引越し当日に、ベッドやソファといった大型のものを引き取ってくれる引越し業者もあります。 見積もりを相談する際、処分したいものの引き取り金額も含めて算出してもらうといいですね。 引越し業者によって、不要品一つひとつに引き取り額がかかるケースと、「まとめていくら」と算出するケースがあるので、不要品の数が多い人は「まとめて算出」してくれる引越し業者に頼めば、自治体より安上がりになることも。 家電量販店に頼む テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫などは、家電リサイクル法に基づき、自治体でごみとして回収することができません。 処分するときは、「リサイクル料金」と「収集運搬料金」が必要になります。 家電量販店に問い合わせて引き取ってもらうか、郵便局で購入した家電リサイクル券を貼って指定取引場所まで持ち込みましょう。 ちなみに、観葉植物やガーデニングなどに使われる土や石も、自治体では回収してもらえません。 専門の回収業者に頼むか、引き取りをしている園芸店やホームセンターを探して処分するようにしましょう。 パソコンはメーカーなどに回収依頼を パソコンやディスプレイなどの周辺機器は資源有効利用促進法に基づき、メーカーやパソコンショップによる自主回収となるので、粗大ごみとして廃棄できません。 使わなくなったパソコンを廃棄する場合、パソコンの種類によっては無償回収される場合もあるため、保証書やパソコン本体を確認しましょう。 無償の場合はPCリサイクルマークのシールが貼られていることが多いです。 また、特に制限なく無料で廃棄を行う企業もあります。 パソコン廃棄はメーカーに直接持ち込むか、配送する場合に分けられますが、注意するべきはハードディスクの消去についてです。 個人で完全に消去するのは困難なためプロに任せたほうが確実かもしれません。 マウスやプリンターは自治体によって分別方法が異なるので確認しましょう。 粗大ごみ専門業者の利用は気を付けて 不用品回収チラシやリサイクル業者のトラックを見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。 いくら格安や無料とうたっていても実際は料金がかかる場合もあるため、安易な利用は避けたほうが賢明です。 一方で、これらの業者の多くは出張見積もりや買い取りをしてくれるので、多忙な引越し時に電話1本で問題解決できるのは助かるかもしれません。 最近は、フリマアプリの普及で誰でも簡単に不要なものを売ることができるようになりました。 特に、ブランド物の洋服や食器は需要があるので、買い手がつきやすいですよ。 宅配買い取りサービスを利用する 「宅配買い取りサービス」とは、段ボールに売りたいものを詰めて送り、値段を査定してもらうというもの。 売りたいものが大量にある人には便利なサービスですね。 ブランドの洋服やカバン、靴などが多い人は「ブランディア」や「ZOZOTOWN」がオススメです。 査定額がつかないものに関しては、業者によって「売り手に返却する」「そのまま処分してくれる」という2パターンがあるので、査定後の対応もチェックしておきましょう。 フリマアプリで売る 査定された金額ではなく、自分で値段を設定したい人は「メルカリ」や「ラクマ」といったフリマアプリがオススメです。 洋服、本、インテリアグッズ、家電など、いろいろなものを出品でき、リサイクルショップの査定額より割高で売れる可能性もあります。 ただ、商品の撮影、説明書き、発送などを自分で行わなければならず、いつ売れるか分からないというリスクもあるので、「引越しまで時間がない!」という人には不向きかもしれません。 リサイクルショップに持ち込む 「すぐにでも売りたい!」という場合は、その場で査定をしてくれるリサイクルショップに直接持ち込むのが早いですね。 ただ、家電は新商品が発売されるサイクルが早いので、製造から5年以上たっているものは、重たい思いをして持ち込んでも期待するような査定額にはならないかもしれません。 家具、家電といった大きなものは、捨てるだけでもお金がかかってしまいます。 そういうものは、もらってくれる人を探すという方法も。 また、本や洋服は「寄付」という手段もあります。 ただ、送料や配送手段など、すべてが直接交渉になるので、「送料負担していただける方」「直接取りにきてくれる方」など、条件を提示して募集したほうがいいですね。 また、誰でも見られるオープンなSNSでは、見ず知らずの人から問い合わせが来てしまうことも。 利用するSNSを限定したり、友人や知人だけが閲覧できるように設定するなど、トラブルにならないように注意しましょう。 大型量販店では衣料品の回収を行っていることも! 衣料品は、メーカーがリサイクル回収を行っていることも。 2018年1月現在、無印良品やユニクロでは、自社製品を常時無料で回収しています。

次の

引越しの不用品・粗大ゴミを処分する6つの方法|引越し見積りサイト【引越し侍】

引越し 見積もり 不用品処分

引越をする時は、処分しなければならない不用品がたくさん出ますよね。 特に困るのが、ひとり暮らしの人が実家へ引っ越す時など、 大型の家電や家具が必要なくなり、多くの大型ゴミや不用品を処分しなければならない場合です。 洗濯機、冷蔵庫、テレビ、ベッド、テーブルなどひとりでは処分できないものがたくさん出てきます。 こういった『多くの粗大ゴミ処分をしなければならない場合』どのようにして処分すればいいか困ってしまいますよね。 引っ越し会社の中には、不用品を回収してくれる業者が増えてきました。 引っ越し会社の不用品回収サービスを利用して、引越しと一緒に粗大ゴミ処分も依頼した方がよいのでしょうか?それとも引越し業者には引越しだけを依頼して、粗大ゴミ処分は不用品回収業者に依頼した方がよいのでしょうか? 不用品の処分方法は、引っ越す時の不用品の量や、処分したい物を買った時期などが関わってきますので、最もよい処分方法はひとつではなく、それぞれの状況によって変わってきます。 ですから、引越しで不用品の処分をする時は、 処分したい不用品をリストアップしてから、依頼する業者を選びに入るのがよいでしょう。 私自身引越しをした時に不用品があったのですが、個人で経営されている引っ越し業者に、引越と一緒に不用品の処分をお願いしたら、リサイクル料金のかかる不用電化製品のほかは、不用品の処分料金は払わなくてもよくて、無料でサービスをしてくださったという経験があります。 引越しをお願いする引っ越し会社を決める時、引越しの見積もりと一緒に、不用品の処分も一緒にお願いした場合の見積もりもお願いしておきましょう。 引越し業者が不用品回収をした場合の見積もり料金が分かったら、次は不用品回収業にも、不用品処分を依頼した場合の見積もりをしてもらいます。 不用品回収業者の見積もり結果と、引越業者にまとめて処分してもらった場合の見積もり結果を見比べてみましょう。 依頼するかもしれない業者の見積書の金額と、それぞれの業者に依頼した場合の手間の差を計算に入れて、不用品処分を依頼する業者を決定していけばよいのです。 それでは引越しの時に出る不用品の処分をしたくて、回収業者を探しておられる人のために、引越業者、不用品回収業者、それぞれの業者に頼んだ場合のメリット・デメリットを挙げながら、どの業者に頼めばよいのかを紹介していきたいと思います。 お見積りは 無料です。 今すぐご相談ください! 引越し業者と不用品回収業者に相談するメリット・デメリット 不用品回収を引越し業者に依頼した場合と、不用品回収業者に依頼した場合、そんなに違いが出るものなのでしょうか?今は引越し業者も、不用品回収サービスのほかに不用品の買取りをしている引越し業者もありますから、依頼する引越し業者によっても料金が変わってきます。 引越し業者に依頼するメリット・デメリット 引越し業者に不用品回収サービスを依頼した場合の、メリットとデメリットをあげてみます。 メリット• 処分する手配の手間がかからない。 引越しとセットで依頼すれば不用品の処分料金が無料サービスもしくは安くなる場合がある。 処分する不用品を、引越しする日ギリギリまで使えるので不自由さが少ない。 デメリット• 引越し業者が行うわけではなく、あくまで「外注」のため意思疎通ができていなかったり、場合によっては高くなる可能性がある。 買取りサービスをしていない引越し業者に依頼した場合、不用品の量によっては不用品処分の料金が高くなる可能性がある。 不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット 不用品回収業者に不用品処分の依頼をした場合の、メリットとデメリットをあげてみます。 メリット• 前もって処分できるので、引越の準備もはかどる。 不用品回収業者の中でも古物商の許可も受けている業者であれば、買取りサービスも同時にできるため、買い取ってもらえるものがあれば料金が安くなる可能性がある。 処分する不用品が多い場合は、処分費用が引越し業者に依頼すると同じである可能性もありますが、それよりも安くなる可能性がある。 デメリット• 依頼する業者を探したり見積もりを取ったりする手間がかかる。 無料でやってくれる不用品回収は安全?危険? 不用品を「無料で回収します」と宣伝している廃品回収車や、「無料で回収します」と書かれたチラシをポスティングしている業者には、 悪徳業者が多いので結局は高くついたり、トラブルに巻き込まれて嫌な思いをしたりする可能性が高いので、出来る限り利用しないようにしましょう。 不用品回収業者を利用する場合は「一般廃棄物収集運搬業の許可」を持っている業者へ依頼してください。 無許可で不用品回収をしている業者の中には、環境汚染につながるような方法で廃棄処分をしたり、法律的に認められない方法で不用品を処分したりしている場合が多いため、自分たちの社会を守るためにも、認可を受けている業者や、自治体からの依頼を受けている業者へ、不用品の回収を依頼しましょう。 悪徳業者の対処法については『』で詳しく書いております。 合わせてお読みください。 お見積りは 無料です。 今すぐご相談ください! 不用品回収の相場 不用品回収の相場は、粗大ゴミの最終処分費用によって大きく左右されます。 おおよそではありますが、1立米単価10,000円~12,000円程度です。 細かく請求される場合も、以下の表で紹介します。 最近(2019年)ではよくみかける「トラック積み放題」も以下の表で料金の内訳が良く理解できます。 立米 料金相場 軽トラック(2. 5立米) 25,000円程度 軽トラックホロ付き(4. 引越し業者は不用品回収は不用品回収業者に委託するからです。 自治体で粗大ごみの処分費用相場については地域ごとに変わります。 自治体毎の処分費用・方法については『』でまとめております。 合わせてお読みください。 手間なく効率的に不用品を処分するコツ 不用品の処分にかかる手間は、依頼する業者を探したり、見積もりを取ったりする負担が大きいと思います。 ですから、ひとり暮らし人程度のそれほど多くない不用品の量であれば、前もって処分できる不用品や小型家電は、自分でリサイクルショップへ持って行ったり、宅配の不用品買取りサービスを利用して処分したり、不用品を使ってくれる友人に譲ったり、自治体の指定する不用品回収業者に処分してもらうなどして極力不用品の量を減らしておきましょう。 不用品が余程多い人の場合は、前もってトラック詰め放題サービスなどで処分しておいた方が処分料金を抑えられてよいかもしれませんが、それほど多くない場合は、大型の不用品の処分は引越業者へ相談するのがよいでしょう。 不用品がそれほど多くない場合は、引越し業者が引越しの作業のついでに不用品も引き取って処分してもらうのが、最も効率的に処分する方法ではないかと思います。 引越し業者に不用品の回収を依頼する場合は、引越しとセットで依頼することができるオプションサービスなので、引越しの荷物を乗せるのに続いて、不用品の回収もしてくれます。 まとめ 引越しの時の引越し自体と不用品処分を両方こなしていくのは、とても労力のかかる作業ですので、いかに効率よくできるかがポイントです。 引越し業者の多くが、不用品回収サービスや、不用品買取りサービスをするようになりましたので、引越し業者をまずは頼ってみてくださいね。 最後に各引越し業者が提供している不用品回収と買取りサービスの状況についてまとめておきますので、参考にしてみてください。 なお、粗大ゴミ処分について合わせてお勧めしたい記事をご紹介いたします。 即日お片付けサービス 業者を選ぶなら「仲介業者」が一番安心です。 すぐに片付けをしてほしい!でもどこに相談してもすぐに対応してくれない…。 初めての業者選びだからどこに相談すれば失敗しないか?ネットで検索したら業者にボッタクられたという記事を見た…。 など、不用品回収業者選びについてお悩みではありませんか? 結論から書きますが、片付け・不用品回収業者を選ぶなら「仲介業者」を選ぶことをオススメします。 仲介業者でも「片付け110番」が一番。 ご要望を即時解決!• 最大1億円の賠償責任保険加入済• トラブルにも仲介• 安心保証制度• 徹底した加盟店教育制度• お客様限定キャンペーン実施 ご要望を対応、保証もすべて完備しているからです。 片付け110番へご依頼頂きました声も合わせてすべてご案内します。 この記事を書いている人.

次の