どうしても 生き てる。 「Virtual to LIVE」の〈どうしようもなく/今を生きてる〉に込めた思い|Real Sound|リアルサウンド テック

【書評】『どうしても生きてる』の感想

どうしても 生き てる

霊や魂は信じられない? 死んだら死後の世界があるって本当でしょうか?体が死んでも、魂が生きているなら安心? 私は消えてなくならない。 あなたも死後に「無」になるという恐怖感から開放されることがおわかりでしょうか。 怖くないですよ。 死んだら怖いというのは、知らないから。 体験したことがないから怖く感じるんです。 人には魂があると言いますね。 今肉体という殻・檻の中に入っていて、死んだら肉体を捨てて精神世界に戻るだけ。 自分のからだと心は一つとは限らないのです。 ツメや髪の毛が抜けても痛みはないですね。 手術して臓器を摘出しても、私が消えて亡くなったわけじゃない。 腕や足がなくても人間は確かに生きているのです。 何気なく、今自分は本当にここにいるのか、いないのか気になったことはないでしょうか。 本当に生きているか死んでいるかわからない。 夢の中なのか。 死ぬ前の走馬灯なのか・・・。 スピリチュアル占いでは、今生きてることに意味があるんです。 でも霊や魂は目に見えないし、信じられるでしょうか?スピリチュアリストの江原啓之さんのように、霊体験を持っているなら別ですが。 目に見えないことを人は恐れます。 これから起こること。 将来の健康不安。 未来がわからないから恐怖を感じるんです。 自分の運勢を知っておけば、危ない時に身構えてあんしん。 死後の霊的な世界が存在するか?天国と地獄があるかより、今これからどう生きるかですね。 私は人の運命が気になりますね。 私Yukiは人生をさまよい続けてきました。 お世辞にも経歴は良くないですし、精神的な病にもかかったことがあるんです。 そんな「病んでいた時」。 死んだらどうなるか。 そもそも生きてるってなんだろうと考え込んだ時期がありました。 「生きてても、何もしてなくても同じ。 全部ムダ」そんな荒れていた時期がありましたね。 もし不幸な死に方をしても、いけないと言われている自殺であったとしても、どっちも同じじゃないかと考えたりしましたね。 でもそれではいけないんです。 あなたの周りにも家族や仕事の関係はありますね。 その人達と運命をともにしてるから。 みんなを不幸にしたら、バチあたりじゃすみませんよね。 死んだらどうなる 昔、「悪いことをしたらバチが当たる」「輪廻転生するから悪いことをしたら来世で苦しむ」と聞いたことがありませんか? 今がよければと思いがちですね。 お金を浪費してしまったり、周囲の人のことを忘れて自分勝手になってしまったり・・・。 刹那的になって自暴自棄になる。 そんなことをしていたら、何も良いことはない。 来世がなくても、60代、80代になった時にきっと後悔することでしょう。 現世は罪滅ぼしをするためにあるという話、あなたは信じられるでしょうか? 死んだ後に魂は浄化される。 審判にかけられる。 仏教的で宗教色の強い話ですね。 私は無宗教で、死んだあとのことを宗教的に考えられないんです。 ニヒルっていうんですかね。 だってそうですよね?この世の中、お金と文明で成り立っているんですから。 死んだ後、幸福だったか。 死ぬ直前、看取ってくれる人がいるか。 不幸な人生だったと後悔するのか。 霊魂って言うと、キリスト教みたいな宗派の人のはなしでしたね。 自分の物語の意味を見つける旅。 人生は自分で意味を見つけることだと思うんです。 私とあなたがここで間接的に出会ったこと。 それにも意味があるかもしれませんね。 占い師の人だと「宿命を知っても運命は変えられる」と言います。 自分は無価値なんだとか、生き方を変えられないと嘆かないでください。 死を意識した時。 自分よりも家族が不安になりますね。 あなたの大切な人はいますか?まだなら運命の人がこれから出会えるかもしれませんよ。 魂やスピリチュアルが信じられなくてもいいんです。 あなたがこれから幸福な人生を送れるのかにかかってます。 お金の不安が抜けなかったり、健康面でつらくなってきたり。 現代人に必要なのは、「どう生きるか」ですね。 「どう死ぬか」は生きていることができてから考える問題です。 私は仕事や精神的に不安がありました。 それも今は、「あること」から劇的に改善されてきたのです。 死後の世界とは 今はの際の臨終の時。 霊魂が抜け出るといいますね。 21gだけ軽くなるという話もあります。 それまでの苦労や苦痛から開放されて、真っ白になれるんです。 その時に幸せだったと思えるのかですね。 霊界、あの世、地獄、天国、煉獄・・・。 言葉や国が違っていても、連想するものは同じなんです。 外国人でも、日本人でも深層意識はつながっている。 生きてることの意味を見つけること。 死んでいて、真っ暗闇が続くなんて想像するのも苦しいですね。 大人でも子供でも、無や闇を恐れることは同じなんです。 自分が死んでも世界は続きます。 それはあなただけの夢の世界。 夢の意味って考えたことありますか?無意味と思えたことに意味がある。 それを知るのも占いやスピリチュアルの分野ですね。 夢を見ていて、それが現実だったのか夢だったのかわからない時ありませんか?死後の世界とは、この世とあの世の区別がつくものでしょうか。 夢を見ているときは、その時が現実のように思えますね。 その中に自分の本当のこころ(深層心理)が隠されているという話もあります。 本当は欲求不満だったりすることが夢にでてきたりするんです。 人に、出会いに飢えたりしていませんか? 死ぬ前に苦しむだろうとか、ネガティブで無価値な感情にならないこと。 それがスピリチュアルケアでもあります。 運命と死 死んだらどうなると絶望してしまう。 それは死が目の前に迫った時に感じること。 普通なら今までどおりに過ごしていけると思いがちですね。 終末医療をご存知でしょうか?病院のベッドで、「なぜこうなったか、もう自分は生きてる意味もない」と無価値で虚無な気持ちになってしまう。 臨終を控えた人こそ、心のケアやヒーリングが必要なんです。 その時に支えになれる人がいるか、自分ひとりで気を確かに過ごせるでしょうか。 運命というのは死ではないはずです。 死ぬ前に自分が生きてることの意味を発見する。 「このために私は生まれてきたんだ」。 疲れ果てた心に再び明るい光を灯すもの。 私ももう年です。 中高年になってきて、肉体的な衰えを感じだしたら、その先にある未来が頭から離れなくなりますね。 死んだらどうなるというのは、自分のテーマでもあり、残された家族のテーマでもあるんです。 運命は変えられます。 それを知ること。 知ってこれから将来に備えることです。 例えばガンで死ぬのは大変な苦痛。 天寿を全うして寿命で死ぬのは、安らかな死だと言います。 ガンという運命を避けて、安楽死という未来をつかむこと。 そのために自分の運気や健康面を知っておくのです。 40代になったら、50代なら運気はどうなるのか?今年来年で気をつけることはなんだろう? 人生の転機は必ず訪れます。 60代、70代、80代に結婚したり再婚するような人もいるんですね。 定年退職したあとのセカンドライフ。 リタイア生活でどんな未来を送りたいですか? 「死んだら」ではなく、これからどう生きたいか。 それを相談して占ってみたくありませんか。

次の

m.tonton.com.my:カスタマーレビュー: どうしても生きてる

どうしても 生き てる

朝井リョウの作品『どうしても生きてる』 まずは作品の紹介。 『どうしても生きている』は朝井リョウの小説で、短編集の形式をとっています。 朝井リョウと言えば『桐島、部活やめるってよ』とか『何者』とかで有名ですが、amazonの書籍紹介では「著者の最高到達点」とまで今作は言わしめています。 題名では少し暗そうで、なんか自殺でも考えてる主人公の話なのかなーって感じですよね。 確かに明るい内容の話ではないですが、そういう『人間失格』的な話は無いです。 文学的な深みを持ちつつも、すらすらと読んでいける、個人的にはそんな印象です。 短編集でそれぞれにも、そして全体でも何かオチがあるわけでもないですが、心に突き刺さる何かがある。 では、もう少しこの本を詳しく見ていきましょう。 あらすじと感想 この小説は6つの話からなっています。 先にお伝えした通り、それぞれの話に特に関連性はなく独立した内容となっています。 なので1つずつ見ていきましょう。 健やかな論理 シンプルながら独特なタイトルですね。 恋人ができたら幸せな人生を送れるとか、死にたいから死ぬとか。 物事には明確な原因と結果があり、それが当然と思っている人たち。 そんな人たちと共感できない主人公の生き辛さのようなものを描いた物語です。 感想 この作品、なかなか共感できる人は多いんじゃないでしょうか。 なんか勝手に決めつけてくる人っていますよね。 この人の頭の中ではそんなに物事がシンプルに動いてるんだなーって感動するような。 そんな複雑な心境を見事に描きだした作品。 たとえなんかも分かりやすくて、すごい惹きつけられました。 流転 漫画家という夢への挫折。 共に漫画家を目指す友人との亀裂。 就職した保険会社でのわだかまり。 起業を誘われた同僚への裏切り。 漫画家を共に目指した漫画家の成功。 妊娠中絶と妻との確執。 日々移ろいゆく中で、選択が正しかったのか間違っていたのか、常に悩み続ける主人公の物語。 感想 実際に本を読んでみるとわかりますが、基本主人公はダメ人間です。 何がダメかっていうと、言い訳ばかり。 でも、その生々しさがこの作品をいいところだと思っています。 世の中の物語って成功する物語が多いですが、成功しないだけでなく言い訳ばかりの主人公。 そのダークさが面白いです。 七分二十四秒めへ 主人公の女性は非正規雇用。 自分の先輩がそうであったように、突如切られるクビ。 ビューティー系のYouTubeを見る器用な新人と、炎上YouTubeの動画を見ながらラーメンをバカ食いするクビになった主人公。 そんな主人公と周囲の変化・対比を描いた物語。 感想 この物語はなんといえばいいんでしょうか。 正直、一言で言い表すのが難しい複雑さがあります。 今はやりのYouTubeを題材にとっていますが、バカな動画を見ている人間がバカな人生を送って人間とは限らない。 人間のどうしようもなさ、みたいなものが本全体のテーマに取られていますが、バカバカしさに救いを求めるどうしようもなさ、みたいなものが描かれてるのかなって個人的に感じました。 風が吹いたとて 「誰かが破ったルールの上を、快適に歩いている」。 でもそれは仕方のないこと。 だって、やらなければいけないことは半径5メートル以内にあふれているのだから。 そんな自分の考えとかけ離れた正義感の強い夫との主人公の生活を描いた物語。 感想 自分の目の前にやらないといけないことがあるんだから、関係ない人の面倒なんて見てられない。 自分には関係ない。 これってある意味人間の本質なのかなって感じましたね。 人って程度の差はあれみんな基本的には自己中心的で、自分が良ければ他の人は割とどうでもいい。 間違ったことをしている人を知っていても、見て見ぬふり。 なんかそんな人間の本質みたいなものが描かれている気がしました。 そんなの痛いに決まってる。 無駄なプライドを持ち続ける主人公は、自分より成功を収める嫁との関係性が上手くいかなくなる。 かつてやめた会社の尊敬していた上司は、Mの風俗の動画が流失してクビになっていた。 すっと本音を言う、それができず苦しむ主人公の物語。 感想 この本で一番お気に入りの物語。 すごい納得してしまったんですよね。 幼ければ幼いほど、思ったことそのまま言えるじゃないですか。 でも成長するとそうはいかなくなります。 言いたいけど、言えない。 それって多くの大人が抱える悩みじゃないでしょうか。 そこにSM嬢を持ってくるのが見事としか言いようがありません。 正直自分も、Mな人って痛いのが好きなのかなって思ってたんですけど、痛いって言えることがうれしいっていうのはすごい納得しました。 とくに日本人って感情をあまり表に出さないので、こういう気持ちをストレートに口に出すってなかなか難しいんじゃないかと思います。 籤 別に私だって、望んでない。 でもどうしようもないじゃない。 自分の意見が通るような人と、そうでない人間。 そうでない人間だった主人公の苦しみを描いた物語。 感想 どうしようもないの代表、くじ。 物語では実際にくじがでてくるわけではありません。 ただ、休みを急遽取った従業員の代わりに急遽シフトに入ったら、震災にあってしまう。 自分だって被災者なのに、なんなら妊娠してるのに、客を助ける立場にならなければならない。 挙句、生まれてくる息子には障害があると発覚。 世間でいうところの「ハズレくじ」。 そんなこと望んでないけど、どうしようもない。 そんな苦しみがとても共感できます。 終わりに いかがでしょうか。 正直、伝え足りていないことはたくさんあります。 でも本当に価値観みたいなものを見つめなおさせる良い内容になっています。 是非読んでみてほしいです。

次の

「逝けデブ」「なぜ生きてる」誹謗中傷にTKO木下が取った怒りの対策とは?

どうしても 生き てる

動物や赤ちゃんを見ると無条件に心がほどけ柔らかになる。 無敵である。 かつては誰にもあったはずのそのやわらかさやシンプルな強さは、成長するにつれて厳しい現実に摩耗されていく。 だが、私たちはそこでも『どうしても生きてる』~どうしても生きなくてはならない。 『桐島、部活やめるってよ』でデビューし、就職活動を通した若者の姿を描いた『何者』で平成生まれ初の直木賞を受賞した朝井リョウの最新作である。 6編からなる短編集、どれもが今の時代を読み取ったストーリーで、SNS・QRコード・ユーチューバー…と最新ツールが盛り込まれている。 しかし、だからのリアルではない。 劇的な展開や特異なキャラクターは登場せず、そこにもここにもいる私たちのリアルな世界である。 うまくいかない日常や直視したくない問題を乗り切るために半径5メートル以内のルーティンワークやスマホ、さらには異性に目をそらして自分を守っている人物たち。 たとえば派遣社員ゆえの不本意さを昼休みに意味のない動画を見続けることで保つOLの切ない姿。 たとえば現実に流され、漫画の相棒・妻・独立を約束した相手を裏切る形になった男は、常に後悔の小さな小さな囁(ささや)きが脳内に木霊(こだま)する。 読者はきっと本の中に自分を見つけてどぎまぎしたり、日頃抱えているが、言葉に当てはめることのできない気持ちやかかわりが掬(すく)い取られスルリと言語化されていることに共鳴するだろう。 6番目の話、「籤(くじ)」は大劇場のフロア長を任され観客とスタッフを一手に仕切るみのりが主人公。 男女の双子に生まれ、女性であったばかりに家事を押し付けられ、進学を譲り生きてきた。 やっと仕事と結婚で自分の人生を歩み始めた矢先に249分の1の確率で障がいを持った子供を妊娠していることが判明する。 彼女は引いてきたくじを運命としてあきらめるのか、それらを自分の強さに変えていくのか。

次の